カテゴリー別アーカイブ: グアム

グアムのホテル・グアム旅行準備編2


飛行機を押さえて旅行期間7泊8日と決まったので、これに合わせてホテルを決める。
グアム旅行で7泊というのは日本人の旅行スタイルでは長い方だと思う。3泊、4泊くらに分けてホテルをホップ(引っ越す)ことも考えたが、ホテルホップは余計な時間を消費してしまうので、1ヵ所で落ち着くことにした。

これまでグアムには3回行っているが、一番最初はHISの格安ツアーでタモンのグランドプラザホテルに、あとの二回は個人旅行でハイアット(リージェンシークラブルーム)に泊まった。
まずグランドプラザは名前の立派さとは裏腹にかなりリーズナブル(格安ツアーだったので当然)なホテルで、立地は悪くないものの、寝るだけと割り切って使う感じ。
ハイアットが快適なのは言うまでも無いし、リージェンシークラブでの無料朝食、カクテルタイムは素晴らしかった。
しかし今回は7泊で、予算も限られているので、ハイアットは厳しい。かといって7泊もの間、あまりにも安っぽいホテルだと辛い。

そこでホテルの利便性、宿泊費用のバランスから候補を以下に。

  • アウトリガー グアム リゾート
  • オンワード ビーチ リゾート

アウトリガーは立地が素晴らしい。もちろん付近のハイアット、デュシタニ、リーフ、ウェスティン等も素晴らしいのだが、予算面でハイアットとデュシタニは無理。リーフとウェスティンは毎日の坂の上り下りが億劫そうだったのでパス。(それにウェスティンはちょっと高い)
オンワードはタモンの中心部から離れていて立地がいいとは言えないが、充実したプール施設が魅力でホテル自体の評判は悪くない。プール施設が充実しているという意味ではパシフィック アイランド クラブ グアムも有名だが、韓国資本になってからはホテル全体としてあまりいい評判を聞かない。相変わらずプールとアクティビティに限れば素晴らしいらしいのだが。(私は大韓航空も好きでよく乗るので、韓国資本だからと言う差別のような意識は無い)

オンワードのプールはビジターとしても利用出来て、送迎サービスも提供されているので、ビジター利用で遊べば良いと判断し、アウトリガーに決めた。
アウトリガーもサービスやホスピタリティ等での問題は散見するが、その圧倒的な利便性、そこそこ遊べそうなプール施設(現在リニューアル工事中なので新しくなっているはず)、そして宿泊費とのバランスからの選択。

もし予算を気にせずに選ぶとしたら、デュシタニだろうか。プール施設の充実を考えればハイアットもいい。

ホテルを決めたので次はルームカテゴリー。アウトリガーには現在以下のカテゴリーがある。

  • オーシャンビュー
  • オーシャンビュー・デラックス
  • オーシャンビュー・ステュディオ
  • オーシャンビュー・ステュディオ・デラックス
  • オーシャン・フロント
  • オーシャン・フロント・ステュディオ
  • ボエジャーズ・クラブ・オーシャンビュー

とことん予算に拘るなら一番安いオーシャンビューでも問題ない。全カテゴリーにオーシャンとある通り、全ての部屋(もしくはラナイ)から一応海の一部は見えるようだ。それに私はハワイでも街並みの景色の方が好き(夜景が素晴らしい)なので、眺めだけで言えば一番安いオーシャンビューで問題が無い。
しかし問題はラナイ(ベランダ)。オーシャンビュー・ステュディオ(デラックス)、オーシャンフロント、オーシャン・フロント・ステュディオにしかラナイにテーブルと椅子が無いようだ。
あとのカテゴリーはラナイそのものもかなり狭いらしい。
リゾートホテルではラナイでのんびりビールというのも外せない楽しみなので、椅子とテーブルのあるカテゴリーから選ぶことにする。
ちなみに最後にデラックスと付くのは階数が上階保証になり、ステュディオというのはかなり部屋が広いことを指す。
通常のオーシャンビューが36㎡なのに対してステュディオは50㎡だ。
海正面の位置になるオーシャン・フロントは41〜43㎡になる。
ボエジャーズ・クラブ・オーシャンビューというのは部屋そのものはオーシャンビューと同じだが、最上階付近にあり、クラブルームでの朝食やカクテルタイムが利用出来るというだけ。

