カテゴリー別アーカイブ: 市内交通

グアム旅行記 (2016) 8・ショッピングとお土産


グアムでのショッピングと言えばマイクロネシアモール、Kマート、GPO(グアム・プレミアム・アウトレット)の3ヵ所に、ホテルから至近のザ・プラザとABCストア、そしてJPストア。
高額なブランド商品等には興味のない私達はDFSには用が無い。

今回、移動するために赤いシャトルとレアレアトロリーの両方を自由に使えるパスを用意したが、結果は正解だったと思う。どちらでも先に来た方に乗れるおかげで、ほとんど待ち時間も無く、かなりスムーズに移動が出来た。(準備編を参照)
赤いシャトルバスは混んでいることも多いので、そんな時は空いているレアレアを待って乗ったりもした。
これは完全に偶然のタイミングだと思うが、7泊の間に使った割合はレアレア7割、赤いシャトル3割といった感じ。

マイクロネシアモールではビルケンシュトックを扱うフォンタナビレッジ・コラボへ。残念ながら目当てのグアム(グアム限定のモデル)はブラウンしか無く、好みではなかったので買わず。
後にザ・プラザのビルケンシュトックでグレーを購入(残念ながら一番欲しかったホヌ、海亀柄は品切れ)。ザ・プラザのビルケンシュトックは店は小さいが、品揃えは豊富だった。娘にも日本未発売のトフィーノを購入。
その時のレートにもよるだろうが、1ドル120円程で考えてもグアムのビルケンシュトックは日本の正規店よりもお得な値段だと思う。(購入したのがいずれもグアム限定モデルなのでちゃんと比較は出来ないが、類似のモデルと比べて3割は安いと思う)

ビルケンシュトック・トフィーノ

トフィーノはトングの花の部分が3色ほどセットになっていて、交換出来る。花の部分がミッキーの形になっているディズニーコラボモデルもある。

もう玩具という年齢ではない娘だが、オモチャ屋のKDトイズとトイザラスエクスプレスは覗く。KDトイズは低年齢向けの玩具がメインですぐに退散、トイザラスエクスプレスではマインクラフトのフィギュアを購入。

グアム・トイザラスエクスプレス

トイザラスエクスプレスはマイクロネシアモールの中からではなく、外側から入れる。ベイレススーパーマーケットの側にある。エクスプレスという店舗は小規模で品揃えもあまり豊富では無い。

マイクロネシアモールにはスーパーのベイレスがあるので、ほぼそこで時間を費やした。Kマートにも行くが、ベイレスもそこそこ大きいスーパーで、ブランド物よりも日用品や小物が好きな我々にとっては外せない場所。

Kマートでは主にお土産(お菓子類やキーホルダー、写真立て等)を購入。タモンの中心部にあるABCやJPストアよりもKマートの方が安い。なので、同じ物ならKマートで買った方がお得。
ABCやJPストアで欲しいお土産物に目を付けたら、Kマートにも同じ物が無いかを確認し、Kマートには置いていない物だけをJPストア等で買った方がいい。
滞在中のスナックや飲料、お酒なんかもKマート(もしくはベイレス)で買った方がお得だが、レンタカーでない場合はあまり重い荷物を持っての移動は大変。その辺は便利料と思ってホテルから近いABCとかを利用するのが賢明かもしれない。

GPO(グアムプレミアアウトレット)ではまっすぐロス・ドレス・フォー・レスへ。
広い店内を1時間ほどかけて見て回り、買ったのは娘の帽子一個だったが、気に入った物がみつかり、サイズさえ合えば衣類はここで買うのが一番安いことは間違い無い。
GAPやオモチャ屋のトゥインクルスも見たが、めぼしい物は無し。
GPOで一番時間をかけたのは買い物ではなくチャッキーチーズだったかも。このチャッキーチーズについては改めて記事を書こうと思う。

買い物としてはテテドの朝市で娘のワンピースも格安で購入した。このテテドの朝市についても別記事で。

グアムならではのお土産として、グズリア、タバスチョコ、ボージョボー人形、Coco・JO’sクッキー等、グアムならではでは無いけれど、マカデミアナッツやマカデミアナッツチョコレート、ドライマンゴー、コナコーヒーも購入。
Coco・JO’sクッキー、マカデミアナッツとマカデミアナッツチョコレート、ドライマンゴー、コナコーヒーはKマートに大量にあったのでKマートで購入。
グズリア、タバスコチョコ、ボージョボー人形はJPストアとABCで購入した。

