タグ別アーカイブ: 空港

シカゴ、オヘア空港で食事をする


オーランド旅行の乗り継ぎ便が度々変更され、でシカゴでの乗り継ぎ時間が4時間ほどとかなり長くなってしまった。
タイミングによっては入国審査に時間がかかるので、往路の乗り継ぎは2時間以上が必須と言われるシカゴ、オヘア空港だが、成田からの便がオンタイムで到着した場合、4時間はさすがに時間が余ると思う。
オーランドへの到着予定時刻は22時40分となってしまったので、着いた頃には食事するには遅すぎる。せっかく時間があるのだし、夕食にはいい時間なのでシカゴで夕食をとっておくのがベストだろう。オーランドに着いたらもう入浴して寝るだけにしておく。(オーランド初日は空港のハイアットなので)

シカゴへの国際線は全て入国審査場があるターミナル5に到着する。乗り継ぐユナイテッドの国内線はターミナル1になると思われる。(ターミナル1がユナイテッド専用)
ちなみに復路は成田へ向かうANAもターミナル1からの出発となる。
なので、ターミナル1での食事がベストだろうということで、ターミナル1にある飲食施設を調べてみた。

シカゴオヘア空港

国際線到着のターミナル5からターミナル1への移動は無人鉄道(ATS)を利用する

まずはギャレットポップコーン(Garrett Popcorn Shops)。これは食事とは言えないが、日本では長蛇の列だが空港内の店は手軽に買えると聞くし、ポップコーンに対する認識が変わると言われるほど美味しいらしいので寄ってみるつもり。コンコースBにある。
同じく日本にも出店しているプレッツェルのアンティ・アンズ(Auntie Anne’s Pretzels)がコンコースCにある。日本ではメニューに無いソーセージドック等もあるので、これも興味ある。

スターバックスやマクドナルドもあるが、ここは日本には無い店、もしくは日本に出店していてもなかなか行く機会の無い店に挑戦するべきだろう。ということで以下が候補。

  • Berghoff Cafe(シュニッツェル等が食べられるらしい。コンコースCにある)
  • Billy Goat Tavern and Grill(チーズバーガーが名物らしい。コンコースCにある)
  • Brioche Doree(ブリオッシュはフランスの発酵パンなので、それを使ったサンドウィッチを提供していると思われる。最近日本にも進出したらしい。コンコースCにある)
  • Chicago Style Hot Dogs(その名の通りのホットドッグ専門店。コンコースCにある)
  • Eli’s Cheesecake(これも食事とは言えないが、何やら見たこともない様々なチーズケーキが美味しそう。コンコースBにある)
  • Great American Bagel Company(ベーグルを使ったサンドウィッチがたくさんある。コンコースBにある)
  • Manchu Wok(中華のファストフード店。コンコースCにある)
  • Nuts on Clark(これもポップコーン専門店?ギャレットとどちらが美味いのか。コンコースCにある)
  • Salad Works(サラダ、サンドウィッチ等、野菜を中心としたメニュー。コンコースCにある)

以上の中から選んで夕食をとろうと思っている。これだけあれば困ることはなさそう。
ターミナル1のコンコースBとCは天井の照明が綺麗なことで有名な地下通路で結ばれていて、巨大な恐竜骨格のレプリカがあったりと、時間を潰すことが出来そうな場所なので一安心。

シカゴ空港ターミナル1地下通路

コンコースBとCを結ぶ地下通路


成田空港に車で行く場合


成田空港までのアクセスは鉄道とバスの利用が主になるが、自家用車で行きたいという人も多いだろう。荷物の運搬等を考えても車はやはり便利だ。
実際、鉄道で成田空港に行く時には重いスーツケース等は空港宅配サービスを利用して事前に送ってしまうようにしているが、車なら当日空港まで自分達で持って行っても苦にならない。

車で空港に行く場合に考えなければならないのは駐車場だ。
成田空港の駐車場に駐めてしまえればそれが一番便利なのは言うまでもないが、安くなったとはいえまだまだ高く付く。
そこで多くの旅行者は周辺の安い駐車場に駐めることになる。一旦駐車場に車を預け、そこからマイクロバス等で空港に向かうという手間はかかるが、料金を考えれば一番現実的な選択肢だ。
周辺駐車場は格安なものから屋根付き保管のやや高いものまで選り取り見取りだ。
帰国時は空港まで車を届けてくれるというサービスを行っている所もある。
格安駐車場の相場は行き帰り共にバス送迎で10日間で5千円くらいといったところだろう。
これくらいの値段なら、空港までの交通費も他の交通手段に比べて圧倒的に安くなるので、車で行く利点が大きくなる。(車を持っているならだが)