アウトリガー・グアム・ビーチ・リゾート

オーシャンビュー、オーシャン・ビュー・デラックス、ボエジャーズ・クラブ・オーシャン・ビューの部屋

アウトリガー・グアム・ビーチ・リゾート

オーシャン・ビュー・ステュディオの部屋。ステュディオのラナイには一応、椅子とテーブルがあるようだが、かなり窮屈そう。

アウトリガー・グアム・ビーチ・リゾート

オーシャン・フロントの部屋

アウトリガー・グアム・ビーチ・リゾート

オーシャン・フロント・ステュディオの部屋

ラナイが広く椅子とテーブルがある部屋で、評判の良いオーシャン・フロントを選択した。
海側正面の部屋なので街の夜景が見えないのは残念だが、日中は海のパノラマが楽しめる。
(日中はほぼ外出してるので、部屋でのんびりするのは日没後がほとんどだろうから、個人的にはやはりシティビューやパーシャルオーシャンビューが好き。海しか見えない部屋だと夜の景色はただ真っ暗だ)

階数は運次第になるが、一応高層階をリクエストしてみるつもり。

ホテルの予約はかなり間際まで無料でのキャンセルがきくので早速予約。予約はアウトリガーの公式サイトでも出来るが、私はJALのサイトから行った。
値段はどちらで行っても全く同じ。
楽天からも同様に予約が可能な様で、若干でも楽天ポイントが付くので、そちらで行っても良かったかなと思っている。まだまだ余裕があるので部屋は一応押さえたまま、もう少し検討してみる。


グアムまでの航空券・グアム旅行準備編1


次回の旅行は出来ればハワイと考えていたが、予算や日程の都合からグアムに決定。約8年振りのグアムになる。時期は来年(2016年)の夏休み。お盆を外した8月下旬の約1週間。

8月のグアムは雨期なので(ハワイなら乾期)敬遠していたが、夏のオーランドで一定時間に激しく降るだけのスコールなら連日でもそれほど大変では無いということが分かったことと、雨期でベストシーズンとは言えないという理由からか、夏休み中でもそれほど高額な旅費にはならないということも決めた理由。
日本が冬の頃はグアムのベストシーズンなので年末年始は激しく高い。(もちろん何の休みでも無い正月明けの頃から2月頃はベストシーズンでもとても安くなるが、休みでは無いので行けない)

ということでまずは一番大切な航空券の手配。グアムならツアーも検討していい場所だが、例年8月のツアー料金で驚異的に安いというものは無い。子供と二人の旅で基本的なツアーパッケージに希望(便や延泊、宿泊ホテルとそのルームカテゴリー)を入れていくと個人手配よりも割高になってしまう。もちろん大人2名の旅で飛行機にもホテルにも拘らないという場合なら8月のツアーでも個人手配よりお得なものはあるだろう。

利用航空会社は例によってマイレージプログラムに加入していて、グアムへの路線を持っているキャリアから探す。私の場合、ユナイテッド(ANAのプログラムに入っているのでANAのマイレージに加算できる。ANAはグアムに就航していない)、JAL、デルタになる。(大韓が大阪からグアムへの便を持っているが、今現在はほとんどの人がこの3社のいずれかを選ぶことになると思う)
この3社で、希望の期間内で一番安いパターンを検索したところ、JALで7泊8日のパターンが最安だった。便も往路は午前便、復路は夕方便で申し分ない。
座席も我が家が拘る窓側2席配列で完璧。
8月は台風シーズンでもあるので、トラブルの際の対応のことを考えるとJALは安心出来るのも利点。(台風に当たってしまう確率はけして高くは無いようだが)

JL 941 座席

現在、行きのJL941も帰りの942も機材は767-300で窓際2席配列。窓際2席で主翼にかからない部分が我が家の希望。(後部付近のみ窓際2席という機材も多いがそれでもOK)もちろん急な機材変更があれば諦めるしか無いのは仕方が無い。(窓際なのに窓が無いと言う席もあるので注意。座席図の紫の席が窓の無い窓際席だ)

航空券は早く買えば必ず安いというわけでも無いのだが、夏休み中(あと年末年始とか)に限って言えば、早く買わないと無くなってしまうし、残席が少なくなれば高いチケットしかなくなってしまうので、基本的に早く買うのが吉。8ヶ月以上前の現在なら席も選び放題。
1月下旬〜2月頃になると8月のツアーも発売されるので、それ以降はあっという間に残席が無くなってくる。(航空券自体は330〜355日前とかに発売される)
ゴールデンウィークや夏休み、冬休みといった時期で無ければ、約4ヶ月前くらいが国際線チケットの買い時だと思う。

格安チケットは原則変更がきかないし、キャンセルする場合には一人につき2万ほどのキャンセル料がかかるので、あまりにも早く買うのには勇気がいるが、万が一の場合には2万(二人で4万)のペナルティを払うことは仕方が無いと諦めて購入するしか無い。

