カテゴリー別アーカイブ: 旅行アイテム

公式アプリとディズニー・マックスパス[ベガス・ロス旅行記23]


カリフォルニア・ディズニーリゾートでは公式アプリとディズニー・マックスパスは必需品と感じたので使用感や注意点などを書いておく。フロリダのWDWではマジックバンドの便利さに驚いたが、あそこまでではないものの、公式アプリを介してシームレスに動作するディズニー・マックスパスもなかなかなものだった。

まずディズニー・マックスパスを購入するにはパークチケットが必要。1デイならその利用日、マルチデーならその有効期間内で、一日毎にマックスパスを購入する事が出来る。料金は私達の旅行時で一人一日10ドル。この料金で枚数無制限のフォトパス機能とデジタルなファストパス機能が入手出来るので、けして高いとは思わなかった。が、同行の人数が多ければ多いほど割高感は出るとは思う。家族やグループで行動している限り、写真を撮って貰うためのフォトパスはその中の一人が購入していればいいわけで、通常人数分購入する必要は無い。なので、人数が多いとファストパスを発券所に行く事無く取れるという事の為だけに一日につき、一人10ドルを払うという事になるわけで、お得感はぐっと低くなるだろう。こういう使い勝手の部分ではマジックバンドのシステムには及ばない。
ということで、マックスパスの人数分購入を躊躇無くお薦め出来るのは二人までの旅行になる。三名以上ならファストパスは誰か一人が纏めて取りに行くという事も出来ると考えると、よく検討して購入の是非を決めた方がいい。(フォトパスだけなら一人分の購入でいい)

ディズニー・マックスパスでファストパス機能を使うには上記の通り、人数分購入する必要があるのだが、操作は一人のスマホで行える。つまり一台のスマホでグループ全員分のファストパスを取得し、使用する事が出来る。
グループ全員が自分のスマホにアプリを入れておく必要も無いし(もちろん入れておいてもいい)、スマホを持たない人がグループにいても大丈夫。このへんは小さな子供もいる家族連れも多い事を考えれば当然の仕様だ。

マックスパスを使って取得出来るファストパスには一部、ショーのファストパスが含まれない事に注意。具体的にはファンタズミックのファストパスは発券機のみとなっていた。多分、ワールドオブカラーが催行されていれば、それも対象外と思われる。(私達の旅行期間はワールドオブカラーが無かった)ライド系アトラクションのファストパスは全て対応していた。

ファストパスの変更

取得したファストパスのアトラクションがシステム調整等で止まってしまった場合には、他のアトラクションに自由に使えるマルチプルファストパスに自動的に変更される。ただし同一パークのアトラクションにのみ使用可。

ファストパスの発券ルールは発券機と同じで、2時間毎に新たなファストパスを取得出来る様になっているが、もし次に使えるファストパスが2時間以内に使えるものなら、その使用開始時間に次のファストパスが取得出来る様になる。例えば12時に15時から使えるファストパスを取ったら、次のファストパスを取れるのは14時だが、12時に13時から使えるファストパスを取ったなら、13時に次のファストパスを取れる様になる。
マックスパスを使ってファストパスを取れる様になるのはインパークしてから(位置情報でインパークしているかどうかが判断される)になるが、二つのパークのどちらかにインパークさせすれば、どちらのパークのファストパスでも取れる様になるので、パークホップ出来るパスを持っている場合には便利に使える。

マックスパスのスキャン

ファストパスはこんな感じでスキャンして使う。上のカメラがバーコードを読み込む感じ。

フォトパス機能で取得出来る写真はパークカメラマンに撮って貰ったもの以外にアトラクションフォトも含まれる。アトラクションの写真には番号が一緒に表示されているので、その番号を自分のフォトパスにリンクさせればいいだけ。いちいちメモするのは面倒だろうから、スマホで番号が分かるように写真を撮っておけばいい。
キャラクターダイニングでも対応している場合があるので、写真販売に来た時に確認し、対応していればダウンロード用のQRコードをくれるようです。(プリントは別途購入しなければ貰えない)
あと、当然だがパークカメラマンに写真を撮って貰ったら、自分のスマホのマックスパスをスキャンして貰う事を忘れずに。
撮って貰った写真やリンクさせたアトラクションの写真が観られる様になるまでの時間にはかなりバラツキがあって、撮影後10分くらいで観られたこともあれば、翌日になるまで反映されないなんてのもあった。

