カテゴリー別アーカイブ: ディズニー

TDRのオフィシャルホテル・サンルートプラザ東京


東京ディズニーリゾート(TDR)のオフィシャルホテルは過去にサンルートプラザ東京以外の全てのホテルに宿泊経験があるが、今回やっとサンルートプラザ東京に宿泊したので感想を。

今までサンルートプラザに一度も宿泊していなかった理由は、最もリーズナブルなオフィシャルのはずなのに、常にもっと安く他のオフィシャルに宿泊出来たからという単純に予算的な理由だったが、初めて朝食付きで全オフィシャルの中で最も格安な宿泊プランに遭遇したので利用してみた。
サンルートプラザの客室は種類が多いのだが、我々が泊まったのはクルージングキャビン3(16.5㎡)というクルーズ船の船室をモチーフにした部屋。
この部屋がサンルートプラザの中で最も狭く、最も安く提供されている。ちなみにクルージングキャビン2という同コンセプトの若干広目の(ベッドも大きくなる)部屋もある。

サンルートプラザ東京のクルージングキャビン

シングルベッド2台が並ぶクルージングキャビン3

クルージングキャビンはその名の通り本当に船室の様な作り。ディズニークルーズのステートルームに近い感じだ。(ディズニークルーズは多くの船室が風呂トイレ別だが、サンルートプラザのクルージングキャビンは残念ながらバストイレ一緒のタイプ)
ビジネスホテルのシングルルームの様な狭い空間を上手くアレンジしてあって、子供は喜ぶ。
子供は喜ぶし、寝るだけと割り切れば、清潔である意味機能的なので文句の無い部屋ではあるが、まずカップルには向かない。又、もっとも狭いクルージングキャビン3では3人家族になるとかなり手狭だと思う。(ベッドがシングル2台なので添い寝は厳しい)
ソファーベッドがあるので3人でも利用出来るのだが、3人家族以上ならクルージングキャビン2(19.4㎡)以上の部屋がいいと思う。
風呂も安いビジネスホテルのそれを想像してもらえば分かると思うが、とても狭いので子供と一緒の入浴も厳しいと思う。
ちなみにクルージングキャビンではない、普通の部屋(スタンダードツイン)ならちゃんとセミダブルのベッド2台で26.6㎡の広さがある。

クルージングキャビン

客室ドアはまさにクルーズのステートルームといった雰囲気。室内にはちゃんと救命胴衣も用意されている。(絶対に使わないけど)

今回朝食付きで泊まったが、意外に朝食ビュッフェが美味しかった。
品数はヒルトンやシェラトン等に比べて劣るが、子供との食事なら十分に満足出来るレベル。混雑に合わせて朝食会場となるレストランは増減されるようだが、一階にあるメインのカリフォルニアはパーク開園に合わせた食事をしようとするとまず待ち時間が発生する。
それでも10分程の待ち時間で利用が出来た。(繁忙期ではなかったからかもしれない)

サンルートプラザの利点としては、オフィシャルの中で唯一、ディズニーランドまで直行の送迎バスがあることがあげられる。もちろん他のオフィシャル同様にベイサイドステーションまでのリゾートクルーザー(バス)もある。ただし、ディズニーランドまでの直行バスはベイサイドステーションまでのものに比べて便数が少ない。(ランドの開園、閉園に合わせて増便されるが)
ディズニーランドにはとても近い位置にあるので、ランドまでは徒歩で行くことも十分に可能な位置だ(パークエントランスまで約15分)。

ということで、今回初めてサンルートプラザ東京に泊まったが、値段が最安なら又利用してもいいと思う。ホテル全体のリゾート感や高級感というものはないが、パークで遊ぶことがメインならとてもいいホテルだと思う。

これでTDRのオフィシャルは全制覇した。ディズニー直営(実際は直営という呼び方はせずディズニーホテルと言う)もアンバサダーとディズニーランドホテルには泊まったので、残るはミラコスタのみ。
(2016年夏に新しいディズニー直営ホテル、ディズニーセレブレーションホテルがオープンするが、エリアが新浦安だし、サービスを簡略化するとアナウンスされているので、従来のグッドネイバーホテルにディズニーの装飾を施した様な感じになるのではないかと思われる…)

TDRのオフィシャルホテル比較

ディズニーランドホテル (TDR)

ディズニーアンバサダーホテル(TDR)


20世紀フォックスランドとスターウォーズのパーク


映画のテーマパークと言えばユニバーサルスタジオだが、20世紀フォックスもテーマパーク、「20世紀FOXワールド」を建設するらしい。場所はマレーシアと韓国、そしてドバイの3ヵ所で、何故かアメリカ国内には作られない。(今のところ)つまりユニバーサルスタジオとの競合は避けるという感じだ。
最も早くオープンするのは既に建設が始まっているマレーシアにで、2017年オープン予定だ。規模の大きさではドバイのパークが最大になる様だ。ドバイでは20世紀フォックスがテーマのオフィシャルホテルも同時に建設されるらしい。

アトラクションとしては「アイス・エイジ」「エイリアン」「プレデター」「猿の惑星」「ナイト・ミュージアム」「タイタニック」「シンプソンズ」を題材にした各種ライドやシアタータイプの物が予定されている。
シンプソンズのエリアやアトラクションは米ユニバーサルスタジオにもあるが、実際は20世紀フォックスのアニメーションだ。(マーベルがユニバーサルにもディズニーにもというのと同じ?)
目玉のアトラクションは何と言っても「タイタニック」だろうが、まさか沈没を体験する様なものではないだろうから、どんな内容になるのか不明だ。

