カテゴリー別アーカイブ: 海外旅行Tips

入国審査は難しくない


英語に苦手意識を持つ人が海外旅行に行く際、最初の難関と思うのは入国審査だろう。
結論から言ってしまえば何も恐れることはない。観光旅行で行った場合、余程の不備(ESTAの未取得等)でもない限りは絶対に通過できる。
もし何一つ英語で返答が出来なかったとしても、入国審査官は言い方を変えたり、ゆっくり言ったり、何とか答えられる様にしてくれる。それでもダメな場合は片言でも日本語を話せる人間を呼んできてくれる。
しかしそんなに手間も時間もかけたくないだろうから、以下のポイントさえ覚えておけばいい。

まず家族は一緒に審査を受けられる。同一の目的、滞在期間のファミリーなら皆で一緒に行って構わない。
アメリカの場合、入国審査と税関は、乗り継ぎがある場合は最初のアメリカ到着地で行われる。
国際線を降りれば全員が入国審査場を通過するので、皆についていけば問題ない。
入国審査場では米国市民と外国人とに列が分かれている。大抵米国市民の列が空いているが、空いているからといって間違えて並ばない様に。NON-US CITIZENというのが並ぶべきラインだ。

混雑時等は米国市民の入国がほぼ完了すると、外国人も米国市民の列も使うように指示されることもある。

アメリカ入国審査

外国人旅行者の列。NON-CITIZENと書いてある

自分の番が来たら「ネクスト!!」と声を掛けられたブースに行く。
質問されることを最少にする為に全ての必要書類をパスポートと一緒に出してしまおう。この際、せめて「ハロー」くらいの挨拶と一緒に提示した方がいい。
提出しろ、見せろと言われる書類は基本的にはパスポートの他、税関申告書だけだが、帰りの飛行機について尋ねられることも多いので、帰国便のチケット(Eチケットのプリント)も一緒に出してしまっていい。乗り継ぎの場合は目的地までの航空券か搭乗券も出しておこう。

以上の書類が出ていれば乗り継いで何処へ行くのか、帰国の便は決まっているのかは分かるので質問は最小限になるはずだ。

さて質問内容だが、何かを怪しまれたりしていなければ以下の質問事項だけで済むはずだ。

  1. 渡航の目的
  2. 期間
  3. 滞在先
  4. 職業
  5. 申告する物があるか

1は一般的にはWhat’s the purpose of your visit?と聞かれるが、この通りに聞いてくれるとは限らない。言葉にWhat’s、purpose、visit、が入っていれば目的を聞かれていると思っていい。たまにBusiness or pleasure?といった簡単なセンテンスで聞いてくることもある。
答えはSightseeing.やOn vacation.となるが、Business or pleasure?と聞かれていればpleasureでいい。

2はHow many days will your stay be?等と聞かれる。時には滞在期間ではなく、いつ帰るのかという聞き方をされる場合もある。how long、when、how many days、until whenが入っていれば期間を聞いていると思っていい。4 days.やa week.等と期間を答えよう。When will you return to your country?等と帰国日を聞かれたなら帰国便のチケットを指さしてその日付を言えばいい。

3はWhere are you going to stay?等と聞かれる。where、address、hotel等が入っていればこの質問だ。簡単にAt a hotel.と答えれば良いが、もちろんホテル名を言っても構わない。

4はWhat is your occupation?等と聞かれる。occupationが入っていれば職業を聞かれているのだ。会社員ならI’m an office worker.学生ならI am an student.自営業ならself-employed 等と答えよう。専業主婦ならhousewifeだ。無職でも無職とは言わない方がいい。

5はDo you have anything to declare?等と聞かれる。declareと言われたらこれを聞いている。あるなら正直にYesと言って税関申告書に記入した内容を指し示そう。普通はNoでいい。

アメリカの場合は以上の質問の前か後に指紋の採取と顔のカメラ撮影がある。Press four fingers on your right hand, please.等と言われる。 fingersやright handと言った単語は聞き取れると思う。まずは右手から親指以外の4本をスキャン、次に親指、そして左手の親指以外の4本、そして親指という順番だ。
Look at the camera, please.等と言われたらカメラを真っ直ぐ見よう。cameraという単語は聞き取れると思うし、審査官が顔の方にカメラを向けるので分かるはずだ。
眼鏡をかけていると外す様に言われることもあるので、予め外しておくといい。

