タグ別アーカイブ: Harbor Blvd

ハーバーブルバード沿いのホテル (アナハイム)


カリフォルニア・ディズニー・リゾートに行くなら、もちろんディズニー直営ホテルへの宿泊は便利だし、いずれのホテルにもキャラブレ等があるのでお薦めだ。
しかしとても高い。東京ディズニーリゾートの直営ホテル並の料金だ。
高いと感じる最大の要因は、アクセスの面では直営と見劣りしない低料金のホテルが周辺に多い事も原因の一つ。

オーランドではWDW敷地内にある直営リゾートと、その他のホテルでは利便性に圧倒的な違いがあるので、WDWで遊ぶなら迷い無く直営をお薦めするし、東京ディズニー・リゾートも直営とオフィシャル以外は利便性で大きな差がある。
しかしアナハイムに限ってはもっとも大事な距離という面では大差が無いか、場所によっては直営よりも近いホテルが存在する。

低料金のホテルが多く建っているのがハーバーブルバード(Harbor Blvd)という通り。
この通りに面して観光客向けの飲食店やホテルが建ち並んでいる。
ディズニー・リゾートの入り口もこの通りに面しているので、ディズニーの入り口付近のホテルを選べば、直営のディズニーランド・ホテルやパラダイス・ピアホテルよりもパークに近かったりする。直営の中ではグランド・カリフォルニアンが唯一、アクセス面で一番優れているので、グランド・カリフォルニアンに泊まれる予算があるなら、直営のサービスにアクセスの利便性もダントツなので、他のホテルを検討する必要は無い。

パークビューイン

私達が宿泊したのはパークビューイン。クリスマスシーズンでも朝食付きで1泊110ドルほどだった。(さすがにクリスマス前日からは50ドルほどプラス)

さて、ハーバーブルバードに立ち並ぶ数多いホテルの中でどこがお薦めなのか。
私達はディズニー入り口の真正面に位置するパークビューインを選んだが、この位置にはベストウェスタン パーク プレイス イン & ミニ スイーツというホテルもある。
ディズニー・リゾートと空港を結ぶディズニーランド・リゾート・エクスプレスというバスのバス停がベストウェスタン パーク プレイス イン & ミニ スイーツの真正面なのでとても便利だと思う。(パークビューインまでも十数メートルだが)
パークまでの距離という意味ではこの二件だが、さほど遠くない距離にもたくさんのホテルがある。平均的な宿泊料金と共に列記すると、以下の通り。

  • パークビューイン(99 USD – 179 USD)
  • ベストウェスタン パーク プレイス イン & ミニ スイーツ(148 USD – 208 USD)
  • ベスト ウエスタン アナハイム イン(153 USD – 191 USD)
  • アナハイム デザート イン & スイーツ(120 USD – 320 USD)
  • トロピカーナ イン アンド スイーツ(134 USD – 207 USD)
  • アナハイム キャメロット イン & スイーツ(137 USD – 266 USD)
  • カルーセル イン & スイーツ(148 USD – 265 USD)
  • ラマダ メインゲート – アット ザ パーク(127 USD – 249 USD)
  • キャッスル イン アンド スイーツ(122 USD – 279 USD)

以上のホテルはどこを選んでもディズニーまでとても近いと感じる位置にある。
いずれもエコノミーなホテルなので高級ホテルの様なサービスは期待できないが、朝食付きであったり、かなり広い部屋を提供していたりと、独自のアピールポイントをそれぞれ持っている。

パークビューインの朝食

朝食サービスは多くのホテルで行っている。メニューはそれほどではないが、朝はとりあえずで十分という人なら食費も節約出来る。

パークまでのアクセスという意味では上記のホテルに劣るが、キャンディ ケーン イン ホテル(85 USD – 179 USD)というホテルも人気が高い。ハーバーブルバード沿いではあるが、ディズニーの入り口まで徒歩15分ほどかかる。無料のシャトルバスも出しているので、この距離さえ気にならなければ、界隈の同クラスホテルの中では最も評判の良いホテルだ。
至近にセブンイレブンがあるので、買い物には便利。

ホテル価格は時期によって大きく変わるので一概には言えないが、ほとんどの時期でディズニー直営ホテルの半額、もしくはそれ以下で泊まれるホテルが、至近距離にこれだけ多く存在するのはアナハイムのディズニーだけだ。
旅費を安く抑えたいという場合には、ハーバーブルバード沿いのホテルを検討するのがいいと思う。


アナハイム滞在時に行きやすいスーパー


アナハイムにあるカリフォルニアディズニーリゾート。
この付近への宿泊であればショッピングスポットはまずダウンタウンディズニー。土産物の買い物にはいい場所だが、飲料やスナック、日用品を買える様な店はない。
もちろん各ホテルのショップはあるが、例によってとてもお高いし、品揃えはいいとは言えない。

