タグ別アーカイブ: ホテル

ハーバーブルバード沿いのホテル (アナハイム)


カリフォルニア・ディズニー・リゾートに行くなら、もちろんディズニー直営ホテルへの宿泊は便利だし、いずれのホテルにもキャラブレ等があるのでお薦めだ。
しかしとても高い。東京ディズニーリゾートの直営ホテル並の料金だ。
高いと感じる最大の要因は、アクセスの面では直営と見劣りしない低料金のホテルが周辺に多い事も原因の一つ。

オーランドではWDW敷地内にある直営リゾートと、その他のホテルでは利便性に圧倒的な違いがあるので、WDWで遊ぶなら迷い無く直営をお薦めするし、東京ディズニー・リゾートも直営とオフィシャル以外は利便性で大きな差がある。
しかしアナハイムに限ってはもっとも大事な距離という面では大差が無いか、場所によっては直営よりも近いホテルが存在する。

低料金のホテルが多く建っているのがハーバーブルバード(Harbor Blvd)という通り。
この通りに面して観光客向けの飲食店やホテルが建ち並んでいる。
ディズニー・リゾートの入り口もこの通りに面しているので、ディズニーの入り口付近のホテルを選べば、直営のディズニーランド・ホテルやパラダイス・ピアホテルよりもパークに近かったりする。直営の中ではグランド・カリフォルニアンが唯一、アクセス面で一番優れているので、グランド・カリフォルニアンに泊まれる予算があるなら、直営のサービスにアクセスの利便性もダントツなので、他のホテルを検討する必要は無い。

パークビューイン

私達が宿泊したのはパークビューイン。クリスマスシーズンでも朝食付きで1泊110ドルほどだった。(さすがにクリスマス前日からは50ドルほどプラス)

さて、ハーバーブルバードに立ち並ぶ数多いホテルの中でどこがお薦めなのか。
私達はディズニー入り口の真正面に位置するパークビューインを選んだが、この位置にはベストウェスタン パーク プレイス イン & ミニ スイーツというホテルもある。
ディズニー・リゾートと空港を結ぶディズニーランド・リゾート・エクスプレスというバスのバス停がベストウェスタン パーク プレイス イン & ミニ スイーツの真正面なのでとても便利だと思う。(パークビューインまでも十数メートルだが)
パークまでの距離という意味ではこの二件だが、さほど遠くない距離にもたくさんのホテルがある。平均的な宿泊料金と共に列記すると、以下の通り。

  • パークビューイン(99 USD – 179 USD)
  • ベストウェスタン パーク プレイス イン & ミニ スイーツ(148 USD – 208 USD)
  • ベスト ウエスタン アナハイム イン(153 USD – 191 USD)
  • アナハイム デザート イン & スイーツ(120 USD – 320 USD)
  • トロピカーナ イン アンド スイーツ(134 USD – 207 USD)
  • アナハイム キャメロット イン & スイーツ(137 USD – 266 USD)
  • カルーセル イン & スイーツ(148 USD – 265 USD)
  • ラマダ メインゲート – アット ザ パーク(127 USD – 249 USD)
  • キャッスル イン アンド スイーツ(122 USD – 279 USD)

以上のホテルはどこを選んでもディズニーまでとても近いと感じる位置にある。
いずれもエコノミーなホテルなので高級ホテルの様なサービスは期待できないが、朝食付きであったり、かなり広い部屋を提供していたりと、独自のアピールポイントをそれぞれ持っている。

パークビューインの朝食

朝食サービスは多くのホテルで行っている。メニューはそれほどではないが、朝はとりあえずで十分という人なら食費も節約出来る。

パークまでのアクセスという意味では上記のホテルに劣るが、キャンディ ケーン イン ホテル(85 USD – 179 USD)というホテルも人気が高い。ハーバーブルバード沿いではあるが、ディズニーの入り口まで徒歩15分ほどかかる。無料のシャトルバスも出しているので、この距離さえ気にならなければ、界隈の同クラスホテルの中では最も評判の良いホテルだ。
至近にセブンイレブンがあるので、買い物には便利。

ホテル価格は時期によって大きく変わるので一概には言えないが、ほとんどの時期でディズニー直営ホテルの半額、もしくはそれ以下で泊まれるホテルが、至近距離にこれだけ多く存在するのはアナハイムのディズニーだけだ。
旅費を安く抑えたいという場合には、ハーバーブルバード沿いのホテルを検討するのがいいと思う。


ハワイのアウラニに泊まるなら


アウラニ・ディズニー・リゾート&スパ コオリナ・ハワイはハワイのオアフ島にあるディズニーのリゾートホテル(タイムシェア物件としても販売されている)。
ハワイに行くなら又泊まりたいと娘は言うが、かなりお高めの宿泊料なのでそうは行けない。

