タグ別アーカイブ: 飛行機

アメリカン航空でラスベガスへ[ベガス・ロス旅行記01]


今回の飛行機はアメリカン航空。(JALとの共同運航便)
行きは羽田発で帰りは成田着。同一空港の発着便にしたかったが、このパターンが格安だったため、値段を優先。予約時の詳細は準備編を参照。

日系に比べて評判の良くない米系だが、よほどのトラブルにでも見舞われない限り、特に問題があるわけではないので、サービスの良し悪しなどには拘らない。太平洋路線の機材はボーイング787-9型でJALよりも新しい飛行機だし。
787-9は加湿器が標準装備なので、従来の様な飛行機特有の乾燥が軽減されたり、窓のブラインドが電子式(ボタンで窓の光線透過率が変化する)だったりする。

飛行機は定刻よりもやや早く出発。(飛行機の出発時間とはゲートを離れる時間)。
ロサンゼルスまでは約10時間のフライト。
機内食はとても平均的なもの。シート備え付けのプライベートモニターでの映画は充実しているが、洋画は日本語(字幕や吹き替え)に対応している作品がやや少ない印象。
ちなみにエコノミーでも各シートにUSB電源を備えているので、スマホやタブレットの充電が出来る。

飛行機はほぼ定刻にロサンゼルス国際空港(LAX)に到着。
アメリカン航空はターミナル4に着くが、入国審査はトムブラッドレー国際線ターミナルで行うので、バスでターミナルを移動させられる。バスは十分な台数が稼働しているが、この移動にはやや時間を取られる。が、いつも酷く時間をとられるLAXでの入国審査が今回は嘘の様にスムーズ。ほとんどの乗客がAPC(機械による自動入国審査)を使う様になった為かと思うが、タイミングが良かったせいかもしれない。
とにかく過去に10回以上LAXでの入国審査を経験していると思うが、これまで経験したこともない短時間での通過だったことは確か。

ラスベガス行きのアメリカン航空への乗り継ぎもとてもスムーズ。
入国審査と荷物の受け取り、税関審査を終えたら、ターミナル4に移動するわけだが、嘗てはトムブラッドレーから他のターミナルへは一度外に出て、徒歩かバスで移動し、再度保安検査を通る…といった手間があったが、現在、トムブラッドレーの隣のターミナル4には外に出ること無く、屋内(エアサイド)の専用通路(ターミナルコネクター)で簡単に移動が出来る。
もちろんラスベガスまでの搭乗券を既に持っている必要があるが、通しで買っていれば(国際線と国内線を別々に購入したりしていなければ)日本を出発する際に国内線の搭乗券も発券されているはず。もし搭乗券が無ければ以前同様いったん外に出て移動し、各航空会社のカウンターで搭乗手続きが必要になってしまう。

ターミナル4への移動

税関を出たら、この図の紫の点線に沿って移動すると屋内移動が出来る。税関を出たらすぐの荷物の再預けを忘れない様に。

まず税関を出たら間違えて外に出ないよう、右手の荷物の再預けカウンターへ。預ける荷物にも既に最終目的地までのタグが付いているはずなので、係員がそれを見てベルトコンベアに乗せてくれる。(税関審査の為に一度預けた荷物は引き取っているので再預けが必要)
そうしたらそのままターミナル4に移動する乗り継ぎ客専用通路へ。乗り継ぎ客専用の保安検査があるが、ここを利用する人の数は少ないので、アメリカの厳しい検査もあっと言う間に通過できる。
(ちなみに現在、米国内での保安検査では靴を必ず脱ぐ必要があるので、脱ぎ履きしやすい靴で搭乗した方が良い)

保安検査が終われば通路を更に進み、ターミナル4の搭乗ゲートに出られる。隣とはいえ大きな空港なので徒歩で5〜7分程度かかる。この専用通路(ターミナルコネクター)はターミナル4からターミナル8まで現在繋がっているとのことで、ターミナル4〜8の利用者は同じ方法で乗り継ぎが出来る。しかしターミナル8まではかなりの距離なので、歩くのはちょっとしんどいと思う…。

