カテゴリー別アーカイブ: 雑記

旅行写真の整理術


旅行で写真を撮ったら、出来るだけ早く整理を行った方がいい。
いつかやろうと放っておくと、そのままになってしまう。遅くとも次の旅行に出掛ける前にはやっておくべき。
今はデジカメが一般的なのでメモリーカードの中にためっぱなしという事が多いと思うが、メモリーカードは永遠に保存しておけるものではない。不具合で読み出せなくなる事もあるので、バックアップは必要。

まず旅行から帰ったら、PC等への保存だけはやっておこう。
様々な写真整理ソフトがあると思うが、どんなソフトでも日付毎に整理してくれると思うので、これさえやっておけば後で閲覧するのもプリントするのも楽になる。

以下は私の整理方法

  1. パソコンに保存
  2. パソコン上で失敗写真と成功写真を選別
  3. 成功写真のみをネット上の画像保存サービスにアップロード
  4. 成功写真の中からプリントで残したい写真にマークを付ける
  5. プリント希望写真が100枚を超えた時点でネットプリントサービスでプリント
  6. プリント写真をアルバムに整理

旅行から帰ると数日以内にはパソコンに保存してしまい、カメラ内のメモリーカードは次回の使用前にはフォーマットして空にしてしまっている。
2の段階で写真にキーワードを付けたりもしておけば後々写真を探すときに楽になる。

Apple - Aperture

私はMacなのでApertureというソフトを使って整理している。

3は私の場合、flickrという写真共有サービスを利用してネット上に写真を保存しているが、他にもGoogleのPicasaとか色々ある。flickrの利点は画像サイズをオリジナルのまま保存しておけること。
これだけで写真はパソコンとネット上の2ヵ所に保存されるので、万が一の場合に完全に失ってしまう危険がなくなる。

flickr

私のflickrページ。公開非公開、家族にだけ、友人だけに公開等と、用途や被写体別に分けて保存出来る。

現在では写真はパソコンやTVで観るのみでプリントはしないという人もいるかと思うが、やはり思い出の写真はプリントし、アルバムに保存しておきたい。
単純なプリントのみではなく、特別な旅行はフォトブックにしてオリジナルの写真集にしたりもしている。
以前は家のプリンターで印刷していたが、コストを考えるとネットプリントのサービスが安くて便利。枚数によって送料が無料になるので、私はプリントしたい写真が100枚を超えた所でオーダーしている。
ネットプリントも各社あるが、私は”しまうまプリント“さんをいつも利用していて、品質には満足している。
特別な写真は家のプリンターでA4に印刷し、フレームに入れて飾っている。
数が多くなるL版の写真はネットプリントサービス、数の少ない大伴(A4)は自宅のプリンターという使い分けだ。

もちろん写真の楽しみ方は人それぞれでいいのだけど、せっかくの思い出の写真を紛失してしまうことだけは避けた方がいい。
その為には写真画像が常に最低2ヵ所以上に保存されている状態にしておくことが大事。
パソコンのみに保存する人なら、外付けのHDにもバックアップしておくか、DVD-Rに焼いておく等しておくことだ。CD-RやDVD-R等のディスクメディアは経年劣化で読み出し出来なくなることもあるので注意。数年毎には新しいメディアに焼いておいた方がいい。
一つ壊れたことで全ての写真が失われてしまうというのはとても悲しい。後悔先に立たず、もしまだ整理も保存もしていない写真があるなら今すぐバックアップだけでもしておいた方がいい。

 

flickr


WDWのマジックバンド


フロリダのウォルトディズニーワールド(WDW)で運用されているマジックバンドという優れものの腕輪。
これは直営リゾートに宿泊する場合は無料で、それ以外のホテルに滞在で欲しい場合はWDW内のショップで有料で購入後、チケット情報等のリンクが出来る。(直営リゾートではチェックイン時にフロントで受け取り)
出来る事は以下の通り。

