カテゴリー別アーカイブ: 海外旅行Tips

ハワイ旅行記 04 2017・ハワイ島観光


ハワイ旅行二日目。昨晩は早めに寝て私も娘も体調万全。
本日申し込んでいるハワイ島一周観光ツアーは10時半のピックアップなので、その前に朝食へ。
宿泊しているコナシーサイドホテルの敷地内にあるスプラッシャーズグリルへ。
満席だったが、名前を告げて待つこと約10分ほどで席へ案内してもらえた。窓際のテーブルだったが、海側では無いのであまり景色はよくない。
味とサービスはまずまず。そしてやはり観光地価格で朝食としては割高。

朝食を済ませホテルのロビーで待っているとほぼ時間通りにツアーの車が迎えに来た。
車は4列シートのメルセデス・ベンツ。
ガイド兼ドライバーは現地在住の日本人女性。
今日のツアーは満席ということで、我が家を含めて4家族での催行。
ツアーの名称は「マウナケア山麓 世界遺産キラウエア&星空観測 溶岩専門ガイドが徹底案内デラックスツアー」で、ビッグ・アイランド・クレストという現地の旅行会社によるもの。約600キロの行程を約12時間ほどかけて観光する。

カイルアコナの街を後にしてワイコロア(翌日から宿泊する)を通り、ホノカアの街並みを遠くに観て、TEXドライブインへ。
TEXドライブインはマラサダで有名な店なので、マラサダを買って食べてみた。オアフ島のレナーズとかも有名だが、作りたての味はどちらも美味しく甲乙つけがたい。(作りたてはどこの店でも美味いんじゃなかろうか?)

TEXドライブイン

店内と外に食べられるテーブルが十分に用意されている。様々なツアーの立ち寄りポイントになっているので、混んでいるとマラサダを買うのに時間がかかることもあるらしい。

次いでアカカの滝を見学。
高低差が130mという滝を観た後はビッグアイランドキャンディーへ。ハワイ島を巡るツアーでここに立ち寄らないものはないというくらい定番の場所。ツアー会社と提携しているのだと思うが、トイレも綺麗なので休憩がてら立ち寄るのには最適な場所なのだと思う。
ビッグアイランドキャンディーはショートブレッド(クッキー)で有名な店で、ホノルルのアラモアナ・ショッピングセンターにも出店しているし、ワイキキのTギャラリアでも定番の商品は売っているが、ここハワイ島の本店にでしか取り扱いの無い商品もある。
味はホノルル クッキー カンパニーと大差無い気もするが、ハワイ島に来たらビッグアイランドキャンディーというくらい有名ではあるので、多少のお土産を購入。

ヒロの街を車窓から見つつ、キラウエア火山国立公園へ。
溶岩洞窟等を観光し、溶岩台地で幕の内弁当での夕食。
日本で言えば群馬の鬼押し出し園でお弁当を食べてるような感じ。絶景ではあるのだが、風が強すぎて、落ち着いて食べられるような雰囲気では無かった…。それと弁当はご飯の量はたっぷりだが、オカズが微妙であまり美味しいとは言えず。
強風はたまたまだったのかもしれないが、景色が楽しめずとも、もう少し落ち着いて食べられる場所を選定してくれた方が良かったと思う。

溶岩台地

こんな所でお弁当。遠くに海も見えて景色は良いのだが、食事に適しているとは言えないと思う。

食事の後はメインイベントである、キラウエア火山内のハレマウマウ火口へ。
火口を綺麗に見るには夕刻から日没にかけてここに来るのがいいようだが、時間はまさにその頃。
溶岩の状況は日々違うとのことだが、この日はベストな状況だったようで、赤く吹き出す溶岩をたっぷり見ることが出来た。
ガイドさんが双眼鏡も用意してくれるので、それを使って見ると、火山のドキュメンタリー番組で見たような迫力の溶岩噴出が間近に見えて大満足。
双眼鏡が無くても十分に見えるので、実際に溶岩がグツグツと噴出している火口に、これだけ近づける観光地はなかなか無いと思う。(キラウエア火山は日本の火山とはタイプが違うので、危険無く近づけるということらしい)
ここには資料館とスーベニアショップもあるので、記念のお土産(マグネットやポストカード)も幾つか購入。

