カテゴリー別アーカイブ: キャラダイ

ハワイ旅行記 10 2017・アウラニへ


4年前のハワイ旅行では2泊したディズニー・アウラニ・リゾートだが、今回は日帰りで訪問することに。ハワイ島での滞在に費用をかけたため、オアフでアウラニに泊まるという贅沢はさすがに出来なかった…。

アウラニへの往復には「ワイキキ発コオリナ地区ホテル間 シャトル往復送迎サービス」というのを利用。朝7時にワイキキの滞在ホテル発、帰りは13時にアウラニ発と、時間が決まってしまっていることが難点だが、5名未満だと料金的には最もリーズナブルな移動方法になる。(5名以上なら普通にタクシーを使ってもあまり変わらないと思う)
出発が朝7時というのはアウラニのマカヒキでキャラクターブレックファストをとることを想定してのことだと思うが、特別な渋滞にでも巻き込まれない限りは1時間かからずに到着するので、8時半のキャラブレを予約しておけば余裕で間に合う。
我々はマカヒキを8時半に予約した。予約はアウラニの英語サイトから簡単に行える。(サイトメニューのDining→Make Reservationsと進む。日本語サイトには予約ページが無い)

マカヒキのキャラブレは前回宿泊した時も利用しているので、出来れば新たに始まった夜のルアウショー「カ・ヴァア: ルアウ・アット・アウラニ(毎週水・土曜開催)」を体験してみたかったが、まあ、こちらには一瞬しかキャラクターが登場しないとのことなので、ディズニーらしさという意味では再度マカヒキを体験するというのが正解か。
ちなみに夜のエンターテインメントしてはスターレットフィーというショーが必見のものだったが、これが終了して新たにカ・ヴァア: ルアウ・アット・アウラニが始まったらしい。スターレットフィーは原則宿泊者専用のショーで、無料だったが、カ・ヴァア: ルアウ・アット・アウラニは有料でビジターでも鑑賞出来るとのこと。

頼んだ送迎は時間ピッタリにヒルトン・ハワイアン・ビレッジに迎えに来てくれた。ヒルトン・ハワイアン・ビレッジのツアー送迎は多くの場合、新しく出来た「グランドアイランドタワーバス乗り場」という場所でのピックアップになる。以前にあったタパタワーバス乗り場と同じ位置だが、待合スペースは屋内になっていて、新しくて、雰囲気がいい。

道が空いていて40分ほどでアウラニに到着。
マカヒキの予約時間まで時間があるので、ショップ、カレパ・ストアでアウラニのグッズを物色。お目当ての物を決めておくだけにして、買い物は帰りにする。(荷物をもってのアウラニ散策は大変なので)

マカヒキでは予約の時間と名前を告げるだけでOK。
まずはミッキーとの記念写真、その後、テーブルの案内係に呼ばれるまで待機。テーブルに案内されたら、あとはブッフェ形式の食事(飲み物のみテーブルで注文する)とキャラグリを楽しむという流れ。

アウラニのマカヒキ

4年振りにアウラニのミッキーと再会。

食事の内容、30分おきくらいに始まる子供達参加のイベント等、4年前とほぼ変わらず。テーブルを廻ってくるキャラクターは前回はミッキー、ミニー、グーフィーだったが、今回はミッキー、ミニー、チップだった。(この4年の間に変わったのか、そもそも日によって変わるのかは不明)

マカヒキの食事

ビュッフェの内容は変わらず。アメリカンと中華、いくつかのハワイ風の料理、ミッキー形のワッフルももちろん健在。

食後はアウラニのビーチへ。本当は豪華なプール施設を利用したかったが、ビジター利用は不可なので仕方が無い。有料でのビジター利用が出来ればいいのに…とも思うが、高い宿泊料を払ったゲストのみが優雅に、ゆっくり楽しめるというコンセプトは正解かもしれない。
ビジターはゲスト専用の更衣室等も使えないので、水着の着替えをする場所はトイレくらいしかない。なので、ビーチで遊ぶなら下に水着を着た状態で来る等、着替えは出来るだけ簡単に出来るように考えておくといいと思う。
ビーチで遊ぶためにシュノーケルセットを持参したが、アウラニのビーチにはあまり魚はいなかった。

アウラニのビーチ

アウラニのビーチは入り江状になっていて波も穏やか。アクティブに過ごすというよりはのんびり過ごすのに向いている。

ビーチで約2時間ほど過ごし、トイレで着替えてカレパ・ストアへ。
この4年で商品はかなり入れ替わっていた。ピンバッジやマグネット、ポストカード、衣類等のアウラニグッズを幾つか購入。

買い物を終えた頃にはちょうど良い時間になっていた。
我々はビーチで過ごして時間を使ったが、ビーチに興味がなければ、アウラニから徒歩10分くらいのコオリナ・ステーション(オープンエアのショッピングセンター)を散策してもいいかもしれない。前回アウラニに宿泊した時には買い物に行ったが、今回はコオリナ・ステーションまで行く時間はなかった。