そうは行けないと思うアウラニなので、ハワイ(オアフ島)での宿泊をここでしかしないという人以外は、アウラニ宿泊中にワイキキやその他のショッピングエリアに出掛けて半日以上を費やすのはかなり勿体ないと思う。
ここに宿泊中は全日アウラニ内やコオリナでのリゾートライフを満喫することで過ごした方がいい。
アウラニがあるコオリナからはカポレイの街が近いので、コオリナから出て行くとしたら、カポレイのショッピングセンターやスーパー巡りか、せいぜいワイケレアウトレットモールくらいにして、それよりも東側(ワイキキ方面)に行くのはワイキキ宿泊中の方が良い。(ワイキキでアウラニよりも高い高級リゾートに泊まるなら別だが)

日本からの飛行機は午前中に到着する便が多いと思うが、チェックイン時間前でもホテル内の施設は利用出来る。まずはフロントで手続きだけ済ませてしまおう。
荷物を預けた後は、部屋に入れる時間までプールやビーチで過ごすことも出来るので、水着などは預けないように。
運が良ければ部屋にも入れるかもしれない。私達は到着が10時頃だったが、部屋の準備が出来ているということで入れてもらえた。(通常は15時)

荷物を預けたらまずはIWA(日々のアウラニ内アクテビティを確認出来るスケジュール表)をもらっておこう。ここにショースケジュールやキャラクターグリーティング等の情報が載っている。
これに目を通して過ごし方を考えるのがアウラニ滞在の基本。

  • IWAにキャラクターグリーティングの情報が掲載されなくなったとの情報があります。キャラグリの場所と時間は専用の内線電話で確認出来るシステムになっているとのことで、この電話音声は英語のみ、しかし録音の為、何度でも聞き直し可能とのこと。聞くべき事はキャラクター名と時間と場所なので、聞き直し可能であれば英語でも何とかなるのではと思います。
iwa aulani

IWAはターンダウンの際に翌日分が各部屋に配られる。ロビー等でも入手出来る。

次にルアナラウンジという、チェックイン時間前とチェックアウト後に利用出来る専用のラウンジがあるので、そこへ行き、宿泊者であることの確認さえ行えば、ロッカールーム(更衣室)が利用出来る。ロッカーは自分で任意に設定出来る暗証番号式なので貴重品をしまう事も可能。
ルアナラウンジにはちょっとした子供向けのゲームやPC等もある。
もちろんプール利用に必要なバンドも貰えるので、これでプールエリアもビーチも利用出来る。
ビーチタオルもプールエリア入り口で受け取れるので、バスタオル等を持参する必要はない。

アウラニのリストバンド

プール利用には日ごとに色の変わるリストバンドが必要

子供(3〜12歳でおむつの取れた子のみ)がいるなら、アンティーズ・ビーチ・ハウスでのアクティビティ(工作や映画鑑賞、ダンスプログラム、ゲーム等々)も利用出来る。
利用には事前登録が必要なので、登録は忘れずに済ませておこう。
以前は登録用紙への記入と持参が必要だったが、現在はアウラニのサイトからオンラインで登録しておくことも出来るらしい。(オンライン登録は到着24時間前まで)オンライン登録は日本語が用意されている。
アンティーズ・ビーチ・ハウスでは無料と有料のプレミアムアクティビティがあるので注意。又、人気のアクティビティは予約制なので、参加したいものが要予約の場合には忘れずに予約を。

これも子供向けだが、メネフネ・アドベンチャー・トレイルというインタラクティブなスタンプラリーも時間つぶしにはもってこい。
パウ・ハナ・コミュニティ・センターという場所で専用の携帯端末を借りて、アウラニ内の探検ラリーが行える。端末の指示やヒントに従って進んで行くと、様々な仕掛けが動いたりするので子供は歓ぶと思う。プールエリアが中心だが、敷地内を隅々まで歩かされるので、初日のオリエンテーションにはいいかもしれない。

食事は軽食ならプールエリアでとれる。滞在中のソフトドリンクが飲み放題になるリフィルマグも販売しているので最初に買っておこう。これさえあればアウラニ内の数カ所有るマグステーションで飲み物を注ぎ放題になる。(ソーダ類と呼ばれるソフトドリンクのみだが、一部のステーションにはコーヒーも有り)
このリフィルマグのシステムはディズニーワールドリゾートにもあるが、ディズニーワールドの方は宿泊期間をマグに付いてるチップで管理していて、一回の連続した滞在期間のみしか使えない。アウラニの場合は再訪した時にも使えるので、一度購入すれば何度でも、行く度に同じ物が使える。(2015年3月現在)

滞在中の食事は基本的にアウラニ内のレストランや軽食スタンドで済ませることになると思う。
人気のマカヒキでのキャラブレは事前の予約必須なので、事前予約を忘れずに。(2015年3月現在、アウラニの英語サイトからのみオンライン予約が可能、キャラブレは月曜日のみ無し)
メインダイニングはマカヒキ(ビュッフェ)とアマアマのみなので、2泊程度なら困らないと思うが、それ以上になるとやや物足りないかもしれない。
マカヒキでのキャラブレは一度行けば十分だろうし。

