タグ別アーカイブ: 準備

ミッキーネットの利用


大手旅行会社のパッケージツアーを使わず、個人旅行でアメリカのディズニーリゾート(ハワイのアウラニも)行きを検討している人ならミッキーネットは強い味方。
私達もリゾート予約やパークチケットの購入等でお世話になっている。

初めて利用したときはディズニーのサイトで直接予約、購入する場合との料金比較等をしたが、リゾート(ホテル)宿泊料金、チケット、クルーズ料金等に関しては全く同額か、ミッキーネットを通した方が独自の割引等で安い場合があった。
なので、日本語でのサポートも受けられる事を考えると、基本的にディズニーが提供しているもの(直営リゾート、パークチケット等)はミッキーネットを利用して予約購入するのがお得で便利と言えると思う。

ミッキーネットはアメリカのディズニーパークに特化した会社なので、ディズニーが提供しているMy Disney Experience等のサービスとのリンクも完璧に出来る。
日本の旅行会社のツアーでも出来ないことはないと思うが、ミッキーネットほどスムースではないと思う。

ただし、ディズニー直営以外のホテル予約やオプショナルツアー予約等をミッキーネットで行う場合はよく検討した方がいい。
他のホテル予約サイトや旅行社等から予約した方が安いという場合もある。
現地での旅程全てをミッキーネットで予約すれば、滞在中の全てを一括でサポートして貰えるという安心感はあるが、それだとわざわざ個人旅行で行く意味合いが薄れると思う。
私はディズニー関連の予約はミッキーネット、それ以外のホテルはホテルのサイトで直接予約かExpedia等を使ったりと使い分けている。

ディズニーのレストラン予約等はミッキーネットで宿泊予約した日数分(予約1件×宿泊数)を無料で代行してもらえるので便利だが、ディズニーのサイトで直接予約出来る場合には自分で行った方が手間がかからない。特に自分が予約したい日時がディズニーのサイトで確認出来て、空きがあるなら、その場で自分で行うべき。ミッキーネットを通すとどうしてもタイムラグが出来るので、無料だからと言う理由だけでわざわざ使う必要は無いと思う。
もちろん英語が苦手な人にとって、電話予約しか使えない場合には、代行して貰えるのはとても便利だと思う。

注意点としてはごく一部の超人気レストラン予約ではミッキーネットで宿泊予約した場合でも若干の手数料を必要とする場合がある。
この場合には自分で予約した方がお得なのは当然。しかし、そういうレストランは特別に予約が取りにくいレストランなので、もし自分で予約が取れなかった場合には、ミッキーネットに手数料を払って予約して貰った方が、予約を取れる確率が高いというメリットはあるかもしれない。

ミッキーネットはアメリカの会社だが、日本に営業所も置いているし、現地のディズニーパークにはもちろんサポートデスクが設置されている。
ディズニーに関しては大手の旅行会社を使うよりも便利なことが多いので、活用しない手はないと思う。
もちろんミッキーネットはちゃんとディズニー・バケーション・プランナーとして認定さている。(つまり米国ではディズニー公認の旅行会社の一つ)認定は2003年末からされているので、十分に実績のあるディズニー公認の旅行会社と言える。
なので、米国のディズニーパーク、リゾートのシステムとのスムーズな連携という点では、日本の大手旅行会社等よりも格段に優れている。

ディズニーランドホテル

アナハイムではディズニーランドホテル内にミッキーネットのデスクがあった。WDWではビーチクラブ・リゾートにあるとのこと。

オーランド旅行記 目次




アメリカの水について


アメリカの水道水は州によって水質に違いはあるものの、一般的に飲んで害になるようなことはない。
絶対に飲めないような水が水道から出てくることはないと思っていい。

しかし美味しいかどうかは別問題だし、普段日本で飲んでいる水とは水質が違うので、口に合わない、体が受け付けないということはあるかもしれない。
私と娘はアメリカで水道水を飲んでお腹を壊したことはないけど。