  • 直営リゾート宿泊者はルームキーになる
  • パークチケットになる
  • ファストパス+(直営リゾート宿泊者は60日前、それ以外の方は30日前から予約可能)を記録
  • クレジットカードを登録してWDW内で使える電子マネーに(任意)
  • メモリーメーカー(以前のフォトパス)を記録

マジックバンドがあれば財布もルームキーもパークチケットも要らないということ。
防水仕様なのでマジックバンドを付けたままプールに入っても大丈夫、パークチケットとしては指紋認証、電子マネーとしては任意のPINコード入力が必要なので、紛失しても不正使用される心配はいらない。
マジックバンドにクレジットカード機能を入れる(リンクさせる)場合は使用限度額(リゾートのランクにより500〜1,500ドル)が設定されるので、もし限度額を超えた場合には各リゾートのゲストサービスで限度額を再設定してもらえる。

個人情報を腕輪一つに入れて大丈夫かと思う人がいるかもしれないが、このマジックバンドには記憶チップの様な物は入っていない。中身はマジックバンドの固有識別番号と通信チップのみ。
情報の記録はマジックバンドでは無く、WDWのサーバーにされていて、その情報と各人のマジックバンドがリンクされるという仕組み。マジックバンドは常に「何番のマジックバンドです」という情報を送信しているだけ。
なので、自分でMy Disney Experienceから登録、修正、削除した情報もマジックバンドにそれを繁栄させるような作業は一切必要無く、そのまま即時に繁栄される。

直営リゾート予約とMy Disney ExperienceがリンクされていればMy Disney Experienceからマジックバンドのカスタマイズも行える。色が選べて、ファーストネームを刻印してもらえる。(チェックインの30日前までがカスタマイズの期限)
カスタマイズしていない(出来ない)場合は無料で貰えるのはグレーのみ。もちろん名入れは無し。

My Disney Experience

私はブルー、娘はピンクにカスタマイズ

かなり便利なシロモノだが、この機能を完全に使いきる為にはやはりMy Disney Experienceの登録と、リゾート情報とチケット情報のリンクが事前に行われていた方がいい。

(これらを行っていなくても直営リゾートに宿泊すればルームキーとしてのマジックバンドは貰えるし、チケット情報等をその場でリンクしてもらう事は出来るが)
現在WDWのほぼ全域でWi-Fiが提供されているとのことなので、このマジックバンドと、現地でネットが使える(My Disney Experienceアプリがインストールされたスマホ等)機器があれば、常に手元でファストパス+の取得や変更、レストラン予約、キャンセル(キャンセル規定に注意)と言った作業が行えるので便利この上ない。

マジックバンドのアクセサリー

マジックバンドを飾るアクセサリーもたくさん売っているらしい

オーランドのWDW旅行でパッケージツアーを使う場合、直営リゾートに泊まるなら、旅行会社がリゾート予約番号等を事前に教えてくれるかどうかは申込み前に確認した方がいい。もし必要な情報を教えてもらえないと、My Disney Experienceの事前利用が制限されてしまい、せっかく直営に泊まるのにその特典を受けられなくなってしまう。
パッケージツアーの場合、ホテルの部屋を旅行会社がブロックで買っていて、当日か直前までどの部屋を誰に割り当てるか決まらないというケースがある。この場合は当然予約番号を教えてもらえない。
My Disney Experienceの利用について尋ねて、即答できない様なツアーは避けた方が無難。 

オーランド旅行記 目次




アメリカのレストランで食事をする


テーブルサービスのレストランで食事をする時はメニューがちんぷんかんぷん、注文する際の英語、お勘定の仕方にチップと、難題がたくさん。
これが面倒でファストフードやバフェ(バイキング)のみで食事するという人もいるようだが、基本的な事さえ分かっていれば大した事はない。
そもそもこちらはお客さんだし、外国人観光客なのだ。失礼なことさえしなければ、問題ない。