マカヒキ

マカヒキでのキャラブレは子供が主役

アウラニの外で食事をするなら、買い物も出来るコオリナ・ステーションが便利。アウラニからは徒歩5分程度で行ける。
アイランド・カントリー・マーケット(ABCストア)があるので、ここで食事を買って部屋のラナイで食べるのもお薦め。
評判のいいモンキーポッド・キッチン他、リーズナブルなレストランや雑貨屋、ブティック等もコオリナ・ステーションにある。

コオリナにはルアウ(食事付きのハワイアンショー)で有名なパラダイス・コーブもあるので、時間があるならこれを利用するのもいいかもしれない。
予約はアウラニのコンシェルジェでも行ってくれる。
コオリナ内の無料循環バス(30分ごとに出発)で行くことが出来る。

貧乏人の発想かもしれないが、アウラニではその施設とサービスを満喫しないと元が取れないという気がする。独自で最大の魅力はディズニーキャラクターとプール施設だと思うので、これを中心に滞在中のスケジュールを考えた方がいい。
ちなみに私には縁が無いが、スパも素晴らしいそうだ。

アウラニ・スターレット・フィー(Aulani Starlit Hui)という夜のショーは観られないと損なので、これを観られるスケジュールで宿泊することを強くお薦め。週二回しか開催されないので、2、3泊だと観られないということもある。(雨天中止は運なので諦めるしかないが)
基本的に開催日は月木とのことだが、変更もあるかもしれないので確認を。

こちらの記事もご参照下さい 




リフィルマグで飲める飲み物


リフィルマグとは、そのマグを一度購入すれば何度でも飲み物を注げ、飲み放題になるというシステム。オーランドのディズニーリゾートやハワイのアウラニ等にある。
システムは変更になったりするので行く前に確認が必要だが、今現在、アウラニでは一度購入すれば訪れる度に何度でも使用出来る、まさに飲み放題のシステム。
オーランドのディズニーリゾートではRapid Fillという仕組みが導入され、マグに内蔵されたチップに使用可能日数が登録される。

Rapid Fillの場合は最初に購入する時に滞在日数を告げ、その情報をマグのチップに登録してもらうことになるので、使用日数によって料金が変わる。(4日間以上は同一料金)
利用日数を再登録してもらう必要があるが、マグ自体は何度でも再利用が可能。
不正利用(一つのマグで他の容器に移し替えるような)を防ぐために、連続使用出来ない様になっているので、一度注いだら数分間は利用出来ない。
このリフィルマグはパークでは使えないが、リゾートでは購入したリゾート以外でも使用出来る。
又、ダイニングプランにはこのリフィルマグがセットになっている。

Refillable-Mug

常に4色くらいが販売されいるようだ。

さて、このリフィルマグで何が飲めるのかが気になるところ。(オーランドのWDWリゾートで)
リゾートによって違いがあるかもしれないが、以下が調べてみた結果。

  • コーヒー(デカフェ有り)
  • ココア
  • 紅茶

以上はホットだが、氷はあるのでアイスにすることも可能(薄くなるので美味しさは?)

  • コカコーラ
  • ダイエットコーク
  • コカコーラゼロ
  • ファンタオレンジ
  • スプライト
  • Hi-C (ピンクレモネードやフルーツパンチといういくつかの種類がある/炭酸飲料)
  • Minute Maid Light Lemonade

水に関してはマグのICを読まずに飲み放題(登録日数無関係)の様なので、水道水と思われる。これはマグ以外の容器(紙コップや水筒等)にも注いでいい事を意味していると思われる。

アメリカではドリンクバーの機械(ドリンクサーバー)のことをソーダファウンテンと言うが、まさにソーダ類が主。コールドドリンクでは唯一、Minute Maid Light Lemonadeは炭酸飲料ではなかったと思う。

私はコカコーラゼロが好きなので、多分そればかり、たまにコーヒーか紅茶といった感じになりそう。

ちなみにこのリフィルマグはリゾートのフードコートでの使用を前提に作られているようで、とても密閉性が悪い。部屋に持ち帰るくらいなら問題ないが、とてもパークへ持って行ける様なシロモノではない。別に持って行っていけないということはないが、リゾートで注いだ分などすぐに無くなってしまうだろうし、パークでの補充は出来ないのだから、空になればただ邪魔なだけだ。
又、もし空にならずに中に飲み物が入っている状態では、かなり気をつけないとすぐに溢れてしまうと思う。
リゾートの部屋に置いておき、フードコートと部屋でのみ使用するのがいいと思う。

どうしてもパークに持参したいなら、マグに入れた飲料を密閉性のある容器に移し替えていった方がいい。しかし、マグは一度注ぐと数分間待たないと再度注ぐことが出来ない仕掛けになっているので、マグ一杯分しか移し替えは出来ない。(時間をかければ出来るわけだが、そこまでするのはいかがなものか…)

Rapid-Fill-mug

匂いの付きやすい材質なので、ホットドリンクとコールドドリンクをどちらも飲む人はちゃんと洗った方がいい。

オーランド旅行記 目次