成田空港周辺駐車場

空港周辺には駐車場がたくさんあるが、事前に予約しておいた方が確実。

フライトが午前中の場合や、帰国便の到着が午後遅めの場合には駐車場無料サービスや、宿泊者への格安駐車料金を提供している周辺ホテルでの前後泊を考えるのもいい。
フライト前日の前泊か帰国時の後泊をすれば、旅行期間中車をホテルの駐車場に駐めっぱなしにしておける。ホテル空港感は専用の送迎バスを使うことになる。
駐車できる期間は2週間までに設定されている場合が多いが、その期間に収まる旅行なら検討の価値大だ。最近は無料サービスのホテルは減ってきているが、有料でも格安駐車場並の料金設定で提供しているホテルもあるので、前後泊を考えるならそういうホテルを選ぶべき。
時期やプランによっては宿泊料を含めても格安駐車場と同等の料金で収まるホテルもある。
前泊であれば空港への到着時間を気にせずに出発できるという利点もある。

自家用車での空港往復は楽だし便利ではあるが、万が一の事故や渋滞といったリスクもある。
都心や遠方から空港に向かう場合はかなり余裕を持って出発することが大切だ。
最低でも通常の所要時間プラス1時間は余裕をもった方がいいだろう。そういう意味では鉄道で行くよりも結果的に時間が必要になる場合が多い。
更に、帰国時は長時間のフライトで疲労していることも考えられる。そのまま車を運転出来るかどうかも考慮した方がいいだろう。

私の場合、2週間以内の旅行なら駐車場サービス付きのホテルに前泊か後泊で車で行く。それ以上の旅行期間の場合には成田エクスプレスを利用している。


海外旅行の荷物、スーツケース


海外旅行のスーツケースは重要なアイテム。これの良し悪しで旅行中の快適さがかなり違う。
1都市、1ホテルの旅ならそれほどでもないが、都市を移動したり、ホテルを引っ越したりする旅なら尚更。

海外の空港のバゲージクレームで流れてくるスーツケースを見ていると、日本人(日本人以外のアジア圏の人も)と欧米人でははっきりと使用しているスーツケースに違いがある。
日本人はハードタイプ(外装がポリカーボネイト等で出来てるもの)で、欧米人はソフトタイプ(外装が布製のもの)を使っている人が圧倒的に多い。
見かけよりも実用性を重視する欧米人がソフトタイプを選ぶにはそれなりの理由があると思う。

私が最初に買ったのはサムソナイトのハードタイプ。これを数年使ったが、意外にすぐ壊れてしまった。まず取っ手の部分が微妙に曲がり始め、その内ケースの上面と下面の噛み合わせがおかしくなり、閉めるのにコツが必要に。キャスターの軸も歪んできて転がしにくくなった。
特別乱暴に扱ったつもりはないが、出発空港で預けてから到着空港で受け取るまでの間にはかなり雑な扱いを受けていたと思う。半ば放り投げるような積み卸しは当たり前と聞くので、その繰り返しで具合が悪くなったのだろう。
その頃は年に一回くらいの海外旅行で、4回か5回でガタガタになってしまった。これがハードケースの平均耐用年数なのかどうかは分からないが、その後にソフトタイプに買い替えた。

海外旅行が本格的な趣味となった頃なので、ちょっと奮発してアメリカンツーリスト(今はサムソナイトに吸収されてしまった模様)というブランドの、当時で7万円もするものを買った。
外装はソフト生地だが、かなり頑丈なフレームが入っていて丈夫そうだったので即決。

それから15年以上、見た目はくたびれてしまってはいるが、まだ現役。
外装の一部に擦り切れて空いた様な穴を発見したのでこりゃダメかと思ったが、触ってみると外側の布が擦り切れてしまっただけで、その下にはまだまだ丈夫で無傷な内張があった。

スーツケース

15年位前、ベルリンのホテル。古いMacBookの下に新しいスーツケースが見える。これが今も現役。

壊れる壊れないは当たり外れや運もあるのかもしれないが、両方使ったことがある者として、ハードとソフトでは圧倒的にソフトの使い勝手がいいと言える。

ソフトの利点は以下の通り

  • 外装がソフトなので同じ容量でも実はソフトの方が圧倒的に収納力が高い。
  • 外装をナイフで切られる等と言う話があるが、カッターナイフ等では歯が立たない。ナイフ一本で切るなら、かなりの切れ味の大型ナイフと技術が必要と思える。(品質による)
  • 壊れ物(瓶類、ガラス製品等)でもタオルや衣類に巻いて中心部分に入れれば破損したことはない。精密機械はそもそも預けるスーツケースには入れてはいけない。
  • フレームが丈夫なので、側面であればハード同様に椅子代わりに座っても問題ない。(品質による)
  • 蝶番やロック機構等のデリケートな部品が少ないので壊れにくい。

