カテゴリー別アーカイブ: エンターテインメント

ハワイ旅行 2017・準備編5・現地ツアー検討


今回のハワイ旅行では初めてハワイ島を訪れるが、ハワイ島4泊のうち、後半2泊はヒルトン・ワイコロア・ビレッジに宿泊して、ホテルでのリゾートライフを満喫する予定。
なので、観光は前半2泊(コナ・シーサイド・ホテル泊)だけで済ませることにする。
到着日はほとんど眠らずに一日を朝からやり直すというハードな状況になるので、カイルア・コナの街を徒歩で散策する程度の観光にして、翌日にまる一日をかけてハワイ島の見所を回る予定。

ビッグアイランドと呼ばれる大きなハワイ島(四国の約半分の面積がある)の見所を一日で回るのはどうしても駆け足の観光になるが、それは仕方ない。
出来るだけ効率良く、観ておくべきポイントを回れる現地ツアーを探すことにした。
絶対に外せないのはやはりキラウエア火山で、これはどのツアーでもまず組み込まれている。あとは火山観光に至るまでに廻るポイントと、日没後に星空鑑賞があるかどうかといった違い。
色々と検討した結果、Big Island CREST Company Inc.という会社が催行している「マウナケア山麓 夜の世界遺産キラウエア&星空観測 溶岩専門ガイドが徹底案内!デラックスツアー」というツアーに決定。
主要な観光ポイントはTEXドライブイン(マラサダで有名)、アカカの滝、ビッグアイランドキャンディー、キラウエア火山、マウナケア山麓での星空観測となる。(夕食に幕の内弁当付き)約10時間のツアーだ。

キラウエア

火山観光では是非、この様な光景を観たいので、火口観光が夕方以降のスケジュールであることも大事。(日中では綺麗に見えない)

ハワイ島ではこれ以外に、空港ホテル間の往復送迎を定番で格安のロバーツハワイのシャトルサービス予約(コナとワイコロアの移動はタクシーを予定)、ヒルトン・ワイコロア・ビレッジでのポリネシアンディナーショー「レジェンズ・オブ・ハワイ」を予約済み。

オアフ島に移動後は空港ホテル間往復送迎にハワイ島と同様、ロバーツハワイを予約。ロバーツハワイは他の混載シャトルサービスよりも車の台数が多く、あまり待たされることがない上に、安いのが魅力。

ワイキキのホテル(ヒルトン・ワイキキ・ビレッジ)とコオリナのアウラニ間の往復シャトルサービスも手配。(アウラニ、マカヒキでのキャラブレは既に予約済み)タクシーだと片道で100ドル程度はかかるところ、大人1名、子供1名で往復58ドル(チップは別途必要)なので格安。大人2名でも76ドルだ。
デメリットは時間が決まっていることで、アウラニ到着は8時頃、帰りは13時のピックアップとなっている。なので、ディナー利用とかだと使えない。

娘がビートルズのファンなので、シェラトン・プリンセス・カイウラニで行われているフォーエバー・ファブ・ショー(ビートルズのそっくりさんによるライブ)を予約したかったのだが、間の悪いことに我々の旅行期間は休演(全米ツアーに出掛けるとのこと)で予約不可だった…。
なので、ロイヤル・ハワイアン・ショッピングセンターの会場で行われているロック・ア・フラショー by レジェンド・イン・コンサート・ワイキキを予約。各種ディナー付き等、色々とコースがあるが、食事は他にも行きたいレストランや食べたいものが多いので、食事無しのプレミアカクテルショーにした。(カクテルもしくはソフトドリンクとプレミア席のパッケージ)

フォーエバー・ファブ

フォーエバー・ファブは本当に残念。ショー自体は全米ツアー終了後、また再開されるとのことなので、次回があれば是非観たい。

ワイキキには何度も訪れていて、既に主な所には行っているので今回はこれだけ。
ただ今回は、娘もある程度の年齢になったので、パールハーバー(真珠湾)訪問を計画。ツアーにするか迷ったが、観たいところだけを自由に廻りたいということと、自力で行くのとツアーとでは料金差が大きいこと、可能であれば極めて近い距離にあるアロハスタジアムのスワップミート(蚤の市)にもついでに立ち寄りたいということで、ツアーを利用しないこととした。
パールハーバー(真珠湾)への足や、各種手配については次回。