徒歩圏にアナハイムガーデンウォークというちょっとしたショッピングモールもあるのだが、ここも日用品の買い出しには適さない。どちらかと言えばレストラン利用に出掛ける場所だ。

徒歩で行ける範囲で日用品や飲食物の購入が出来る(安く)場所はハーバーブルバードとウェストカテラアベニューの角にあるセブンイレブンしかない。

611 West Katella Avenue<br /> Anaheim, CA 92802

数日ホテルで過ごす分だけの買い物ならこのセブンイレブンでも十分かもしれないが、アメリカらしい大型スーパーでの買い物を楽しみたければ最も近いのはターゲットになる。
ディズニーランドの入り口付近からだと、歩いて行ける距離では無いが、ハーバーブルバードをバスでまっすぐ10分ほど南下するだけですぐに行ける。

行きのバスはハーバーブルバードのディズニーリゾート入り口側からMTA(バス)の43番に乗ればいい。まっすぐ南下してチャップマンアベニューという通りを過ぎたらすぐがターゲットのバス停だ。

アナハイムのターゲット バス停

ターゲット前のバス停

行きはターゲットの反対側の車線に着くので、横断歩道を渡れば到着だ。帰りはターゲット側から北に向かう43番でディズニーリゾート入り口付近まで戻れる。
移動の際の治安は日中なら全く問題は無い。ターゲットの前のバス停も昼間は利用者が多いと思うので不安はないはずだ。

12112 Harbor Blvd<br /> Garden Grove, CA 92840

ターゲットと隣接して99セントショップもある。
日本の100均に比べるとかなり品物は低レベル。お菓子や飲料もあるが、本当に口にしていいのかと迷う様なものが並んでいる。カップ麺などもあるので話の種に買ってみるのはいいかもしれない。
更に近くにリカーショップ(酒屋)もある。

まあアルコール類も含めて大概のものはターゲットで手に入ると思う。
というわけで、アナハイムでの買い出しは簡単に行けるターゲットがお薦め。


キャラクターダイニング/食事(アナハイム)


滞在中に行ったキャラクターダイニングは以下の通り。もちろん全て予約して行きました。

アリエルズ・グロット(Ariels Grotto)
カリフォルニアアドベンチャーにあるプリンセス達に会えるレストラン。名前からも分かるとおりメインのプリンセスはアリエルで、入店の際にブルーのドレス姿(人魚の姿では無い)のアリエルと一緒に写真撮影。その写真は後で台紙に入れてテーブルに持ってきてくれる。
食事はよくあるブッフェではなくセットされているパンやフルーツ、野菜以外に好きなメインを一種類選ぶスタイル。
衛士がファンファーレを奏でるとプリンセス達が登場し、各テーブルを廻ってくれる。登場するのは白雪姫、シンデレラ、ベル、オーロラ。
ここは終日キャラクターダイニングをやってます。

アナハイム旅行

カリフォルニアアドベンチャー唯一のキャラダイ

プラザイン(Plaza Inn)
東京ディズニーランドにもあるプーさん達に会えるレストラン。食事はブッフェでキャラクターは朝食のみ登場。
私達が行ったときはチップとデール、グーフィーの息子のマックス、メリー・ポピンズのペンギンもテーブルにやって来ました。食事を終えてテラスに出るとテラス席をアリスの時計ウサギが廻っていましたので写真とサインをお願いしました。待っていれば屋内の席にも廻ってきてくれるキャラクターだったのかどうかは不明。

アナハイム旅行

この旅でサイン帳2冊が埋まりました

ディズニーPCHグリル(Disney’s PCH Grill)
パラダイス・ピア・ホテルの中にあるレストラン。食事はブッフェでキャラクターは朝食のみ登場。
キャラクターはスティッチ、ミッキー、ミニー、プルート、デイジー。子供達とのダンスタイムが約30分おきにあって、キャラクター達と踊れます。

アナハイム旅行

子供達が踊り出すと周囲はカメラを持った親だらけになるのは日米共通

ストーリーテラー・カフェ(Storytellers Cafe)
グランド・カリフォルニアン・ホテルの中にあるレストラン。食事はブッフェか単品メニューかを選択可能でキャラクターは朝食のみ登場。キャラクターはチップとデール、ブラザー・ベアのキナイとコーダ、そしてポカホンタスのあらいぐま、ミーコ。
子供達とキャラクター達との行進タイムがあって、それに参加すると記念のカンバッジをくれます。

