タグ別アーカイブ: 観光

オーランド市内の観光ポイントの位置と距離


オーランドに旅行する日本人旅行者の大半はウォルト・ディズニー・ワールドのみか、そこを中心とした滞在になると思う。
WDWの外に出るとすれば、観光スポットならシーワールドとユニバーサルスタジオ(と、アイランズ・オブ・アドベンチャー)、ケネディズペースセンターくらいだろう。
そしてモールやアウトレット、大型スーパー等だろうか。

まずケネディズペースセンターのあるケープカナベラルまではかなり距離があるので、レンタカーを持たないならツアーで行くのが現実的だろう。
それ以外はそれほど遠くない場所に点在しているスポットなので、ツアー等を使わず、自力で行くことも十分可能だ。
現地旅行会社(日本の大手旅行社が扱っているオプショナルツアーも現地旅行会社の商品だ)のツアーで行けば手間がかからないが、デメリットとしては自力で行くよりも割高になることと、時間の融通がきかないことだ。

自力で行く場合、レンタカーを借りられるなら、自由にどこにでも行けるので問題ないが、車が無い場合は公共交通機関かタクシーになる。
公共交通機関はLYNXというバスか、観光トロリーのI-RIDEしかない。

WDWからという前提で考えると、バスで行くのならせいぜいシーワールドくらいだろうか。
というのも、シーワールド以外に行くためには乗り換えが必要になってしまい、手間と時間を考えると、観光客向けとは思えない。
WDWからは、ダウンタウンディズニー(ディズニースプリングス)かTTCからLYNXに乗車出来る。どちらから乗ってもシーワールドまではLYNXの50番で乗り換え無しで行くことが出来るが、40〜50分の時間がかかる。
シーワールドまでLYNXで行ければ、インターナショナルドライブを南北に走るI-RIDEに乗ることも出来るので、二つのプレミアム・アウトレットのいずれにもI-RIDEで行くことが出来る。
シーワールドで朝から午後まで遊び、その後にアウトレットのいずれかに行きたいと言う場合には、I-RIDEで行けるということだが、最初からアウトレット目的ならこの方法はあまりにも時間がかかるのでお薦め出来ない。

ということで、シーワールド以外はタクシーが現実的だ。(シーワールドもタクシーならもっと早く行ける)

一口にWDWと言ってもかなり広大なので、ダウンタウンディズニー(ディズニースプリングス)辺りからの距離で言うと、まず近い順に

  1. プレミアム・アウトレット・バインランド(目の前にスーパーのパブリックス)
  2. シーワールド(アクアティカ)
  3. ユニバーサルスタジオ/アイランズ・オブ・アドベンチャー/プレミアムアウトレット・インターナショナルDr
  4. ザ・モール・アット・ミレニア

となる。ちなみにフロリダモールはユニバーサルスタジオまでの距離と同程度の距離だ。
フロリダモールはWDWからオーランド空港に向かう途中の位置にあり、空港側に近い。

オーランドのマップ

主要スポットの位置

ダウンタウンディズニー(ディズニースプリングス)からプレミアム・アウトレット・バインランドまではタクシーで渋滞無しなら10分程度で到着する。
それより先のシーワールドくらいからは高速を使う場合もある。いずれにしても渋滞さえ無ければもっとも遠いザ・モール・アット・ミレニアまででも20〜30分くらいだろう。

タクシー料金はもっとも遠いザ・モール・アット・ミレニアまででも片道50ドル(チップ込み)程度で行けるはずだ。

WDW以外の場所に行く際には、上記の距離感を頭に入れて計画すれば移動がスムーズになるはずだ。

オーランド旅行記 目次


オーランドの新名所i-drive360情報


オーランド観光の中心地、インターナショナルドライブの新名所、i-drive360が5月4日(2015)にグランドオープンした。 一部のレストラン等は夏のオープンとなるが、8月までには予定されている施設の全てがオープンするものと思われる。

観光の目玉となる3つの施設、全面ガラス張りのカプセル型観覧車、オーランド・アイ、マダムタッソー蝋人形館、水族館のシーライフ・アクアリウムはもちろんオープン済み。
中でも一番の人気になるのはオーランド・アイだろう。
全面ガラスのカプセル型観覧車と言えば、ロンドンのロンドン・アイが有名だが、ほぼ同型のもので、一度に16名までが立って乗る観覧車だ。
高さは地上120メートル、オーランドのほぼ全景が眺められ、晴れた日にはケネディ・スペースセンターも見えるはずだ。一周約16分の搭乗時間となる。
プレショーとして搭乗前にフロリダの自然をテーマにした4Dシネマを鑑賞出来る。
このプレショーも含めると約30分の所要時間になる。

