ビビディ・バビディ・ブティック (TDR)


娘が一度体験してみたいと言っていた「ビビディ・バビディ・ブティック」
シンデレラに登場するフェアリーゴッドマザーの弟子達(という設定の美容師さん)にプリンセスに変身させて貰うというコンセプトのディズニーの施設。

アメリカのディズニーパークにあるビビディ・バビディ・ブティックにするか、TDRのビビディ・バビディ・ブティックにするか悩んでいたが、アメリカのはヘアスタイルのメニューが気に入らないとのことでTDRで一度だけやってみることに。(アメリカとの違いについてはこちらの記事を参照)
もう小三なのでこの辺が最後の機会。(ビビディ・バビディ・ブティックは一応小六まで)

予約は一ヶ月前からネットで受け付けている。
人気があると聞いていたので受付開始日の開始時間丁度にアクセスしたが、希望時間をクリックするも全く取れず、どんどん満員表示に。
閑散期の希望日なのに、ほんの数秒で夕方まで埋まってしまった。
こんな状態が連日続いているのなら、店舗を増やした方がいいのではないだろうか?

悩んでいると前日埋まってしまうので、夕方を予約。
コースはキャリッジコースというもの。松竹梅の竹に当たるコース。
基本衣裳持込でメイクだけのクラウンコース、ドレスや小物もセットされるキャリッジコース、キャリッジコースに写真撮影が付くキャッスルコースという3種類がある。
我が家はせっかくいいカメラを持っているので、写真は私が撮れば良い。

当日は予約時間にディズニーランドホテルにあるビビディ・バビディ・ブティックへ。
入り口付近でまずドレスと靴を選び、サイズの確認。
娘は事前にオーロラと決めていた。日本の場合、他にシンデレラ、ベル、ラプンツェル、そしてアナとエルサも選べるようになった。(2015’1月現在)

ドレスと靴が決まったら、ブティックの中に通されて着替えとメイク。この間、親は自由に撮影が出来る。
美容師さん(フェアリーゴッドマザーの弟子?)ともう一人担当の人が付き、メイクアップ中もずっと子供に話しかけてくれる。もちろん話題は世間話ではなくディズニーのことのみ。

ビビディ・バビディ・ブティック

メイクアップ中は魔法の鏡は本人の背面。完成したら初めて鏡を見れる。

およそ30分ほどでお支度完了。
担当の人が魔法の杖を持って、全員で(親もやらされる)「ビビディ・バビディ・ブー」と呪文を唱えるのがお約束。
アメリカのビビディ・バビディ・ブティックでは、この呪文に合わせて魔法の鏡のカーテンが開くようだが、そういった演出は日本ではなかった。あと頭にかけるピクシーダスト(ラメ)も日本では無し。
最後はビビディ・バビディ・ブティックでプリンセスになった証明書をもらって終了。

夕方だったのでこの日はパークで遊ぶ時間はほとんどなし。ディズニーランドホテル内でプリンセス娘の写真をしっかり撮った。
その後ディズニーシーに少し行き、その日はシャンプーせずに翌日も同じヘアスタイル、プリンセス姿でディズニーランドへ。
シーでもランドでもパークではキャストにしっかりプリンセス扱いされるので、最初は照れていたが、最後の方はかなり楽しんでいた娘。

ビビディ・バビディ・ブティック

オーロラになってご満悦。

ビビディ・バビディ・ブティックと英字で記されたプリンセスのタスキをかけているのだが、もし上着などでそれが見えなくなる時はこれを上着に貼って下さいと、専用のシールを渡されたので、ビビディ・バビディ・ブティック利用のプリンセスと、完全持込プリンセスとはキャスト達が区別しているようだ。
持込衣裳のプリンセスドレスで行った時とは明らかにプリンセス扱いのレベルが違っていた。

ドレスや靴、メイクアップの内容とサービス、そしてパークでの子供を喜ばせるサービスもセットされていると考えると、キャリッジコース2万円強の値段設定は妥当かと思う。
子供の時に一度きりならいいんじゃないかな。


スポンサーリンク


関連情報を含む記事

ビビディ・バビディ・ブティック (TDR)」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: ディズニーランドホテル (TDR) | パパと娘の世界二人旅・The world travel of a papa and daughter

  2. ピンバック: ビビディ・バビディ・ブティック (アメリカと日本の相違点) | パパと娘の世界二人旅・The world travel of a papa and daughter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>