カテゴリー別アーカイブ: 海外旅行Tips

WDWバリューリゾートから各パークへの所要時間


出来るだけ安くオーランドのWDW旅行をする場合、多くの人が選択するであろうWDW直営のバリューリゾート。バリュークラスのリゾートの特徴としては部屋がシンプルで外廊下、レストランはテーブルサービスが無く、フードコートのみといった事の他に、ディズニー・トランスポーテーション・システム(各パークへの交通機関)がバスのみといったことがある。
そしてパークのバス停はもっとも遠い位置にある場合が多いということも知っておく必要がある。

では各バリューリゾートから各パークまではバスでどれくらい移動に時間がかかるのか。
まずは最安値のオールスターリゾート(スポーツ、ミュージック、ムービー)の場合。

  • マジックキングダム 23〜30分
  • エプコット 20〜26分
  • ハリウッド・スタジオ 18〜24分
  • アニマルキングダム 22〜28分
  • ブリザードビーチ 13〜19分
  • タイフーン・ラグーン 20〜27分
  • ダウンタウンディズニー(ディズニースプリングス) 23〜30分

オールスター系列は各リゾートを順番に廻るバスや、直行するバス等があるために、どちらのタイプかによって所要時間に開きがある。

ポップセンチュリー・リゾートからは

  • マジックキングダム 22分
  • エプコット 15分
  • ハリウッド・スタジオ 15分
  • アニマルキングダム 20分
  • ブリザードビーチ 13分
  • タイフーン・ラグーン 19分
  • ダウンタウンディズニー(ディズニースプリングス) 12分

アート・オブ・アニメーション・リゾートからの所要時間はポップセンチュリーと同じ。

以上は平均所要時間で、朝夕の渋滞時は若干増える可能性もあるし、空いていれば早くなる。
バスの出発間隔は平均20分毎だが、各パークの開園時と閉園時は増便されているので、20分も待たされることはないはずだ。(ただし乗る人も多いので乗り切れず、次の便を待つ可能性はある)
11時頃から夕方にかけては逆に便数が減るので最長で30分ほど待たされる可能性もある。
更にウォーターパークとダウンタウンディズニー(ディズニースプリングス)へのバスは便が少ない傾向があることも知っておく必要がある。

各パークのバス停はデラックスクラスのリゾートが最もエントランスに近く、バリュークラスのリゾート行きのバス停はもっとも遠くになっている事がほとんどなので、バリュークラス宿泊者はバス停とパークのエントランス間を10分ほどは歩かされる可能性がある。(行きと帰りではバス停が異なる場合もあるので注意)

以上を考慮して最長の場合の所要時間を考えてスケジュールすれば、ほぼ希望通りの時間までにパークに到着出来るはずだ。
例えばオールスターリゾートからマジックキングダムに行く場合なら、宿泊している部屋からバス停までの時間(仮に5分)+バスの最長待ち時間(パーク開園時なら20分)+所要時間(最長30分)+バス停からエントランスまでの時間(10分)で、計1時間5分を見ておけばパークエントランスに着けるということになる。全てを最長で計算しているので、ほとんどの場合はこれよりも早く到着出来るはずだ。

WDWのバス

プリファード棟でないとバス停まで10分以上歩かされる部屋もあるので、出来るだけバス停に近い部屋をリクエストすることも大事。

キャラクターダイニングがあるリゾートに行く場合、どこかのパークで乗り換えで行くことになるので、そのパークまでの所要時間と、パークから目的のリゾートへの移動時間を足せば良い。
1900パークフェア(グランド・フロリディアン)、シェフ・ミッキー(コンテンポラリー)、オハナ(ポリネシアン)ならマジックキングダムから行くのがベストだろう。
マジックキングダムからはモノレールやボート、バス、或いは徒歩と移動手段が多くあるが、モノレールを使うとしてもっとも時間のかかるグランド・フロリディアンまでが17分だ。
なので、マジックキングダムまでの最長所要時間に30分を足しておけば、予約時間に遅れること無く到着出来るはず。

早朝のキャラブレ予約の場合、朝6時頃からキャラブレ専用のバスが走っていることも知っておこう。このバスが何時頃に来るかはリゾートのフロントで教えて貰える。
パークに向かう人がほとんど居ない時間帯に走るバスなので、行き先表示に関係なく、目的のレストランがあるリゾートまで行ってくれることもあるので、その方面行きのバスが来たら、ドライバーに聞いてみよう。

移動時間は混雑具合や時間帯によって変動してしまうし、夏場ならスコールの影響で停止してしまうということもある。最悪の場合を考えるとどんどん早く出発するしかなくなってしまうので、ある程度は割り切って計画するしか無い。

オーランド旅行記 目次


オーランド空港のショップとレストラン


オーランド空港のメインターミナル3階はちょっとしたショッピングモールの様になっている。
到着時はもちろん、出発時もセキュリティチェックに進む前はここで買い物や食事を楽しめる。
空港内のホテル、ハイアットに宿泊する場合にはホテル内施設の様に使えるのでとても便利だ。

ターミナルはAサイドとBサイドに別れているが、施設はどちらのターミナルを利用する場合でも同様に使える。フードコートは両ターミナルの中央に集まっている。
フードコートに出店している飲食店は以下の通り。

