カテゴリー別アーカイブ: 雑記

東京ディズニーリゾートでもスマホでファストパス取得可能に


やっと東京ディズニーリゾートでもスマホでファストパスの取得を可能にするというアナウンスがなされた。今夏からとのことだが、ディズニーシー新アトラクション「ソアリン」のオープンには間に合わせてくると思うので、7月下旬にはシステムが稼働するのではと思う。

以前からフロリダのディズニーワールド、カリフォルニアのディズニーランドリゾートで導入されているファストパスの取得システムの利便性をお伝えする記事を書いてきて、早く東京ディズニーリゾートでも導入して欲しいと書いてきたので、本当に嬉しいニュース。
各種SNS等ではスマホでファストパスを取得出来るシステムのデメリットを心配する声が取り上げられているが、既にアメリカのディズニーパークで経験している私の感想としては、デメリットは全く感じない。
発券機に行って取るという行為そのものが好きという人には、発券機の台数が減ることはあっても完全に撤去されてしまうことはないので問題無し。
入園と同時にディズニーのサーバにアクセスが集中し、なかなか繋がらないのではないかといった不安もあるようだが、混雑期でもアメリカではそのような問題は経験が無い。東京ディズニーリゾート側もどれだけのアクセスがあるかは予想出来るだろうから、必要十分な環境を整備してからサービスを提供してくるだろう。
早い通信環境を持っている者から先に取得してしまい、貧弱な通信環境の者が取得出来ない事態になるのではという不安もあるようだが、ファストパスを取れるのはその日のパークチケットを持っている人だけだし、取得開始は開園時間以降、カリフォルニアと同じシステムならパーク入園後に取得出来るというシステムになると思われるので、通信速度の差が大きなハンデになるということはないのではないかと思う。
もちろん人気のアトラクションはあっという間に発券終了となってしまうかもしれないが、それは並んで取る場合も同じことで、ファストパス発券の為だけに並んでいる時間、わざわざその場所まで行かなければならない時間と手間を省けるというメリットの方が遙かに大きいと思う。

予想ではあるが、ファストパスの発券システムは既存のディズニーリゾート公式アプリに組み込むという事なので、カリフォルニアのディズニーパークで既に稼働しているディズニー・マックスパスと同じ様なものになるのではないかと思う。
ディズニー・マックスパスはフォトパスにファストパスの取得システムが付いた有料サービスだが、東京ディズニーリゾートのものはフォトパスを外して、ファストパスの取得システムのみを無料で提供というスタイルになると思われる。
だとすれば、その日有効なパークチケットをアプリに事前登録(当日窓口で買う場合は、その場でアプリに登録出来るはず)、インパークを位置情報でアプリが判断、開園時間以降、パーク内にいる者から取得可能になるというシステムになる。

ファストパスのスマホ画面

こんな感じでスマホにファストパスの取得画面が表示されるはず。

同行者のファストパスも一台のスマホで取得可能で、その場合は全員のパークチケットをアプリに登録しておき、任意の人数分のファストパスを取れるようになる。使う時は画面をスライドさせて人数分のファストパスをリーダーに読み込ませる形になる。
もちろん個々のスマホの個々のアプリで取得、使用する事も可能。いずれにしても個々のパークチケットに紐付けられているので、制限を超えてファストパスを取得するような不正なことは出来ないようになっている。

スマホのファストパスを読み込むリーダー

各アトラクションのファストパスエントランスには専用のリーダーが設置されるはず。こんな風に人数分のファストパスを読み込ませる。

ファストパスの取得間隔等は紙のファストパスと同じ。カリフォルニアの場合は、取得間隔(ファストパスの取得後、次のファストパス取得が可能に時間)は2時間、ただし、2時間以内に取得したファストパスの利用時間が始まる場合はその時間以降。
もしファストパスを取得したアトラクションがシステム調整等で止まってしまった場合には、スマホのファストパス画面がマルチプル(希望のファストパス対応アトラクションに自由に乗れる)に自動的に変化する。ただし、マルチプルでは乗れない、対象外のアトラクションもあるので注意。例えばディズニーシーではオープン直後のソアリンや、もしかしたらトイストーリーも除外アトラクションに含まれるかもしれない。(今でもファストパスアトラクションが停止した場合、有効なファストパスを持っていれば他のファストパス対応アトラクションに自由に乗れるのだが、ディズニーシーではトイストーリー・マニアだけには乗れない。ソアリンが稼働後には一番人気はソアリンになると思うので、トイストーリーの扱いがどうなるか不明)

