カテゴリー別アーカイブ: 旅行アイテム

旅行の荷物を減らす工夫


海外旅行に行くとなれば荷物の工夫は必要だ。
まず航空会社の荷物制限(個数や重量)を把握しておくことは勿論だが、観光旅行では行きよりも帰りに荷物が増えてしまう(お土産類で)ことを前提に荷造りを考えた方がいい。
最近はどこの航空会社も重量制限には特に厳しくなっているので、空港のカウンターで慌てて荷物の詰め直しや分散をしている旅行者もよく目にする。

旅慣れた人は荷物が少ないと言うとおり、実際には必要のない物は持って行かないというのがまず第一だ。もしかしたら必要かもという程度の物は持って行かない方がいい。
万が一に備えて持って行くのは薬等、現地で代わりを入手することが出来ない物だけにしておこう。余程の田舎に行くのでなければ、万が一必要になれば現地調達出来る物も多いはずだ。

お土産の事を考えればスーツケースの半分は空いている状態で出掛けるのが望ましいと思う。
荷物の中で一番嵩をとるのはやはり衣類だろう。
一週間以上の旅行になるなら途中で洗濯をするつもりで用意した方がいい。宿泊日数分の衣類を持って行こうとすると荷物が大きくなってしまう。
ホテルやその近隣にコインランドリーがあることさえ確認しておけば問題ない。(下着類だけなら手洗いも出来る)

下着類等は使い古した物を持って行き、捨ててきてしまうというのも荷物を減らすにはいい手だ。下着類だけでなく、Tシャツ類等もそろそろ着なくなると思う物を持って行って、帰国前に捨ててしまえば更に減らせる。
旅行の為に衣類を新調したりする必要は無いだろう。もし旅行中に高級レストランに行くなど、お洒落をする予定があるのなら、その為の衣類だけ良い物を持って行けば良い。
衣類を現地で購入する予定があるなら、それを現地で着てしまい、新たに購入した衣類のみを持ち帰るつもりでいれば更に減らせる。
履き物も同様だ。旅行には履き慣れた靴が最適だし、現地で靴の購入もするのなら、持って行った物は捨てて、購入した靴を履いて帰国という手もある。(履き慣れていなくても帰国時の移動だけなら大丈夫だろう)

衣類を最低限に出来ればかなり荷物は軽くなる。

圧縮袋を使って衣類を圧縮して行くという人もあるが、嵩は減らせても重量は変わらないということに注意しよう。言う間でもないが、帰国時にも使う場合は、手だけで圧縮出来る圧縮袋にしよう。掃除機の現地調達は難しい…。

衣類圧縮袋

衣類の圧縮袋はセーター等を持っていく必要のある冬場の旅行には便利だ。

逆に必ず持って行った方がいいのは洗面用具等だ。
海外旅行の経験があればご存知とは思うが、海外のホテルではかなり高級なランクでもアメニティ類が貧弱だ。あるのはタオル類だけと思って間違い無い。
歯ブラシ等はまず置いていないし、スリッパも無い。シャンプー等は置いてあっても粗悪な物が多い。
タオルだけは絶対にあるので持って行く必要はないが、それ以外は持参しよう。(液体やクリーム状の物はスーツケース等の預け入れ荷物に入れるように)


テーマパークや街歩きにベストな靴


テーマパーク等、歩き回る旅行では靴が大切。旅行の為に新調なんてことをすると大変なことになるので、履き慣れた物で行くようにした方がいい。
もし新調する場合には事前に履き慣らしておくことをお薦めする。

ベストなのはやはりスニーカー。歩きやすい靴の定番なのでスニーカーがあればまず間違いは無い。ポイントは靴の中で足が動いてしまわない様にすることだ。サイズが合っていることはもちろん、靴紐を緩めずに、しっかりと締めて結んで履くことで歩きやすく、疲れにくくなる。

ただ、雨の降る季節やずぶ濡れ系のアトラクションではスニーカーは向かない。
フロリダのWDW等は夏にはスコールがあるので足下もびしょ濡れになってしまう。
スニーカーは濡れてしまうと履いているのも不快だし、乾かすのも苦労する。
雨が降ることが確実な季節や、ずぶ濡れ系アトラクションを楽しむ予定があるならサンダルがベストになる。
ウォーターパークに行くのならビーチサンダルでいいが、ビーチサンダルでは歩き回るのには不向きだ。
そこでクロックスかビルケンシュトックをお薦めする。どちらもかかとベルト(バックストラップ)の付いた、足をしっかり固定してくれるモデル(クロックスであれば定番のモデル)がお薦め。
足を固定してくれるタイプなら、ディズニーのソアリンやユニバーサルスタジオのハリー・ポッター・アンド・ザ・ フォービドゥン・ジャーニーの様な、体全体が宙に浮くアトラクションでも落としてしまう心配も無い。
更に長時間歩いても疲れにくくなるので、足全体を固定してくれるベルトは必須だ。