  • Carvel
  • Chick-Fil-A
  • Dunkin Donuts
  • Krispy Kreme
  • McDonald’s
  • Moe’s Southwest Grill
  • Panda Express
  • Quiznos Subs
  • Sbarro
  • Starbucks Coffee

テーブルサービスのレストランは

  • Chili’s Too
  • Home Team Sports Bar
  • Macaroni Grill

この他にハイアットのレストランも4階と9階にあるので飲食には困らないはずだ。

ショップはウォルト・ディズニー・ワールド、シーワールド、ユニバーサルスタジオ、ケネディスペースセンターのショップの他に20店以上の専門店が並ぶ。
コンビニ代わりに使える店としてはターミナル両端にHudson NewsとCNN News and Giftsがそれぞれある。どちらも土産物と雑誌や新聞、スナック類に飲料等を置いている。

セキュリティチェックの向こうはトラムで移動する4つのエアーサイドに別れている。
ゲート1〜29がエアーサイド1、30〜59がエアーサイド3、60〜99がエアーサイド4、100〜129がエアーサイド2だ。
日本人旅行者が主に利用する航空会社では、アメリカン航空がエアーサイド1、デルタ航空がエアーサイド4、ユナイテッド航空がエアーサイド3のゲートを主に使用する。
それぞれのエアーサイドにも飲食店とショップがあるが、各テーマパークのショップは無い。
飲食店は日本人にも馴染みのある店をあげると、エアーサイド1にはバーガーキングとスターバックス、エアーサイド3にはウェンディーズ、エアーサイド4にはバーガーキングとスターバックスがある。

オーランド空港

アメリカン、デルタ、ユナイテッドはターミナルのBサイドにチケッティングカウンターがある。WDWのマジカルエクスプレス(クルーズシャトルも)はBサイドの一階に受付がある。

営業時間は店毎に異なる。一例をあげると、メインターミナルの各テーマパークのショップは7時〜21時で揃っている。飲食店は早い店で4時、遅い店では10時のオープンで、閉店は21時〜22時頃になる。マクドナルドとスターバックスは24時間営業している。
エアーサイドの店は4時頃からオープンし、7時までにはほぼ全ての店がオープンする。

エアサイドやゲートは変更される場合もあるので、確認することを忘れずに。

オーランド旅行記 目次


旅行の荷物を減らす工夫


海外旅行に行くとなれば荷物の工夫は必要だ。
まず航空会社の荷物制限(個数や重量)を把握しておくことは勿論だが、観光旅行では行きよりも帰りに荷物が増えてしまう(お土産類で)ことを前提に荷造りを考えた方がいい。
最近はどこの航空会社も重量制限には特に厳しくなっているので、空港のカウンターで慌てて荷物の詰め直しや分散をしている旅行者もよく目にする。

旅慣れた人は荷物が少ないと言うとおり、実際には必要のない物は持って行かないというのがまず第一だ。もしかしたら必要かもという程度の物は持って行かない方がいい。
万が一に備えて持って行くのは薬等、現地で代わりを入手することが出来ない物だけにしておこう。余程の田舎に行くのでなければ、万が一必要になれば現地調達出来る物も多いはずだ。

お土産の事を考えればスーツケースの半分は空いている状態で出掛けるのが望ましいと思う。
荷物の中で一番嵩をとるのはやはり衣類だろう。
一週間以上の旅行になるなら途中で洗濯をするつもりで用意した方がいい。宿泊日数分の衣類を持って行こうとすると荷物が大きくなってしまう。
ホテルやその近隣にコインランドリーがあることさえ確認しておけば問題ない。(下着類だけなら手洗いも出来る)

下着類等は使い古した物を持って行き、捨ててきてしまうというのも荷物を減らすにはいい手だ。下着類だけでなく、Tシャツ類等もそろそろ着なくなると思う物を持って行って、帰国前に捨ててしまえば更に減らせる。
旅行の為に衣類を新調したりする必要は無いだろう。もし旅行中に高級レストランに行くなど、お洒落をする予定があるのなら、その為の衣類だけ良い物を持って行けば良い。
衣類を現地で購入する予定があるなら、それを現地で着てしまい、新たに購入した衣類のみを持ち帰るつもりでいれば更に減らせる。
履き物も同様だ。旅行には履き慣れた靴が最適だし、現地で靴の購入もするのなら、持って行った物は捨てて、購入した靴を履いて帰国という手もある。(履き慣れていなくても帰国時の移動だけなら大丈夫だろう)

衣類を最低限に出来ればかなり荷物は軽くなる。

圧縮袋を使って衣類を圧縮して行くという人もあるが、嵩は減らせても重量は変わらないということに注意しよう。言う間でもないが、帰国時にも使う場合は、手だけで圧縮出来る圧縮袋にしよう。掃除機の現地調達は難しい…。

衣類圧縮袋

衣類の圧縮袋はセーター等を持っていく必要のある冬場の旅行には便利だ。

逆に必ず持って行った方がいいのは洗面用具等だ。
海外旅行の経験があればご存知とは思うが、海外のホテルではかなり高級なランクでもアメニティ類が貧弱だ。あるのはタオル類だけと思って間違い無い。
歯ブラシ等はまず置いていないし、スリッパも無い。シャンプー等は置いてあっても粗悪な物が多い。
タオルだけは絶対にあるので持って行く必要はないが、それ以外は持参しよう。(液体やクリーム状の物はスーツケース等の預け入れ荷物に入れるように)