オーランド・アイ

日中よりも夕刻以降が混雑すると予想されている。

料金は日時指定の前売りが18ドル、いつでも乗れるものが25ドル、エクスプレスパスの様な感じで待ち時間を短縮出来るものが32ドル(飲み物付き)となっている。
他にマダムタッソーとシーライフ・アクアリウムとのコンボチケット(3つ全てで35ドル、いずれか一つとで29ドル)等もある。
いずれのチケットも事前にオーランド・アイのサイトでオンライン購入可能だ。ゲート料金よりも割安なので、行く予定があればオンライン購入をお勧めする。
(価格は2015年5月現在のオンライン価格)

i-drive360自体の営業時間は10時〜深夜2時だが、アトラクション施設は平日が10時〜22時、土日が10時〜24時となっている。

i-drive360へのアクセスはもちろん車が便利(アトラクション利用で駐車場が無料になる)だが、レンタカーでなくても観光トロリーであるI-Rideで、インターナショナルドライブ沿いのホテルや、二ヵ所のプレミアム・アウトレットのいずれか、もしくはシーワールド等から簡単に行くことが出来る。I-Rideのノースバウンド(北行き)、サウスバウンド(南行き)のいずれでもレッドラインの17番停留所が最寄りだ。

ただ、I-Rideの運行時間は夜22時半頃までなので、遅くまでi-drive360にいる場合は注意が必要。
タクシーはレストラン等で呼んで貰える。

オーランド旅行記 目次


準備その13・ケネディ・スペースセンター予約 (オーランド)


オーランド到着の日からディズニークルーズ乗船までの間に一日空くので、ケネディ・スペースセンターに行くことに決めている。
ディズニークルーズのターミナルとケネディズペースセンターはとても近いので、同じ道を二度行き来するのは無駄な様な気もするが、クルーズ下船後、港から直接ケネディズペースセンターへ行けるツアーは催行最少人員が4人なので、催行されないケースが多いらしい。なので通常のオーランド市内からのツアーにした。これならまず間違い無く催行される。

ツアーにしたのはやはり日本語ガイドが必要だから。子供と二人でNASAの説明を聞くのに英語ではかなり辛いし、日本語のオーディオガイドとかがあるのかもしれないが、それでは物足りないだろう。
ケネディズペースセンターの日本語ツアーは宇宙やNASAに興味が無かった人までかなり感動すると評判なので、自力で行くよりは割高だが、ガイド料と思ってツアーにした。

宿泊しているのはハイアットリージェンシー・オーランドエアポート、つまり空港内のホテル。
WDWやインターナショナルドライブ辺りに比べるとぐっとケネディズペースセンターに近い。なのできっとツアーのピックアップは遅め、帰りは早めにホテルに戻れるだろう。

さて、申し込んだツアーだが、VELTRA / Alan1.net(海外現地ツアーのポータルサイト)のポイントがいくらか貯まっていたので、VELTRA / Alan1.netを通して「ケネディスペースセンター(アップクロース)観光ツアー<1日/日本語ガイド>」というのに申し込んだ。
アップクロースというのは通常のツアーよりもより多くのポイントを見学出来、発射台等にもより近づけるツアーだ。
個人で行く場合にもNASAのケネディズペースセンター見学バスに乗ると思うが、バス自体がスタンダードなものとアップクロースに分かれている。
ツアー全体としては30分ほどアップクロースの方が長くなる。そして値段は一人40ドルほど高くなる。
私は20年以上前に一度ケネディズペースセンターを訪れているが、その時は通常のツアーだったと記憶している。そしてもう二度と訪れない気がするので、ここは奮発してアップクロースにした。
ちなみに現在アップクロースの日本語ツアーは日曜と木曜のみだったので、曜日が合ってラッキーだった。

ケネディスペースセンター

スペースシャトル組み立て工場にもアップクロースでは近くまで行って見学出来る

ケネディズペースセンターの見所はたくさんあるのだが、中でも噂に高いのは退役したスペースシャトル、アトランティスの実機展示だ。
スペースシャトルなんて興味を持ったこともない…という人にまでかなりの感動を与える懲りに凝った演出と展示方法と聞いているので楽しみだ。

アトランティス

実機展示の様子。これはアップクロースでなくても観られる。

オーランド旅行記 目次