アナハイム旅行

ここのキャラはサービス満点でした

グーフィーズキッチン(Goofy’s Kitchen)
ディズニーランドホテルの中にあるレストラン。食事はブッフェで終日キャラクターダイニングをやってます。雰囲気としては東京やオーランドのシェフ・ミッキー。ですがミッキーはいません。名前の通りグーフィーがシェフの店で、他にミニーとプルート、白雪姫がいました。
ここは予約して行ったのに他のレストランよりもかなり待ち時間が長かった上に、二人だったせいなのか何なのか、他のテーブルよりもかなり薄暗い位置にある小さなテーブルに案内されました。そして何故か明らかに他のテーブルよりもキャラが来ません。ミニーとグーフィーは他のテーブルは廻るのに、私達のテーブルには一切来ずでした。たまたまなのでしょうがそういうわけでちょっと残念な印象でした…。

これらのキャラクターダイニングは事前の情報と登場キャラクターが違っていたりしましたので、行く時期等のタイミングで変更もあるのかもしれません。

ディズニーのキャラクターダイニング以外では主に軽食で済ませていましたが、いくつかを紹介すると、まずパーク内ではいずれもカリフォルニア・アドベンチャーですが、Pacific Wharfエリアにあるパシフィック・ワーク・カフェ(Pacific Wharf Cafe)のクラムチャウダーはサワーブレッドをくり抜いた(ブレッド・ボウル)中に濃厚で熱々のクラムチャウダーが入っているというもので、とても美味しかったです。

アナハイム旅行

かなりボリュームあります

同じくPacific Wharfエリアにあるラッキー・フォーチュン・クッカリー(Lucky Fortune Cookery)には所謂丼物、ライスボウルがあります。チキンかビーフ、そして豆腐のいずれかの具を選び、スパイシー・コリア(韓国風)やカレー、テリヤキといったフレーバーを選ぶと、その組み合わせでライスの上に入れてくれるというファストフードです。もちろんフォーチュンクッキー付き。

アナハイム旅行

ライスはアメリカン中華でよく使われるパサパサのもの

あと、ソアリンの近く、飛行機が目印のテイスト・パイロット・グリル(Taste Pilots’ Grill)のハンバーガーも美味でした。バーガーを注文すると、そのバーガーに好きなだけ野菜を自分でトッピング出来ます。レタスやオニオンスライス、トマトを大量に挟んで食べるバーガーはとても美味しかった。こぼれた野菜はサラダとしていただけますし。

アナハイム旅行

カリフォルニアアドベンチャーでは酒類もあります

ダウンタウンディズニーのラ・ブレア・ベーカリー・カフェ(La Brea Bakery Cafe)でテイクアウト出来るボリュームのあるサンドウィッチ、有機野菜のみを使ってるというサラダも有名で、パークで遅くまで遊んだ後、ホテルに戻る前に買って帰ったり、テラス席で食べたりしました。

同じくダウンタウンディズニーのネイプルズ・リストランテ&ピッツェリア(Naples Ristorante e Pizzeria)のピザもテイクアウトをホテルに持ち帰って食べましたが、美味しかったです。アメリカのピザは1ピースがとても大きいので十分な食事になります。

ディズニー以外ではハーバーブルバードのI HOPやマクドナルド、そしてガーデンウォークにあるチーズケーキファクトリーで食事をしました。
I HOPは全米どこにでもあるファミレスで、パンケーキにオカズというスタイルがメインです。スタンダードなのはパンケーキにカリカリベーコン、お好みの卵料理というもの。

アナハイム旅行

パンケーキセットのスタンダードなもの

マクドナルドは日本でもおなじみのメニューもありますが、アメリカでは定番のアンガスビーフバーガーが美味しいです。肉の味が普通のマックのバーガーとはまるで違います。なぜこれを日本ではメニューに加えないのか不思議です。あと、アメリカのマックではセット(コンボと言う)の飲み物は空のカップを渡されます。これにドリンクサーバーでお好みのソフトドリンクを自分で入れる仕組みですので、飲み放題です。(マックだけではなく、多くのバーガーチェーンでこのシステムですので、ソーダ類と言われるソフトドリンクは飲み放題が一般的な様です。ジュースは100パーセント果汁だけを意味しているのでソーダ類とは区別されます)

アナハイム旅行

厚めにカットされたトマトも入ってる

チーズケーキファクトリーは全米何処で食べても安心出来るレストランチェーンですが、全般的に味付けがやや濃いです(私には)。ただ、高級イタリアンレストランではない店でちゃんと歯応えのあるパスタを提供してくれるのはここくらいですので、あればつい行ってしまう店です。ウェイター、ウェイトレスも何処のチーズケーキファクトリーでも親切でフレンドリーという印象もあります。