ターミナル移動

トムブラッドレーからターミナル8にかけて、Terminal connectorと書かれているのが専用の屋内通路。

アメリカン航空が使うターミナル4はあまり時間を潰せるような施設がないので、施設(レストランやショップ)が充実しているトムブラッドレー国際線ターミナルに戻って時間を潰すことにした。
先程使った専用通路を逆に戻ればいいだけ。(途中の保安検査はパスしてターミナルだけを移動出来る様になっている)
トムブラッドレー国際線ターミナルはショップや飲食施設が充実しているが、DFS(免税店)は帰国時しか使えないので注意。(もし帰国時の乗り継ぎにも余裕があれば、ここまで歩いてきてここのDFSで買い物をすることも出来る)
更に喫煙者にとって有難い喫煙所がトムブラッドレー国際線ターミナルには存在する。普通米国の空港ではターミナル内に喫煙所は一切無いので、貴重な存在。もちろん屋外になるが、フードコートを奥に行った辺りに喫煙スペースのある屋外に出られるドアがある。もちろん灰皿も用意されている。ここ以外にはLAXのターミナル内に喫煙所は存在しない。(またこの後の旅行記でも触れると思うが、ラスベガスのマッカラン国際空港はターミナル内に喫煙出来る場所が多く存在する、米国内では特種な空港)

余裕を持ってターミナル4に戻り、ラスベガス行きの便に搭乗。
ロスからラスベガスまでは約1時間10分ほどのフライト。

アメリカン航空はラスベガスのマッカラン国際空港、ターミナル1に到着。
ホテルまではUberかLyftを考えていたが、こられの乗り場は空港の駐車場ビル内と、ちょっと移動がしんどかったのでタクシーを利用。
ラスベガスは空港とホテル街がかなり近いので、タクシーを使ってもUberやLyftと大きな金額差にはならないはず。しかも我々が泊まるエクスカリバーは中でも空港に近いホテルなので。




ラスベガス・ロス(ハリウッド、ユニバーサル、ディズニー)準備編05


現地でのツアーと移動手段を検討

2週間の旅行期間のうち、前半のラスベガスではグランドキャニオンへの現地ツアーを利用する。
グランドキャニオンへは過去2回行っているが、いずれもセスナ機を使ってラスベガスからグランドキャニオンのあるフラッグスタッフまで移動し、そこからはグランドキャニオン国立公園内をバスツアー、そして又セスナ機でラスベガスに帰って来るという、定番のツアーを利用した。
飛行機を使ったツアーの利点はツアー時間が短いこと。午前中のツアーなら午後早めにラスベガスに戻れるので、時間を有効に使える。
デメリットは高額なことと、飛行機が揺れやすいこと。天候にもよるが小型のセスナ機は普段乗っている旅客用のジェット機とは比べものにならない揺れ方をすることが多く、ただでさえ飛行機に弱い娘には向かない。

ということで今回は陸路でのツアーを選択。ラスベガスとグランドキャニオンは東京、大阪間くらいの距離があるので、車での移動は時間がかかる(基本的に早朝出発でから夜帰着)が、利点は安いことと、途中、多くのツアーがルート66と、そのゆかりの地、セリグマンへの立ち寄り休憩を組み入れているので、ルート66に興味があればそれも同時に楽しめる事。
陸路ツアーも幾つかあるが、移動時間の長さから安心の日本語対応ツアーを選択。(英語ツアーの方がやはり安い)いつも通りベルトラを通して手配した。

セリグマン

セリグマンはピクサーのカーズの舞台となった辺り。ルート66グッズを扱う土産物屋もある。

ラスベガス内での移動はストリップ(ラスベガスの目抜き通り)での移動が主になるので、基本的にモノレールとバス(DEUCEとSDX)を使い、あとはUberやLyft(Uber同様のライドシェアシステム)を使えば問題無し。空港ホテル間はタクシーかUber(もしくはLyft)を考えている。

rideshare

ラスベガスのホテルでもウーバー、リフトの専用乗り場が設置されてきた。タクシー乗り場よりもやや不便な場所だったりするらしいが、専用の場所を設けなければならないほど、無視出来ない存在になったきたということだろう。