クロックス

クロックスは定番のサンダルの他、軽量に拘ったスニーカーも出している。

水に強いという意味ではクロックスが優れているし、ビルケンシュトックよりも安価に入手出来る。ディズニーとのコラボモデルもあるので、テーマパーク向きとも言える。
ビルケンシュトックは、正規の代理店でちゃんと足のサイズを計測して貰って買えば、これ以上に歩きやすいサンダルは無いと言われている。逆に足に合っていないと歩きにくくなってしまうので、少なくとも一足目はちゃんとした店舗で購入することをお勧めする。
更に言えばビルケンシュトックは、個々の足の形状を素材が記憶して(変化して)馴染んでいくので、1〜3ヶ月は履き混んだ後が最も歩きやすくなる。

ビルケンシュトック

ビルケンシュトックの履き心地は全世界で評価されている。

高級感や作りの良さでは圧倒的にビルケンシュトックだが、それなりに値が張ることと、水に対する耐性ではクロックスに劣る。クロックスならそのままプールやビーチにも行けるが、ビルケンシュトックでは不向きだ。(ビーチやプールにはやはり普通のビーサンが一番)

個人的な見解ではあるが、一番は季節に関係なく履き慣れたスニーカー、夏場はビルケンシュトック、真夏のWDWの様な、スコールが連日ある場所ならクロックスといったところだろうか。

スニーカーやサンダルでレストランに入れるのかという問題もあるが、テーマパーク内のレストランであれば夕食でも平気なはずだ。観光地でのアメリカ人は日本人の想像以上にラフな格好が基本なので、失礼にあたることも無い。朝食昼食なら全く無問題だ。
ただ、ホテル内のフルサービスタイプのレストランではドレスコードがある場合も多いので注意が必要だ。男性に襟のある服が必要な場合にはスニーカーなら問題ないがサンダルは好ましくない。(入店を拒否されはしないだろうが)
ジャケットまで必要となればまずサンダルやスニーカーでは格好が付かない。
ただ、女性の場合はフォーマルにも対応出来るデザインがあるので、一律にサンダルではダメと言うことは無い。
ドレスコードがある場合にはその旨がサイト等に掲載されているので、不安な場合はチェックしておいた方がいい。ホテル内のディナーであってもキャラクターダイニングとかなら全く心配は無い。


海外旅行時の荷物のハンドリング


海外旅行の荷物は大きくなりがちだ。旅慣れた人は荷物が少ないと言われるが、たまの海外旅行でお土産も多くなる場合には荷物の運搬方法に頭を悩ませる。
航空会社やフライトによって預けられる荷物に制限が異なるが、無料で預けられるのはスーツケース1〜2個だろう。
2個預けられるとしても、一人で大きなスーツケース2個を運ぶのは至難の業だ。
私はいつも大きめのスーツケース一個に、大きめのスーツケース相当の容量を持つ折りたためるバッグを入れていき、帰りはお土産で増えた荷物をスーツケースと折り畳みバッグに詰め込んで帰国している。(2個預けられる場合)
スーツケースは欧米人がよく使っているソフトタイプのもので、大きなバッグもスーツケースの上に載せられる。なので、ホテルの部屋から空港、そして空港内での移動も楽だ。

大きなナイロンボストン

大容量で軽い折り畳めるバッグは帰国時に役に立つ

バックとめるベルト

スーツケースに他のバッグを合体させるグッズもある

もし一個のみしか預けられない場合には機内持ち込みの手荷物と分散させることによって何とかするしかない。持ち込み手荷物はサイズ制限が厳しいが、重量には割とアバウトだ。
重量制限はあるのだが、私は一度も計られたことはない。もしかしたら極端に重いと係官が判断した場合には計量があるのかもしれないが、そんな光景を目撃したこともない。
なので重量があって小型の物は出来るだけ持ち込み手荷物にすることで、スーツケースの重量オーバーを防ぐことが出来る。(もちろん液体やゼリー状の物はダメ)
帰国時の荷物が増えると予測出来る場合には、持ち込み手荷物用のバッグもサイズ制限内で出来るだけ容量のある物にした方がいい。
この持ち込み手荷物もスーツケースの上に載せられる等、自分で運搬する際に一つに合体させられるものなら移動が楽になる。
(頑丈なキャスターを持つ製品なら、かなりの重量になっても比較的楽に転がせるが、キャスター部分が華奢な、安価な製品だとキャスターが壊れてしまう可能性もあるので注意)

ソフトタイプのキャリーケース

上面が平坦でキャリー時の取っ手が荷物を載せても使えるので、このタイプのスーツケースがやはり一番使いやすい。

荷物の運搬がもっとも苦痛になるのは空港自宅間の移動だと思う。
空港内はカートもあるし何とかなるが、空港から自宅まで電車やバスを乗り継ぐ様な場合は大変だ。
車であれば問題ないので、自家用車を使えるなら、安い空港周辺駐車場等を使って車で空港に行くことをお薦めする。帰国時の荷物は空港内の送迎バス乗り場までの運搬なので楽になる。
駐車場で荷物を車に載せればあとは自宅まで真っ直ぐだ。
車を使えない場合には運送各社が提供している空港宅配便を使うのが楽だ。空港内の宅配カウンターで荷物を預ければ身軽になって帰宅出来る。帰国便の到着時間や自宅の場所にもよるが、早ければ翌日、遅くても翌々日には荷物が自宅に届く。
空港宅配は往復共に使えるし、往復割引がある会社もあるので、公共交通機関で空港に行く場合には利用を検討した方がいい。