タグ別アーカイブ: フリーマーケット

ハワイ旅行 2017・準備編6・真珠湾 訪問準備


真珠湾(パールハーバー)に行く場合、もっとも簡単なのは現地ツアーだと思うが、ツアー料金は高目。(日本人ガイド付きは特に)
自力で行っても日本語のオーディオツアー(日本語で解説が聞けるヘッドセット)は借りられるし、戦艦ミズーリではチケット代に日本語ガイドツアーの料金が含まれている。
なので高い料金の日本語ツアーに参加するよりも自力で行った方がかなりお得。
問題はパールハーバーまでの交通機関なのだが、公共のバスで行くとかなり時間がかかる(片道1時間程度)。
この問題を解決してくるのが、お馴染みのワイキキトロリー。
パールハーバー方面に行けるパープルラインという路線が出来たので、速く、安く個人で行けるようになった。
パープルラインは本数が少ないので、予め時間を調べておくことが必要だが、アロハスタジアムでスワップミートが開催される日にはアロハスタジアムにも停車するので利便性が高い。
パープルラインに乗るには1日1ライン+ピンク乗り放題チケット(パープルラインを指定)というのを買えばOK。(ワイキキトロリーのサイトで事前購入すれば一人23ドル)
もちろんパープルライン以外のラインにも乗れる乗り放題チケット等もある。

パープルライン

紫がパープルラインのコース。ワイキキの主要ポイントを廻り、その後はアロハター、ピア38を経てパールハーバー(スワップミート開催日はアロハスタジアムにも)に向かう。

我々がパールハーバーに行きたい日は土曜なので、スワップミートも開催されいる。(水、土、日に開催)
なので、時間に余裕があればスワップミートにも立ち寄れるので好都合。
パールハーバーとアロハスタジアムは1キロ程度の距離にある。
ちなみにスワップミートとパールハーバーを一緒に訪問する場合、先にパールハーバーで予定を立てるのがいい。パールハーバーには手荷物が全く持ち込めない(ポケットに入るものと財布にカメラ以外)ので、買い物した荷物等は無い方がいい。荷物を預けるロッカー等はあるが、手間になる。

パールハーバーでアリゾナ記念館に渡るには当日専用の時間指定されたチケットを受け取る必要があるのだが、これがかなりの人気であっという間に無くなることもある。もし無くならなくてもかなり遅めの時間のチケットしか残っていないかもしれず、スケジュールが読めない。
現地ツアーに参加しても朝一で着いたらまずこのチケットを確保することから始めなくてはならない場合がほとんどの様だ。
しかし、実はこれはネットで事前予約出来るのである。僅かな予約手数料(3ドル)はかかるものの、(アリゾナのチケット自体は無料)これを利用すれば何時に現地に行けば良いかも分かるのでとても便利。
もちろん予約分は時間毎に枚数が決まっていて、あっと言う間に無くなっていくので、早めの予約が必要。

アリゾナ記念館予約

Dateに行く日にち、Ticketに枚数を入力してクリックすると、空いている予約時間が表示される。予約は2ヶ月前から開始。

この予約システムを利用して9時のアリゾナ記念館のチケットを確保出来たので、その1時間前、8時に現地に着いていれば良い。(指定時間の1時間前には着く様に書かれている)
この予約は当日アリゾナのチケット受付で予約番号を伝えれば時間指定チケットを貰えるというシステム。
ついでに日本語のオーディオツアー(1台7ドル50セント)も予約し、アリゾナ記念館の予約手数料と共にクレジットカードで支払いを済ませた。

ということで、パープルラインは始発のDFS7時発に乗ればOK。
パープルラインは宿泊しているヒルトン・ハワイアンビレッジの目の前、アクアパームホテルにも停車するのだが、混雑していると嫌なので、始発のDFSギャラリアまで行って、そこから乗ることにしようと考えている。

予定としてはアリゾナ(アリゾナの見学は9時指定だと10時15分終了予定)から戦艦ミズーリ、太平洋航空博物館と見学して(戦艦ミズーリと太平洋航空博物館のチケットは現地で購入予定)、お昼頃までにパールハーバー見学を終えられるようなら、アロハスタジアムのスワップミートにも行くつもり。

さて、これでハワイ旅行の事前準備は全て完了。
次回からは旅行記本編。




グアム旅行記 (2016) 10・デデドの朝市と恋人岬


土曜と日曜の朝(6時~9時頃)にグアムのデデドという所で朝市が開催されている。
デデドはタモンから車で10分程なので遠くは無いが、公共交通機関はないので、基本的にタクシーかレンタカーでないと行けないのだが、水曜のナイトマーケット同様、赤いシャトルバスとHISのレアレアトロリーが専用の朝市シャトル(赤いシャトル)、チャオフリーマーケットエクスプレス(HIS)を出していいる。
チャオフリーマーケットエクスプレスはHIS利用の旅行者以外も直接バスで乗車運賃を払うことで乗れるのはチャモロビレッジエクスプレスと同様。(乗車券を事前にHISのレアレアラウンジで買うことも出来る)

今回私達が利用したのはデデドの朝市と恋人岬観光がセットになったツアー
もちろん料金はシャトルバスを使って行くよりも高いが、それほど高額では無いので、便利なツアーを選択した。
このツアーのメリットは次の通り。

  • 他の観光客よりも早めにデデドの朝市に着くので、比較的空いている時間に見て回れる
  • 恋人岬にも他の観光客よりも早く着くので空いている状態で写真撮影が出来る
  • 専用車でホテルから送迎してくれるのでバスの混雑等を気にせずにすむ
  • 日本語で案内して貰える

