カテゴリー別アーカイブ: 旅行アイテム

準備その27・荷物のパッキング (オーランド)


いよいよオーランド旅行が迫ってきたので旅の荷造りを始める。
いつもは大きなスーツケース一個に、帰りはお土産で荷物が増えることを考慮して折り畳める巨大バッグを入れ、後は私と娘の手荷物一個ずつという状態で出発するのだが、今回はそれでは無理だった…。(スーツケースやバッグについて)

3週間という長目の旅行期間もあるが、ディズニークルーズでフィッシュエクステンダーに参加していることが主な原因。配るギフトがスーツケースの半分を占領してしまい、とてもではないがスーツケース一個での出発は無理。
ギフトさえ配ってしまえばスーツケース一個に収められそうなので、今回は帰国時用のバッグを最初から使う事に。クルーズ下船後、WDWに向かう際にはバッグは畳んでスーツケース一個にして移動が出来そうだ。

スーツケーズには洗面用具や常備薬、型崩れしやすい衣類、フィッシュエクステンダーのギフト等をパッキング。バッグには型崩れを心配する必要の無い衣類や水着、履き物等をパッキング。
ノートPCやカメラ、バッテリー類、貴重品は手荷物として携行するリュックへ。
リュックは行き帰りにより多くの物を手荷物として機内に持ち込む為で、現地で行動する際には小型のショルダーを使う。

今回はオーランドに到着したらすぐ入浴して就寝なので、洗面用具と着替えをすぐに取り出せるように荷造りした。
2泊オーランド空港にあるハイアットに泊まるので、その間は基本的に荷ほどきはせず、必要な物だけを取り出して、すぐスーツケースに戻すという状態で過ごせる様にしている。
本格的に荷ほどきをするのはディズニークルーズ乗船後だ。
とは言っても、クルーズのステートルームは決して広くは無い。なのでクルーズ5泊に必要な物だけを取り出し、後はスーツケースにしまったままにしておくつもり。
フィッシュエクステンダーのギフトを出してしまったら、バッグで運搬した衣類等はスーツケースの空いたスペースに移し、バッグは畳んでスーツケースに一緒にしまってしまう。

荷ほどきとパッキングは意外に手間と時間のかかる作業なので、無駄な出し入れが無いようにすることが大切だ。

パッキングのコツは同じ場所で使う物は同じ収納袋に入れておくことだ。
例えばバスルームや洗面所で使う物は全て同じ袋に、プールやビーチで使う物は全て同じ袋に、机の上で使う物は全て同じ袋に…といった感じだ。物の種類毎に小分けにし、それらを使う場所、置く場所毎に纏めて大袋に収納しておくのだ。
こうすることで「あれは何処に入れたっけ…」という事が無くなる。
ちゃんとパッキングされていればあるべき袋に入っているはずなのだ。ホテルを移動する際や、帰国の際にも元の通りにしまうことが大切だ。面倒だからとこれを怠ると、必要な物がすぐに出てこないということになり、かえって余計な時間を使うことになる。

旅行収納

種類毎に小分け、使う場所、置く場所毎に小分けした物を纏めて入れる。専用のパッキング用品も各種販売されている。液体は漏れ対策にビニール等に入れてからしまうこと。

飛行機内に持ち込む手荷物も、機内で使うものは纏めて一つにしておく。
座席に着いたらそれだけを取り出し、すぐに収納棚に荷物を入れてしまえる。座席に着いてからあれを取り出し、これを取り出し等ということをせずに済む様にしておくととても楽だ。

ということで、パッキングは無事に完了。
余裕を持ってやっておけばゆっくり忘れ物のチェックも出来る。

オーランド旅行記 目次


旅行に最適な高倍率コンパクトDSC-HX90V


ソニーのサイバーショットシリーズに旅行に最適な高倍率ズームコンパクトが追加された。
サイバーショット DSC-HX90Vだ。

外見は高級機のRX100シリーズそっくりだが、それよりも幾分小型だ。
実際、30倍ズームを搭載したコンパクトデジカメとしては2015年7月現在、世界最小とのこと。
なので、携帯性は抜群。荷物は減らしたいが、それなりの性能のカメラを持って行きたいという場合には最適だ。

DSC-HX90V

グリップも付いているので、RX100シリーズのノーマル状態よりは遙かに持ちやすい。

光学30倍は35ミリ換算で24〜720ミリ相当のズームだ。これだけあれば十分な倍率だろう。
更に全画素超解像ズームという機能を使えば画質を保ったままで60倍以上まで望遠域を延長できる。(全画素超解像ズームの倍率は画素数による)

