タグ別アーカイブ: プール

グアム旅行記 (2016) 5・アウトリガーグアムのプールとビーチ


グアムでもっともプール施設が充実したホテルと言えば、まずはPIC(パシフィック アイランド クラブ)、そしてオンワードになる。この二つはウォーターパークと言っていい規模だ。
タモンの中心部ではハイアットのプールが大きめでリゾート感もあることで有名だが、今回アウトリガーに初めて泊まってみて、アウトリガーのプール施設も意外に悪くないと思った。

アウトリガーにはメインプール、スプラッシュプール、子供用プールの3つがあるが、子供用プールは本当に幼児向けの水遊び場なので、プールと言えるのはメインプールとスプラッシュプール。
スプラッシュプールにはウォータースライダーがある。
ここ数年、プール施設のメンテナンスでどちらか一方のプールが閉鎖ということも多かったようなので、確かにどちらか一つになってしまうと淋しいと思う。が、どちらもオープンしている通常の状態であれば、十分にリゾートホテルのプールとして満足出来るレベルだと思う。

アウトリガーのメインプール

メインプールの周囲には南国の花等も咲いていて、リゾートらしい。

スプラッシュプールのウォータースライダーは高さが5.2メートル、長さ20メートルというものなので、大人には物足りないが、子供ならそれなりに楽しめるもの。
ジャグジーはメインプールとスプラッシュプールの間に一ヵ所あるが、いつも大抵混んでいる…。

アウトリガーのウォータースライダー

スライダーには年齢や身長の制限はなかった。

プールの営業時間は朝7時から夜10時まで。
プールのある階(コインランドリーも同じ場所)までは客室階からエレベーターで直接降りられるので、部屋からは水着のまま(上にTシャツ等を着る程度で、下は水着のままでも大丈夫)往復するのが基本。
プールとビーチ用のタオルはスプラッシュプール横のタオルスタンドで必要な枚数を借りられるので、部屋から持参する必要は無い。
タオルのレンタルにはチェックイン時にルームキーカードと一緒に受け取るタオルカードが必要で、このカードをスタッフに渡してタオルを受け取り、返却時にカードを返してもらうというシステム。(これはハワイのヒルトンワイキキとかと同じ)
カード一枚に付きタオル一枚という決まりはないようなので、2枚でも3枚でも必要なだけ借りられる。
タオルの受け取り時にプール利用者用の腕輪をはめてくれるので、もしタオルが必要無い場合でも、この腕輪だけはしてもらいに行く必要がある。(ホテルのゲスト以外はプール利用が出来ないので、ゲスト証明用の腕輪が必要になる)
この腕輪はタオル返却時にハサミで切ってもらうことも出来るが、強く引っ張れば自分で切る(ちぎる)事も可能だった。
あと、タオルスタンドでは浮き輪やビーチボールに空気を入れてもらうことも出来る。(ホテルのプールでは浮輪禁止という所も多いが、アウトリガーのプールでは使用OKだった)

ビーチへはプールエリアからアクセス出来る。(借りたタオルはビーチでもそのまま使ってOK)
ビーチとプールエリアの間には砂を落とすためのシャワー等も完備されている。

ビーチにあるパラソルやチェアは有料レンタルなので、借りないなら砂浜にタオルやシートで場所取りをすることになる。日本の海水浴場やワイキキみたいには混んでいないので、余裕で場所はある。
有料レンタルはビーチパラソルやチェアの他、ペダルボートや浮き輪類、シュノーケルの道具等があって、現金が無くても部屋付けで借りることが可能。ビーチ沿いのホテルごとにパラソルの色が違っていて、アウトリガーはブルー。
ただ、長時間ビーチで過ごすのでなければ、プールサイドのチェアは無料だし、ビーチでチェア等を借りる必要性は感じない。

タモンのビーチ

こんな感じでビーチパラソルが並ぶ。浮いているボートもレンタル用。

タモンの海は遠浅で、とても綺麗。砂浜も綺麗に整備されている。ワイキキビーチなんかよりも格段に透明度がある。(もちろん天候にもよるが)遠浅なので比較的安全なビーチではあるが、遠くの白波の立っている辺りからは急激に深くなり、流れも急らしいので注意は必要。
あと、サンゴの欠片が多いし、ちょっと入っていった辺りからはサンゴもあるので、素足の時は気をつけた方がいい。基本的にはマリンシューズやクロックス等をはいていた方が安心。