そしてこれも 20世紀フォックスだったのがいつの間にかディズニー映画となった「スターウォーズ」のパークも作られる。これはディズニーがアナハイムのディズニーランドとオーランドのウォルト・ディズニー・ワールド内に同時に同じ物を作ると発表した。
今でもスターツアーズやジェダイ・トレーニング・アカデミー等、スターウォーズ関連アトラクションは存在するが、パークが完成すればそこに集約されるのだろうと想像する。
メインとなるアトラクションは新規に2つが出来るとのことで、ミレニアム・ファルコンに搭乗する設定のライドアトラクションと、帝国軍と反乱軍の争いにゲストが巻き込まれるというストーリーのものだそうだ。
モス・アイズリーの酒場も作られ、パーク内では様々なスターウォーズ・キャラクターとのグリーティングも提供されるらしい。
アナハイムもオーランドも5万平方メートル以上という巨大な敷地となるとのことなので、これだけで一つのテーマパークになるくらいの規模と思うのだが、ニューファンタジーランドの様に既存のパークの中のエリアとなるのか、それとも専用のパークとなるのかは分からない。

スターウォーズ・パーク

雰囲気はWDW,ハリウッドスタジオのスターツアーズ近辺に似てるが、スケールは比べものにならないだろう。

そう言えば現在オーランドのディズニー・アニマルキングダムに建設中の「アバター」も20世紀フォックス映画だったが、アバターのアトラクションはディズニーが独占的に作る権利を買っているそうで、20世紀FOXワールドでは使う事が出来ないそうだ。

オーランド旅行記 目次


オーランド旅行記番外編・総括


今回の約3週間のディズニークルーズとオーランドの旅を振り返って、正直少し長すぎたかなというのが素直な感想。
テーマパーク漬けの毎日は想像以上に体力が必要で、インターナショナルドライブのヒルトンに移動してから以降の6日間くらいが余計だった気が…。
これがのんびりと過ごせる旅なら違っていたかもしれないので、3週間という期間そのものが長すぎるということではないと思う。

例えば5泊したディズニークルーズはとても楽に過ごせたので、もう少し長い、例えば一週間くらいのクルーズでも良かった。WDWもパークに行く予定の無い、気ままに過ごせる日があっても良かったので、10日間の滞在が長かったとも思わない。
やはり毎日何かしらの予定があって、それをこなしていったのが疲労の原因だと思う。

ディズニー・クルーズ

やはりディズニー・クルーズは素晴らしかった。WDWとクルーズならクルーズを選ぶという人が多いのも頷ける。食事や基本的なエンターテインメントが全て含まれていることを考えれば費用的にも高くないのでは無いだろうか。

なので、次回があれば5〜7泊のディズニークルーズに10日間くらいのWDWというスケジュールが理想かなぁと思う。WDWはもう一通り満喫したので、次回も10日間あれば、その中の3日間くらいは何もスケジュールしていない日を設けられるだろう。
そんな予定で行ければのんびり過ごせそうだ。

テーマパーク中心の旅は治安にそれほど気を使う必要が無いし、万全のサービス体制の中での旅行になるので楽に過ごせることは確かだなので(お金さえちゃんと使えば)、子連れ旅行の行き先としてはぴったりだ。
ただ、南の島のリゾートと違って提供されている娯楽が多いため、疲れてしまうのが難点。しかし、WDWに限って言えばリゾート(ホテル)内でただのんびり過ごすということも可能な作りになっているので、何もしない贅沢な日をどれだけ入れられるかで疲労度は違うだろう。

まあ、準備も万全にしていったおかげか、特に困ったことや大きな失敗も無く3週間を楽しく過ごせた。真夏のオーランドの暑さも、最近の東京の暑さと比べて大差が無いような気がしたので(滞在中3日間ほど異常に涼しい日もあった)、心配したほどでも無かった。ハリケーンにも遭わなかったし。
(大阪のUSJに夏休みに行ったことがあるが、その時の暑さの方が殺人的だった気がする…)

一日中降ったりやんだりの雨にたたれた日も何回かあったが、まあ、予定を大きく変えるほどのことも無かった。逆に連日あるはずのスコールも無く、まる一日晴天という日も多かったし。
総合的に見れば、私達が滞在した7月下旬から8月中旬のオーランドは、暑さは同時期の東京程度、晴れや曇りの日が8割、断続的に一日雨の日が2割といったところだっただろうか。
午後から夕刻にかけてのスコールも必ずあったわけではなく、7割程度の確率だったと思う。時間帯は14時〜16時の間に1時間程度だった。(もちろん気候や天気に関しては毎年同じということではないだろうが)
スコールが来る30分くらい前には必ず涼しい風が吹いてくるので、「もう間もなく来る」というのがはっきりと分かった。

さて、連日更新してきた当ブログは、本日以降、更新を不定期とさせていただきます。
過去記事への情報の追加や修正は随時行っていくつもりですので、今後とも皆さんの旅行の参考にしていただければと思っています。
次回はハワイにまた行きたいと思っているので、まだ未定ではありますが、計画が動き始めれば連日更新を再開したいと思っています。

新規の記事投稿はしばらくの間不定期となるため、新規投稿をお知らせできるTwitterのフォローなどをしておいていただければと思います。
又、YouTubeにもオーランド旅行の動画をアップしていく予定です。

また、オーランド旅行の準備編と旅行記本編の専用の目次を作成しましたのでご参照下さい。
情報は古くなってしまうかもしれませんが、可能な限り、変更点や相違点を加筆修正していきますので、お役立て頂ければ幸いです。