カテゴリー別アーカイブ: 旅行アイテム

スマホやPCを海外で使う


海外でもよほど辺鄙な場所で無い限りはスマホや携帯での通話は日本と同様に行える。(通話料金は高いし、発信側にも受信側にも通話料がかかることに注意)
もちろんメールの送受信やSNSの利用、Web閲覧などのデータ通信も行えるのだが、これをどのような方法で行うかが問題。
選択を誤ると高額なデータ通信料を払うことになる。

私の場合、ドコモのiPhoneを使っているので、ドコモの話になるが、海外でデータ通信を行う場合の選択肢は以下の通り。(2015年2月現在)

  1. 海外パケ・ホーダイを使う
  2. 海外1dayパケを使う
  3. 海外WiFiレンタルサービスを使う
  4. ホテルや現地のフリーWi-Fi環境のみを使う

1と2はドコモが提供するサービス。

1の海外パケ・ホーダイは1日単位の2段階料金で、20万パケット(約24.4MB)までは1,980円、それを超えると2,980円になる。まあ、2,980円で一日無制限に使えると理解すればいい。

2の海外1dayパケは24時間、渡航先により980円・1,280円・1,580円のいずれかの料金(アメリカ本土の場合は980円)で30MBまで使える。30MBを超えても使えるが、通信速度が送受信時最大16kbpsに制限される。アメリカに行く場合は980円で24時間、30MBまで使えると理解すればいい。16kbpsに制限されてしまうと、テキストメールの送受信なら何とか使えるというレベルで、それ以上のことはほぼ出来ないレベルの速度なので、実用性が無い。

3の海外WiFiレンタルサービスの場合は、滞在中ずっと借りることになるので、レンタル料の相場で考えると1,000円×出発日、帰国日を含めた旅行日数が、使っても使わなくても費用としてかかる。通信料は基本的に無制限、もしくは毎日動画をがんがん観るようなことをしない限りは問題にならないくらいは使えると思っていい。(過剰な使用をすると制限がかかる場合もある)

4の場合はいつでも自由に使えるというものではないが、一日一回程度、どこかでデータ通信が出来ればいいという人なら問題ない。無料のWi-Fiスポット(スターバックスなど)に出向いて通信を行うわけだ。ホテルの場合はロビーでのみ無料Wi-Fiを提供していたりもする。部屋でも無料Wi-Fiが使えるホテルならラッキーだ。有料の場合はかなり高額に設定されているケースが多いのでお薦めできない。が、滞在中に一日か二日使えればいいというのなら、有料でも使用する意味はあるかもしれない。

海外旅行用Wi-Fiルーター

ホテルの部屋に有線LANがあるなら、それをWi-Fi化するのは簡単。安価な製品で可能。

日本にいる時と同じ感覚でデータ通信を自由に使いたい、現地で観光情報の閲覧や地図アプリ等を頻繁に使う予定があるというのなら、4は論外なので、1〜3の選択肢しかない。(オーランドのWDWでは、ほぼ全域でWi-Fiが提供されているらしいのでこの限りでは無い)

1の欠点は料金が高いこと。その変わり無制限に使えるし、レンタルWi-Fi機器の様な余分な物を持ち歩く必要が無い。
2の欠点は30MBで制限がかかってしまうことだ。30MBというのはかなり微妙なデータ量で、超えないという人もいるだろうが、Webサイトの閲覧等をある程度行えばあっけなく超えてしまう。
3の欠点は使わない日にも料金がかかることと、スマホもう一台分くらいの荷物が増えること。その代わり、複数台での接続も可能だ。

あくまでも私の考えだが、お薦めは以下の通りになる。

  • 現地の無料Wi-Fi等も併用してローミングの通信量を抑えられるなら、安価で手軽な2の海外1dayパケ。
  • 滞在中、使う日には結構使うが、全く使わないという日の方が多いというなら、使わない時にデータローミングをオフにする事を前提に1の海外パケ・ホーダイ。
  • ほぼ毎日それなりに使う、尚且つ同行者もスマホのデータ通信を行う、もしくはノートPC等の他のWi-Fi機器も使うというのなら、3の海外WiFiレンタルサービスが一番便利だしお得。

今年行くオーランド旅行では、滞在中の約半分がWDWなので、この間はWDWが提供するWi-Fiが使えるはず。残りの滞在中のデータ通信をどうするかなのだが、WDWでMy Disney Experienceを使用するのが、一番データ通信を行う時で、あとはそこまで使わないのではないかと思う。
滞在中の約半分もいる場所の全域にWi-Fi環境があることを考えれば、全日分の料金が発生する海外WiFiレンタルサービスは除外される。
行き帰りに泊まるオーランド空港と、インターナショナルドライブのヒルトン、ユニバーサルスタジオのロイヤルパシフィックと、全ての宿泊先に無料Wi-Fiがあるらしい。(ホテル情報を見た限りでは)
となればデータローミング量を節約する事も容易なはずなので、海外1dayパケを選択する予定。
ちなみに、海外1dayパケは事前申込みが必要。