今回、日本からシュノーケルセットを持参したので、シュノーケリングも楽しんだ。ホテル前のビーチでもある程度魚はいるので、それなりに楽しめる。
この辺りに多くいるムラサメモンガラという魚は、産卵期には近付く人間をよく噛むという話を聞いたが、我々は噛まれることは無かった。

タモンビーチでのシュノーケル

こんな感じで珊瑚の回りに魚がたくさんいるが、あまりカラフルなのはいない…

タモンのムラサメモンガラ

こいつがムラサメモンガラ。グアムのビーチでは頻繁に見る魚。噛まれても大怪我をするようなことはないが、それなりに痛く、軽く出血してしまう事もあるからしい。

ホテル前のビーチは夜遅くまでライトアップされているので、さすがに泳ぐのには適さないが、日が落ちても波打ち際でちょっと遊ぶくらいなら可能だ。

ホテルのプールやビーチの他、今回はホテルから徒歩圏のターザ・ウォーターパークにも足を運んだ。規模はそれほど大きくはないが、流れるプールにいくつかのウォータースライダーがあって、それなりには楽しめる。
ターザの良いところは何と言っても立地。タモンの中心部にあるので、この辺りのホテルからなら容易に行けるのがいい。当日の入退場は自由なので、午前中にちょっと遊んでホテルに戻り、また午後に行くなんてことも可能。
ただ、一通り遊べば満足してしまうので、我々はオープンと同時に行って、2時間ちょっと遊んで退散。有料のウォーターパークとしてはちょっと物足りない感じではあるので、特にスライダーが好きということでなければ、わざわざお金を払って行くほどでもないかもしれない。

ターザ・ウォーターパーク グアム

空いているので人気のスライダーもそれほど並ばずにすむ。

滞在中、雨は降ったり止んだりを頻繁に繰り返していたが、一日中ずっと雨ということはなかったので、雨期でもプールとビーチを十分に堪能することが出来た。

グアムのプールやビーチで遊ぶ際には日焼け止めは必須なので、それだけは忘れずに。(もちろん現地のABCとかでも調達は可能)




オプショナルツアー検討・グアム旅行準備編3


グアムは過去に3回訪れているが、特に観光らしい観光はしていない。
初めての時はHISのツアー(以降は個人手配)だったので、その時に到着後、半日観光に参加させられたくらい。

今回は7泊という、今までで一番長いグアム島旅行になるので、いくつかの観光、現地ツアー等を検討することにした。
行く事を検討しているのは以下の通り。

  • チャモロビレッジのナイトマーケット
  • デデドの朝市
  • 恋人岬
  • ポリネシアンディナーショー
  • マジックショー
  • ウォーターパーク

チャモロビレッジのナイトマーケットに関しては水曜日のみなので、現在の予定では到着日のみしか行ける機会は無い。
飛行機が定時に到着すれば余裕ではあるのだが、万が一のトラブルも考慮して自力で行く事にする。ナイトマーケットに向かうシャトルバスは往路が17時半から19時半まで、復路は21時頃までタモンとの間を結んでいるので、それを使う事にする。(当日に乗車チケットを購入する)

土日の朝にあるデデドの朝市も専用のシャトルバスがあるので、それを使ってもいいのだが、朝市と恋人岬の観光をセットにした現地ツアーがさほど高くは無い料金であるので、それを使った方が良いかと思っている。朝市のシャトルは混雑するということだし、早起きのついでに恋人岬観光も出来てしまうと言うのは魅力的だ。

ポリネシアンショーに関しては過去にP.I.C(パシフィック・アイランド・グアム)のものと、フィエスタ・リゾートのもの、そしてハイアットのブリージズサンセットバーベキューに行っている。
この中ではショーの規模としてはP.I.Cのもの、アットホームな雰囲気と場所ではフィエスタ・リゾートのものが良かったが、今回はショーそのものの評判の良いフィッシュアイポリネシアン・ディナーショーとザ・ビーチ・ディナーショーのいずれかを検討。
どちらもショーの内容は素晴らしいようだが、どちらかと言えばフィッシュアイの方がいいらしい。ザ・ビーチの方はショー会場のロケーションが素晴らしいようだ。
ただ、ザ・ビーチの方は屋外なので虫が多いというレビューがかなりある。娘は大の虫嫌いなので、これはかなりのマイナス。
フィッシュアイはサンセットクルーズとセットになったコースがあり、これの評判がいい。
ということで、今のところフィッシュアイポリネシアン・ディナーショーのサンセットクルーズ付きプランというのが第一候補。