キラウエア火山

コンパクトデジカメのズームで撮った火口の写真。赤々と煮えたぎる溶岩が本当に間近に見える。

ハレマウマウ火口を堪能し、いよいよ最後のお楽しみ、マウナケア山麓での星空観測へ。
星空観光は以前、マウイ島でハレアカラでのものに参加したのだが、その時は空に明るい月が煌煌と輝いていて、期待していたほど星が見えなかった。
今回は事前に星空観測の時間帯には空に月が無いことを確認していたので、期待大。
あとは天気が心配だったが、運良く晴天。
ということで、観測ポイントに着いて車外に出ると、まさにプラネタリウムの様な満天の星空。
溶岩の噴出する火口も凄かったが、星空にも感動。
都会育ちなので、ここまでの降るような星空は生まれて初めて見たかもしれない。
娘も同様で、月がなく、下界に明かりもなく、天気が良ければこれだけの星が肉眼で見えるのだという事に感激した様子。
天体望遠鏡も用意してくれて、いくつかの惑星や星雲等を望遠鏡で見たりもしたが、やはり普通に肉眼で見上げる満天の星が一番だった。

全ての観光を終え、ホテルに到着したのは22時半頃なので、出発からちょうど12時間くらいの観光だった。
大きなハワイ島を一日で見て回るというのはちょっと無理な話で、急ぎ足で見て回ったという感じは否めないが、時間をあまりとれない旅行者にとってはまずまず満足出来る内容だったと思う。
この手のハワイ島一日ツアーではビッグアイランドキャンディーとキラウエア火山以外のルートは細かく違っているので、好みで選べるのもいいと思う。(例えばヒロの街を下車して観光できるものや、アカカの滝ではなくレインボー・フォールズに行くもの等)
あと、星空観光も付くツアーで、日程が多少自由になるのであれば、観測予定の時間帯に月の無い日を選ぶことをお薦めする。(天気は運次第だが、月の状態は事前に確実に分かる事なので)

翌日は二泊したコナシーサイドホテルをチェックアウトし、ヒルトン・ワイコロア・ビレッジに移動する。




ハワイ旅行記 03 2017・コナ観光


カイルア・コナの街は海沿いにの道(アリイ・ドライブ)に観光スポットが並んでいて、コンパクト。
高い建物が無いので、ワイキキ辺りとは全く風情が違う。いかにも南の島のリゾート地といった感じ。(田舎な感じとも言える)

コナにはケアウホウ・リゾート・ホヌ・エキスプレス(乗車賃は一人2ドル)という観光客向けのシャトルバスもあるが、一日8便(約2時間間隔)という運行なので、ワイキキトロリーのピンクラインの様な利便性はない。まあ、観光客でごった返すワイキキとは違って、頻繁に運行する必要があるほどの利用者数は無いと思うので仕方が無い。
なので、徒歩で無理なく歩ける範囲で散策することに。

まずはモクアイカウア教会(Mokuaikaua Church)へ。ハワイで初めての教会で、中は自由に見学出来る。(日曜には礼拝が行われている)その向かいにはハワイ王朝時代の宮殿であるフリヘエ宮殿(Hulihe’e Palace)があるが、当日はイベントの為に一般には開放されていなかった…。
そこからコナ ファーマーズ マーケット(Kona Farmers Market)へ立ち寄ったが、観光客向けの民芸品がほとんどで、ファーマーズ マーケットらしさはあまり無いし、かなり小規模。
訪れたのは午後だったので、午前中に行けばもしかしたら違ったのかもしれない。
ただ、私達が行った時間帯でもフルーツはそれなりにあったので、自分達でカットして食べられるのであればお得に買えるのだと思う。

そこからアリイ・ドライブを脇道(ファラライロード)に行き、ポキボウル(マグロの漬け丼)で有名なウメケ(Umeke’s)へ。
ウメケは小規模な店で、屋外にテーブルも用意されているが、基本的にテークアウトの店といった感じ。様々な味付けのポケ(まぐろ)にご飯は白米か玄米を選べる。
私達はまだあまりお腹が空いていなかったので、ケイキ(キッズ)サイズのポキボウルをシェアして、屋外のテーブルでいただいた。それでも日本の感覚で言えば牛丼普通盛りくらいの量はある。
味はまずまず期待通り。娘は初めてのポキボウルが気に入って、この後あちこちで食べることに。

アリイ・ドライブに戻ってコナ イン ショッピング ビレッジ(Kona Inn Shopping Village)へ。
コナ イン ショッピング ビレッジは海沿いに土産店やレストランが並ぶ、2階建てのちょっとしたショッピングセンター。
基本オープンエアなので、リゾート地のショッピングスポットといった雰囲気はとても良い。けれど、それほど欲しいものがありそうではなかったので、冷やかしただけで終了。