個人的にはアトラクションフォト(アトラクションに乗ったあと、出口で販売している乗車写真)やパークカメラマンによる写真、グリーティング写真等、ほぼ全ての販売写真が無制限にダウンロード可能になるフォトパスに、上記の様なファストパス取得システムが付いてくる有料のディズニー・マックスパス(一人一日10ドルなので1,200円くらい)でも十分にお得だと思った。
ただ、フォトパスはグループの一人が持っていれば(購入していれば)いいものなので、ファストパスをスマホで取れるということの為だけに一人につき10ドル(約1,200円)というのは、同行者が多ければ割高に感じるかもしれない。

東京ディズニーリゾートではファストパス取得システムだけが無料で提供されると思われるので、誰にとっても便利で有用なサービスになると思う。
(本日概要のみが発表されたばかりなので、実際にどうなるかは追加の公表を待ちたいと思う)




ラスベガス・ロス(ハリウッド、ユニバーサル、ディズニー)準備編06


ラスベガスでのショーチケットを手配

ラスベガスではほぼ連日ショーを鑑賞する予定。陸路でのグランドキャニオン観光にほぼ終日費やすので、後はショッピングやプール等で過ごす予定。娘と二人きりなので残念ながらカジノはパスする予定。(やれてもスロットをちょっとくらいか)

ショーは以下のものを鑑賞予定。

  • “O” BY CIRQUE DU SOLEIL(オウ)
  • THE BEATLES LOVE(ラブ)
  • MICHAEL JACKSON ONE(ワン)
  • HOUSE OF  BLUES(ハウスオブブルース)のゴスペルブランチ
  • Xavier Mortimer’s Magical Dream(マジカルドリーム)

O、LOVE、ONEはシルクド・ソレイユ。この3つはベラージオ、ミラージュ、マンダレイベイとMGMリゾーツのグループホテルなので、ホテル予約(エクスカリバー)の際に事前取得したMlifeのメンバー特典を活用してチケットを手配。
LOVEはスマホとPCで遊べるMy VEGASのスロットとブラックジャックで貯めたポイントで50パーセントオフのチケットを入手。LOVEの割引オファーには5,000ポイントと10,000ポイントの2種類があって、必要ポイントが多い方が席が良くなる。この程度のポイントは意外に早く貯まるので、10,000ポイントを使った。2枚のチケットを半額で入手出来るので、実質1名分無料ということになる。1枚無料というリワード(ポイントによる特典)もあるが、70,000ポイントも必要なので、2名で観るなら10,000ポイントで2枚分半額の方がお得だ。(70,000ポイントも必要ということは1枚無料の方が更に良い席なのかもしれないが)

My VEGASのリワードは1ヶ月の間に3件までしか取得出来ず、あとはルクソールホテルのタイタニック展、マンダレイベイのシャークリーフ(水族館)の2名半額に使ってしまった。
なのでOとLOVEはMlifeのメンバー向けに提供される割引オファーを使って手配。
Mlifeのメンバーページに行くと、各種のショーやイベントの会員向けオファーがリストされているので、そこから購入すれば通常価格よりも安くチケットが入手出来る。
これらのオファーは間際に提供されることも多い様なので、Mlifeのメンバーは定期的にチェックするのが良いと思う。
ハウスオブブルースのゴスペルブランチもマンダレイベイだが、ホテルではなくホテル内にあるハウスオブブルース(レストラン併設のライブハウス)が行っているイベントなので、Mlife特典などは特に無い様子。なのでハウスオブブルースのサイトから直接購入。

