タグ別アーカイブ: ダッフィー

オーランド旅行記27・エプコットのワールドショーケース


本来本日はブリザードビーチへ行こうと思っていたのだが、朝起きると天気も悪く気温もとても低い。スマホで天気予報もチェックしたが、終日気温が上がることはないようだ。
なので予定を変更してエプコットのワールドショーケースを中心に巡ることにした。夕方以降は元からハリウッドスタジオに行く予定だったので、ファストパス+は全てハリウッドスタジオでとってあり、ファンタズミック・ディナー・パッケージも予約してある。

そこで、もう一度チャレンジすると決めたジェダイ・トレーニング・アカデミーのレジストレーションを行う為だけにまずはハリウッドスタジオへ。ちょっと出足が遅かったので心配だったが、まだ午後は十分に空いている状態だった。ハリウッドスタジオでの最初のファストパス+指定時間までに終了する回でジェダイ・トレーニング・アカデミーを予約。
すぐにハリウッドスタジオを後にしてボートでエプコットへ。ハリウッドスタジオからエプコットへのボートはワールドショーケースのフランス館付近にある船着き場に到着するので好都合。

ワールドショーケースでは各国の館を巡るスタンプラリーをやっていたので、それに参加。どこかの館でダッフィー(塗り絵をして自分のダッフィーを作る)を入手し、各館でスタンプを押して貰う物。国によって(モロッコ館、中国館、そして日本館)は名前をその国の文字で書き入れてくれる。
このダッフィーは無料でもらえるが、ワールドショーケース専用のパスポートも各館のショップで売っていて、これに各館の入国スタンプを押して貰うことも出来る。なので、ワールドショーケースを全館廻るなら最初に購入しておくといい。

ワールドショーケース

これの裏に各国のスタンプを集める。

我々はスタンプラリーをしつつ、各館のキャラグリをすることが目的。
キャラグリの時間はエプコットのタイムスケジュールに載っている。ワールドショーケースには現在、特に大したアトラクションが無い(ノルウェー館のフローズンのライドがオープンすれば人気のアトラクションになると思われるが)為か、キャラグリを目当てに来る人も多いようで、意外に混む。あっと間にラインカットされることもあるので、開始時間までに並ぶのがいい。開始時間に間に合えば大丈夫と思われる。

ダッフィーは相変わらず日本よりも空いている。とは言っても、2011年にアナハイムでダッフィーのグリーティングに行った時に比べれば人気が出たようで、ガラガラではなかった。アナハイムの時にはグリーティングスポットにダッフィーがポツンと一人淋しくたたずんでいる状態だった…。
今ではダッフィーの縫いぐるみを抱いたアメリカ人も見掛ける。(もちろんTDRの比ではないが)
ちなみにここのダッフィーはサインをしてくれる。アナハイムの時はペンを握れないようでスタンプだった。場所はショーケースプラザのメキシコ館寄り。

特に人気のキャラグリはモロッコ館のアラジンとジャスミン、フランス館のガゼボで行われるオーロラ、イギリス館の屋内に再現されたクリストファー・ロビンの部屋で行われるプーさんとティガーだろうか。
同じくイギリス館のアリスも、通りに面した目に付く場所で行われるので、あっという間に列が長くなる。イギリス館はメリー・ポピンズもあるのでとてもグリーティングが多い。

我々がワールドショーケースで行ったグリーティングはダッフィー(ショーケースプラザ)、ムーラン(中国館)、アラジンとジャスミン(モロッコ館)、オーロラ(フランス館)、プーさんとティガー、メリー・ポピンズ(イギリス館)。
なかなか上手く時間が合わないので、かなり行ったり来たりをさせれれる。その日の混雑具合にもよるだろうが、開始時間を10分過ぎればほとんどのグリーティングでラインカットされて、次の開始時間に再度来る様にと言われてしまう。(そんな余裕がある人は少ないだろう)
ただ、WDWでのグリーティングはそれぞれにたっぷり時間をとってくれるので、それは素晴らしいと思う。

ワールドショーケースのグリーティング

ムーランはここ(中国館)でしか会えない。

食事はイギリス館前のワゴンでフィッシュ・アンド・チップスを購入。
ロンドンには2回ほど行ったことがあるが、フィッシュ・アンド・チップスとキドニーパイが気に入ってほぼ毎日どちらかを食べていた。特にフィッシュ・アンド・チップスはどこで食べても大きく外れることはない。(キドニーパイは店によって外れもある)