アリイ・ドライブ

アリイ・ドライブでは大きなバニヤンツリーが居たる所に。高層ビルなどがないのでとても長閑な感じ。

コートヤード・キング・カメハメハ・コナ・ビーチ・ホテルに行き、ホテルのロビーで見学がてら休憩。ロビーを通ってプールに出て、ビーチ(ラグーン?)まで行くとカマカホヌ(Kamakahonu National Historic Landmark)がある。ここはカメハメハ大王の引退後の住居跡で、アフエナ・ヘイアウ(Ahuena Heiau)という聖地もあり、米国国立史跡となっている。
ちなみにこの近辺で遊べる砂浜のあるビーチはこの一角のみ。(基本的にコナでは泳いだりは出来るビーチはほとんど無い)

以上の散策コースで、歩いている距離だけで言えば往復で約30分ほどなので2キロくらいかと思う。なので、お店を覗いたり、ちょこっと食べたり、写真を撮ったりといった時間を合わせても90分くらいあれば十分に散策が出来るコース。

一旦コナ・シーサイド・ホテルの部屋に戻って休憩後、スーパーへ買い出しへ。
ホテルからパラニ・ロード(Palani Rd)という道を7分前後歩いた場所にKTA スーパー・ストアーズというスーパーがある。500メートルくらいの距離なのだが、行きは上り坂でちょっとキツい。その代わり帰りはずっと下りで楽ちん。
KTA スーパー・ストアーズはハワイ島のみで展開しているスーパーで、生鮮品から飲料、お酒、スナック、日用品と何でも置いている。お総菜のコーナーもあるのでホテルの部屋で食事をするという観光客にも便利。
KTA はハワイ島のみで他には無いので、ここのエコバックとかは記念になるかもしれない。(私は買った…というか、レジ袋で持ち帰るのは大変だったので)
スナック類と2泊分くらいの飲料、お酒を購入してホテルへ戻った。

KTAスーパー

ハワイと言えばKTAスーパーらしい。雰囲気は庶民的で、オアフ島等にあるセーフウェイの様な洗練されたオシャレ感みたいのは皆無。

夕食はホテルから5分とかからない距離にあったアリイ・ドライブ沿い(つまり海沿い)のフィッシュホッパー(Fish Hopper)というレストランへ。
いかにも観光客向けのレストランといった感じだが、この一帯のレストランはどこもそう。
海側の席が素敵な感じだが、私達は店内中程の席。とは言っても開放的な作りなので海はどの席からでも見ることが出来る。
メニューはとても豊富で一般的なアメリカンからハワイらしい料理まで何でも揃っている。
場所柄ディナータイムは混雑しそうだったが、私達は18時前には行ったのでスムーズに席に着けた。もう少し遅めの時間だと満席ということも多いらしいので、もし利用することを決めているなら予約した方がいいかもしれない。(オープンテーブルで予約が出来る)
ディナーではコースもあるが、私達はアラカルトで食事。
お値段は観光地価格。味はグッド。(少なくとも私達が頼んだ料理は)

フィッシュホッパー

窓際にガラス等は無いので、中程の席でも開放感はある。(このへんのレストランはこういうスタイルが多い)

フィッシュホッパーのサラダ

マウイオニオンのサラダ。ドレッシングは黒酢っぽい。

フィッシュホッパーの料理

二人とも魚料理をオーダー。味は良し。盛り付けも綺麗で、観光地価格は仕方無しか。

これでコナの観光は終了。成田を夜出て、もう一度朝から一日をやり直したのでかなりクタクタ。
早めに就寝する。
翌日は現地ツアーでハワイ島を巡る。




ハワイ旅行記 01 2017・ハワイ島へ


成田発、ホノルル経由でハワイ島へ出発。
利用するホノルル行きの全日空(ANA)便は夜発で余裕があるので、自宅から成田空港までは自家用車で移動。空港周辺の成田ビューホテルで駐車場を無料で使えるプランでの後泊(帰国日に泊まる)を予約済みなので、成田ビューホテルへ。
車をホテルの駐車場に駐めて、フロントで駐車券の処理だけしてもらう。
10泊の駐車無料というプランだが、今回の旅行は9泊11日なので、車は11泊駐めることになる。その追加料金を確認すると1泊分サービスするので追加料金は不要とのこと。有難い。
空港まではホテルのシャトルバスで移動。