MGMリゾーツグループのショーやイベントチケットはTicket masterという会社のシステムで提供されていて、(リワードでの入手でもサイトからの購入でも)シートマップから好みの席を選んで購入出来る。基本的にバーコード付きのチケットを自宅でプリントして持参するもの。プリントアウトしたものがそのままチケットとして通用する様で、窓口での引き換えなどは不要のようだ。
もし引き換えが必要な場合は予約番号と購入時のクレジットカード、パスポートが必要になることがほとんどなので、万が一の場合に備えてそれらも用意しておいたいいと思う。
ハウスオブブルースのゴスペルブランチもTicket masterで発券されるシステムだったが、これはモバイルチケットも使えて、スマホでの入場も可能なものだった。

ticketmaster

ticketmasterのシステムで発券されるチケット。自宅プリントかスマホでの表示で使えるモバイルチケット(もしくはその両方)で提供される。

Xavier Mortimer’s Magical Dreamはプラネット・ハリウッドホテルで上演されているマジックショーで、プラネット・ハリウッドホテルはMGMリゾーツ(Mlife)ではなくTOTAL REWARD(トータルリワード)というグループに属している。
このTOTAL REWARDもメンバー登録しておいたが、平会員(カジノでのプレイ実績が無い)にはショーの割引オファー等は提供されていない様子。もちろんMy VEGASの様なゲームもない。
なので、これはプラネット・ハリウッドのサイトから通常料金でチケットを購入。発券システムはMGMリゾーツと同じTicket masterだが、Xavier Mortimer’s Magical Dreamのチケット発券はちょっと変則的で、まずは購入した旨しか表示されず、チケット印刷が可能になるのは後日(指定日時以降)というもの。チケット表示がされる日時になるとメールでも知らせてくれるらしいが、その日時以降にメールに記載のページ(Ticket masterのメンバーシップで直接メンバーページにアクセスしてもOK)でチケットをプリントアウトするらしい。
この指定日時は実際にショーを鑑賞する数日前(我々の場合約5日前)なので、旅程によっては日本出発前の印刷が出来ない場合もありそうだ。(我々は大丈夫だったが)

Magical Dream

アメリカズ・ゴット・タレント等への出演で好評を得たフランス人マジシャンによる英語力不要の独創的なマジックショーが「Magical Dream」

ということで、ショーチケットは全て出発前に手配を完了したが、出来るだけ安く観るなら、ラスベガスではTix4tonightというチケットショップで買うのがお得らしい。
ストリップ(ラスベガスのメインストリート)には3店舗ある。ただ、全てのショーチケットが割引で買えるわけではなく、間際まで売れ残った席が用意されるようなので、観たいショーが希望の日時で買えるかどうかは運次第になる。
なので、必ず観たいショーが決まっている場合や、観られる日時に余裕が無い場合にはTix4tonightをアテにして現地入りするのはかなりのギャンブルかもしれない。
入手しにくいOのチケット等も出るときには出るらしいので、とりあえずどれでもいいから観られる日に安く観たいという人にはお薦め。(例えば、今晩、シルクドソレイユの何かを観られればいいといった感じの場合)
ショーチケットだけではなく、バフェの割引チケットなんかも売られているということだし、その時何が売られているかは店舗前のモニターで確認出来るとのことなので、ラスベガス入りしたら、一度は寄ってみた方がいいかもしれない。(購入時、パスポートの提示が必要な場合有り)

