タグ別アーカイブ: ホテル

アメリカのコインランドリーを使う


一週間以上の旅行ではやはり洗濯をしないと厳しい。
そこでコインランドリーを使うことになるわけだが、有難いことにアメリカのホテルではよほどの高級ホテルでない限りは必ずコインランドリーがある。

並んでいる洗濯機はまず間違い無くドラム式。そして大きな乾燥機が並んでいる。
使い方は文字通りコインを使う物とプリペイドカードを使う物があるが、ホテルにあるコインランドリーはほぼコインのみ使えるタイプだと思う。
洗濯機も乾燥機も使えるコインはクオーター(25セント)のみ。料金は2〜3ドルくらい。その額分のクォーターを並べて溝に入れ、押し込んで入れるというタイプが一般的。日本の様にコインを一枚一枚入れる投入口は見たことがない。
両替機を置いている所もあるが、使用中止や故障ということも多いので予めクォーターを用意してから行った方がいい。
コインを押し込めば数十秒後にドアがロックされて自動で洗濯が始まるタイプと、コインを入れた後にスタートボタンを押して始めて洗濯を開始する物があるので確認してから使うこと。

洗剤は自動販売機で売っているが、これもクォーターが必要。両替機同様に売り切れや故障もあるので洗剤も予め用意していった方が安心。
日本の洗剤は軟水用だから、アメリカの硬水には向いていないという話もあるが、気にするほどの違いはないと思うので、日本から使い切りの洗濯洗剤を持って行くのもアリだと思う。
現地の洗剤を使う場合はタイド(Tide)と言う、オレンジ色の洗剤がもっともポピュラーで、何処ででも買えると思う。

アメリカの洗濯洗剤

洗剤の販売機。TideやBounceがある。漂白剤も。お金はやはりクォーターを並べて押し込む方式。

柔軟剤は日本でもお馴染みのダウニー(Downy)があるが、それよりも乾燥機用柔軟剤の方が一般的。日本人は洗濯したら部屋で乾かせば良いと考える人もいるだろうが、あちらでは自宅でも干して乾かすという人は少ないので、乾燥機の使用が一般的。
部屋で干す場合はバスルームを利用する様に。間違ってもベランダ(ラナイ)に干したりしてはいけない。ビーチタオル一枚程度ならいいが、衣類を外に干したりするとホテルに注意を受ける可能性がある。
それに、一時間もあれば綺麗に乾かしてくれるので乾燥機を使った方が良いと思う。
乾燥機用柔軟剤はシート状のもので、バウンス(Bounce)というのが一般的。
乾燥機を使う時に濡れた衣類と一緒に入れてしまえばいい。静電気なども防いでくれるので便利だ。もちろん乾燥機用柔軟剤は必須というわけではない。

ホテルのコインランドリーは朝と夕方以降が混む。もし可能なら昼間に洗濯出来れば空いていることが多い。選択中や乾燥中はロックされているので心配ないが、盗難を防ぐためにも、他の使用者の迷惑にならない為にも、運転終了する前には行って終了後すぐに洗濯物を取り出すようにした方がいい。
防犯上、ランドリールームには部屋の鍵が無いと入れないという場合もあることを知っておこう。


旅行関連アプリを紹介 3 (国内旅行用)


国内旅行に便利なスマホアプリです。
iPhone版でのご紹介ですが、アンドロイド版もあると思います。

じゃらん

じゃらん

旅館、ホテル検索、予約が行えるじゃらんのアプリ。
検索機能と使いやすさで人気のアプリ。
勿論ポイントも貯まります。

楽天トラベル

楽天トラベル

じゃらんと同じ旅館、ホテルの検索予約が行える楽天トラベルのアプリ。
楽天ポイントを貯めているならこちらがお薦め。
検索機能等でじゃらんアプリに劣るが、徐々に改善されてきている。
PCからの楽天トラベル予約を行い、旅行中はこのアプリで予約の確認等を行っている。

アトラクション待ち時間

アトラクション待ち時間

東京ディズニーリゾートのアトラクション待ち時間をリアルタイムに表示してくれるアプリ。
この手のアプリは種類も多いが、中には待ち時間の更新が遅すぎるものもある。
これは今まで使用した中では一番正確だった。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)公式アプリ

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)公式アプリ

 

USJの公式アプリ。アトラクション待ち時間表示、ショースケジュールの確認、パーク内マップ等として使えるらしいが、まだ実戦投入していない。
評判では待ち時間表示はタイムラグが大きすぎて信頼出来ないとのこと。
何と言っても公式なので、改善していってくれることに期待。


ユニバーサルスタジオ オーランド再検討


オーランドのユニバーサルスタジオではオンサイトホテルのロイヤル パシフィック リゾートを2泊予約しているが、本当にそれでいいのか再検討。まだ余裕でキャンセルは可能だ。
と言うのも、ロイヤル パシフィックより1泊につき100ドル以上安い低価格なオンサイトホテル、カバナベイリゾート(Universal’s Cabana Bay Beach Resort)でもいいのではないかと思い始めたため。

カバナベイリゾート

カバナベイリゾートは新しいホテルなので部屋も綺麗とのことだ。

当初、このカバナベイリゾートを候補から外したのは、パークまでちょっと距離があることと、オンサイトホテルの特典であるエクスプレスパスが付かないことが理由。(1時間早くパークに入れる特典は付いている)
しかし距離は頻繁に往復しているシャトルバスのおかげで気にならないという情報がある。エクスプレスパスについてはやはりあった方が快適だが、必要なら別途購入してもいいのではないかということだ。

そこでエクスプレスパスを別途購入した場合と、既に予約しているロイヤル パシフィック リゾートの宿泊料とを計算しなおしてみた。
ここで悩ましいのが、ロイヤル パシフィック リゾート等のカバナベイリゾートを除くオンサイトホテルに付いてくるエクスプレスパスは、アトラクション一つに付き1回使用出来る通常のエクスプレスパスでは無く、何回でも無制限に使えるアンリミテッドエクスプレスパスであるということだ。
2泊で計3日間はのんびりユニバーサルスタジオとアイランズ・オブ・アドベンチャーの両パークで遊ぶつもりなので、気に入ったアトラクションには何度でも使えるアンリミテッドエクスプレスパスが断然いい。
なので別途購入するのもアンリミテッドエクスプレスパスで計算してみると、やはり素直にロイヤル パシフィック リゾートに宿泊した方がお得だと分かった。
もし普通のエクスプレスパスでよければプラスマイナスゼロくらい、アンリミテッドエクスプレスパスでは二人分を3日間で計算すると圧倒的に別購入は高い。
エクスプレスパスは時期によって値段が大きく変わるので、最も安い時期ならまた違った計算結果になるかもしれないが、オンサイトホテルの宿泊料も安くなるはずなので、やはりこの特典はかなりお得に設定されているのかもしれない。
チェックイン当日の朝からチェックアウト当日の夜まで有効で、宿泊する人数分付いてくるというのがミソだ。
独りで宿泊で、チェックインの日やチェックアウトの日にパークには行かないということなら、カバナベイリゾートにしてアンリミテッドエクスプレスパスを別購入がお得だろう。

というわけで当初の予定通り、ロイヤル パシフィック リゾートに宿泊することに決めた。

ロイヤル パシフィック リゾート

やはりロイヤル パシフィック リゾートに決まり。

オーランド旅行記 目次