帰りの迎えも時間前には待機してくれていたので、13時ちょっと前にはワイキキに向けて出発。まだ時間も早いので途中のアラモアナショッピングセンターで降ろしてもらって買い物でも…と思っていたが、アウラニでの買い物を部屋に置いてから行動するのがベストと判断し、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジまで送ってもらうことにした。(希望すればアラモアナショッピングセンターでの下車も可能とのこと)

4年振りにアウラニに行って感じたのは、やはり泊まってこその場所ということ。
TDLやTDSに行って、お土産購入と食事だけして帰る様なものなので、やはり消化不良の感は否めない。プールや各種エンターテインメントを、ゆっくりと堪能してこそのアウラニだと思った。




ハワイ旅行 2017・準備編4・レストラン予約


ハワイで食事に困るということはない(特にワイキキ辺りでは)だろうが、混雑必至の店では予約が重要。待つことさえ厭わなければ予約無しでは入れないという店は無いが、食事の為に1時間も待つようなことは避けたい。
しかし予約を入れてしまうと行動を制限される(その時間に店に行かなければならないので)というデメリットもある。
なので、絶対にその店で食べたい、そして絶対に混んでいるという確信(情報)があるものだけを予約するのがいい。
サンセットの眺めが評判のレストランなんてのも多いが、その場合はやはりアウトサイドか窓際の席を確保しないと意味がないので、それをリクエストしての予約が大切。もちろん旅行中の日没時間を調べておいて、日没時間の30分〜1時間前位を予約する。

ということで今回事前に予約を入れたレストランは以下の通り。

ハワイ島

  • レジェンズ・オブ・ハワイ(ヒルトンワイコロアビレッジ内、カメハメハコートでのポリネシアンディナーショー)
  • カムエラ・プロビジョン・カンパニー(通称KPC、ヒルトンワイコロアビレッジ内レストラン)

レジェンズ・オブ・ハワイはレストラン予約というよりもディナーショー予約なので、現地ツアーを扱っている VELTRAでプレミアムシートを予約。
KPCは味とサンセットの絶景(ハワイ島のレストランではベストと言われる)で有名な店なので、夕刻、日没頃のアウトサイドテーブルを予約無しで利用することはほぼ不可能。予約はオープンテーブル(OpenTableは主要な観光地のレストランを無料で予約出来るサイト)で行い、可能であればアウトサイドテーブルをお願いしたいとリクエストに書き添えた。
実はサンセット時刻のアウトサイドテーブルを確約してもらうには別途追加のテーブルチャージを払うという方法もあるらしいのだが、それは行わなかった。

オアフ島

  • マカヒキ(ディズニー・アウラニ・リゾートのキャラクターブレックファスト)
  • bills(ワイキキにある朝食が評判の店)
  • ショアバード(アウトリガー・リーフ内の肉や魚を自分で焼くスタイルのレストラン)
  • ルースズ・クリス・ステーキハウス(ステーキの味と品質ではハワイでベストと評判の店)

マカヒキはアウラニの公式サイトから簡単に予約。(英語サイトのみで日本語サイトでは予約が出来ない)かなり人気の店なので早めに予約(180日前に予約開始)しないと満席となることが多いと思うが、予約自体は希望の日と時間、名前とメールアドレス、電話番号の記入くらいでとても簡単。
私は予約開始と同時に予約を行ったが、その時点では全時間空いていて好きに選べる状態だった。

アウラニ

英語サイトではダイニングの所にReservationというところがあるので、そこからマカヒキやアママの予約が出来る。日本語に切り替えると使えないので注意。

billsは今では日本にも上陸しているが、オーストラリア発祥のとても美味しい朝食を食べられると評判の店。中でもリコッタ・パンケーキは名物。
朝食時間(朝食以外の営業ももちろんしている)の行列は必至との噂だったので公式サイトから予約を行った。公式サイトからの予約だが、オープンテーブル(OpenTable)のシステムに飛ぶ仕組み。

オープンテーブル

レストラン予約サイトは数々あるが、opentableの様に無料というのは有難い。海外ではレストランが公式な予約システムとして利用しているケースも多く安心感もある。

ショアバードはメインの肉や魚を専用のグリルコーナー(焼く場所)で自分で焼くというスタイルで有名な店。窓際の席を予約出来ればサンセットの眺めでも定評がある。この店は予約が必要かどうか微妙なところなのだが、サンセットの頃に利用ということで一応予約しておくことにした。
ここも公式サイトからの予約だが、オープンテーブル(OpenTable)のシステムに飛ぶ仕組みだった。