フィッシュアイポリネシアン・ディナーショー

フィッシュアイポリネシアン・ディナーショーの食事はバフェかコースが選べる。面倒なバーベキューより断然こういうスタイルがいい。

マジックショーは色々ある。
以前からある有名どころではサンドキャッスル・グアム イリュージョンマジックショー、ニッコーのマジックディナーショー・カーメ、ハンク・ライス コメディーマジックショー等がある。
サンドキャッスルのものはマジックショーというよりもラスベガスのショーをイメージした総合エンターテインメントの様な感じで、シルク・ド・ソレイユの様なサーカス要素もあるらしい。そのせいか、マジックを堪能するという醍醐味には欠けるようだ。
カーメもハンク・ライスも賛否両論。言えてることはマジックショーのディナー(食事)は不味いと評価している人がかなり多いと言うこと。
であれば、食事は別で済ませるとして、マジックのみを鑑賞出来るものがいい。
食事有り無しが選べて、マジック自体の評価が高いのはウェスティンで行われているマジックロックスシアターというもの。これは食事付きを選んでもウェスティンのレストランで食事後にマジックシアターへ行って鑑賞というスタイルなので、食事自体も評判は悪くない。
が、残念なことに2016年の3月末で終了とアナウンスされている…。(最新の情報では2016年4月以降も継続の模様)
最近になってフィエスタリゾートで開始されたアンコール!(Encore!)というマジックショーの評判もいい。まだ始まったばかりでレビューは少ないが、コメディタッチのテーブルマジックから、大仕掛けのイリュージョンまで一通り堪能出来るらしい。これもマジックロックスシアター同様、基本的にショーのみで、食事はフィエスタリゾートのレストランやポリネシアンディナーショーとのパッケージが用意されている形。なので、ショーのみを予約すれば問題ない。
私達が泊まるアウトリガーからフィエスタリゾートまでは歩くとちょっとしんどい距離だが、送迎付きで予約出来る様だ。
今のところこの「アンコール!」が第一候補。

アンコール!グアム

アンコール!のリーフレット。ホワイトタイガーならぬホワイトライオンも出るのだろうか。

アウトリガーにもプール施設はあるし、ちょっとしたスライダーなんかもあるようだが、プール大好きな娘の為にウォーターパークも検討。
グアムのウォーターパークと言えばかつてはP.I.C(パシフィック・アイランド・グアム)が代名詞だったが、今ではターザかオンワードビーチリゾートの二択だろう。
ターザはタモンの街中にあるので便利だが、各種スライダーが主な様で、プール施設としては大きくは無いようだ。ずっとスライダーをやり続ける様な遊び方をする人ならいいだろうが、もう少しのんびりプールを楽しみたいという人にはオンワードがいいらしい。オンワードならスライダー以外にも波のプールに流れるプールと、ウォーターパークに欲しいプール施設が揃っている。
マンタという絶叫必至のスライダーも有名だ。
ということでウォーターパークはオンワードに行く事にする。送迎はタクシーで行ってくれるようだ。(往路は混載のタクシーでピックアップ、復路は自由な時間に帰れるタクシーチケット)

7泊の旅行期間に上記の予定を入れていけばまず毎日退屈することはないだろう。
今までのグアムはのんびり旅行だったが、今回は一番アクティブな旅になりそうだ。


グアムのホテル・グアム旅行準備編2


飛行機を押さえて旅行期間7泊8日と決まったので、これに合わせてホテルを決める。
グアム旅行で7泊というのは日本人の旅行スタイルでは長い方だと思う。3泊、4泊くらに分けてホテルをホップ(引っ越す)ことも考えたが、ホテルホップは余計な時間を消費してしまうので、1ヵ所で落ち着くことにした。

これまでグアムには3回行っているが、一番最初はHISの格安ツアーでタモンのグランドプラザホテルに、あとの二回は個人旅行でハイアット(リージェンシークラブルーム)に泊まった。
まずグランドプラザは名前の立派さとは裏腹にかなりリーズナブル(格安ツアーだったので当然)なホテルで、立地は悪くないものの、寝るだけと割り切って使う感じ。
ハイアットが快適なのは言うまでも無いし、リージェンシークラブでの無料朝食、カクテルタイムは素晴らしかった。
しかし今回は7泊で、予算も限られているので、ハイアットは厳しい。かといって7泊もの間、あまりにも安っぽいホテルだと辛い。