ボージョボー人形

ボージョボー人形はチャモロ族に伝わるお守りの様なもの。

グズリアは日本のかりんとうをもう少し柔らかくしたようなお菓子。とても素朴な味。タバスチョコは文字通りタバスコ入りのチョコレートで、チョコなのに辛いというのは面白いでけれど、肝心のチョコがあまり美味しくない気がする…ので、値段が高い気が。
Coco・JO’sクッキーもかなり素朴な味わい。(ハワイのホノルルクッキーカンパニーとかの方が美味しいと思う)
ということで、もし又グアムを訪れることがあったら、お土産、特に食品ははグアム特産、メードイングアムに拘らずにを買おうと思う。




グアム旅行記 (2016) 2・チャモロビレッジのナイトマーケット


レアレアのチャモロビレッジエクスプレス、一応時刻表はあるのだが、かなりアバウトな運行のようだ。というのも、目的のシャトルの出発時刻を数分過ぎてリーフホテル玄関に着いたのだが、まだシャトルは出発していなかった。
すでにシャトルの席は半分ほど埋まっていたが、それでも出発する気配無し。シャトルの前にいたドライバーらしき人物に先ほどHISのレアレアラウンジで購入した乗車チケットを渡し、シャトルに乗り込む。
数分後、ある程度満席になったタイミングで出発。いつもそうなのかはわからないが、どうもある程度の人数になるまで出発しないシステムのよう。

チャモロビレッジまでの道はかなりの渋滞。距離はそれほどでもないはずなのだが、かなり時間がかかった。

到着後も雨は降ったり止んだりで、時折強く降ることも。この天候でもナイトマーケットは盛況で、かなりの人出。マーケットの規模はそれなりに大きく、全部見て回るのには小一時間はかかりそう。

まずは夕食をここでと決めていたので、各種の串焼き等をプレートに盛って提供してくれるチャモロバーべキューの屋台へ。同じような料理を提供している屋台がいくつかあるが、空いている所よりも行列になっているところを狙うのがお約束。
客が多いところの方が美味しいのは必然だろう。
注文の仕方はアメリカの中華のファストフード等でよくあるタイプ。主菜(レッドライス)に、あとはおかず(串焼き)を何品にするかで値段が決まっていて、おかずはチョイス出来る。
雨が降っていたので、ひさしのあるベンチで食事。
お味はまあまあ。特別に美味しいわけではないが、まずくもない。

チャモロバーべキュー

ビーフのBBQにソーセージ、ヤキソバみたいのをチョイス。レッドライスは2スクープ。結構なボリューム。

その後、定番の椰子の実(ココナッツ)ジュースを購入。椰子の実に穴を空け、ストローを刺してくれる。冷えていないし、微妙な味。飲み終わったら再度購入した店に持って行くと、実を切って、中の果肉を切り分け、醤油とワサビをつけてくれる。(この時に1ドル程の別料金がかかる屋台もあるそうだが、私達は込みの料金だった)椰子の実の刺身だ。甘くないナタデココに醤油をつけて食べる感じ。

その後は土産物屋を覗き、ホテルへ戻る。南の島らしいダンスのショーなんかも催されているので、それなりに楽しめる場所だった。

帰りのシャトルは各種のバスが同じ道沿いにたくさん停まっているので、自分たちのものを探すのにちょっと苦労する。行きと帰りではレアレアのチャモロビレッジエクスプレスも車両が変わっていて、往路は通常のレアレアトロリーと同じ、大きめのバンのような形をした車だったが、帰りは大きな観光バスだった。

まだ余力があったので、夜遅くまで営業しているタガタという小型遊園地に行ってみることにした。


グアム旅行記 (2016) 1・初日到着編


朝早い飛行機のため、前日に成田ビューホテルに前泊し、ホテルの駐車場に車を置いたまま、ホテルのシャトルバスで成田空港へ。
車で成田空港に行く際には、午後の便なら空港周辺の民間駐車場、午前の便なら駐車場を無料で利用出来る周辺ホテルへの前泊が我が家の定番。
前泊でも後泊でも、その前後10〜14日間(ホテルやプランによる)駐車場を無料で利用出来るので、場合によっては車をホテル駐車場に置いたらすぐ空港へ、そして旅行後に後泊ということも。
ホテルやプランにもよるが、同じ日数格安の民間駐車場に駐める料金と大差ない額でホテルに泊まれるので、旅行中の駐車場無料特典があるホテルへの前後泊は車で成田に行く場合には検討する価値があると思う。