ルースズ・クリス・ステーキハウスはワイキキビーチウォークにある、ステーキの味でかなり有名な店。ディナータイムの混雑は有名で予約が推奨されている。公式サイトからの予約は独自のものだが、予約自体は簡単に行えた。

以上が今回予約を行ったレストラン。
一昔前までは国際電話を使って店に直接電話するか、旅行代理店等に手数料を払って予約してもらうかだったものが、こうも簡単に全ての店の予約を自分で出来てしまうというのは感動。

次は現地ツアーの手配。




オーランド旅行記37・WDW最後の食事を1900パークフェアで


10泊したポップセンチュリー・リゾートをチェックアウトする。
と言っても特にフロントでの手続きは無い。ディズニーの直営リゾートに限らず、もうほとんどのホテルでチェックアウト手続きは不要なので、そのまま部屋を出ればいいだけ。(もちろんクレジットカードを登録している場合のみだが)

荷物をベルデスク(ポップセンチュリーの場合は正面玄関を出て左手)に預け、最後のキャラクターブレックファストを予約してある1900パークフェアに向かう。
グランドフロリディアン・リゾートの中なので、バスでマジックキングダムへ。マジックキングダムからはモノレールで向かった。(ボートもある)

いつも通り受付で予約を告げてページャーを受け取る。
そしてこれまたいつも通りカメラマンに写真を撮って貰って、呼ばれるまで待つ。
さすがはWDWの中でも最高ランクの豪華リゾートといった雰囲気の、ゴージャスなシャンデリアがあるロビーで待っていると、約10分程でページャーが鳴った。

1900パークフェアでのキャラブレに登場するのはアリス、マッドハッター(いかれ帽子屋)、プーさんとティガー、メリーポピンズ。(朝夕にキャラダイをやっていて、夜はシンデレラやチャーミング王子とかになる)
この面子はエプコットのイギリス館でのキャラグリと全く一緒。
グランドフロリディアンがビクトリア朝のリゾートなので、英国関連キャラなのだと思う。
食事は飲み物のみオーダーするブッフェ形式。

1時間ほどの食事時間の間に無事全キャラクターとグリーティング。
アリスのみなかなかテーブルに来なかったが、キャラクターの移動を仕切っているらしきキャストにリクエストして呼んで貰った。
エプコットではアリスとのキャラグリをパスしていたので、アリスとグリ出来なければここに来た意味が無い。(マッドハッターも)

1900パークフェア

マッドハッターは何処でもテンションが高い。

食事を終えてグランドフロリディアンの玄関を出ると、そこにはリチャード・ガースさんが。
リチャードさんはアメリカでは有名なグランドフロリディアンの名物ドアマン。
もちろん一緒に写真を撮っていただいた。

リチャード・ガース

Guests Are ‘Blessed With a Good Smile’ | Disney’s Grand Floridian Resort & Spa (YouTube)

まだ時間があったので、グランド・フロリディアンからバスでダウンタウンディズニーに向かう事に。ここもポリネシアン・リゾートと同様に、全ての行き先のバスが1ヵ所のバス停に来るのは一緒。しかしここのバス停には電光掲示板があり、何処行きのバスが何分後に到着するかがリアルタイムに表示されている。これはポリネシアン・リゾートには無かった。

ダウンタウンディズニーで最後のディズニー関連土産を物色。ピンバッジを数個購入。
ピンバッジは既にいくつか買っていたが、これでウォーターパークも含めた全6パークのものを一個ずつと、ポップセンチュリーのもの、そしてジェダイ・トレーニング・アカデミーのものと、合計8個を購入したことになる。ディズニークルーズでもドリームやキャスタウェイケイのもの等、4個ほど買っているので、全部で10個をこの旅で購入した。
これらは旅の記念品なのでピントレには出さない。

ポップセンチュリーに戻り、ベルデスクから荷物を引き取る。その際にこれからタクシーに乗ると言えば、タクシーを呼んでくれて荷物をトランクに積み込んでくれる。
タクシーを呼んで貰う時には必ず行き先を聞かれるので、インターナショナルドライブのヒルトン・グランド・バケーションと告げたが、界隈にはヒルトンがたくさんあって、何処のヒルトンなのかよく分からない様子。なので、プレミアムアウトレットの隣のヒルトンと言ったら、それで特定出来たようだ。

ベルマンにチップを渡し、ポップセンチュリーと、そしてウォルト・ディズニー・ワールドともお別れ。ディズニークルーズの乗船から考えれば2週間以上に渡ったディズニーの世界とのお別れだ。

多少道が混んでいたが、20分程で今日から3泊するヒルトン グランド バケーション クラブ オン インターナショナル ドライブ(2016年、ヒルトン グランド バケーション タスカニービレッジ HILTON GRAND VACATIONS AT TUSCANY VILLAGEに名称変更)に到着。さて、チェックインである。

オーランド旅行記 目次