タグ別アーカイブ: 準備

テーマパークでの熱中症対策


テーマパークは基本的に屋外を歩き回る時間が長い。
万歩計持参で行けば、驚くほど歩かされていることが分かるはずだ。
気候の良い時期なら単に足が疲れるだけで済むが、夏場は熱中症対策が必要だ。

涼しい服装に歩きやすい靴、それに帽子は当たり前として、小まめな水分補給がもっとも大事。
しかし喉が渇く度にパーク内で販売されている飲料を購入していたのでは不経済極まりない。ディズニーのパークは飲食物の持ち込みを禁止していることが知られているが、500ml程度のペットボトル飲料の持ち込みは制限されていない。
しかし500ml程度では朝から晩まで遊ぶ時には数時間ももたないだろう。
水筒の持ち込みも禁止されてはいないので、お薦めは保冷機能のある水筒(ステンレスマグ)だ。
ステンレスマグボトルの保冷機能は驚くほど高い。ボトルの三分の一程度の氷を入れておけば真夏でも朝から晩まで冷たい状態で飲料を飲めるはず。
容量は350mlや500mlが邪魔にならない大きさでいいと思うが、やはり500mlは必要だろう。
ジュース等の甘い物は入れられないタイプが多いので、中身は水かお茶になる。

ステンレスマグボトル

水筒は重くならず、嵩張らないサイズがいい。480〜500mlの物ならペットボトルホルダーに入れられる物も多い。

真夏は何度か入れ替えが必要になると思うが、水でよければパーク内の飲料水を入れられるので手間も費用もかからない。海外パークにも飲料水を飲める場所はあるが、水が体に合わない場合もあるので、事前にその地域の水道水を自分が飲めるかどうかは確認しておいた方がいい。個人差があると思うが、アメリカの場合、アナハイムでもオーランドでも水道水は飲めない水では無い。

水道水が体に合わないということさえなければ、あとは味の好みになるが、お茶が嫌いでなければ冷水でも溶ける粉末状のお茶が便利だ。
これをボトルに適量入れて振ればあっと言う間にお茶になる。水そのものの味が好みでなくても、お茶にしてしまえば気にならない。
お茶はスティックタイプの物が携帯に便利だ。3〜5回程度ボトル内の水をお茶に出来る量を持って行けば十分だろう。

お茶の粉末スティック

スティックタイプの粉末茶は伊藤園やAGF等が販売している。

水分が欲しいときにいつでも補給できる状態にしておけば、そうそう暑さで具合が悪くなってしまうことはないはずだ。屋外のスタンバイラインが長いアトラクションでは事前に満タンにしておくことを忘れない様に。


準備その29・いよいよフロリダへ出発 (オーランド)


一年以上をかけた今回のオーランド旅行準備。今まで何度も海外旅行に出掛けたし、オーランドも私にとっては3度目だが、今回ほど準備に時間をかけたことはない。
予約の開始がとても早いディズニークルーズを含む旅行だということもあるが、やはり世界最大のテーマパーク都市だけあって、あれやこれやと調べていくうちに計画がどんどん膨らんでしまった。
3週間もの旅行期間があるのだから、本当は週に1日は「何も予定の無い日」を入れたかったのだが、結果的にはまる一日何もすることが無いであろうという日は設けられなかった。午前中や午後に特に予定無しという日を2日ほど入れるのが精一杯。(暑さとスコール対策で午後から夕方の予定に連日余裕を持たせているせいもあるが)
それほどディズニーワールドとオーランドは巨大で娯楽に溢れた街だ。

娘が生まれた時から、ある程度の年齢になったら一緒にオーランドにと思っていたので、10年越しの旅行計画だったともいえる。
20年以上前、初めてオーランドに行った時に「いつか子供を持ったら一緒に来たい場所だなぁ」と思った事も覚えているので、そういう意味では20年以上越しの計画と言えるかもしれない。
その頃にはまさか独り親となり、子供二人きりの旅行になるとは思ってもいなかったが…。

あとは旅を楽しむだけである。

今回のオーランドの旅行記本編は8月下旬か9月上旬から順次掲載していく予定。
準備編は自分の忘備録としてはもちろん、オーランドへの旅行を検討、計画している人に役立つ情報を掲載出来るようにしてきたつもりなので、旅行記本編もそうしていくつもり。
写真や動画も撮りまくってきます。

旅行中も旅行関連の情報を予約投稿にて連日掲載していく予定です。

では行ってきます。

ディズニークルーズ

初めてのディズニークルーズはやはり一番の楽しみ

オーランド旅行記 目次


準備その28・空港宅配の依頼 (オーランド)


今回のオーランド旅行では自宅から空港まで電車で行くことにしたので、重い荷物は空港宅配を利用することにした。

行きの荷物はANAのサイトを通して提携の空港宅配(ヤマト運輸)を予約。ANAを経由することでマイルが貯まるらしい。
荷物の引き取りは出発の前々日までで時間指定出来る。もちろん指定の日時(時間帯)に自宅まで引き取りに来てくれる。
予約時には搭乗する飛行機の便名が必要なので、そのフライトに合わせて利用ターミナルにある荷物の引き渡し場所まで届けてくれるので、特に利用ターミナルや引き取り時間等を告げる必要はない。
当日、空港に着いたらまずは荷物を引き取り、航空会社のチェックインカウンターで預けるという手順になる。やや手間ではあるが、重い荷物を持って行く事に比べればはるかに楽。(パスポートや航空券類等は宅配を頼む荷物に入れないよう注意)

ANAでは「手ぶらサービス」というものもあって、自宅で宅配会社に荷物を預けたら、目的地の空港までスルーというとても素晴らしいサービスもあるのだが、残念ながらアメリカ行きでは使えない。

帰りも空港から自宅まで大きな荷物は送るつもりだが、手持ちのVISAカードが期間限定で一個目100円で自宅までの宅配を行ってくれる「Visaゴールド空港宅配」というキャンペーンをやっている。今回のキャンペーン期間は2015年7月1日(水)~2015年9月30日(水)となっているので丁度利用出来る期間だ。(ゴールドカード以上でのキャンペーンで対象外のカードもある)
2個目からは15パーセント割引というとてもお得なものなので利用するつもりだ。
利用条件はもちろん対象カードを持っていることと、渡航先で一度はそのカードで買い物や支払いをしていることだ。カードの利用明細の提示が必要になる。
メインで使っているカードはAMEXなので、忘れずに一度はVISAで支払いを行って、その明細をとっておかなければならない。
クレジットカード会社はこの他にも海外旅行の際に便利なサービスやキャンペーンを提供していることがあるので、手持ちのカードで利用出来るものがないかどうか確認してみた方がいい。
抽選ではあるが、期間中に海外で5万円以上使うと5万円のギフトカードが当たるというキャンペーンもやっていた。この手のキャンペーンは事前にキャンペーン登録をしておかないと、自動的には対象にならないので注意が必要だ。

VISAゴールド宅配

ゴールドカード以上だと空港ラウンジサービスも提供される場合が多い。飛行機を使う場合は手持ちのカードを要チェックだ。

この空港宅配の依頼が今回のオーランド旅行での出発前準備の最後となる。
もう後は出掛けるのみだ。

オーランド旅行記 目次