さて、今回も窓側2席のみの席を確保出来ることを条件に航空会社と便を選択したのだが、なんと帰国便(ホノルルから成田)が機材変更で窓際3席の飛行機に変更されてしまった。
その際に予め指定していた席とは違う席(機材が違うのだから当然)に自動的に変更されいたので、Webから出来るだけマシと思える席に再度指定し直した。
更に出発時間が2時間近く早まった。そもそも午前中出発の便だったので、朝の2時間はキツい。
出発時間や乗り継ぎ便の変更等、今までも色々なことがあったが、機材変更に遭遇したのは初めて。早めの航空券購入は好きな席を確保するためには必須ではあるが、こういうリスクもある…。
行きの便は時間も機材も変更無しなので、往復ともでなかったのは救い。

空港に到着したらまずはチェックイン。
ホノルルからハワイ島、コナ空港までのハワイアン航空のボーディングパス(搭乗券)は受け取れず。ユナイテッド等のスターアライアンス(ANAと同じグループ)の航空会社への乗り継ぎ以外の搭乗券は成田では受け取れない。
なので、ホノルルでハワイアン航空のチェックインは行う必要がある。が、荷物のタグは最終目的地(コナ空港)までの物を付けてくれるので、ホノルルで税関を出たら、ハワイアン航空のチェックインカウンターまで荷物を運ぶ必要は無く、税関出口の再預けカウンターですぐに引き取って貰う事が出来る。

今回は初めて海外旅行用のモバイルWI-FIをレンタルしてみることにしたので、出国手続き前に忘れずにWI-FIルーターを受け取っておく。利用したのはグローバルWiFi。

ANA便は定刻に出発し、ほぼ定刻通りにホノルルに到着。
入国審査はAPCと呼ばれる機械で行うが、その後に係官に再度チェックを受けるのであまり便利になった気はしない。(所要時間は短縮されているのかな?)
日本人旅行者が多いホノルルなので質問等も片言の日本語で行われる事が多く、問題は無い。

入国審査を終えたら預けた荷物のピックアップ。そして税関を出たら(税関は機内で記入した税関申告書を渡すのみで滅多に検査等をされることはない)、乗り継ぎ客の為の荷物の再預けカウンターが目の前にあるので、そこで引き取ってもらう。

ハワイアン航空は国際線ターミナルとは別のインターアイランドターミナルからの出発なので、ターミナルを移動する必要があるが、近くなので徒歩で向かう。(ターミナルを移動する為の無料シャトルもある)
荷物の再預け後、左手の団体出口(個人旅行だが、団体出口の方が近いので)から出て、エスカレーターで上に上がり、左手に歩くとインターアイランドターミナルにすぐ着く(約5分程)。

ハワイアン航空のチェックインは自動チェクインの機械で行う。
予約番号を入力するか、パスポートを読み込ませるか、EチケットのQRコードを読ませるか、いずれかの方法で自分達の情報が表示される。
預ける荷物はもう無いので案内に従って手続きを済ませ、搭乗券を受け取るのみ。
もしここで預ける荷物がある場合には荷物のタグが排出されるのでそれを自分で付ける。

ハワイアン航空

ハワイアン航空の自動チェックインマシーン。 日本語も選べるので操作に迷うことはない。

手荷物検査を済ませて搭乗券に記載されているゲートに向かう。
国内線とはいえ、ここは米国。手荷物検査は予想外に時間がかかることがあるので、この時点でフライトまで時間があっても早めに手荷物検査を通過した方が良い。

インターアイランドターミナルには搭乗までの時間を潰せる場所としては、スターバックスやバーガーキング等がある。以前は中庭の様な場所に喫煙できる場所があったが、今はもう無い。
つまりホノルル空港には建物内に入ったら一切喫煙出来る場所は無い。(空港建物内に入る前の外側に何カ所か灰皿が用意されている場所がある)
Flight Deckという店舗(ターミナル内のあちこちに大小の店がある)ではハワイアン航空のグッズ(他の航空会社の物も)が販売されている。

ハワイアン航空はほぼ定刻にホノルル空港を出発。
コナ空港までは約1時間のフライト。

コナ空港はとてもオープンエアなコンパクトな空港。
搭乗ブリッジが無いのでタラップを使って飛行機を降りる。

コナ空港

ほぼ屋根も無いコナ空港。雨の時はかなり悲惨なことになるという噂。

バゲージクレーム(手荷物の受け取り)に向かう途中でホテルまでの送迎を頼んで置いたロバーツハワイのスタッフに出迎えられる。(ちゃんと名前のサインを持って待っていてくれた)
預けた荷物を受け取るとすぐにシャトルバスへ。
コナシーサイドホテル へ向かう。