そこでホテルの利便性、宿泊費用のバランスから候補を以下に。

  • アウトリガー グアム リゾート
  • オンワード ビーチ リゾート

アウトリガーは立地が素晴らしい。もちろん付近のハイアット、デュシタニ、リーフ、ウェスティン等も素晴らしいのだが、予算面でハイアットとデュシタニは無理。リーフとウェスティンは毎日の坂の上り下りが億劫そうだったのでパス。(それにウェスティンはちょっと高い)
オンワードはタモンの中心部から離れていて立地がいいとは言えないが、充実したプール施設が魅力でホテル自体の評判は悪くない。プール施設が充実しているという意味ではパシフィック アイランド クラブ グアムも有名だが、韓国資本になってからはホテル全体としてあまりいい評判を聞かない。相変わらずプールとアクティビティに限れば素晴らしいらしいのだが。(私は大韓航空も好きでよく乗るので、韓国資本だからと言う差別のような意識は無い)

オンワードのプールはビジターとしても利用出来て、送迎サービスも提供されているので、ビジター利用で遊べば良いと判断し、アウトリガーに決めた。
アウトリガーもサービスやホスピタリティ等での問題は散見するが、その圧倒的な利便性、そこそこ遊べそうなプール施設(現在リニューアル工事中なので新しくなっているはず)、そして宿泊費とのバランスからの選択。

もし予算を気にせずに選ぶとしたら、デュシタニだろうか。プール施設の充実を考えればハイアットもいい。

ホテルを決めたので次はルームカテゴリー。アウトリガーには現在以下のカテゴリーがある。

  • オーシャンビュー
  • オーシャンビュー・デラックス
  • オーシャンビュー・ステュディオ
  • オーシャンビュー・ステュディオ・デラックス
  • オーシャン・フロント
  • オーシャン・フロント・ステュディオ
  • ボエジャーズ・クラブ・オーシャンビュー

とことん予算に拘るなら一番安いオーシャンビューでも問題ない。全カテゴリーにオーシャンとある通り、全ての部屋(もしくはラナイ)から一応海の一部は見えるようだ。それに私はハワイでも街並みの景色の方が好き(夜景が素晴らしい)なので、眺めだけで言えば一番安いオーシャンビューで問題が無い。
しかし問題はラナイ(ベランダ)。オーシャンビュー・ステュディオ(デラックス)、オーシャンフロント、オーシャン・フロント・ステュディオにしかラナイにテーブルと椅子が無いようだ。
あとのカテゴリーはラナイそのものもかなり狭いらしい。
リゾートホテルではラナイでのんびりビールというのも外せない楽しみなので、椅子とテーブルのあるカテゴリーから選ぶことにする。
ちなみに最後にデラックスと付くのは階数が上階保証になり、ステュディオというのはかなり部屋が広いことを指す。
通常のオーシャンビューが36㎡なのに対してステュディオは50㎡だ。
海正面の位置になるオーシャン・フロントは41〜43㎡になる。
ボエジャーズ・クラブ・オーシャンビューというのは部屋そのものはオーシャンビューと同じだが、最上階付近にあり、クラブルームでの朝食やカクテルタイムが利用出来るというだけ。

アウトリガー・グアム・ビーチ・リゾート

オーシャンビュー、オーシャン・ビュー・デラックス、ボエジャーズ・クラブ・オーシャン・ビューの部屋

アウトリガー・グアム・ビーチ・リゾート

オーシャン・ビュー・ステュディオの部屋。ステュディオのラナイには一応、椅子とテーブルがあるようだが、かなり窮屈そう。

アウトリガー・グアム・ビーチ・リゾート

オーシャン・フロントの部屋

アウトリガー・グアム・ビーチ・リゾート

オーシャン・フロント・ステュディオの部屋

ラナイが広く椅子とテーブルがある部屋で、評判の良いオーシャン・フロントを選択した。
海側正面の部屋なので街の夜景が見えないのは残念だが、日中は海のパノラマが楽しめる。
(日中はほぼ外出してるので、部屋でのんびりするのは日没後がほとんどだろうから、個人的にはやはりシティビューやパーシャルオーシャンビューが好き。海しか見えない部屋だと夜の景色はただ真っ暗だ)

階数は運次第になるが、一応高層階をリクエストしてみるつもり。

ホテルの予約はかなり間際まで無料でのキャンセルがきくので早速予約。予約はアウトリガーの公式サイトでも出来るが、私はJALのサイトから行った。
値段はどちらで行っても全く同じ。
楽天からも同様に予約が可能な様で、若干でも楽天ポイントが付くので、そちらで行っても良かったかなと思っている。まだまだ余裕があるので部屋は一応押さえたまま、もう少し検討してみる。