審査が終わればパスポートにスタンプを押して返してくれる。Thank youを忘れずに。

その後は税関審査だが、申告する物がなければ簡単だ。
ターンテーブルから荷物をピックアップしたら、係官に税関申告書を手渡すだけで通れる場合がほとんどだ。
間違っても申告するべき事項があるのに面倒だからと誤魔化したりはしない様に。万が一ばれたら「忘れていた」では済まない事態になる可能性がある。

もし乗り継ぎの場合は税関を出てすぐの場所に再預けのカウンターがある。自分が搭乗する航空会社の係員に手渡そう。ここで預け直しをしないで外に出てしまうと厄介なので、乗り継ぎの場合は税関を通過したらすぐに再預けということを忘れずに。

係官は英語に不自由な外国人観光客には慣れている。やましいことが無ければ何も恐れることはないが、事前に予習をしておけばスムーズになるはずだ。
年に一回程度以下の海外旅行で、滞在も一回につき1ヶ月以内なら特に厳しく質問されることもないだろう。
もし年間に頻繁に海外旅行をしている場合や、滞在期間が観光目的で許可される最長の3ヶ月間に近い場合等は、入念な審査をされることもあるので、そんな人はある程度の英語力を身に付けておくことをお薦めする。


準備その27・荷物のパッキング (オーランド)


いよいよオーランド旅行が迫ってきたので旅の荷造りを始める。
いつもは大きなスーツケース一個に、帰りはお土産で荷物が増えることを考慮して折り畳める巨大バッグを入れ、後は私と娘の手荷物一個ずつという状態で出発するのだが、今回はそれでは無理だった…。(スーツケースやバッグについて)

3週間という長目の旅行期間もあるが、ディズニークルーズでフィッシュエクステンダーに参加していることが主な原因。配るギフトがスーツケースの半分を占領してしまい、とてもではないがスーツケース一個での出発は無理。
ギフトさえ配ってしまえばスーツケース一個に収められそうなので、今回は帰国時用のバッグを最初から使う事に。クルーズ下船後、WDWに向かう際にはバッグは畳んでスーツケース一個にして移動が出来そうだ。

スーツケーズには洗面用具や常備薬、型崩れしやすい衣類、フィッシュエクステンダーのギフト等をパッキング。バッグには型崩れを心配する必要の無い衣類や水着、履き物等をパッキング。
ノートPCやカメラ、バッテリー類、貴重品は手荷物として携行するリュックへ。
リュックは行き帰りにより多くの物を手荷物として機内に持ち込む為で、現地で行動する際には小型のショルダーを使う。

今回はオーランドに到着したらすぐ入浴して就寝なので、洗面用具と着替えをすぐに取り出せるように荷造りした。
2泊オーランド空港にあるハイアットに泊まるので、その間は基本的に荷ほどきはせず、必要な物だけを取り出して、すぐスーツケースに戻すという状態で過ごせる様にしている。
本格的に荷ほどきをするのはディズニークルーズ乗船後だ。
とは言っても、クルーズのステートルームは決して広くは無い。なのでクルーズ5泊に必要な物だけを取り出し、後はスーツケースにしまったままにしておくつもり。
フィッシュエクステンダーのギフトを出してしまったら、バッグで運搬した衣類等はスーツケースの空いたスペースに移し、バッグは畳んでスーツケースに一緒にしまってしまう。

荷ほどきとパッキングは意外に手間と時間のかかる作業なので、無駄な出し入れが無いようにすることが大切だ。

パッキングのコツは同じ場所で使う物は同じ収納袋に入れておくことだ。
例えばバスルームや洗面所で使う物は全て同じ袋に、プールやビーチで使う物は全て同じ袋に、机の上で使う物は全て同じ袋に…といった感じだ。物の種類毎に小分けにし、それらを使う場所、置く場所毎に纏めて大袋に収納しておくのだ。
こうすることで「あれは何処に入れたっけ…」という事が無くなる。
ちゃんとパッキングされていればあるべき袋に入っているはずなのだ。ホテルを移動する際や、帰国の際にも元の通りにしまうことが大切だ。面倒だからとこれを怠ると、必要な物がすぐに出てこないということになり、かえって余計な時間を使うことになる。