デメリットは

  • デメリットと言えるかどうか分からないが、ハードタイプの素材軽量化もあり、丈夫なフレームを使ったソフトタイプの場合、ハードに比べて軽いという利点はあまり無い気がする。(物によってはソフトの方が重い)
  • 色はほぼ黒一色、ブランドが違っても外見はよく似ているので、何かしらのマークを工夫しておかないと他の人の荷物と見分けにくい。(特に欧米人の多いフライトのターンテーブルで)
  • お気に入りのステッカーが貼れない。

荷物がより多く入ることがソフトタイプのメリットと書いたが、911以降、荷物の重量制限が厳密になっているので注意。昔は超過していても「HEAVY」なんてシールを貼られてちょっと恥ずかしい思いをするだけで済むことが多かったが、今はもうダメ。(航空会社によるが大概スーツケース1個に付き、エコノミーの場合は23キロ)
私は6年前にグアムで初めて重量オーバーを指摘されて高い超過料金を払わされて以来、かなり重量には気をつけている。おかげで以降、制限を超えた事はない。
ちょっとした工夫だが、重くても小さいものは手荷物に入れる(液体はダメだが)。同行者(私なら娘)の預け入れ荷物も利用して一個当たりの重量を出来るだけ均等に分散する。空港でもし片方の荷物の重量オーバーを指摘されたら、手間無くすぐに重めの物を同行者のスーツケースに入れ替えられるようにパッキングしておく等々。
手荷物にもサイズ制限の他に、実は重量規定もあるのだが、重量を量られたことは一度もない。

もしビジネスクラスやファーストクラスに乗るなら一気に10キロくらいは制限される重量が増える事が多いので、よほどの事がない限りは特に工夫などしなくても問題ないはずだ。(更に預けられる荷物の数も増える)

航空会社によってはエコノミーでもスーツケースを一人につき2個預けられる場合がある。この場合は折り畳み式でしっかりと口の閉まるバッグ等を持って行き、帰りにお土産等が増えたらそれを使ってスーツケースと合わせて2個として預けてしまうという方法もある。(行きから一人でスーツケース2個は持ち運ぶのがキツいと思うので)

現在、アメリカとの往復便やアメリカ国内線では預け入れ荷物に鍵はかけられない。もし間違ってかけてしまうと破壊される可能性があるし、自分が誤ってロックしたのであれば破壊されたことに苦情は言えない。
ので、私は一切鍵をかけていない。スーツケースに鍵をかけるとすればホテルの部屋でスーツケースをセキュリティボックス代わりに使うときくらい。(この場合はスーツケースを更にワイヤーチェーン等で家具に固定している)
TSAロックという、かけてもいい鍵を売っているし、最近のスーツケースには最初からTSAロックが付いていると思う。私がTSAロック付きのスーツケースを持っていないというのも鍵をかけない理由だが、後付けのTSAロックも使わないのは、あまり意味が無いと思っているから。
そもそもスーツケースを開けられて盗まれるという事は、空港職員の中の不届き者の犯行であることが大半だと思う。その空港職員が開けられる鍵なんて意味が無い。
絶対に盗まれて困る物は預け入れ荷物に入れないという事に尽きると思う。
(ハードタイプでロックしないと偶発的に全開してしまうかもしれない場合はTSAロックが有効だろうけど)

幸い今まで無施錠で盗難や紛失等の問題が起きたことはない。

子連れ二人旅の私の装備は

行きにスーツケースに入っていた折りたためるバッグは、帰国時に主に衣類や壊れ物ではない重量のあるお土産を入れてスーツケースと一緒に預ける為。つまり帰りに増えてしまうお土産の収納力を上げることと、重量制限対策。

手荷物をバックパックにしているのは、私の場合カメラを数台とノートPCが必需品なので、収納力が必要なことと、帰りに重量制限対策で多少の余分な物でも入るように。重い物を普通のショルダーや手提げで持つのは大変。それと、アメリカで徒歩でスーパー等に買い物に行く際には中身を空にして持って行って、買い物を詰めるため。これも飲料等を買うと重くて手提げのエコバッグやスーパーの袋では無理。空のキャリーバッグでもいいのだが、ガラガラとキャリーバッグを引っ張ってスーパーで買い物をするよりはリュックの方が恥ずかしくないという個人的理由。(レンタカーを使う時はそんなことはしないけど)

娘のキャリーバッグには基本的に娘の身の回り品やゲーム、宿題等。
娘がもう少し大きくなって、大き目のスーツケースでも自分で運べるようになったら、私の荷物はもう少し減らせるかも。

以上、あくまでも私の場合ですが、ご参考までに。