ロサンゼルスではハリウッド滞在中にオルベラ街(ユニオンステーション近くのメキシコ人街)と、グリフィス天文台、サンタモニカに行きたいと思っている。
ユニバーサルスタジオはメトロ(地下鉄)のレッドラインで一駅なので、それを使って行くが、あとをどうするか?
いずれもメトロやバスで行ける場所ではあるが、ハリウッドには2泊しかしないし、一日はユニバーサルスタジオに使うのであまり時間的な余裕が無い。(ユニバーサルスタジオのチケットは公式サイトから入手済みで、公式サイトでの購入特典として一般開園時間の1時間前にハリーポッター・エリアに入れるアーリーエントリーが付く)

ユニバーサルスタジオ ハリウッド チケット

公式サイトで購入したハリーポッターのアーリーエントリー付きチケット。自宅でプリントアウトしたものがそのまま使えるタイプで、窓口での交換等は不要。

まずオルベラ街はメトロのレッドラインで約20分の乗車時間で乗換無しで行ける事が分かったので、メトロで行くことにする。
グリフィス天文台とサンタモニカは両方に連れて行ってくれる現地ツアーがあったのだが、ハリウッドからの参加だと追加料金(ダウンタウン発着が基本)がかかる上にピックアップ(集合時間)が早すぎて効率的ではない。
グリフィス天文台はメトロとDASH(バス)、サンタモニカはメトロの乗り継ぎで行けるが、やや時間がかかる。(ハリウッドからサンタモニカまで約60分強の乗車時間)
時間を有効に使うことと、かかる移動費のバランスを考えればUber(もしくはLyft)を使うのがベストというのが結論。(高額になる可能性が高いタクシーは考えられない)

ちなみにロサンゼルス空港(LAX)からハリウッドのホテルまでと、ハリウッドのホテルからアナハイムのホテルまでもUber(もしくはLyft)を使う予定。

rideshare

空港にもウーバーやリフトの専用乗降所が設置されている。LAXの場合、出発階の外側にターミナル毎にアルファベットで専用の場所がある。車との待ち合わせはそのアルファベットで指定。

アナハイムでは連日ディスニーランドとカリフォルニアアドベンチャーへの往復となるが、これは徒歩かART(観光客向けのバス)になる。泊まるホテルからパークまではARTの複数路線(行きは5路線、帰りは4路線)が使えるので、かなり便利に使えると予想し、ARTの5日間パスを購入予定。

最終日、アナハイムからロサンゼルス空港(LAX)までの移動は最も安く行けるスーパーシャトル(乗り合いの空港シャトルバス)を手配した。
スーパーシャトルと言えば以前はアメリカで空港、ホテル間を安く移動するための定番だったが、最近ではUberが定番となり、かなり苦戦しているものと思われる。(タクシーはもっと苦戦だろう)
その為かスーパーシャトルもネット予約のシステムがかなり便利になっていて、予約はもちろんのこと、チップを含めた料金をサイト(もしくはアプリ)からクレジットカードで支払えるようになっていた。

空港、アナハイム間の移動と言えばディズニーリゾートエクスプレス(Disneyland Resort Express)を利用する人もいると思う(前回のアナハイム旅行では利用した)が、あまりお薦め出来ない。
まず本数が少なすぎるので、タイミング次第ではかなり無駄な時間を要してしまう。
そして料金もけして安いとは言えない。強いてディズニーリゾートエクスプレス利用がお薦め出来るとすれば、空港から直行してくれるディズニー直営ホテルの宿泊者くらいだと思う。

ということで今回の旅行ではUberやLyftといったライドシェアシステムが移動の要となる。実際の使い心地等は旅行記本編で書きたいと思っている。




ラスベガス・ロス(ハリウッド、ユニバーサル、ディズニー)準備編01


ラスベガス、ロサンゼルス往復航空券の手配

今年の夏休みは約14年振りのラスベガス、ロサンゼルスと約7年振りのアナハイムのカリフォルニア・ディズニーリゾートに決定。
ラスベガスは娘が21歳(アメリカで酒とカジノが解禁される年齢)になってからと思っていたが、ショーやアトラクションだけでも十分に楽しめると思うので(実際、十分に楽しめたという旅行記も多いので)計画を前倒し。

