ラスベガスのファストフード[ベガス・ロス旅行記04]


今回の旅行での楽しみの一つが各種のハンバーガー等のファストフード。
とは言っても一日一店、出来れば二日に一店くらいが健康上限界かと思い、ラスベガスではファストフード的な食べ物と、ラスベガスの食の楽しみの代表と言える各ホテルのバフェを中心に食事をした。まずはファストフードの感想を。

今回ラスベガスで食したのは以下の通り。いずれも現地で美味しいと評判の店を前以てリストして、食べに行った。

  • In-N-Out Burger イン・アンド・アウト・バーガー
  • FAT BURGER ファットバーガー
  • Earl of Sandwich アール・オブ・サンドウィッチ
  • Gordon Ramsay Fish & Chips ゴードン・ラムゼイ・フィッシュ&チップス

この他にシェイクシャック(ハンバーガー)とUMAMIバーガーもアメリカの美味しいバーガーで有名だが、いずれも日本に進出していて、都内で食べた事があるのでパス。(シェイクシャックは六本木や新宿等に、UMAMIは青山に出店している)
ファットバーガーも渋谷に出店している。イン・アンド・アウト・バーガーとアール・オブ・サンドウィッチ、ゴードン・ラムゼイ・フィッシュ&チップスは今現在(2018年)、まだ日本には店が無いはず。

イン・アンド・アウトはカリフォルニアを中心に展開しているハンバーガーチェーン店で、ラスベガスではリンク・プロムナードの店が一番行きやすい。これ以外の店舗に行くには車が必要。
噂では米国のハンバーガーチェーンの中では一番美味しいとのことで、リンク店もこの評判通り、いつ行っても激混み。(今回の旅行では気に入って2回行った)
メニューは極めてシンプルなので、何をオーダーするか迷うことは無いが、メニューにない裏メニューも有名なので、その一つ、アニマルスタイルで注文するのがベター。
オーダーにアニマルスタイルと付け加えると、特性ソースがプラスされるのだが、このソースの味こそがイン・アンド・アウトが美味しいと言われる理由の一つの様だし、ほとんどの人がそれで頼むので、何故裏メニューという形式にしているのか謎。
このアニマルスタイルはバーガーだけでなく、フレンチフライ(ポテト)にも適用出来る。(アメリカでは棒状のフライドポテトをフレンチフライと言う。ちなみにイギリスではチップスと言うので、フィッシュ&チップスと言えば魚フライとポテトフライのセットのこと)

インアウトバーガー

ポテトもアニマルスタイルにするとご覧のようにソースとチーズ、炒めたオニオンが…。食べるのにはフォークが必要。

ファットバーガーはニューフォーコーナー近くとプレミアムアウトレット・サウスのフードコートに店がある。
ボリューミーなパテで有名だが、味も肉本来の味を堪能出来るということで人気を得ているらしい。確かにボリューミーなので、日本人ならレギュラーサイズで満腹になる。味は確かにシンプル。特別な味付けらしいものを感じないので、素材の美味しさとはこういうことか…と納得する感じ。フレンチフライはファットとスキニーの2種類が選べ、ファットは太いポテトフライ、スキニーが細切りのよくあるポテトフライ。

ファットバーガー

ポテトはファットとスキニーをそれぞれ頼んでみた。ポテトの量も多いのでハンバーガーが小さく見える。

アール・オブ・サンドウィッチはオーランドのディズニーワールドで食べて美味しいと思ったので、今回も楽しみしていた。ラスベガスの後に行くアナハイムのディズニーにも店があると聞いていたのだが、つい最近閉店してしまったらしいので、ラスベガスで食べておかねばならない。
場所はニューフォーコーナーとフォーコーナーの中心くらいにあるミラクル・マイル・ショップス(プラネットハリウッド・ホテル隣接)の中。ストリップから入ってすぐの場所にある。
The Full Montagu(フルモンタギュー)とThe Earl’s Club(アールズクラブ)の2種類をオーダーしたが、オーランドで食べた時と同じオーダーかもしれない。
それぞれ半分にカットしてくれているので、娘と半分ずつシェア。
変わらず美味しいサンドイッチだが、食べた事がない人に説明するとしたら、ドトールのミラノサンドを具沢山でボリューミーにした感じと言えば近いだろうか。

アールズクラブ

アールズクラブ。このように半分にカットされているので、二人で行くなら違う種類をオーダーしてシェアがお薦め。

ゴードン・ラムゼイ・フィッシュ&チップスはその名の通りフィッシュ&チップスが評判の店。
イン・アンド・アウトと同じリンク・プロムナードにある。
フィッシュ&チップスと言えばイギリスを代表するファストフード。ということで赤い電話ボックスが店の前にあるイギリス風の外観。
フィッシュ&チップスがメインだが、他にシュリンプ&チップスとチキン&チップスもあり、それぞれ飲み物とセットのコンボメニューをオーダーするのが基本。もちろん飲み物にはビール各種も用意されているのはイギリス風。
ソースをCurry & Mango カレー&マンゴー、Sriracha Aioli シラチャー&アイオリ、Southwest Ranch サウスウェスト ランチ、Gordon’s Tartar Sauce ゴードンのタルタルソース、Dijon Mayonaise ディジョンマヨネーズという5種類の中から2種をチョイスするというのも特徴。
フィッシュフライと言えばタルタルが定番なので、ゴードンのタルタルソースとその他試してみたいソースの2種を選ぶのが無難かと思う。

ゴードンラムゼイ フィッシュアンドチップス

盛り付けも丁寧で、色からして油の良さと揚げ方が程よいことが分かる。魚も厚みのある身を使っているのでフワッとした食感で美味しかった。

いずれの店もレジでオーダーと支払いを済ませ、番号の書かれたレシートを受け取り、番号が呼ばれたら受け取りに行く。というファストフード定番のスタイル。
あと、飲み物(ソフトドリンクの場合)もアメリカのファストフードでは定番のシステムで、空のカップを支払いと同時にレジで受取り、ドリンクサーバー(ソーダファウンテン)で自分で注ぐ。

さて、上記4店の中ではイン・アンド・アウト・バーガーが一番美味しく感じた。
シェイクシャックやUMAMIバーガー等の高価なハンバーガー店では美味しい物を出すのは当たり前と思えるが、有名バーガー店の中ではかなり安価なこともイン・アンド・アウトの味の印象を押し上げているかもしれない。
次点はゴードン・ラムゼイ・フィッシュ&チップス。白身魚のフライにポテトフライというシンプルな料理なので、味の決め手は油の良さと揚げ方(もちろん素材も)かと思う。この2点がちゃんとしていると感じたのは高得点。フィッシュ&チップスは本場のイギリスでも食べた記憶があるが、今回食べたものが一番美味しかったように思う。
他の2店も美味しかったが、アール・オブ・サンドウィッチは二度目でインパクトが初めての時よりも薄れた感じ。ファットバーガーは確かに素材の美味しさは感じるが、味がシンプルすぎたかも。

 




スポンサーリンク


関連情報を含む記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>