タグ別アーカイブ: 準備

WDWのマジックバンド


フロリダのウォルトディズニーワールド(WDW)で運用されているマジックバンドという優れものの腕輪。
これは直営リゾートに宿泊する場合は無料で、それ以外のホテルに滞在で欲しい場合はWDW内のショップで有料で購入後、チケット情報等のリンクが出来る。(直営リゾートではチェックイン時にフロントで受け取り)
出来る事は以下の通り。

  • 直営リゾート宿泊者はルームキーになる
  • パークチケットになる
  • ファストパス+(直営リゾート宿泊者は60日前、それ以外の方は30日前から予約可能)を記録
  • クレジットカードを登録してWDW内で使える電子マネーに(任意)
  • メモリーメーカー(以前のフォトパス)を記録

マジックバンドがあれば財布もルームキーもパークチケットも要らないということ。
防水仕様なのでマジックバンドを付けたままプールに入っても大丈夫、パークチケットとしては指紋認証、電子マネーとしては任意のPINコード入力が必要なので、紛失しても不正使用される心配はいらない。
マジックバンドにクレジットカード機能を入れる(リンクさせる)場合は使用限度額(リゾートのランクにより500〜1,500ドル)が設定されるので、もし限度額を超えた場合には各リゾートのゲストサービスで限度額を再設定してもらえる。

個人情報を腕輪一つに入れて大丈夫かと思う人がいるかもしれないが、このマジックバンドには記憶チップの様な物は入っていない。中身はマジックバンドの固有識別番号と通信チップのみ。
情報の記録はマジックバンドでは無く、WDWのサーバーにされていて、その情報と各人のマジックバンドがリンクされるという仕組み。マジックバンドは常に「何番のマジックバンドです」という情報を送信しているだけ。
なので、自分でMy Disney Experienceから登録、修正、削除した情報もマジックバンドにそれを繁栄させるような作業は一切必要無く、そのまま即時に繁栄される。

直営リゾート予約とMy Disney ExperienceがリンクされていればMy Disney Experienceからマジックバンドのカスタマイズも行える。色が選べて、ファーストネームを刻印してもらえる。(チェックインの30日前までがカスタマイズの期限)
カスタマイズしていない(出来ない)場合は無料で貰えるのはグレーのみ。もちろん名入れは無し。

My Disney Experience

私はブルー、娘はピンクにカスタマイズ

かなり便利なシロモノだが、この機能を完全に使いきる為にはやはりMy Disney Experienceの登録と、リゾート情報とチケット情報のリンクが事前に行われていた方がいい。

(これらを行っていなくても直営リゾートに宿泊すればルームキーとしてのマジックバンドは貰えるし、チケット情報等をその場でリンクしてもらう事は出来るが)
現在WDWのほぼ全域でWi-Fiが提供されているとのことなので、このマジックバンドと、現地でネットが使える(My Disney Experienceアプリがインストールされたスマホ等)機器があれば、常に手元でファストパス+の取得や変更、レストラン予約、キャンセル(キャンセル規定に注意)と言った作業が行えるので便利この上ない。

マジックバンドのアクセサリー

マジックバンドを飾るアクセサリーもたくさん売っているらしい

オーランドのWDW旅行でパッケージツアーを使う場合、直営リゾートに泊まるなら、旅行会社がリゾート予約番号等を事前に教えてくれるかどうかは申込み前に確認した方がいい。もし必要な情報を教えてもらえないと、My Disney Experienceの事前利用が制限されてしまい、せっかく直営に泊まるのにその特典を受けられなくなってしまう。
パッケージツアーの場合、ホテルの部屋を旅行会社がブロックで買っていて、当日か直前までどの部屋を誰に割り当てるか決まらないというケースがある。この場合は当然予約番号を教えてもらえない。
My Disney Experienceの利用について尋ねて、即答できない様なツアーは避けた方が無難。 

オーランド旅行記 目次




準備その6・ラ・ヌーバのチケットをとる (オーランド)


今回はWDWのダウンタウンディズニーの専用劇場で上演されているシルクドソレイユの「ラ・ヌーバ」を鑑賞するので、そのチケットを予約。
シルクドソレイユはラスベガスで「O(オー)」と「ミスティア」を鑑賞したことがある。一番最初のシルクドソレイユが「O(オー)」だったので、それを超えるものは観れないのではないかと思っていたが、「ラ・ヌーバ」の評判も良いのでせっかく上演されている場所に行くのなら…と思い、予定に入れた。

「ラ・ヌーバ」のオンラインでのチケット購入は約6〜7ヶ月先の公演まで出来る様になっている。シルクドソレイユのサイトからでもWDWのサイトからでも同じ購入ページにリンクされている。
例外もあるが基本的に月火が休演の様だ。

席のカテゴリーは高い順に以下の通り設定されている。

  1. Golden  Circle
  2. Front and Center
  3. Categoly 1
  4. Categoly 2
  5. Categoly 3
  6. Categoly 4

 

ラ・ヌーバの座席表

カテゴリーとは別に前方101〜105、後方201〜207というセクションに区切られている。

Categoly 3と4に関しては後方端の席なので除外。
最前列のセンター付近で観たければFront and Center、一番高いGolden Circleは5列目から7列目くらいのセンターに位置している。
つまり最前列よりもある程度は後ろに下がった席で、尚且つセンター付近が一番ショーを楽しむのに適した席ということだろう。
どうも席のクラス分けと料金設定から察するにサイドは最前列付近でも良い席とは言えないようだ。
Categoly 1は極端な両サイドを除く、真ん中くらいの列、そしてこのカテゴリーもセンター付近のみ更に後方まで同じカテゴリーになっている。
Categoly 2はCategoly 1と横ラインはほぼ同じでそれより後方の列と、両端の最前列付近。