デメリットは

  • 当然ながら料金が自力で行くよりは高い
  • 観光時間が決まっているので自由がきかない(シャトルバス往復2便ずつくらいしかなく、時間が決まっているのであまり変わらない)

結果的にはツアーを使って正解だったと思う。
ちなみにこのツアーはデュシタニではなく、宿泊しているアウトリガーのロビー集合だった。

デデドの朝市はローカル相手の生鮮食料品から観光客相手の洋服や工芸品を販売している屋台がずらりと並んでいる。もちろん朝食がとれる屋台やフードトラックもある。
ローカル朝食のお薦めと聞いていたGOTO(ゴトー)を買って食べたが、なるほど美味しかった。(そして安い)
GOTOは一言で言えばチキン風味の小粥だが、味付けは日本人が好むものだと思う。
私達は食べなかったが、TAHO(タホ)という豆腐にタピオカと黒蜜をかけたものも名物らしく、美味しいとのこと。
飲み物はメロンとグレープのスムージーを買って飲んだ。

グアムのゴトー

これがゴトー。さすがにこれだえでは少ないので、チーズサンド付きというセットで注文。チーズサンドは本当にチーズを食パンに挟んでトーストしただけのものだった。

衣料品も安かったので、娘のサマードレスを一着購入。同じ様な物をJPストアやABCで買うよりも半額以下で購入出来る。Kマートよりも安い。(品質は分からないが、さほど違うとは思えない)

朝市での滞在時間は約1時間。これで食事を済ませたり、一通り見て回ることが出来た。時間としてはちょっと余るくらいで丁度良かった。

次にグアム定番の観光スポット、恋人岬。
海抜100メートル以上の岬で、天気さえよければ眺望が素晴らしい。とりあえず行っておくか程度に思っていた場所だが、天気も良かったので絶景を目の当たりにして来て良かったと思った。
まだ他の観光客が到着する前の時間だったので、空いている展望台で写真も撮り放題。ガイドさんも撮ってくれるので、二人旅では少なくなりがちな2ショット写真も多く撮れた。
展望台は別途入場券が必要なのだが、これはツアーにセットだった。
恋人岬も赤いシャトルが専用のシャトルを運行している。

恋人岬

この展望台からはタモンのホテル外を一望出来る。素晴らしい景色。

ホテルに戻ったのがまだ9時前。
朝の約2時間半ほどで上記の様な観光を終えて、まだまだ一日は始まったばかり。ちょっと得した気分だ。


グアム旅行記 (2016) 2・チャモロビレッジのナイトマーケット


レアレアのチャモロビレッジエクスプレス、一応時刻表はあるのだが、かなりアバウトな運行のようだ。というのも、目的のシャトルの出発時刻を数分過ぎてリーフホテル玄関に着いたのだが、まだシャトルは出発していなかった。
すでにシャトルの席は半分ほど埋まっていたが、それでも出発する気配無し。シャトルの前にいたドライバーらしき人物に先ほどHISのレアレアラウンジで購入した乗車チケットを渡し、シャトルに乗り込む。
数分後、ある程度満席になったタイミングで出発。いつもそうなのかはわからないが、どうもある程度の人数になるまで出発しないシステムのよう。

チャモロビレッジまでの道はかなりの渋滞。距離はそれほどでもないはずなのだが、かなり時間がかかった。

到着後も雨は降ったり止んだりで、時折強く降ることも。この天候でもナイトマーケットは盛況で、かなりの人出。マーケットの規模はそれなりに大きく、全部見て回るのには小一時間はかかりそう。

まずは夕食をここでと決めていたので、各種の串焼き等をプレートに盛って提供してくれるチャモロバーべキューの屋台へ。同じような料理を提供している屋台がいくつかあるが、空いている所よりも行列になっているところを狙うのがお約束。
客が多いところの方が美味しいのは必然だろう。
注文の仕方はアメリカの中華のファストフード等でよくあるタイプ。主菜(レッドライス)に、あとはおかず(串焼き)を何品にするかで値段が決まっていて、おかずはチョイス出来る。
雨が降っていたので、ひさしのあるベンチで食事。
お味はまあまあ。特別に美味しいわけではないが、まずくもない。

チャモロバーべキュー

ビーフのBBQにソーセージ、ヤキソバみたいのをチョイス。レッドライスは2スクープ。結構なボリューム。

その後、定番の椰子の実(ココナッツ)ジュースを購入。椰子の実に穴を空け、ストローを刺してくれる。冷えていないし、微妙な味。飲み終わったら再度購入した店に持って行くと、実を切って、中の果肉を切り分け、醤油とワサビをつけてくれる。(この時に1ドル程の別料金がかかる屋台もあるそうだが、私達は込みの料金だった)椰子の実の刺身だ。甘くないナタデココに醤油をつけて食べる感じ。

その後は土産物屋を覗き、ホテルへ戻る。南の島らしいダンスのショーなんかも催されているので、それなりに楽しめる場所だった。

帰りのシャトルは各種のバスが同じ道沿いにたくさん停まっているので、自分たちのものを探すのにちょっと苦労する。行きと帰りではレアレアのチャモロビレッジエクスプレスも車両が変わっていて、往路は通常のレアレアトロリーと同じ、大きめのバンのような形をした車だったが、帰りは大きな観光バスだった。

まだ余力があったので、夜遅くまで営業しているタガタという小型遊園地に行ってみることにした。