タグ別アーカイブ: ユニバーサルスタジオ

USディズニーの必要旅行日数


アナハイムにあるカリフォルニア・ディズニー・リゾートとフロリダ州オーランドにあるウォルト・ディズニー・ワールド。
この2つのディズニー・パークに遊びに行くならどれくらいの旅行日数が必要なのか。

まずアナハイムのカリフォルニア・ディズニー・リゾート。
パークはディズニーランドとディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーの2つなので、一日ずつ遊びに行くとして2日間。
ロサンゼルス空港に日本から到着する飛行機は、午前中、早めに着く便も多いので、体力に自信があるなら到着日に片方のパークで遊んでしまうということも可能だ。
とするとディズニーだけを目的に行くなら、最低旅行日数は2泊4日(アメリカは日付変更線の向こうなので帰りは必ず機内泊となる)でもOKということだ。
現実的には1日目は疲れているだろうし、移動と買い物にあてるつもりで3泊4日だろうか。
アナハイムから近くはないが、ロサンゼルスにはユニバーサルスタジオ・ハリウッドがある。ここが本来の映画スタジオを公開、テーマパークにしたものなので本当の意味での、というか、まさに元祖ユニバーサル・スタジオだ。
ディズニー目的の人ならテーマパークが好きな旅行者だと思うので、せっかくここまで来たのならユニバーサルスタジオにも行くべきだと思う。すると一日追加で4泊6日。
移動日、ディズニーに2日、ユニバーサルに1日。
これでテーマパークは十分に楽しめると思う。更に日数をかけるならアナハイムから近いナッツベリー・ファームに行ったり、ロサンゼルス観光をしたりも出来る。

カリフォルニア・ディズニーリゾート

全体の規模は東京ディズニーリゾートよりもコンパクトなカリフォルニア・ディズニーリゾート

オーランドのウォルト・ディズニー・ワールドは本当に遊び尽くそうと思えば10泊しても足りないと感じる人が多いと思う。
せっかく15時間以上もかけてフロリダ半島まで出掛けるのだから、出来るだけ長い滞在をするのが理想だが、そうも言ってられない人が大半だと思うので、最低どれくらいで行けるのかを考えてみた。
まずオーランドはアメリカ国内で乗り継いで計15時間以上の道のりだ。午後早めに到着する便も存在するが、夜到着という便が大半。なので、移動だけで1日を使ってしまう。
それにウォルト・ディズニー・ワールドの4大テーマパーク(マジックキングダム、エプコット、ハリウッド・スタジオ、アニマル・キングダム)に一日ずつかかるとして最低5泊7日だ。
時間の無い人は東京ディズニーランドと似た部分の多いマジックキングダムを外すとか、1日に2パーク廻るスケジュールを立てるとかで旅行期間を圧縮する人もいるが、せっかく遠いフロリダまで行くのにそこまで忙しいスケジュールはお薦めできない。
時間が無いならカリフォルニア・ディズニーリゾートに行った方が余裕を持って遊べるし、満足度は高いと思う。

4大テーマパーク以外にも2つのウォーターパークやダウンタウン・ディズニー(間もなくディズニー・スプリングスという名称になる)等、時間をかけて遊びたい場所が多い。
冬場ならウォーターパークは外せるだろうが、夏場に行くならタイフーン・ラグーンかブリザード・ビーチのいずれかには行きたい。
冬場でもダウンタウン・ディズニーや周辺での買い物等に当てられる日があればぐっと余裕が出来る。
なのでディズニーワールドを楽しむ為のお薦め最低旅行日数は季節に関わらず6泊8日。

propertymap2

しかし悩ましいことにオーランドには他にも魅力的なテーマパークや観光施設が多い。
有名どころではまずユニバーサルスタジオ・フロリダ。しかもユニバーサルスタジオにアイランズ・オブ・アドベンチャーと、パークが2つある。
それぞれにハリーポッターエリアがあり、アイランズ・オブ・アドベンチャーにはUSJと同様のホグズミード村とフォービドゥン・ジャーニーがあり、ユニバーサルスタジオにはここにしか無いダイアゴン横町とエスケープ・フロム・グリンゴッツというライドがある。
この2つは実際に動くホグワーツ特急で移動出来、それ自体もアトラクションライドになっている。

ダイアゴン横町

現在オーランドにしかないダイアゴン横町。

そしてシーワールドもショーとライドが充実していてオーランドの人気テーマパークだ。
更にケネディ・スペース・センターがある。もしロケットや宇宙開発に少しでも興味がある人なら、せっかくここまで来たなら是非行きたい場所だろう。
宇宙にあまり興味がない人が行っても、感動した、行って良かったという評価の高い観光施設だ。

この中から一つだけ選ぶとしたらテーマパークとしての面白さと規模でユニバーサルスタジオになる。
費用はかかるがエクスプレス・パスを使えば、一日で2つのパークの主なアトラクションを楽しむことは可能(閑散期ならエクスプレス・パスを買わなくても)。
なのでWDWの6泊にもう1泊足して7泊9日あればいい。

WDWもオーランド自体も何日かけても遊びきれないほど面白い場所だ。(テーマパーク等が好きな人にとってだが)
出来る事なら10日間以上は滞在出来るスケジュールで訪れた方がいいと思うが、とりあえず、私の個人的な考えではあるが、最低必要旅行日数は7泊9日(WDWだけでいいなら6泊8日)だ。

オーランド旅行記 目次




準備その11・ブルーマンのチケット (オーランド)