フォトパス

アトラクションの写真は専用のフレーム付きで表示、ダウンロード出来る。写真はガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ミッション・ブレイクアウト!のもの。アトラクション写真の掲示時間は短いので、手早く番号をスマホで記録した方がいい。

アプリを使うにはネット接続が必要なわけだが、パーク内では無料WI-FIが提供されている。その無料WI-FIで十分に使えるかどうかが問題なわけだが、あくまでも私達の旅行時の状態での感想としては残念ながら不十分。
WI-FIが不安定になる場所が多く、ストレス無く使うには別途信頼出来るWI-FIが必要と感じた。アトラクションの入り口まで行って、WI-FIが不安定になってファストパスの表示が上手くいかないなんて事がよくあったので、それはとてもストレス。
海外旅行用モバイルWI-FIをレンタルしていけば完璧だが、せっかく無料WI-FIが提供されているのだから、それで済むなら何とかしたいと考える人も多いはず。そこでお薦めなのは、どうしても必要な時だけ使える安定した海外向けWI-FIのサービスだ。
例えば私のスマホはドコモなのだが、ドコモではパケットパック海外オプションというサービスがある。これなら24時間で980円、3日間で2,480円といった具合に必要な時だけ使うという事が出来るので、旅行期間中、全日のレンタル料が発生してしまうレンタルWI-FI等よりも安く利用出来るかと思う。こういったサービスを保険として用意し、現地の無料WI-FIだけで問題なく使えるようなら、それで済ませるというのがいいかもしれない。(私はそうした)

最後に利用方法を纏めると、

  1. カリフォルニア・ディズニー・リゾートの公式アプリをゲットする。アプリの名称は「Disneyland」
  2. アカウントをアプリに登録する(フロリダのWDWのものでも使える。持っていなければ新規作成して登録)。
  3. 家族や同行者のアカウントも家族、同行者として自分のアカウントにリンクさせておく。クレジットカード情報も登録をする。
  4. 事前にパークチケットを購入していれば、そのチケットをアプリに登録(家族や同行者のチケットも)する。
  5. インパークしたらアプリからディズニー・マックスパスを購入(必要な人数分)して使用開始。(当日窓口でパークチケットを購入する場合はディズニー・マックスパスを同時購入することも可能)
  6. フォトパスとしてはパークカメラマンに画面をスキャンして貰う、アトラクション写真の番号をリンクさせる事等で写真を表示、ダウンロード出来る様になる。枚数は無制限。
  7. ファストパス取得時は取得したいアトラクションと時間を選択、取得メンバー(同行者)を選択して取得。利用時はファストパス画面をスワイプすることで人数分のファストパスを専用のリーダーにスキャンさせて利用。

マルチデーパスポートをリンクさせてもディズニー・マックスパスは日毎の購入が必要なのは面倒なところ。
ディズニー公式アプリからはモバイルオーダーも利用出来るので、ディズニー・マックスパスの利用をしない場合でもアプリだけは持っていた方がいい。クイックサービスレストランを便利に利用出来るモバイルオーダーについてはこちらの記事のレッドローズタバーンの部分で触れています。




ラスベガスからロサンゼルスへ[ベガス・ロス旅行記12]


一週間のラスベガス滞在を終えてロスアンゼルスへ移動。
朝6時9分発という早朝のフライトのため、3時半にエクスカリバーをチェックアウト。チェックアウト手続きはカードを登録しているので簡単。本来はカウンターに立ち寄らずに出て行ってしまっても構わないのだが、3時半という時間もあってカウンターはガラガラだった為、立ち寄って領収書をもらっていくことにした。

空港までの移動はタクシーを利用。この時間帯でも大型のホテルであればタクシーが客待ちをしている。(早朝のフライトも多いので)もちろんUberでもいいんだが、Uberの場合、客待ち待機は出来ないので、呼び出しから車でちょっと時間がかかる。(数分で来るみたいだけど)