料金とのバランスを考えるとCategoly2のセンター付近で、出来るだけ前の席をとるのがベストと思える。
そこでCategoly2で可能な限り良い席を狙ってオンライン購入をする。

「ラ・ヌーバ」のオンライン購入システムは席のカテゴリーは選択出来るが、席までは指定できない。選択したカテゴリーの中で席がランダムに表示されている感じで、リロードする(座席番号が提示された画面で一旦キャンセルし、再度そのページを表示)度に座席番号が変化していく。
変化は順番かと思ったが、Categoly2の場合、ある程度席の位置が横移動したかと思うと、両端のセクションに飛んでしまったりする。かなりクセのあるシステム。
そして同じカテゴリーでも何度リロードしても提示されないセクションがある。恐らくだが、オンライン購入出来るセクションは決まっている様子。
残念ながらCategoly2のど真ん中(センター中央)のセクション204は対象では無いらしく一切提示されない。
何度もリロードを繰り返し、同じ席が再度提示されたあたりでこのシステムが提示するベストな席が分かったので、その席を購入。
セクション203のセンター側、同じカテゴリーの中では最前列。つまりCategoly1の一列だけ後ろ。

購入したチケットは自分で印刷するEチケットを選択。
郵送やウィルコール(当日に劇場のボックスオフィスで引き取る)も選択出来たが、郵送は国際郵便で料金が高い。ウィルコールの時間と手間を考えるとプリンターがあるならEチケットがいい。これならそのまま劇場に入れる。

ラ・ヌーバ

ラ・ヌーバのEチケット。印刷すればそれでOK

ということで、無事チケット購入は完了。

オーランド旅行記 目次


ミッキーネットの利用


大手旅行会社のパッケージツアーを使わず、個人旅行でアメリカのディズニーリゾート(ハワイのアウラニも)行きを検討している人ならミッキーネットは強い味方。
私達もリゾート予約やパークチケットの購入等でお世話になっている。

初めて利用したときはディズニーのサイトで直接予約、購入する場合との料金比較等をしたが、リゾート(ホテル)宿泊料金、チケット、クルーズ料金等に関しては全く同額か、ミッキーネットを通した方が独自の割引等で安い場合があった。
なので、日本語でのサポートも受けられる事を考えると、基本的にディズニーが提供しているもの(直営リゾート、パークチケット等)はミッキーネットを利用して予約購入するのがお得で便利と言えると思う。

ミッキーネットはアメリカのディズニーパークに特化した会社なので、ディズニーが提供しているMy Disney Experience等のサービスとのリンクも完璧に出来る。
日本の旅行会社のツアーでも出来ないことはないと思うが、ミッキーネットほどスムースではないと思う。

ただし、ディズニー直営以外のホテル予約やオプショナルツアー予約等をミッキーネットで行う場合はよく検討した方がいい。
他のホテル予約サイトや旅行社等から予約した方が安いという場合もある。
現地での旅程全てをミッキーネットで予約すれば、滞在中の全てを一括でサポートして貰えるという安心感はあるが、それだとわざわざ個人旅行で行く意味合いが薄れると思う。
私はディズニー関連の予約はミッキーネット、それ以外のホテルはホテルのサイトで直接予約かExpedia等を使ったりと使い分けている。

ディズニーのレストラン予約等はミッキーネットで宿泊予約した日数分(予約1件×宿泊数)を無料で代行してもらえるので便利だが、ディズニーのサイトで直接予約出来る場合には自分で行った方が手間がかからない。特に自分が予約したい日時がディズニーのサイトで確認出来て、空きがあるなら、その場で自分で行うべき。ミッキーネットを通すとどうしてもタイムラグが出来るので、無料だからと言う理由だけでわざわざ使う必要は無いと思う。
もちろん英語が苦手な人にとって、電話予約しか使えない場合には、代行して貰えるのはとても便利だと思う。

注意点としてはごく一部の超人気レストラン予約ではミッキーネットで宿泊予約した場合でも若干の手数料を必要とする場合がある。
この場合には自分で予約した方がお得なのは当然。しかし、そういうレストランは特別に予約が取りにくいレストランなので、もし自分で予約が取れなかった場合には、ミッキーネットに手数料を払って予約して貰った方が、予約を取れる確率が高いというメリットはあるかもしれない。

ミッキーネットはアメリカの会社だが、日本に営業所も置いているし、現地のディズニーパークにはもちろんサポートデスクが設置されている。
ディズニーに関しては大手の旅行会社を使うよりも便利なことが多いので、活用しない手はないと思う。
もちろんミッキーネットはちゃんとディズニー・バケーション・プランナーとして認定さている。(つまり米国ではディズニー公認の旅行会社の一つ)認定は2003年末からされているので、十分に実績のあるディズニー公認の旅行会社と言える。
なので、米国のディズニーパーク、リゾートのシステムとのスムーズな連携という点では、日本の大手旅行会社等よりも格段に優れている。

ディズニーランドホテル

アナハイムではディズニーランドホテル内にミッキーネットのデスクがあった。WDWではビーチクラブ・リゾートにあるとのこと。

オーランド旅行記 目次