グアム旅行記 (2016) 13・7泊8日のグアム旅行終了


グアムの最終日は帰国の飛行機が16時55分発なので、午前中は最後のプールとビーチで遊び、正午にアウトリガーをチェックアウト。荷物は預けて食事と最後のショッピングへ。
IHOPでランチを食べて、JPストアをうろつき、14時に荷物を受け取り、来たときと同じ楽天トラベルの送迎サービスで空港へ。

今回7泊という、グアム旅行としては長目の日程だったので、最後の2日間くらいは同じ様な所をうろついてた感じ。やはりグアムはハワイに比べてコンパクト。
ハワイよりも勝っているのは中心部の海がワイキキよりも圧倒的に綺麗で空いていることだと思う。ので、ビーチ目的ならグアムはお薦め。(もちろんハワイでもオアフ以外の他島ならこの限りではないと思うが)

タモンのビーチ

ホテル街にあるビーチとしてはタモンのビーチは驚くほど綺麗。

観光やショッピング、グルメ目的なら断然ハワイだと思う。
あと、気候的にもハワイがやはり快適。同じ常夏の楽園といってもグアムは湿度が高い。
今回は初めて夏に行ったが、グアムに行くなら冬がいいと感じた。夏は雨期ということで、冬よりも圧倒的に雨が多い。(天気は運次第だけど)

私にとっては4度目、娘にとっては2度目のグアム。それなりに見るべきものは見て、行くべき所には行き尽くしたと思う(特別な目的をもたない一般の観光客としては)ので、主観ではあるけれどグアム旅行のお薦めは以下の通り。

  • ショッピングはブランド物に興味が無ければ、タモンの中心にあるJPストアとKマートで事足りる。同じ物ならKマートが断然安いので、先にKマートを見るべき。マイクロネシアモールはハワイのアラモアナショッピングセンターほどの価値はない。が、マイクロネシアモールのペイレス スーパーマーケットだけは行く価値あり。プレミアムアウトレットでは何と言ってもロス ドレス フォー レス。
  • 食事で特に美味しいと感じたのはカリフォルニアピザキッチン(何処にでもあるけれど)。メスクラドスのバーガーも美味しかった。高級ホテル(ウェスティンやハイアット)のホテルバフェも悪くは無いけれど、かなり高めの料金設定なのでコストパフォーマンスは悪い。パンケーキは何処で食べてもそれほど違わないので、比較的空いているIHOPでいいんじゃないかと思った。
  • マジックロックスかアンコール、どちらかのマジックショーは観るべき。
  • チャモロビレッジのナイトマーケットとデデドの朝市は曜日が合えば行くべき。ただしショッピング目的なら期待外れになるかも。定番の観光スポットと言えば恋人岬だが、天気さえ良ければ本当に素晴らしい景色なのでこれも一度は行くべき。

タモンビーチ

今回、グアムサマービーチフェスティバルというイベント期間と重なって、ホテル前のビーチから花火を見ることも出来た。

次回はハワイを計画中。オアフ以外ではマウイ島にしか行ったことがないので、ハワイ島に行ってみることにした。
ということで次回からはハワイ旅行準備編を投稿予定。


グアム旅行記 (2016) 9・マジックショー


今回のグアム旅行では二つのマジックショーを鑑賞。 グアムのマジックショーと言えばサンドキャッスルのイリュージョンマジックショーとニッコーグアムのカーメが有名だが、実際に観た人の評価ではウェスティンのマジックロックスシアターとフィエスタリゾートのアンコール!がマジックショーとしての満足度が高いらしい。
ということでそのどちらを観るか悩んだが、せっかくなので両方とも行く事にした。

どちらも食事付きとショーのみというコースがあるが、フィエスタの食事はあまり評判が良くない。(ポリネシアンBBQとのセットもあるが、フィエスタのそれには以前のグアム旅行で参加しているし)ウェスティンの方はフルサービスのレストランであるプレゴとビュッフェレストランのテイストのどちらかの食事とのセット。どちらも評判がいいのでテイストのディナービュッフェ付きにした。