エクスカリバーのあるニューフォーコーナーは空港に近いので、10分ちょっとで到着。我々の乗るアメリカン航空はターミナル1。
早朝のマッカラン空港はフライトが多く混むと聞いていたので覚悟していたが、予想していたよりも空いていて、チェックインもスムーズ。チェックインは例によって機械にパスポートかプリントした航空券の控えのバーコードを読み込ませて行う。事前に座席指定もしてあるので、座席は勝手に変更されたりしていないかだけを確認すればOK。
機械から排出される預け荷物のタグをスーツケースに付けるのは慣れていないと手こずるが、日本出発時にどういう風にシールを剥がせば良いか理解したのでこれも問題無し。自信が無ければタグをそのまま荷物を預けるカウンターに持って行けば係員が手際よくつけてくれる。
まだ旅の途中ではあるが、お土産で膨らんだスーツケースが重量オーバーしないよう、今回はスーチケース専用の秤を購入して利用した。パッキングの時に重量を確認出来るのは不安がなくて良かった。

スーツケースの秤

私が購入したタイプ。これのおかげで空港で慌てる心配がなくなった。JAL(コードシェアのAAも)はエコノミーの場合23キロ(1個)となっている。一人2個までなので23キロをオーバーしたら2個口に分けて一つの重さを23キロ以内にすれば大丈夫。

保安検査もあまり待つ事無く通過。
モノレールに乗って搭乗便の搭乗ゲートであるDゲートへ。この時点で出発便の搭乗時間まで1時間以上の余裕があった。

さて、ラスベガスのマッカラン空港にはアメリカの空港には珍しく、出発ゲートのある屋内に喫煙所が設けられている。マッカラン空港内にもあちこちにスロットマシンが置いてあるのだが、喫煙者用のスロットマシンの島があって、そこは完全に喫煙ルームと化しているのだ。

マッキャラン空港内喫煙所

スロットマシーンをやらずに喫煙していても特に問題は無い様だ。ホテルの全室禁煙化は進んできたが、まだまだラスベガスは喫煙者にも優しい街なのは確か。

早朝便の利点は、既に飛行機が空港にいる状態での運航になる事が多いので、滅多に出発が遅れないということだ。到着した飛行機が折り返す様な時間になってくると、遅延が発生しやすくなる。
我々の便も遅れること無く定時に出発。
しかし実はこんなに早い時間の飛行機を予約したのではなく、10時台発の便を当初は予約していた。それが突然その便が廃止されたとのことで、勝手にこの便に変更されてしまったのだ。これより遅い便で選択出来たのは午後の便で、それよりは早く到着してロスの観光をした方が良いと諦め、この時間になった…。
このフライト時間の変更、便の変更というのは、米系航空会社では、早めに予約購入すると出発までの間に頻繁に起こる。アメリカンだけではなく、ユナイテッドも凄かった。

6時9分、定刻に出発した飛行機は7時30分にロスアンゼルスに到着予定。




ラスベガス・ロス(ハリウッド、ユニバーサル、ディズニー)準備編08


現地で便利なアプリとWI-FI環境の準備

現地での行動をスムーズ(時には安価に)してくれるので、最近の海外旅行ではスマホとネット環境が欠かせない。
しかしネット環境が無いと話にならない。私のiPhoneはドコモだが、何も考えずに海外でデータローミングなんかを使うと帰国後に高額な請求に驚くことに。なので、最低でも海外パケホーダイ等のサービスには加入しておくことが必要だが、それでも旅行日数が1週間以上となればかなり高額。
そこで海外旅行者向けのレンタルWI-FIを借りるという選択肢が出てくるが、これも日数が長くなるとそれなりの値段(使わない日でも課金されるので)だし、スピードやデータ量の制限、それらに問題の無いプラン(ハイスピードでデータ量の大きい)を選ぶと更に高額に…。