旅行収納

種類毎に小分け、使う場所、置く場所毎に小分けした物を纏めて入れる。専用のパッキング用品も各種販売されている。液体は漏れ対策にビニール等に入れてからしまうこと。

飛行機内に持ち込む手荷物も、機内で使うものは纏めて一つにしておく。
座席に着いたらそれだけを取り出し、すぐに収納棚に荷物を入れてしまえる。座席に着いてからあれを取り出し、これを取り出し等ということをせずに済む様にしておくととても楽だ。

ということで、パッキングは無事に完了。
余裕を持ってやっておけばゆっくり忘れ物のチェックも出来る。

オーランド旅行記 目次


海外旅行時のクレジットカードと現金


お得なレートで購入出来、紛失時にも安心という理由で長年、海外旅行の際に利用されてきたトラベラーズチェックが無くなってしまった今、渡航先で使えるのはクレジットカードと現金のみ。
トラベラーズチェックの代用としては事実上クレジットカードということになる。
レートがお得ということはないが、紛失時には止めてしまえるという意味では現金よりも安心だ。
カードは不正利用やスキミング等が心配ということもあるかもしれないが、落としたり盗まれたらお終いの現金に比べれば安心度は高い。
国内でもそうだろうが、高額な現金を持ち歩いたり、ホテルの部屋に置いておくよりはリスクが低いことは確かだろう。

クレジットカードのリスクを減らす為には、紛失に気付いたらすぐに止めるということと、確認を怠らないということに尽きる。
ホテル等の請求書は入念にチェックするようにした方がいい。使った覚えの無い項目があればチェックアウトまでに必ず訂正して貰うことが大切だ。
レストランでもショップでも必ずカスタマーコピー(控え)は捨てずに保管しておくようにしたい。後日、カード会社の請求が確定した時に明細と照らし合わせて誤りが無いことを確認しよう。
海外旅行が終わって、旅行時の精算が済んでからも半年間くらいは明細のチェックを怠らないようにしよう。(本来は常にそうするべきだが)
もし身に覚えの無い請求があった場合には、保存してあるカスタマーコピーと照らし合わせて確認し、やはり使った覚えがないとなればすぐにカード会社に連絡しよう。
その請求がどんな店でいつ使われたかはカード会社が調査をしてくれる。行った覚えが無い、使った覚えが無いとなればカード会社が請求をやめるか、間に合わない場合には後日返金となる。
カード会社により対応に若干の違いがあるかもしれないが、返金に応じてくれないということは無いはずだ。
後日カード会社から「確かに自分は使っていない」ことを申し立てる書面が送られてくるので、それに署名捺印等が必要になる。そして不正使用されたカードは破棄され、新たにカードが送られてくるのが一般的だ。
やはりカードはトラブルがあると面倒と思うかもしれないが、手間的にはトラベラーズチェックの再発行に必要な手続きとさほど変わらない。

クレジットカード

ちなみにサインは漢字にした方がより安全。パスポートと照合されることもあるのでパスポートのサインと同一で。

現金もやはり必要。例えばチップやタクシー、バス代、コインランドリー等だ。
タクシー代を除けばいずれも少額な支払いとなるものなので、カードがあれば現金はさほど必要では無い。
現金は為替レートがよほど都合のいい変動をしない限りは、再両替を行うと損してしまう。安心の為に現金を多めに持参したいという場合には、必要と思われる額を現地通貨に両替して持って行き、余分な現金は、もし足りなくなれば現地で両替をするつもりで日本円で持っていくのがいいと思う。現地通貨が余ってしまったら、日本円に再両替するよりも次回の旅行で使った方がいい。

まず旅程の中で絶対に必要となる現金(カード払いが不可能なもの)を計算し、それに多少の額を足した程度の現金と、クレジットカードで旅行に行くのがお薦めだ。
カードは万が一に備えてメインとサブの2枚があれば安心だろう。2枚は別々にしておいた方がいい。(2枚とも同じ財布では落としてしまった時に意味が無い)
最悪の場合、カードが1枚あれば現地のATMでキャッシングし、現金を作ることも出来る。

行き先が米国であればメインのカードはVISAかMaster、もしくはAmerican Express(それらの提携カード)をお薦めする。サブはJCBでもいいだろう。日本人観光客の多くない場所ではJCBが使えない店も多いので、JCBだけでは心許ない。(もちろんハワイやグアムなら平気)