HX90Vの特徴はポップアップ式のファインダーの内蔵だ。RX100M3同様、ポップアップさせて引き出す方式なので、常時使うと言うよりは、必要な時にだけ使うという感覚のものだが、これがあるのと無いのとはかなり使い勝手が違う。
まず晴天時に液晶では見えにくい時に便利という以外に、これだけ望遠域が長いと、望遠側で液晶だけで被写体を捉えるのは難しい。ファインダーなら液晶よりも遙かに楽に写したい対象を捉えることが出来る。
内蔵ファインダーを省いたWX500という兄弟機も同時に発売されたが、30倍ズームを使いこなすなら、高くてもHX90Vを選んだ方がいいだろう。

画質も1/2.3型という小さなセンサーとは思えないほど優秀。
カールツァイスのTスターコーティングレンズを奢っていることもあるだろうが、画像処理エンジンBIONZがかなり進歩しているものと思う。
暗い場所でもマルチショットNRを使えばノーフラッシュでかなり綺麗な写真が撮れる。

更に背面の液晶画面は180度可動するので、ひっくり返して自分撮りも便利に行える。スマイルシャッターと組み合わせれば液晶を見ながら構図を確認、微笑めば自動でシャッターが切れるという自分撮りも可能だ。

動画性能もソニーらしく素晴らしい。4K撮影には対応していないが、まだまだフルハイビジョンで十分だろう。動画5軸手ブレ補正という機能で歩きながらの撮影でもブレが目立たない。

GPS、WI-FI、NFCといった機能も搭載していて、まさに全部入りのデジカメだ。
ただ、少し残念なのが、動画撮影時の静止画記録が出来ないことだ。動画を撮っている時に撮影を止めること無く写真も撮影出来るとかなり便利なのだが。

画質を優先するならやはりRX100M3だが、高倍率ズームが欲しいならHX90Vになる。
大きさを気にしないならこれ以上に高画質、もしくは高倍率というカメラは多数存在するが、ポケットサイズの高倍率で、ある程度画質も良い物となればHX90Vになる。


ミッキーネットからクルーズ特典が届く


アメリカのディズニーパークに個人旅行で行く際には、何某かでお世話になることの多いミッキーネットさん。
今年(2015年)のオーランド旅行ではディズニークルーズの予約とリゾートとパークチケットのパッケージをミッキーネットさんにお願いした。
通常、現地旅行社を通すと手数料で割高になりがちだが、クルーズ代金もリゾート代金もパークチケットもディズニーから直接購入するのと同額か、若干安いという素晴らしい会社。
(もちろん予約内容によっては手数料分高くなってしまうサービスもあるので、利用者側の下調べは必要)

ディズニークルーズは直接予約とミッキーネットさん経由での差額は無いが、ミッキーネットさんからの特典がいただけたので、直接予約よりもお得だったと言える。
その特典が届いた。

  • ミッキーネットピクシーハンドブック 1冊(日本語乗船ガイドブック)
  • ディズニー・クルーズラインランヤード2つ
  • ミッキーネットポーチ 1個
  • ミッキーネットネームタグ 2枚
  • 船内マップ 1枚

以上が今回いただけた特典だ。
この特典は内容が変わることもあるし、時期やクルーズのコースによってはもらえない場合もあるので、必ずいただけるという物では無いようだ。

ミッキーネット特典

この特典は全額支払い完了後に送られてくる。

ミッキーネットピクシーハンドブックは片手間に作られたペラペラのガイドブック等ではなく、かなり詳細にディズニークルーズのhow-toが載っている。
英語での情報収集が苦手な人にはかなり役立つ一冊だと思う。
ただ、印刷物の性質上、情報は必ずしも最新とは限らないので、その点は了解した上で利用する必要はあるだろう。

ランヤードはディズニークルーズのロゴが入ったもので、多分クルーズ船内で購入出来る物。
色は黒。カードキーを入れられるパスケースが付いている。
このランヤードにピンバッジをいくつか留めていき、ピントレーディングにも使える。

ミッキーネットさんのロゴ入りポーチはかなり厚みのあるしっかりした物。通常は予約確認書やE-チケットのプリント等の旅行関連書類を入れるのに使うのかと思うが、厚みのある立派なポーチなので紙だけを入れるのは勿体ない感じ。

ネームタグもよくツアー会社からもらう厚紙か薄いビニールのタグにゴム紐が付いた様な物では無く、しっかりとした製品。もし旅行用品店等で買えばそれなりの値段がしそうだ。
ラバー製でお洒落な物なので末永く使えそう。(せっかくいただいておいて何だが、ミッキーネットさんの大きなロゴが若干邪魔な感じ…ノベルティなので当然なのだが、物が良いのでついついそう思ってしまう)

そして大判の船内マップ。裏表になっていて、片面がマジックとワンダー、もう片面がドリームとファンタジー。

こういう物が届くといよいよ出発が近づいてきたと実感する。
この後はディズニークルーズラインからも関係書類等が送られてくるはず。

オーランド旅行記 目次