アメリカの場合、ホテルでは無料でWI-FIが使える事が多いし、観光地であればあちこちでフリーWI-FIが提供されている。なので、それらを併用すれば何とかなるということも多い。なので自前で用意するWI-FI環境は一種の保険(提供されているフリーWI-FIの調子が悪かったり、外で全くWI-FI環境が無い場所に遭遇してしまった時等の)という考え方も出来る。
Google マップであれば事前にマップをダウンロードしておくことでネット接続無しでも地図表示やルート案内を使う事も出来る。(このマップの事前ダウンロードは海外旅行の際には必須)

というわけで、今回私は基本的に現地で提供されているWI-FIに頼り、どうしてもという時の為にドコモのパケットパック海外オプションを申し込んでおいた。パケットパック海外オプションは海外1dayパケに代って登場した海外旅行向けのパケットサービス。
24時間単位で任意に使用出来るのは同じだが、一日980円で国内で自分が使っているパケットプラン(パケットパック)のデータ量をそのまま使う事が出来る。例えば月10GBまでのプランを国内で契約していているなら、海外旅行先でも月10GBまで使う事が出来る。(その月のデータ量の残りが8GBなら旅行先でも8GBだ)
もし旅行先で大量のデータ通信(普段国内で使っているよりも)を予定しているなら、旅行期間中は大きなデータ量を使えるプランに一時的に変更しておいた方がいい。
似た様な海外パケットオプションはソフトバンクでもauでも提供されているはずだ。

次に必須アプリだが、何処に行くにしてもまずはGoogle マップ。先に書いたように事前に現地のマップをダウンロードしておくのを忘れずに。ダウンロードしたマップには約30日間という有効期限があるので、期限が切れそうな場合は出発前に更新を。
次にやはり定番の翻訳アプリ。これもGoogle翻訳でいいと思う。
この二つは渡航先が何処かに関わらず入れておいた方がいい。

更に忘れてはいけないのは、今回私はドコモのパケットパック海外オプションを利用出来る様に申込み済みなので、ドコモ海外利用というアプリをいれておく。これを使って必要な時に、24時間のデータローミングを開始出来る。

そして今回私達が旅するラスベガス、ロサンゼルス(アナハイム)で便利なアプリを。

Disneyland

カリフォルニア・ディズニーリゾートで必須のアプリ。
これでアトラクションの待ち時間表示、ショーやキャラグリの時間確認、予約したレストラン等の予約確認が行える。更にモバイルオーダー(対応のクイックサービスレストランで、店に向かう前にオーダーし、列に並ばずに食事を受け取れる)もこれで行える。
更にDisney MaxPass(ディズニー・マックスパス)の購入と使用にも必要だ。Disney MaxPassはフォトパスにファストパスが園内の何処からでも取得出来るというサービスがくっついたもの。
入園後にパークチケットとDisney MaxPassをリンクさせることで、ファストパスが発券所に行かなくてもスマホで取得出来るようになる。
ただ、フォトパスはグループで一つ購入しておけばいいが、Disney MaxPassは一日、一人10ドルで人数分を購入しないと使えない。(私達の場合、娘と二人分なので一日20ドルかかる)
パークカメラマンに写真を撮って貰い放題になるフォトパスが付いているとはいえ、この料金をどう考えるかは人それぞれとは思うが、空いているファストパスを一覧できて、発券所に行かずにファストパスを取れるというシステムはかなり便利だとは思う。
このアプリの問題はフロリダのディズニーワールドで使ったMy Disney Experienceというアプリ同様、日本のApple IDではダウンロード出来ないこと。日本のApple IDで使っているメールアドレスとは別のアドレスを使い、米国のApple IDを取得し、そしてダウンロードする必要がある。ダウンロードさえしてしまえば日本のApple IDに戻しても支障無く使える。が、アプリのアップデート(更新)は米国のApple IDでログインしておかないと行えない。
Apple IDの切替えはiPhoneの設定からiTunes StoreとApp Storeを選択し、Apple IDをタップ、サインアウト、使いたいIDでサインインという手順で行う。

disneyland-app

入手が面倒ではあるが、あるとないとでは現地での利便性が全然違うのでカリフォルニアディズニーに行くなら絶対使いたいアプリ。なぜディズニーはこの手のアプルを海外でもダウンロード出来る様にしてくれないのか疑問。