成田ビューホテル

我が家がよく利用する成田ビューホテル。駐車場10日間無料プランが1万円前後の宿泊料で提供されることも。大浴場(露天風呂もある)があるのも嬉しい。

出発当日の深夜から早朝にかけて、関東が台風の直撃を受けていたので、これは欠航や遅延も有り得るかと覚悟していたが、全く影響を受けず、定刻通りの出発。
フライトインフォメーションを見た限りでは、他の出発便も到着便も台風の影響を受けている様子はほとんどなかったので、国際線は台風にあまり影響されないというのは本当のようだ。(当日の国内線はかなり乱れていたので)

JAL941便はほぼ定刻通り、15時過ぎにグアムに到着。
が、入国審査でトラブル発生。
ESTAを保有している者(グアムはESTA無しでも入国出来る)は、入国書類の記入の必要無し(税関申告書のみ必要)とアナウンスされていたので、入国カードは未記入のまま、ESTA保持者の列に並んでいたが、突然列の前の方が慌ただしくなったので何事かと思ったら、システムトラブルでESTAの確認が出来なくなったので、全員入国カードを書けとのこと。
と言われても持っていないので、カードを持っていないと係員に言うと、渡してくれたのは韓国語(大韓航空用)のカード。
仕方なくそれに記入を始めたが、順番までに記入が終わらず、かなり時間がかかってしまった。
トラブル以前に入国審査の列もかなり長かったので、予想以上に時間がかかった。
こういうことは稀で特別不運だったのか、それともよくあることなのかは不明だが、ESTAを持っていても、飛行機の中で入国書類は全てもらって、全て記入しておいた方が良さそうだ。

バゲージクレームに出たときにはもうターンテーブルに荷物はなく、全てターンテーブルの外に出されていた…。ので、手荷物の受け取りはスムーズ。
税関はいつもどおり、ただ書類を渡して通過するだけ。(もちろん申告がない場合)

税関を抜けた正面に楽天トラベルのカウンターがあるので、そこで頼んで置いた往復送迎の料金を支払い、帰りの分のバウチャーを受け取ると、すぐに専用車でホテルへ。料金の支払いを終えるとすぐにドライバーが車に連れて行ってくれるので、これは本当に手間が無かった。

アウトリガーに到着し、チェックイン。今回はオーシャンフロント指定なので、部屋の希望は出来るだけ高層階をと伝えていたが、希望は叶わず、8階。(21階建てで客室は5階からなので、アウトリガーとしては低い階だ)
その代わり、オーシャンフロントの中でも特に広いコーナーの部屋を提供してくれた。
アウトリガーはオーシャンフロント以外の部屋だとラナイ(ベランダ)が極端に狭いので、ここに泊まるならオーシャンフロント一択だと思う。
そしてオーシャンフロントは低層階でも目の前に遮るものがないので、結果的には低層階でも全く問題なかった。
てるみクラブに依頼しておいたプラチナカード(赤いシャトルの7日間乗り放題チケット)と、オプショナルツアーのバウチャーもちゃんとフロントに届いていて、チェックインと同時に受領完了。

てるみクラブのプラチナカード

これがプラチナカード。普通に赤いシャトルバスの7日間券を買うよりお得な値段で様々な優待特典もある。

部屋に荷物を置いたら、ホテル内(正確にはホテルと繋がるザ・プラザ内)にあるHISでレアレアトロリーの7日間パスの受け取りと、この後向かうチャモロビレッジのナイトマーケット行きのシャトルチケットを購入。(チャモロビレッジのナイトマーケットは水曜のみ開催されている)
赤いシャトルバスもチャモロビレッジナイトシャトルというものを運行しているが、かなり混むと聞いていたので、空いているレアレア(HIS)を利用する事にした。
赤いシャトルバスのチャモロビレッジナイトシャトルは目の前のDFSギャラリアから出ているが、レアレアのチャモロビレッジエクスプレスはリーフホテル正面玄関からの出発になる。
アウトリガーからリーフホテルまでは徒歩5分程度だ。

夏のグアムは雨期ということは覚悟していたが、雨が降ったりやんだりの芳しくない天気の中、リーフホテルへと向かった。