まずはフィエスタリゾートのアンコール!から。
宿泊しているアウトリガーからフィエスタまではやや距離があるので送迎付き。アウトリガー宿泊者の場合、多くのツアーが隣のデュシタニの一階ロビーが送迎バスの集合場所となっていて、そこで待つ。(アウトリガーとデュシタニ間は専用通路で結ばれているので移動は楽)
アンコール!は比較的小さな会場でのショーなのだが、かなり立派な、大きなバスが迎えに来た。
ショーのみの場合は開演時間に合わせた到着で、着いたらチケットの引き替えがあって、すぐにショー会場に案内される。
ショーのみでも飲み物付きで、各自一杯オーダー出来、開演まで座席で飲める。座席は予約順などで予め割り振られているようで、案内係が指定してくれる。私達は最前列中央に案内された。

ショーの内容はジャグリングやアクロバット等をはさみつつのマジックショー。一瞬ではあるがホワイトタイガー等も登場するので見応えは十分。
会場、ステージのサイズからあまり大掛かりではないが、イリュージョンと呼べる様な出し物もある。マジックはあまり大きな劇場で遠目に見るよりも間近の方が見応えがある。
終演後には会場出口で出演者との記念撮影(時前のカメラで)も。
それぞれ写真を撮り終えたらすぐにバスへ。全員が乗車したら即出発と、移動もスムーズ。

アンコール・グアム

かつてラスベガスで上演されていたホワイトタイガーで有名なマジックショー「ジークフロイド&ロイ」の小劇場版といった雰囲気も。

ウェスティンのマジックロックスシアターも送迎付き。(ウェスティンはアウトリガーから十分に歩いて行ける距離だが)
食事付きなので送迎バスがウェスティンに着いたらまずは食事。送迎バスのドライバーが各自で利用するレストランへ行くようにと説明してくれるが、案内はしてくれない。それにその説明も英語なので、簡単な内容ではあるが聞き取れずに困っている様子の参加者もいた。
まあ、利用するレストランはホテル内にあるわけで、それほどの問題ではないが、全く英語が分からないという人にはちょっと不親切かもしれない。

私達が食事をするテイストに行き、入り口で名前を告げる。通常のレストラン予約と同様に名前だけで案内してもらえる。
テイストはさすがウェスティンと思える内容と雰囲気のビュッフェレストランで、食事にはとても満足。
食事中にマジックロックスを鑑賞する人達のテーブルに、何時までに何階のショー会場に来て下さいといった案内をしにきてくれる。その際にショーの入場チケットの様なものもくれる。
食事を終えたら言われた時間までに会場へ。時間になると先程もらったチケットで会場に入れる。まずは前室の様な所に通され、名前を呼ばれた順に座席につくというシステム。つまりここもアンコール!同様、予約順による指定席。
アンコール!よりも更にこじんまりした会場なので、後方席でも十分にステージに近い。
私達は2列目の端の方の席。

マジックロックスはアンコール!とは違い、ほとんどマジシャン(と、アシスタントの女性)だけで頑張る内容。
いくつかのネタがアンコール!と全く同じだったが、距離の近さを生かしたマジックが多く、更に観客参加のネタも多い。子供はほぼ全員が何等かの形で参加出来るようになっている。
アンコール!よりも地味ではあるが、マジックそのものを楽しむことが出来るのはマジックロックス。
こちらも終演後はマジシャンとの写真撮影が出来る。
帰りの車は全員揃って同じバスでという方式ではなく、それぞれがロビーの配車係に送迎のチケットを見せて車を依頼するシステム。

マジックロックス・グアム

イケメンな雰囲気だが、ショーではかなりコミカル。日本語も使ってくれる。

さて、アンコール!とマジックロックスのどちらが良かったかだが甲乙付けがたい。
出し物の多さにホワイトタイガー(登場はちょっとだが)といった、内容の豪華さではアンコール!だが、純粋にマジックを楽しむということならマジックロックス。
マジックロックスは距離の近さと参加型が多いということもあって、子供のいる家族に特にお勧め出来る。それに食事付きなら食事もウェスティンの方が上と思う。
ということでマジックロックスの方が私達は満足度が高かった…と言っていいと思う。(僅差ではあるが)