この2万円のキャンセル料は高すぎるという意見もあるし、実際係争になってる例もあるようだが、個人的には行けるかどうか分からない人達が格安航空券を予約しまくり、間際に大量キャンセルという事態が想像出来る以上、ある種、罰金的意味を持ったキャンセル料が設定されるのは仕方が無い気がする。(正規料金やそれに準ずる値段を出せば自由に変更、キャンセル出来るチケットはあるのだし)
まあ、日数による段階制にしてくれるとか、5千円〜1万円程度にしてくれれば有難いとは思うし、その程度でも抑止効果はあるんじゃないかなぁ…とは思うけれど。
TDRのホテル(アンバサダー、ミラコスタ、ディズニーランド)も予約をするだけしてキャンセル期日間際にキャンセルという事態が大量に発生しつづけた為、罰金的なキャンセル料を設定せざるを得なくなったと聞いている。

ということで航空券は無事にゲット。座席も窓際2席を指定。
次はホテルである。


ビーチやプールに行くとき


ビーチやプールに遊びに行くときの持ち物は防水カメラに少額の現金とルームキー。
荷物は出来るだけ減らした方がいいので、これ以外にはバスタオルくらしか持って行かない。
ホテルのプールなら部屋から行って部屋に戻れば良いので防水カメラとルームキーのみ。
バスタオルはプールサイドかプールの受付で貸し出しをしているはず。

問題はホテル外のプールとビーチ。
ハワイ等のビーチリゾートでビーチサイドのホテルなら、プールからビーチにアクセスしやすい構造になっている場合が多く、その場合はプールサイドでバスタオルを受け取り、それをビーチにも持って行けることが多い。
ビーチから離れたホテルでも部屋のバスタオルを持ち出していいことがほとんど。

部屋からのタオル持ち出しが不可の場合は自分達で持参したものか、現地で購入したビーチタオルを持って行くしか無い。行き先がビーチでは無くプール施設ならそこでレンタルも出来るはず。

カメラは出来るだけ防水仕様のデジカメか、防水ケース(信頼出来る製品を)に収納出来るデジカメを持って行った方がいい。
プールや海の中にカメラを持って入れないと、何処かに置いておくことになるので心配だ。
ネックストラップかフロートタイプのハンドストラップで水中へ落下させないようにしておくこと。ラッシュガードを着るなら、ジッパーポケット付きにすればコンパクトカメラならポケットにしまったまま泳げるので便利。

現金とルームキーも出来れば水中で携帯出来れば安心なので、信頼出来るネックストラップ付きの防水ケースがあれば便利だ、
ジップロックの様な構造の防水ケースは製品に因っては浸水してしまうことが多いので、信頼出来る製品を選ぼう。(お金やルームキーなら乾かせば使えるけど)

タオルも含めて少しの荷物はプールサイドや砂浜に置いておくことになると思う。(プール施設にロッカーがあるなら利用した方がいい)
タオルは仕方ないが、もしビーチチェア等を確保出来るなら、そこに小さなチェーンロック等(キー不要のダイヤルロック式の)で荷物を入れたバッグを結んでおくと少しは安心。バッグもジッパー付きのもので、ジッパーに鍵を付けられればなおベスト。
一目のある場所ではさっと持って行けるような状態でないと、泥棒も諦める可能性が高い。
基本的には、どうしても置きっ放しになってしまう荷物は最悪盗難にあっても諦めのつくものだけにするのがいいと思う。いつもはパスポート携行派の私もプールやビーチに行く日はホテルのセキュリティボックス等を利用して持って行かない。
プールやビーチで遊ぶ日は、夕食や買い物には一旦部屋に帰ってから再度出掛けるようにして、クレジットカードも持って行かない方が無難。
現金はちょっとした買い物や飲食に足りる分だけを持って行く。

浮き輪やビーチボール等はよほど立派な物で無い限り、安い物なので現地調達にした方がいい。
ビーチリゾートでそれらを販売している店では空気も入れくれるので、手間もかからない。
(ハワイやグアムのABCストアでは電動ポンプで空気を入れてくれる)
ビーチリゾートで最初に買って遊べば、帰国する頃には十分元も取れているので、捨ててきてしまうことも多い。
ビーチハウスやプールサイドでレンタルしていることもあるが、大きなフロートならともかく、普通の浮き輪などはレンタル料を払うより買った方が安いというケースもあるので、借りる場合はよく考えた方がいい。

ハワイ旅行

ハワイではいつもABCストアの浮き輪

海外のビーチリゾートは場所にもよるが、日本よりも紫外線が強烈な場所が多い。
がんがん日焼けしたいという人は別にして、日焼け対策はしっかりした方がいい。ラッシュガードを着る着ないに関わらず、日焼け止めは露出部分にしっかり塗っておこう。
日焼け止めのSPFという値は日焼け止めの強弱ではなく、時間を表している。
日の照っている場所に2〜3時間くらいしかいないならSPF20で大丈夫。通常SPF30で十分。
PA値は紫外線A波の防止効果で、これは値が高いほど効果があるということ。ビーチやプールで遊ぶ場合はSPF30でPA++〜PA+++くらいが妥当。
どちらも値が高いほど肌への負担も大きいので注意。