いずれにしても今ではネットから、割り引き、もしくは正規の料金で席位置を自由に選んでショーチケットが買えることが当たり前になったのでとても便利だと思う。




ラスベガス・ロス(ハリウッド、ユニバーサル、ディズニー)準備編03


ロサンゼルス(ハリウッド)のホテルを予約

ロスのホテルと言えばダウンタウン地域に取る人が多いようだが、(ツアーとかでも大概ダウンタウンのホテルが使われている)ダウンタウンには特に見たいものはなく、観光の中心はハリウッド(と、ユニバーサルスタジオ)近辺になるので、ハリウッドのホテルから候補を選ぶ。
現地ツアー等を使う場合にはダウンタウンエリアのホテルで無いと追加料金がかかったりするが、我々は特に現地でツアーを使う予定はない。
ハリウッドの中心のホテルであればメトロ(地下鉄)のレッドラインであちこち行けるし、現在ではUber(ウーバー)という、観光客にとって便利この上ない移動手段もある。
メトロでは遠い、バスを乗り継がなければ行けそうもない所でも、Uberを使えば安く、早く行ける。

メトロ レッドライン

レッドラインを使えばハリウッド・ハイランドからユニバーサルシティ(ユニバーサルスタジオ)まで一駅、反対方向へ一駅のハリウッドバインには人気のトレーダージョーズ(徒歩でも行ける)も。ダウンタウン観光の中心、ユニオンステーションも乗換無し。

ユニバーサルスタジオでも丸一日遊ので、ユニバーサルでの宿泊(ユニバーサル・ヒルトンかユニバーサル・シェラトン)も考えたが、当然宿泊料が高くつくし、ハリウッド観光や他の場所の観光の際にはユニバーサルからの移動は単純に距離が長くなるだけでデメリットになる。
もしユニバーサルスタジオが主な目的であれば断然ユニバーサル・ヒルトンとユニバーサル・シェラトンは便利だ。パークまで夜遅くまで徒歩で行き来しても問題ないし、シティウォーク(ユニバーサルスタジオの目の前にある飲食、ショッピングスポット)も深夜まで治安の不安無く過ごせるし。

というこで、ハリウッド、中でも最も便利なハリウッド・ハイランド駅至近のホテルを予約することにする。この場所であればユニバーサルスタジオまでメトロで一駅、観光の中心となるチャイニーズシアター、ドルビーシアター(アカデミー授賞式会場)、ショッピングモールのハリウッド&ハイランドが徒歩圏になる。
この辺りではロウズハリウッドホテルがベスト(ハリウッド&ハイランドと繋がってる)ではあるが、かなりの高級なお値段。リーズナブルでロウズハリウッドホテル並の好立地なホテルとしてはハリウッド オーキッド スイーツとハリウッド セレブリティ ホテルがある。どちらもこじんまりしたホテルではあるが、立地の良さとサービスの良さでは定評がある。
どちらかといえばハリウッド オーキッド スイーツの方が人気がある様なので予約を試みたが、なんと3泊以上からでないと予約が出来ない。これはエクスペディアの様な予約サイトからでもホテルの公式サイトから直接でも同じだった…。時期的なことなのか、常にそうなのかは不明。
我々はハリウッドでの宿泊は2泊を希望しているので諦め、次点のハリウッド セレブリティ ホテルに最も安いレートで泊まれる直接予約(公式サイトから)で2泊手配。

ハリウッドセレブリティ

ハリウッドセレブリティはハリウッド&ハイランドの裏手にあるこぢんまりしたホテル。清潔さとスタッフのサービスの良さには定評がある。

ハリウッド セレブリティ ホテルからハリウッド&ハイランドまでは徒歩2分、ハリウッド・ハイランド駅まで徒歩5分で立地は申し分なし。2泊朝食付きで408ドル(税込みの総額)。一泊約2万円は高目であるが、ハリウッドのど真ん中ということを考えれば仕方が無い。
これより安いホテルがもう少しだけ中心から離れれば幾つもあるのだが、ハリウッド界隈は日中は全く問題ないものの、日が暮れるとちょっとヤバイ感じがしだす場所…なので、駅から歩く距離は出来るだけ短い方が良い。

ということでロス(ハリウッド)のホテル手配も完了。次はアナハイム(ディズニー)。