まず日本のレストランとの違い。

  • お冷やは出ない。もちろんおしぼりも。(水が欲しければ別途頼む)
  • 席には案内されてから着く。勝手に席に座れない店が日本より多い。
  • 担当のウェイター、ウェイトレスが決まっている場合も多く、他の従業員に頼めない。
  • お勘定は通常テーブルで行う。
  • もちろんチップが必要。
  • 高級店のディナーではドレスコードに注意。(日本でもそうだろうが)

メニューは日本人観光客の多い場所なら日本語メニューがある場合も多いので、あるかもしれない様な場所なら「ドウーユーハブア、ジャパニーズメニュー?」と聞いてみよう。無ければ英語のメニューを読まなければならないが、基本的なメニューの構成は前菜、サラダやスープ、メイン、デザート、飲み物とセクション毎に書かれている。

  • StarterもしくはAppetizerが前菜
  • Soupはスープ、Saladはサラダ
  • Side Dishは付け合わせ
  • MainもしくはEntreesがメインディッシュ
  • DessertもしくはSeweetsがデザート
  • Kids menu又はChildren’s menuは子供専用料理(小学生くらいまで)

そしてDrinksやBeveragesと書かれた飲み物のメニューがある。別になっている場合もあれば、料理のメニューと同じ場合もある。ワインのみ専用メニューというのが一番多いパターン。

料理素材の単語は頑張って読むとして、基本的な調理方は以下の通り。

  • sauté(炒めた)
  • steamed(蒸した)
  • grilled(焼いた)
  • fried(揚げた)

メインディッシュにはServed with ○○○と書いてある事が多い。これは○○○が付いているという意味。例えばServed with riceならライス付きということ。
この付け合わせは選べることが多いので、例えばYour choice of French fries or Baked potatoなんて書いてあればフレンチフライ(日本で言うフライドポテト)かベイクドポテトかを選べるという意味。
メニューの中に「or」とあればチョイスするということなので、それを聞かれると思っていれば間違い無い。
ステーキを頼めば焼き加減も聞かれるが、これは日本と同じでミディアムやレア、ウェルダンで答えればいい。日本の感覚よりも焼いてしまう店が多いので、ミディアムが好みなら、ミディアムレアくらいが丁度いい場合が多い。

よく前菜、メイン、デザートと一通り注文しなければならない等と言う話を聞くが、それは高級店での話。ドレスコードがカジュアルな店ではメインさえ注文すれば問題はない。

又、「Would you like something to drink?」等と食事を選ぶ前に飲み物のオーダーを聞かれる事も多い。

注文が無事に済めばあとは食べるだけ。なのだが、多くの場合、食事中に担当ウェイター(ウェイトレス)がやってきて「Everything OK ? 」と声をかけられる。
味に問題があればOKではないとこの時に伝えていいのだが、まあ普通は「ベリーグッド、サンキュー」と言えば良い。

それ以前に入店時からこちらの返事を必要とする様な挨拶、例えば「How are you today?」等と言われるので、「ファイン、サンキュー」等と簡単でいいので返事はしよう。
このへんはフレンドリーこそがサービスという文化なので仕方が無い。

一通り食事が済むとデザートやコーヒーの注文を聞きにくるので、欲しければその際に注文できる。いらなければ「ノーサンキュー、チェックプリーズ」とお勘定を頼んでしまおう。

お勘定の仕方は「チップの払い方」を参照。

あと、アメリカのレストランではどこでも食べ残しを持ち帰りできる。
量が多く食べきれないので夜食にでもしようと思うなら、遠慮無く頼もう。
「I’d like to take this to go.(アイライクトゥー、テークジストゥーゴー)」と言えば、持ち帰り用の箱を持ってきてくれるか、皿を下げて箱詰めして持ってきてくれる。
箱だけ渡された場合は自分で入れましょう…。

チーズケーキ

デザートなら持ち帰りに適してる