娘がどうしても観たいと言うのでユニバーサル・シティウォークで上演されている「ブルーマングループ」を鑑賞することにした。
チケットはあちこち安く売っている所を探したが、それほど安くはならない。フロリダ在住者の専用チケットはとても安いのだが、残念ながら私達は当然購入出来ない。
若干安く買えるサイト等もあったが、席が確定出来なかったり、国際電話での申込みが必要など、良い条件のものがない。

仕方なく公式サイトから購入することにした。
これでも当日現地で買うよりも10ドル安く手に入る様なので、諦めも肝心。

さて、オーランドのブルーマンショーの座席は料金の高い順にプレミアム(PREMIUM)、ポンチョ1(PONCHO1)、ポンチョ2(PONCHO2)、ティア1(TIER1)、ティア2(TIER2)という5段階料金。
ポンチョ1は色々飛んでくる事が予想される最前列方面の中央、ポンチョ2はその両端付近、ティア1はポンチョより後方のブロック、プレミアムはティア1の前方中央のブロック、ティア2は後方両端と後方ブロックの最前列中央。
ここで不思議なのがティア2の中央にある席。その後ろはティア1なのに、なぜに中央付近にもっとも安いティア2が存在するのか?
どうも中央でも前が通路だと何かがよろしくない様だ。前が通路だと足下は広くて快適な気がするのだが、きっと何か不都合な部分があるのだろう。

しかし一番安いティア2で観るのなら、後方両端よりも中央のティア2がいいだろう。通路を挟んだ一列前はティア1だし、一列後方もティア1なのだ。
そしてティア2の中でベストな席ということで、やはり中央の2席が提示された。
ここは素直に提示された席を購入。

オーランドのブルーマン座席表

緑の部分がティア2だ。紫のティア1に前後を挟まれた中央に、車椅子席を除けば6席だけティア2がある。

メールで送られてきたものはE-チケットではなく予約番号。
この予約番号とパスポート、決済に使ったクレジットカードで、開演前までに劇場のボックスオフィスでチケットと引き替えるというものだ。

ニューヨークの小劇場で20年ほど前に観て以来のブルーマン。
劇場も大きくなり、この20年でどれほどの変化や進化があったのかを楽しみたいと思う。

オーランド旅行記 目次


ユニバーサルスタジオ・フロリダでの食事


オーランドのユニバーサルスタジオ・フロリダもWDW同様、敷地の外での食事は車がないと難しい。ということで、ユニバーサルスタジオ滞在中は2つのパークの中のレストランか、シティ・ウォーク、オンサイトホテルに宿泊しているならホテルの中のレストランを利用するしか無い。

そこで、パークとシティウォークの飲食施設でどんな食事が出来るのかを調べてみた。

パーク内で食事をするなら外せない店がある。
アイランズ・オブ・アドベンチャーの中にある「メイソス・レストラン(Mythos Restaurant )」。
このレストランは全米のテーマパーク内飲食施設の中でナンバー1という賞を過去何年間も受賞したとのこと。
何がそんなに良いのかは分からないが、全米テーマパーク内で最も優れているという評価をされているということなので、一度は寄ってみたい。

メイソス・レストラン

メイソス・レストランの入り口

そして現在フロリダにしかないハリー・ポッターの新エリア、ダイアゴン横町(ユニバーサル・スタジオ内)にある「リーキー・コールドロン(Leaky Cauldron)」。味は不明だが「穴の中のヒキガエル」(ソーセージグリル)といった他には無いメニューが楽しめるらしいので、話の種には行ってみたい。
バタービールのアイスクリームもダイアゴン横町のアイスクリーム店(フローリアン・フォーテスキュー・アイスクリームパーラー)で食べられるらしい。

リーキー・コールドロン

リーキー・コールドロン店内

日本のUSJにもあるホグズミード村のレストラン「三本の箒(Three Broomsticks)」ももちろんある。こちらはアイランズ・オブ・アドベンチャーのハリー・ポッターエリア内。

パーク内レストランはこれ以外に特筆すべき店は無い様子。(フロリダのユニバーサルならではという意味での)
それにどの店も料金はテーマパーク価格ということで、飲食はいったんパークを出て、ユニバーサル・シティウォークに行った方が良さそうだ。

シティウォークには日本でもお馴染みのハードロック・カフェ(Hard Rock Cafe)やババ・ガンプ・シュリンプ(Bubba Gump Shrimp Co. )、エメリルズ(Emeril’s)といったテーマレストランの他、ファストフードならバーガーキングや中華のパンダエクスプレス、シナボン、Fusion Bistro Sushi & Sake Barという寿司店、そしてスターバックス等がある。

ユニバーサル・スタジオ・フロリダはウォルト・ディズニー・ワールドのついでに訪れる人がほとんどなので、あまり長く滞在する場所ではないと思う。
ほとんどの人が日帰り、長くてもせいぜい2泊程度のスケジュールではないだろうか。
であればこれだけの飲食施設があれば事足りると思う。
ファストフード店では持ち帰りも出来るのでホテルの部屋で食べることも出来る。
行ってみたいレストランを一件か二件決めておけば、あとはバーガーキングやパンダ・エクスプレス、寿司のテイクアウトなんかで安価に、そして気軽に食べられれば十分だろう。

ちなみにキャラクターブレックファストがユニバーサル・スタジオ内のカフェ・ラ・バンバ(Cafe La Bamba)で木曜〜土曜の朝9時〜11時に行われている。オフィシャルサイトから要予約。
登場キャラクターはスポンジ・ボブやミニオンと思われる。(変更もあると記されているので定かでは無い)
日曜日だけだが、オンサイトホテルのロイヤル・パシフィック内のレストランJake’sでもキャラブレがある。(こちらはホテルに直接予約が必要)

オーランド旅行記 目次