アメリカの水道水は硬水である事が多いので、衛生的に問題ないとしても味は悪い。
普段、エビアンとかコントレックスみたいな硬水を抵抗なく飲める人なら、味はあまり抵抗がないかもしれないが、軟水でないと飲めないという人は、水道水を口にするのは歯磨き、うがい、薬を少量の水で飲むときくらいにした方がいいかもしれない。

コンビニやスーパーに行けばミネラルウォーターが安く手に入る。(観光地のホテルの売店等ではかなり高く売ってたりもするけど)
軟水で日本人の口に合いそうで、尚且つ大抵のスーパーに置いてあり、日本人にも馴染みのあるのは、クリスタルガイザーとボルビック。中硬水でも大丈夫なら日本では見かけないが、ArrowheadやFiji Waterなんてのもある。

安いボトル入りウォーターとしてスーパーとかでよく目にするAquafinaやDasaniはミネラルウォーターではない。これらは水道水を濾過して味を良くしたもの。Dasaniには人工的にミネラルが加えられたりもしてる。
Purified Waterと書かれていればこの類い。

日本人が思うミネラルウォーターにはMineral WaterかSpring Water(水源が泉)と表示されている。

あと、ボトル入りの水はガス入りとガス無しという分類もあるので、間違ってガス入りを買わないように。これは一々細かい表示を確認しなくても、ボトルを触れば判別出来る。
堅くて一切ヘコまなければガス入り、押して簡単にヘコめば普通の水。アメリカのペットボトルは日本のペットボトルよりも薄くて柔らかいのですぐに分かる。

アメリカではそんなことはないが、ヨーロッパでは一般的にガス入りの水、所謂炭酸水がよく飲まれている。特にレストランではノンガスと言わずにミネラルウォーターを頼むとガス入りが出てくるということもある。
ヨーロッパではないが、オーストラリアではミネラルウォーター=炭酸水だったりする。

もし体に合う合わないでは無く、味だけが問題なら、水に溶ける粉末状のお茶を持参するという手もある。AGFや伊藤園等から携帯性のいいスティックタイプなんてのも出ている。
これを水筒やペットボトルに入れてお茶を作り、冷蔵庫で冷やしておけば、抵抗なく飲めるようなる。

おーいお茶スティック

伊藤園 お~いお茶 さらさらほうじ茶 スティック100本

よく日本からペットボトルの水を持参するなんて話も聞くが、手荷物で水を持ち込むことは出来ないし、預け入れ荷物に大きな水のボトルを入れるのであれば重量制限にも気を使う。

飛行中は気圧でペットボトルが大きく変形する可能性もあるので、破損して荷物が水浸しになる危険性もある。
それに2泊3日程度なら別として、滞在中に必要なだけの飲料水を持参するというのは無理があると思うので、水の持参というのはお薦めできない気がする…。


アメリカのホテル


アメリカに限ったことではないけど、日本とは微妙に違う海外のホテルの話。

日本では当たり前にあるスリッパやパジャマ(浴衣)、歯ブラシといったものが用意されていないのはご存知の人も多いと思う。たまに用意されている場合もあるが、かなり特種なケース。
アメニティの類いで用意があることが多いのはシャンプー、コンディショナー、石鹸くらいだろうか。しかしこれらも品質はかなり悪いので、日本人が使う気になるものではないと思う。

なので、この辺は全て自分で用意しておいた方がいい。
たまにアメリカでホテルに泊まったら歯ブラシやスリッパが無くて困ったなんて話をする人がいるが、無くて当たり前。おしぼりやお冷や同様、ホテルのアメニティは日本特有の文化だ。

海外では多くの地域で水が硬水だ。硬水の特徴でシャンプーや石鹸が泡立ちにくいので、普段よりも多めに使う必要があることも知っておくといい。

もちろんウォシュレットもなくて当たり前。日本人宿泊者の多い一部のホテルの、一部の部屋にのみ装備されている場合がある。
湯沸かし器なんて勿論無い。しかしコーヒーメーカーがある事は多いので、湯沸かしの代わりに使える。カップラーメン等の持込を考えている場合はコーヒーメーカーの有無を確認しておいた方がいい。

