カテゴリー別アーカイブ: 海外旅行Tips

WDW(ウォルトディズニーワールド)のhow-to 2


英語のWDW情報サイト等から入手したTip’sの2回目。
今回はパークホップ(パークからパークへ移動すること)と移動に関すること。

  • パークホップは、まず朝のエキストラマジックアワーのパークへ行き、昼以降に他のパークへが基本だが、昼以降の移動先のパークにアニマルキングダムとハリウッドスタジオは選ぶべきではない。(アニマルキングダムは常に午前中から行くべきで、ハリウッドスタジオは昼頃から常に混雑する代表的パーク)
  • 上記の法則に則ると、午後のパークホップの行き先はマジックキングダムかエプコットセンターが適している事になるが、もっともお薦めなのはエプコット。理由はキャパシティ(許容入場者数)が最も多いため、結果的に混雑の影響を最も受けにくいから。
  • 夜のエキストラマジックアワーがあまり有効では無いことは前回の情報にもあったが、もっとも有効でないのはハリウッドスタジオ。酷い場合はマジックアワー前よりも混雑するという情報もある。(キャパシティが最も小さいことと、ファンタズミックの人気が原因と思われる)
  • パークホップが混雑を避ける目的なら、パーク2つまでに留めるべき。3つ以上は移動時間のロスが混雑のロス以上となる可能性が高い。
  • マジックキングダムからボードウォークへ行くならスワン/ドルフィン行きのバスに乗ると早く行けることが多い。このバスがビーチクラブやヨットクラブを経由しないことが理由。更に他のバスよりも空いている場合が多い。スワンからボードウォークは徒歩ですぐ。
  • マジックキングダム以外のパークからマジックキングダムへバスで行く場合、何処かのリゾートを経由することになるが、コンテンポラリーリゾート行きが最も効率がいい。コンテンポラリーのバスストップからマジックキングダムは徒歩ですぐ。
  • ボードウォーク、ビーチクラブやヨットクラブからエプコットに行く際、ほとんどの場合、ボートを利用するよりも徒歩でエプコットのインターナショネルゲートウェイに向かった方が早い。

エプコットと周辺

これを見るとスワン/ドルフィン界隈からハリウッドスタジオも徒歩で行けることが分かるが、エプコットまでの歩道は散歩に適した景観なので、歩くのはエプコットに行く際がお薦めの様だ。

おまけ

  • 1月と7月はブラジルとアルゼンチンの学校が休みとなり、両国のティーンエイジャーがかなり大規模なグループでWDWに訪れる。この一団はかなり騒がしい事で有名で、これが理由でこの時期を避ける旅行者が多いらしい。

  • オーランド旅行記 目次

海外から絵葉書を出す


何処に旅行してもお土産物屋さんにはたくさんの絵葉書があると思う。
記念に購入する人も多いと思うし、旅行のアルバムを作ったりするときも綺麗な絵葉書は役に立つ。
友人知人、留守中の家族に現地から送る人もいるだろう。
記念に買う場合もそのまま持ち帰るよりも、現地から自分宛に送れば、現地の切手に消印も押されるので、より記念品としての価値は上がる。

アウラニの絵葉書

ハワイのアウラニで買ったダッフィーの絵葉書。なんと木製。

そこで日本への葉書の送り方。国にもよるが何処から送っても基本は同じだと思う。

まず宛先の書き方だが、基本的には「Air Mail To Japan」と英語で書けば後は日本語で大丈夫。日本に無事到着すれば、後は日本の郵便で運ばれるのでそれでいいのだ。
Air Mail To Japanは目立つように大きめに書いておこう。線を引いたりするか、赤いペンで書く人もいる。
もちろん全て英字で書いても問題ない。その場合は住所の書き方に注意。
書く順番は名前、住所、郵便番号、国になる。
この書き方は英語で住所を記入する場合は同じことなので覚えておけば便利。

例えば
〒100-1000 東京都新宿区山川10-10-10 花田花子
なら
Hanako Hanada
10-10-10 Yamakawa Shinjuku-ku Tokyo
100-1000 Japan
となる。住所部分は番地から市町村名、都道府県名と逆に書いていく。

差出人住所は通常宛名面の左上に小さく書くのだが、ここは葉書を自分に送る場合は書かなくてもいいし、名前だけでも構わない。

切手はホテルのフロントか絵葉書を買った店で入手出来ることが多い。切手は英語でPostage stamp(ポステージスタンプ)だ。
値段は変わることも多いので、「日本までこの葉書を送りたい(I’d like to send a postcard to Japan./アイライクトゥーセンダポストカード、トゥージャパン)」と伝えて買うのがいいと思う。切手を買うのでは無く、フロントが部屋付けの実費(切手代)で送っておいてくれる場合も多い。送料は国や為替相場にもよるが、大概100〜200円くらいだ。
郵便局に出向いて切手を買うなら、記念切手や好みのデザインの切手を買える。

自分で出す場合は切手を貼ったらポストに投函すればいい。
切手を貼った状態でホテルのフロントに投函だけを依頼することも出来る。
ポストの形状は国によって独特で赤いとは限らないので注意。アメリカの場合は青いゴミ箱状の物だ。(実際日本人が屑籠と間違えているのを見たことがある)

アメリカのポスト

間違ってもゴミを入れないように

葉書は約1週間〜10日程度で日本に到着する事が多い。国や地域によっては一ヶ月以上を要して到着することもあるので気長に待とう。
いずれにしても一般的な一週間程度の海外旅行では、自分が帰国する方が早くなるはずだ。


旅にGoogleマップの活用


Googleが提供している地図サービス、Google mapは海外旅行の強い味方。
最大の魅力は全世界をカバーしていて、地図情報がかなり詳細で正確であること。

旅行に活用する際には、まず自分のgoogleアカウントでログインした状態で、目的地のマップに宿泊ホテルや行きたい場所にマークを付けていく。
googleアカウントは誰でも無料で簡単に取得出来るし、既にGmailやYouTube等のGoogleサービスのアカウントを持っているなら共通だ。

旅行先のマップはホテル名やホテルの住所等で検索すればすぐに表示出来るはず。
マークしていく方法は、マークしたい場所で右クリックし「この場所について」を選択、するとその場所の情報が左上に表示されるので、表示された施設名や住所をクリック、☆マークの保存という項目があるので、それをチェックすればいい。
この保存方法等はgoogleマップのバージョンアップで変更されることもあるが、自分のアカウントでログイン中に作ったものは消去されたりはしないはず。

google map

オーランド旅行で行きたいところと、起点となるホテル全てをマークした。以前のバージョンのマップではマークのアイコンを選べたりしたが、現行では☆まーくになる。

Googleマップ上では車や公共交通機関、徒歩での経路探索が出来るのであらゆる移動方法でナビゲーションとして活用出来る。移動時間も分かるのでスケジューリングする際にも活用出来る。
バス停もほぼ網羅しているし、バス停毎に停車するバスの路線番号、時刻表まで表示される。
(海外の交通機関の時刻表はあまりアテにならないが)
どんな方法で移動しているにしろ、不慣れな場所で自分が今何処にいるのかが分かるだけでも便利なはずだ。

ストリートビューを使えば予め周辺の様子、風景を確認しておくことも出来る。
マップ右下の人型のアイコンを見たい場所にドラッグしてドロップすればストリートビューに切り替わる。

google ストリートビュー

ストリートビューで利用するバス停の風景を確認。バス停とバス停の番号もはっきり見える。

自分専用の旅行マップを作成しておけば現地で活躍するはず。
これさえあればもう旅先でガイドマップの地図を開く必要はない。