テーマパークのアプリとしてはユニバーサルスタジオ・ハリウッドの公式アプリ、Universal CAというアプリもあるが、これは必須というわけではない。
出来る事はアトラクションの待ち時間表示とショーのスケジュール表示、レストランやショップのリスト表示くらいなので、入園時にショースケジュールとマップを貰えば事足りる。
ただ、アトラクションの待ち時間確認は必要、ショーの開園時間を事前確認して当日のプランを立てたいという人は入手しておいて損はない。

UberとLyft

この二つは渡航先がアメリカ(ハワイも含む)ならもはや必須。
先発のUber(ウーバー)の方が後発のLyft(リフト)よりも知名度があるが、現地ではどちらもよく使われている。アプリの使い勝手に多少の違いはあるが、基本的な使い方、サービスはほぼ一緒なので、両方入れておき、使いたい時にどちらの方が付近に車が多いか、どちらの方が安いか(料金は時間帯や場所で変動する)で選ぶのがいいと思う。
もちろん自分の感覚でアプリが使いやすい方を決めて使うということでもアリ。
UberとLyftの様なサービスの総称としてRide shareという言葉がよく使われる。空港や大きなホテル等にはタクシー乗り場とは別に乗降所が設けられていて、Ride share(もしくはRide service)と書かれている事も多い。
鉄道やバスで移動出来るならそれが一番安いとは思うが、複雑な路線を乗りこなす必要があったり、時間がかかったりという場合(場所によっては治安も問題)にはタクシーよりもかなり安価に利用出来るUber(Lyft)を使った方がいいと思う。
安価(変動制ではあるが)で、車の乗降が可能な場所なら何処にでも呼べて、移動が出来、料金の不安やチップの煩わしさもない、更に言葉の問題もほとんど無いという、外国人旅行者(我々)にとっては便利この上ないシステムだと思う。

ウーバーとリフト

UberとLyftのアイコン。アプリの入手と登録は日本で済ませておいた方がいい。どちらもDisneyアプリとは違って、日本で問題なく入手、アップデートも出来る。(日本では基本的に使えないのに)Uberは日本でもただのタクシー配車アプリとしてなら機能するが、全く使う意味がない…。(タクシー配車なら全国タクシーを使った方がいい)

交通機関のアプリでは、ラスベガス旅行では必須のride RTC
ride RTCはラスベガスを走るバスのアプリで、これを使うと、旅行者がストリップの移動に利用するDEUCE(二階建ての各停バス)やSDX(急行)で使用出来るパスを事前購入し、スマホで乗れる様になる。ラスベガスに何日間か滞在する旅行者でレンタカーを使わないなら、DEUCEとSDXのパスは必須だと思う。バス停付近にある券売機でも購入出来るが、あちらの販売機は調子が悪い事も多いし、慣れない英語表記の機械操作は面倒だと思う。
このアプリを使えば、2時間パス、24時間パス、3日間パスの3種類を使用する1ヶ月前から購入出来る。事前に購入しておいたパスは現地で使用直前にアクティブにする事が出来るので、そこから使用時間をスタートさせられる。(購入から一ヶ月以上アクティブにしないと期限切れになるので注意)
複数人数分を一台のスマホで買うことも出来る。複数人数分のパスは画面のスライドで切り替えられるので、最初に乗った人が一緒に乗る人の分まで画面スライドでパスをバスのリーダーに読み込ませる事になる。(パスの画面はQRコードで、バスの乗口にはQRコードリーダーがある)
大人どおしでの旅行なら、パスは一人ずつ買っておいた方が便利だと思う。(別行動も出来るので)

交通機関系のアプリとしてはロスのバスや地下鉄の公式アプリGoMetroというのもあるが、路線検索が出来るのみ(乗換案内の様なアプリ)なので、頻繁にバスや地下鉄での移動をする人で無いと使いではないかもしれない。ちょっとした移動ならルートは最初から調べて頭に入れておいた方がいいと思う。ラスベガスのride RTCの様にパス機能でもあれば便利なのだが、GoMetroには残念ながらない。

という事でネット環境とアプリの準備も完了。
あとは荷造りして出発するのみ。
帰国後から旅行記本編を投稿予定。