フィッシュアンドチップス

フィッシュフライ2つにフライドポテトで一人前。フィッシュアンドチップスでランチは十分。

アトラクションとしてはカナダ館のオー・カナダ!、アメリカ館のアメリカン・アドベンチャーを観た。(休憩の為に)
前回、メキシコ館のグラン・フェスタ・ツアーというボートライドに乗っているので、ワールドショーケースでのアトラクションは計3つだけ体験。
20年以上前に来たときに乗ったノルウェー館のマウルストラムというボートライドは面白かったが、現在は改装中なので残念。改装完了後はマウルストラムではなく、フローズン(アナ雪)のライドになるので改装前を上回る超人気アトラクションになるだろう。
きっとファストパス+のAグループになるのではないだろうか。(マウルストラムもAグループだった)とすると、ソアリン、テストトラック、イルミネーションズのファストパス専用エリア、そしてフローズン(アナ雪)ライドはいずれか一つしかとれないという、今より悩ましいことになるわけだ。時間の無い旅行者には益々選択が難しくなる。

ワールドショーケースのみを見て回って思ったのだが、エプコットはフューチャー・ワールドとワールドショーケースを分けて訪れればかなり楽に楽しめる。どうしてもエプコットに来る時は両方を一度にスケジュールしてしまうと思うが、旅行日数に余裕があるなら、別々に来た方がいい。
ワールドショーケース側にはイギリス館とフランス館の間にインターナショナルゲートウェイという専用の出入り口があるので、それを使えばエプコットのメインエントランスを使わないことも可能だ。
インターナショナルゲートウェイからはボートでボードウォーク地区の各リゾートを廻ってハリウッドスタジオとを結ぶボートがあるし、バスも歩いてすぐのビーチクラブ・リゾートに行けばすぐに利用出来る。
ただ、ワールドショーケース側のオープンはフューチャー・ワールド側よりも2時間ほど遅い11時が通常なので、その点は考慮して予定を考える必要がある。(インターナショナルゲートウェイはエプコットの、つまりフューチャー・ワールド側のオープン時間から通れる)

さて、スタンプも全館分コンプリートしたし、時間内で可能なグリーティングも全てこなしたので、又ボートでハリウッドスタジオに戻る。
どんよりとした空でとても涼しいが、おかげでスコールは無さそうだ。

オーランド旅行記 目次


カリフォルニアアドベンチャー(アナハイム)


2001年にカリフォルニアをテーマにオープンした、アナハイムのディズニーリゾート二つ目のパーク。東京ディズニーランドとディズニーシーみたいな感じだが、こちらはパークエントランスが向かい合わせに位置しているので徒歩で簡単に行き来出来る。(行き来するためにはもちろん両パーク出入り自由なパークチケットが必要)

アナハイム旅行

カリフォルニアアドベンチャーのシンボル、ミッキーの観覧車

カリフォルニアアドベンチャーの人気アトラクションはトイストーリーマニアとソアリン、そしてカーズランド。なのだが、私達が行った時にはカーズランドはまだ建設中だった。

他にもカリフォルニア・スクリーミンというコースター、グリズリー・リバー・ランというずぶ濡れ急流下り等々、東京には無いアトラクションがたくさん。
タワー・オブ・テラーもここにあるが、こちらは(オーランドも)トワイライトゾーン・タワー・オブ・テラーというのが正式名称で、エレベーターが急上昇、急降下するのは一緒だが設定がまるで違う。

ダッフィーもこちらにいる。ダッフィーのグリーティングスポット横のショップでダッフィーグッズも販売してるが、日本と違って人影はまばら。
まだシェリーメイはいない。もちろんジェラトーニも。
アナハイム旅行

ダッフィーは独り占め状態

フィニアスとファーブのショーはアニメでおなじみの曲を子供達と一緒に歌って踊るというもの。日中頻繁に行われてたので何度も踊ってた。
アナハイム旅行

ファイヤーサイドガールズのお姉さんが綺麗

カリフォルニアアドベンチャー最大の見物は日没後に行われるワールドオブカラー。噴水の水で作り出すスクリーンに映像を映し出し、レーザーとファイヤーエフェクトも使ってディズニー映画の名場面を見せるというもの。

かなりの人気で専用エリアで鑑賞できるファストパスがないと厳しい。
私達は指定のレストランでランチセットを買うとこのショーのファストパスとワールドオブカラーのレジャーバッグが貰えるという、ピクニックミールというプランをネットで購入、利用した。