ということでいつも通り航空券の手配から開始。

JAL(日本航空)、ANA(全日空)、デルタ航空とざっと夏休み中の料金を調べたが、やはり夏休みは総じて高い。平均的にロス乗り継ぎのベガス行きエコノミー往復(ロスでストップオーバー)で一人20万(燃油サーチャージや各種税金等も含んだ総額)前後が相場。娘(13歳)も大人料金なので約40万はかかる。
そんな中、JALで一人86,540円(もちろん総額)という格安チケットを発見。二人で173,080円は夏休みの時期としてはかなり安い。もちろん出発日と帰国日は限定されるが、7月末出発で8月2週目に帰国と、悪くない日程。他にもこの料金になる出発日と帰国日の組み合わせが数日あったが、旅行期間が短すぎと長過ぎで、ちょうど良いのが現地14泊となる今回購入する事にしたパターン。
しかしそこは訳ありで、JALで発券購入するが飛行機はアメリカン航空(AA)とのコードシェア便で、機材はアメリカン航空。(ちなみにアメリカン航空のサイトでも同一便で料金を調べたが、何故かJALで購入した方が断然安かった)行きが羽田発で帰国が成田着。
そしてアメリカン航空はチケット購入後にしか座席の確認予約が出来ない。(空席のシートマップが見られない)
とまあ、いくつか問題はあるものの、料金的には他ではあり得ないほど魅力的なので、迷わず購入。もちろんチケットのクラスは変更も払い戻しも不可という、何よりも安いチケットを優先する場合に飲まなければならない厳しい条件のもの。(まあ、いつも似た様な条件のを買っているので了解しているが、変更不可はよくあるとして、払い戻しも一切不可はかなり厳しい。一人3万円ほどの払い戻し手数料を払えばキャンセル出来るというのが多い)

JALとAA

JALとAAは同じoneworldアライアンスでコードシェア便を多く飛ばしている。マイルはどちらの便に乗っても希望の航空会社の方のマイルを貯められる。

余談だが、911前の燃油サーチャージだの何だのが無かった時代が懐かしい。その頃はラスベガス往復がオフシーズンなら5万円以下なんてチケットがたくさんあって、空港使用料や税金等、数千円を足しただけの金額で何度も往復出来ていた記憶がある…。海外旅行好きには夢の様な時代。

今回のチケットの旅程は羽田発、ロス乗り継ぎ(乗り継ぎ時間は約3時間)で同日午後にラスベガス着。1週間ベガスに滞在し、ロスへ移動、ロスで1週間滞在(ストップオーバー)して成田に帰国というもの。
乗り継ぎ便の場合(現在日本からラスベガスへの直行便はないので必ず乗り継ぎ便になる)、乗り継ぎでのストップオーバー(同日に乗り継ぎをせずに乗り継ぎ地で何日か滞在すること)は一回に限り、無料(追加料金無し)で行えるのが一般的。これは格安航空券でも変わらない。
ラスベガスへの乗り継ぎ地としてはロサンゼルスが一般的だが、他にサンフランシスコやシアトルなんてのもある。この2ヵ所ならロスで乗り継ぐのとさほど変わらない時間でラスベガスに行ける。が、もちろん乗り継ぎ時間による。2、3時間の乗り継ぎ時間なら良いが、4時間以上も空いてしまう様な時間設定がされてるとかなり時間の無駄になる。

さて、問題は座席の確保。我が家は娘の希望で必ず窓際を押さえるのだが、今回は購入前にその座席を確保出来るか確認出来ていない。窓際2席のみ(3人席でない)の座席配列がベストだが、今回は使用機材から窓際は全て3人がけとなることは確認済み。なのでそれは仕方ない。

航空券を購入後はJALの予約確認ページから座席指定が出来るはずなのだが、シートマップを見ながら座席指定が可能なのは乗り継ぎを含めた全4回のフライトのうち、行きの2便(羽田〜ロス、ロスからベガス)だけで、ベガスからロスは窓際か通路側かというリクエストのみ、帰国便は座席指定不可と表示され、リクエストすら出来ない状態。
ベガスからロスの国内便がリクエストのみなる理由はこの便だけJALの便名がない(コードシェアではない純粋なアメリカン航空の便)からと推察される。が、帰国便にはちゃんとJALの便名が付いているので何故座席指定不可なのか理由が分からない。
更に、シートマップが表示される行きの便も空席を指定してもエラーとなってしまう…。

