タグ別アーカイブ: 旅行用品

海外旅行に役立つ翻訳、通訳アプリ


海外旅行に役立つ翻訳アプリや通訳アプリは色々と出ているが、実際に使えるアプリは意外と少ない。現地で翻訳アプリを使う場合、いちいち訳したい文章を自分で打ち込むのは面倒だし、時間がかかり、使う気が失せてしまう。
翻訳アプリを使うならスマホのカメラで写しだした文章を訳してくれるOCR翻訳が使えることが一番の条件だ。
文字の認識率と使いやすさでは現時点ではGoogle翻訳がベストだ。
翻訳エンジンはWebのGoogle翻訳そのものなので、完全な訳文は期待出来ないが、ある程度意味を推察できるようにはしてくれる。
写した文章のどの部分を訳すかを簡単に指定出来るので、どうしても分からない単語の意味を調べるような用途ならかなり便利に使えるアプリだ。

Google翻訳

全文翻訳ではなく、訳したい部分を指でドラッグ指定して使うのがベスト

音声の通訳アプリでは音声の認識率と翻訳精度のバランスで音声通訳Proが一番使えるアプリだと思う。多言語に対応しているので、英語以外での通訳も出来る。英語での使用感においてはこの手のアプリの中では一番使いやすい。
言葉の認識率、感度も良く、分かりやすい文章を発話することを心がければ、使い物になるレベルで瞬時に通訳をしてくれる。もちろん日本語から外国語、外国語から日本語と通訳の方向も瞬時に切り替えられる。
無料版の音声通訳Freeもあるので、まずは無料版で試用してみるといい。

音声通訳Pro

音声認識の精度はSiriに迫るものと思われる

この手のアプリは現地で使いたいときに即座に使えることが一番大切だ。
もちろん翻訳精度が使い物にならなければ意味が無いが、今現在、完璧な翻訳を期待出来るアプリは存在しないので、この点はある程度割り切ることが必要。
文字や言葉の認識率、動作のスピードから現時点では上記の二つをお薦めする。


旅行の思い出を香りで蘇らせる事が出来る


旅の思い出を保存する手段としては写真にビデオ、行く先々で買ったお土産のディスプレイといった所が一般的だろう。
しかしそれらの視覚で思い起こすよりも、臭覚での方が圧倒的にその時の記憶や感情を呼び起こす効果があることが知られている。

普段あまり嗅いだこと無い香りを何処かで嗅いで、時間を隔ててから偶然同じ香りに遭遇すると、最初に嗅いだ時のことをはっきりと思い出すという経験がある人も多いと思う。

これは嗅覚のみが直接前頭葉につながっている事と、感情を記憶する扁桃体にもつながっている為だと言われている。臭覚以外の感覚(視覚・聴覚・触覚・味覚等)は視床といわれる部分を経由して大脳皮質につながっている。
臭覚は圧倒的にダイレクトに脳に記憶され、更にその時の感情と結びつきやすいのだ。

そういった臭覚と記憶の仕組みを利用して、旅行の思い出を保存する方法としてアロマを使うのだ。日本人でこれをやっている人はあまり知らないが、欧米では旅をする時のTip’sとしてこの方法を紹介している人もいる。

アロマディフューザーを使うならは小型で持ち運びしやすい物がいいだろう。熱を利用するタイプよりもミスト式の方がベストだ。間違ってもホテルの部屋で蝋燭で加熱する用具等は使わないように。
電源は乾電池かUSBを使用出来る物なら世界の何処ででも使える。

アロマディフューザー

ミストタイプで小型、電池やUSBで稼働する物を選ぶのがいい。

アロマオイルは普段あまり使わない香りを選ぶ。もちろん自分や同行者が嫌いでは無い香りを。
旅先のホテルに着いたら、部屋に居るときにアロマを使うようにすると、その香りはその旅行の香りとして脳に記憶される。
香りの種類に依っては鎮静や疲労回復、安眠等の効果があるので一挙両得だ。

ディフューザーを使わなくてもアロマオイルさえあれば、それをティッシュに染みこませて置いたりするだけでも効果はある。

旅が終わったら、時々、機会がある毎に同じアロマオイルを嗅げば旅行中の思い出や感覚が呼び起こされるはずだ。その旅行がとても楽しい旅行だったなら、気分が落ち込んだときに嗅げば気が晴れるかもしれない。

普段アロマ等使わないという人なら、アロマオイルはラベンダーがお薦めだ。抗菌作用と鎮静効果があると言われている。新婚旅行等、カップルでの旅行ならイランイランがいい。ロマンチックな気分になれることで知られている香りで、リラックス効果と不眠解消の効果もあると言われている。
どちらも定番と言えば定番の香りなので、嫌いという人は少ないはず。ただ、アロマオイルはメーカーや抽出方法で同じ銘柄でも香りが違うので注意が必要。


テーマパークでの熱中症対策


テーマパークは基本的に屋外を歩き回る時間が長い。
万歩計持参で行けば、驚くほど歩かされていることが分かるはずだ。
気候の良い時期なら単に足が疲れるだけで済むが、夏場は熱中症対策が必要だ。

涼しい服装に歩きやすい靴、それに帽子は当たり前として、小まめな水分補給がもっとも大事。
しかし喉が渇く度にパーク内で販売されている飲料を購入していたのでは不経済極まりない。ディズニーのパークは飲食物の持ち込みを禁止していることが知られているが、500ml程度のペットボトル飲料の持ち込みは制限されていない。
しかし500ml程度では朝から晩まで遊ぶ時には数時間ももたないだろう。
水筒の持ち込みも禁止されてはいないので、お薦めは保冷機能のある水筒(ステンレスマグ)だ。
ステンレスマグボトルの保冷機能は驚くほど高い。ボトルの三分の一程度の氷を入れておけば真夏でも朝から晩まで冷たい状態で飲料を飲めるはず。
容量は350mlや500mlが邪魔にならない大きさでいいと思うが、やはり500mlは必要だろう。
ジュース等の甘い物は入れられないタイプが多いので、中身は水かお茶になる。

ステンレスマグボトル

水筒は重くならず、嵩張らないサイズがいい。480〜500mlの物ならペットボトルホルダーに入れられる物も多い。

真夏は何度か入れ替えが必要になると思うが、水でよければパーク内の飲料水を入れられるので手間も費用もかからない。海外パークにも飲料水を飲める場所はあるが、水が体に合わない場合もあるので、事前にその地域の水道水を自分が飲めるかどうかは確認しておいた方がいい。個人差があると思うが、アメリカの場合、アナハイムでもオーランドでも水道水は飲めない水では無い。

水道水が体に合わないということさえなければ、あとは味の好みになるが、お茶が嫌いでなければ冷水でも溶ける粉末状のお茶が便利だ。
これをボトルに適量入れて振ればあっと言う間にお茶になる。水そのものの味が好みでなくても、お茶にしてしまえば気にならない。
お茶はスティックタイプの物が携帯に便利だ。3〜5回程度ボトル内の水をお茶に出来る量を持って行けば十分だろう。

お茶の粉末スティック

スティックタイプの粉末茶は伊藤園やAGF等が販売している。

水分が欲しいときにいつでも補給できる状態にしておけば、そうそう暑さで具合が悪くなってしまうことはないはずだ。屋外のスタンバイラインが長いアトラクションでは事前に満タンにしておくことを忘れない様に。