旅行関連アプリを紹介 3 (国内旅行用)


国内旅行に便利なスマホアプリです。
iPhone版でのご紹介ですが、アンドロイド版もあると思います。

じゃらん

じゃらん

旅館、ホテル検索、予約が行えるじゃらんのアプリ。
検索機能と使いやすさで人気のアプリ。
勿論ポイントも貯まります。

楽天トラベル

楽天トラベル

じゃらんと同じ旅館、ホテルの検索予約が行える楽天トラベルのアプリ。
楽天ポイントを貯めているならこちらがお薦め。
検索機能等でじゃらんアプリに劣るが、徐々に改善されてきている。
PCからの楽天トラベル予約を行い、旅行中はこのアプリで予約の確認等を行っている。

アトラクション待ち時間

アトラクション待ち時間

東京ディズニーリゾートのアトラクション待ち時間をリアルタイムに表示してくれるアプリ。
この手のアプリは種類も多いが、中には待ち時間の更新が遅すぎるものもある。
これは今まで使用した中では一番正確だった。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)公式アプリ

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)公式アプリ

 

USJの公式アプリ。アトラクション待ち時間表示、ショースケジュールの確認、パーク内マップ等として使えるらしいが、まだ実戦投入していない。
評判では待ち時間表示はタイムラグが大きすぎて信頼出来ないとのこと。
何と言っても公式なので、改善していってくれることに期待。


旅行ビデオの編集と保存


旅行で動画を撮っても撮りっぱなしという人も多いのでは無いだろうか?
撮影したままの動画は、ただ残してあるだけでほとんど後から観ることのないものになりがち。
ちょっと工夫して編集してやるだけで観やすい、観せやすい作品になる。そういう状態にしてあれば、機会があるごとに観ようという気にもなる。

最近はパソコンで簡単に編集出来るので、動画編集の敷居も低いはず。
私の場合はMacなので、標準で付いてくるiMovieだけで編集している。

i movie

とりあえずシーンを切り出して並べていくだけ。

まずはデジカメやビデオカメラの中の動画をPCに保存しておこう。写真同様、SDカード等のメディアに入れっぱなしでは失ってしまう可能性が高い。
明確に失敗、不要と思えるシーンは削除して、ちゃんと撮れているシーンはとりあえず保存しておけば後から何度でも編集出来る。

凝った編集が出来る人はそれぞれのセンスで頑張るとして、あまり動画編集に慣れていない人、時間がかかって面倒だと思う人は、簡単に単純なカット編集をするだけで見栄えは格段に上がる。

時系列で並べた動画を繋いでいくのだが、この時にあまり欲張らずに1カットを10秒以下、出来れば5秒以下にしていく。ここだけはどうしてもという場面だけを出来るだけ短く繋いでいくのだ。
全編通して観たいショーやパレード等を撮影していても、短いダイジェストを作るつもりで潔くカットしていく。
もし全編通して観たければその時は素材を観ればいい。
展開の無い、ダラダラと長い動画は観ていて退屈なことになるので、5秒と決めたら5秒毎に場面を変えるつもりで抽出していく。
静止画を挿入する場合は3秒毎に切り替わるくらいが丁度いい。動かない絵をテンポ良く観るには4秒以上だと長いと感じる。

最後までカットを繋いだら、もうほぼ完成。これだけでかなり観やすくなってるはず。
次はどうしても聞かせたい音声が入っている場所を除いて、残りはBGMだけにして、元の音声は消してしまおう。BGMはその旅行に関連する音楽がいい。ハワイならハワイアンだろうし、ディズニーならディズニー映画のサントラ等だ。(個人で楽しむ等の場合を除いて、つまりYouTube等で公開する場合は著作権のある音楽は使えないので注意)
ミュージックビデオを作っているつもりで元の音声は消してしまおう。

これで再生してみれば驚くほど観やすく、作品風になったはず。

お手軽編集であれば、あとはタイトルやシーン毎に日時、場所等のテロップを入れれば完成。

出来上がった作品と、素材はバックアップしておこう。
PCの中と外付けハードディスクやDVD-Rの中等、常に2ヵ所以上にあれば故障等で失ってしまう危険がなくなる。容量等の問題で全てを保存出来ないという場合でも、最低、完成した作品だけは複数箇所に保存しておきたい。

編集なんて面倒臭いという人は、撮影時に1回5秒前後の撮影に留めれば、それだけでかなり観やすくなると思う。この場合は、ピンぼけや酷い手振れ等の失敗シーンをカメラ内で削除するだけでいい。しかし、後から選ぶのに比べて、撮影時にかなりのセンスを要求されるので難しいと思う。

当サイトでも動画の公開を開始したので、もしよければご覧下さい。