なので、オーランドにANAで行った際に、国内線部分のユナイテッドの座席指定を行った時と同じワザを使ってみた。JALで貰った予約番号を使い、アメリカン航空のサイトから座席指定を試みる。
と、なんとアメリカン航空は窓際や通路側の事前確保は有料と分かる。
後方であれば無料で指定出来る窓際席、通路側席もあるのだが、無料部分は満席で窓際は有料の席しか空いていない…。
仕方なく90ドル程を払って窓際確保。その隣の席は窓際でも通路側でもない真ん中席なので無料。
思わぬ出費ではあるが、元々格安なチケットなのでまあ、我慢出来る値段。
国内線の方は後方の無料で指定出来る部分に窓際がまだあったので、そこを確保。
しかし、帰国便はJALのサイト同様、何故かシートマップすら表示されず…。
ということで最後の1便だけが座席を指定出来ない状態に。

アメリカン航空にはアメリカン航空での予約番号があるのでそれを控えておき、以降はその予約番号(と、予約代表者の氏名で予約確認ページにアクセス出来る)を使い、定期的にアメリカン航空のサイトでシートマップの表示を確認してみることにした。
ちなみにJALの予約確認ページでもアメリカン航空のサイトで行った座席指定が即時に反映されて、座席番号が表示されていた。

しかし、待てど暮らせど最後の1便のシートマップが表示されるようにはならず、アメリカン航空に電話で問い合わせをしてみた。
オペレーター曰く「シートマップが表示されない理由は不明、表示されない以上、こちらではどうにも出来ないが、最も安いクラスのチケットだからではないか?売ったのはJALなので、JALに問い合わせた方がいい」とのこと。なのでJALに問い合わせ。
JALのオペレーターはなぜこの便だけ座席指定が出来ないのか、理由を調べて電話をくれるとのことで、問い合わせから数時間で電話がかかってきた。曰く「機材変更の可能性がある為にシートマップを表示していないと思われ、数日待てばシートマップが公開され、指定可能になる」とのこと。
であれば何故アメリカン航空側でそれが分からなかったのか疑問だが、そこはきっと日系と米系のサービスの差と理解しておくことにする。実際、やはりJALの対応は丁寧だと思う。(問い合わせの電話がなかなか繋がらないことで有名な点に目を瞑れば)

数日で…と言われて毎日チェック(アメリカン航空の予約確認ページを)していたが、1週間経っても2週間経っても一向にダメ。が、出発まで1ヶ月半前となった頃、突如シートマップが公開された。
そして後方の無料で指定出来る窓際席も確保出来る状態だったので、速攻で指定。
これで無事、全便の座席指定が完了した。
この便の座席指定が可能になるのを待っていた人は多いようで、翌日には窓際や通路側は有料部分も含めてほぼ満席(指定済み)になっていたので、毎日チェックしたのは正解だったと思う。

アメリカン航空シートマップ

このシートマップだと28列より前の窓際、通路側が有料。それより後ろが無料。ちなみに35列目の窓際が赤になっているのは、窓が塞がれているから。窓際を予約したのに窓が無いという事も有り得るので、事前の確認は重要。

そして恒例のフライト変更も数回。やはり米系航空会社の時間変更はオーランドに行った時のユナイテッド同様、日系に比べて頻繁なのだと思う。
そりゃないよ…という様な大きなフライト変更は無かったが、ベガスからロスへのフライトが朝10時代から6時代に変更になったのが一番キツい。この移動日は午前3時には起床しなきゃならなくなったが、ロスにその分早く着くので、観光する時間が増えたと納得するしかあるまい。
(あまりに酷いとJALに訴えれば遅い便に変えてくれる可能性もゼロではないが、その後の便が今度は希望より遅すぎることは確認済みなので了承するしかない)

ということで格安らしい苦労もあったが、飛行機は無事手配を完了したので、今度はホテル。
ラスベガス7泊とロス(ハリウッド)2泊、ディズニーのあるアナハイム(ロス市内から車で1時間ほど)に5泊、計14泊分を手配する。