アメリカでホテルに泊まる場合は部屋に入ったらまず水回りをチェックした方がいい。
トイレがちゃんと流れるか、洗面所と風呂のお湯がちゃんと出て、ちゃんと排水されているかを確認して、もし不具合があればすぐに部屋を変えて貰うか、修理を依頼した方がいい。
アメリカ人は水回りを利用しない客が多いのか、これらの不具合が放置されている部屋が多い気がする。

エアコンの温度設定はもちろん華氏。我々が使ってる摂氏とアメリカで使っている華氏の換算はちょっと複雑。区切りのいい温度の対比は次の通り。

  • 摂氏20度=華氏68度
  • 摂氏25度=華氏77度
  • 摂氏30度=華氏86度

アメリカはインターネット大国のはずなのだが、何故かホテルのネット環境は日本より劣る場合が多い。ロビーでは無料だが部屋では有料という場合が多いし、有料なのに速度もイマイチというケースが多い。
もしネット環境が常に必要な場合は、ホテルのサイト等で調べておいた方がいい。無料ならいいが、有料の場合は日本から海外旅行用のポケットWi-Fi等をレンタルしていった方が、料金も安くて使い勝手もいいという場合がある。

ホテルのロビー

ロビーでは無料でWi-Fiが使えるホテルが多い。認証が必要な場合はフロントでIDとパスワードを教えてくれる

部屋の掃除にはチップが必要なので忘れない様に。
使用しているベッド一台につき1〜2ドルが相場だと思う。特別に補充して欲しい物があれば、メモにその旨を書いてチップと一緒に置いておけば確実。

チェックインは日本と同様に15時が多い。チェックアウトも日本同様10時〜12時といったところ。
日本と違うのは15時以前でも部屋が用意出来ていれば入れてくれるホテルが多い事。15時というのは確実に入れることを保証する時間になっている感じ。

チェックイン時には外国人はパスポートの提示が必要。部屋代を前払いしているしていないに関わらずクレジットカードも必要なことも多い。
部屋の備品の盗難、損傷に対する保証としての意味もあるようで、カードを所持せずに、宿泊費を現金で払うと言うと、多額の保証金を求められることもある。
パスポートとクレジットカードはホテルに泊まる場合の必需品と思っておいた方がいい。

滞在中、基本的にホテルが鍵を預かることはない。出掛けるときも鍵は自分で管理することになる。

チェックアウトはフロントに立ち寄る必要の無い、エクスプレスチェックアウトが可能なホテルが多い。もちろんクレジットカードを登録している事が前提。
テレビ画面で自分でチェックアウト手続きを済ませる場合と、専用の用紙に必要事項を書いて、鍵と一緒に専用のボックスに入れる場合とがある。用紙は鍵(カードキー)のホルダーが用紙になっている事もある。用紙に書くのは連絡先や氏名、部屋番号くらいなので難しくは無い。
テレビを使ったチェックアウトでは画面に表示される明細、それ以外では、前日夜か当日朝に届けられる明細に不明な請求がある場合や、領収証が欲しい場合はフロントでチェックアウト手続きをする必要がある。

ヒルトンやハイアットといった日本では高級なイメージのするホテルでも、基本的に日本と同様のきめ細かいサービスは期待できない。
しかしそれは日本のサービスが世界標準を大きく超えているという話なので、余程の不手際や失礼な行為があった場合を除いて怒ってはいけない。
逆に本当に抗議するべき事があった場合にはちゃんと抗議した方がいい。黙っている事は了解したことと同じと受け止められる。
又、ミスが多いので、請求書の類いはちゃんと確認した方がいい。アメリカ人はかなり時間をかけてチェックする人が多いので、遠慮することはない。