タグ別アーカイブ: シーワールド

オーランド旅行記番外編・予約や手配で使用した旅行会社等


今回のオーランド旅行の手配と予約で使用した会社やサイトは以下の通り。

航空券
ANA(全日本空輸)公式サイト

昔と違って最近では旅行会者の販売する格安チケットと航空会社が直接販売する格安チケットの料金差はほとんどない。ならば座席指定等もその場で行え、搭乗便も即座に分かる航空会社からの直接購入が一番いい。特に子連れ旅行では便の利便性と座席は重要だ。
航空券は当初、JAL、デルタも考慮したが、座席配列や値段、乗り継ぎの利便性等を総合的に判断してANAにした。

ケネディ・スペースセンター
VELTRA・Alan 1(海外現地ツアー総合ポータル)

ケネディ・スペースセンターへのオプショナルツアーは何処の旅行会社に申し込んでも現地の旅行会社(日本語ツアーを扱うのは数社しかない)が主催する現地ツアーの斡旋販売に過ぎない。(例えばHISやJALパック等が独自にツアーを行っているわけではない)様々なツアーや個人旅行の人達が一緒になって現地旅行社のツアーに参加するわけだ。なので何処で申し込んでもコース毎の内容は同じだ。
NASAは内容理解が大事な施設なので日本語のツアーを申し込んだ。様々なツアーのタイプを並べて比較出来、キャンペーン等も随時行っている現地ツアーのポータルサイトを利用した。

ディズニークルーズ
WDW直営リゾートとパークチケット
ミッキーネット

米ディズニー関連の予約ならここしかない。まず値段はディズニー公式サイトから予約するのと全く同じだ。(ミッキーネット独自の割引で実質的には若干安く予約出来る事が多い)
システムはディズニー公式予約システムと連動(公認旅行社はシステムを共有している)しているのでその場で空室なども確認出来る。
値段も信頼度も変わらないのなら、日本語で対応してくれるミッキーネットで決まりだろう。
実際サポートも迅速で、過去アナハイムやアウラニへの旅行でも予約をここで行っているが何も問題がない。

ディズニークルーズの予約そのものはミッキーネットで行ったが、その後のオプショナルツアー予約、クルーズフォト(フォトパスのようなもの)の事前購入等はディズニークルーズの公式サイトで行った。(My Disney Cruiseへの予約の登録が必要)もちろんオンラインチェックインも利用した。
WDWのMy Disney Experienceへの情報登録もそうだが、ディズニークルーズのMy Disney Cruiseへのアカウント登録等に必要な情報もミッキーネットなら確実に入手出来る。

WDWレストラン予約
ラ・ヌーバのチケット
ウォルト・ディズニー・ワールド公式サイト(My Disney Experience)

WDWでのレストラン予約はミッキーネットでも代行してくれる(宿泊日数分が代行無料)が、その場で自分で確認しながら、時間調整等が行えるのでMy Disney Experienceから自分で行った。
直営宿泊者特典である180日前予約のおかげで全レストランを全て希望時間でとれたが、ネット予約の場合、きっかり180日前にならないと予約出来ないのが難点。電話なら最初の宿泊日の180日前にチェックアウト日までの分を一気に予約出来るらしい。(このへんは今後改善されるかも)

ラ・ヌーバのチケット予約もウォルト・ディズニー・ワールド公式サイトから行ったが、予約システムはシルク・ド・ソレイユのもので、シルク・ド・ソレイユのサイトからでも同じシステムにリンクしている。E-チケットを自分でプリント出来るのでそのまま入場出来る。
席を自分で確認して買えるのは便利だが、席を選ぶシステムに癖があるので、好みの席を表示させるのに手間がかかったのが難点。

もちろんMy Disney Experienceからはファストパス+の60日前予約、マジックバンドのカスタマイズ、メモリーメーカーの事前購入、そしてオンラインチェックイン等も行った。

ヒルトン・グランドバケーション・インターナショナルドライブ
ヒルトン公式サイト

ヒルトンオーナーズ(ヒルトン系列ホテルのメンバーシップ)の会員なので、公式サイトから予約。
もちろん公式サイトからの直接予約と他のホテル予約サイトからの予約とで料金に差があるかどうかを確認してから行った。
ちなみに予約に問題が起こった場合や、問い合わせがある場合には日本のヒルトン予約デスクに電話して日本語で対応して貰える。

ロウズ・パシィフィック・リゾート
Expedia(ホテル予約サイト)

ユニバーサルスタジオのオンサイトホテルはどこも高いので出来るだけ安く泊まれる予約サイトを探した結果、Expediaとなった。時期や状況によっては異なる結果になると思う。
Expediaはかなり昔から利用しているので信頼している。
ロイヤル・パシフィックを選んだ理由はオンサイト特典(無制限エクスプレスパスとハリーポッター・フォービドゥン・ジャーニーへのアーリーエントリー)が全て付くホテルの中で一番手頃だったということのみ。

シーワールドとアクアティカのチケット
Undercover Tourist(ロス、オーランドのテーマパークチケット格安販売)

この2パークのセットチケットはなかなか安く販売しているところがない。現地の格安チケット屋で買うといいという話が多いが、時間も限られているので出来れば事前に入手しておきたい。フロリダ在住者やカナダ国民向けの格安チケットは多く見掛けるが、日本人が買えるお得なチケットはなかなか無い。やっと見つけたのがUndercover TouristでのE-チケット販売。
割引率も高く、自分でプリントしたものでそのまま入場するタイプ。
ただ、このE-チケット、なぜか二つのパーク共にバーコードリーダーで読み込めず、番号を直接入力するしか無いようだった。エントランスの係員も何故だろうと首を傾げていたので理由は不明。もちろん番号の直接入力で無事入園は出来た。

ユニバーサルスタジオ(アイランズ・オブ・アドベンチャー)のチケット
オーランドベストガイド

ユニバーサルスタジオとアイランズ・オブ・アドベンチャーの2パーク、3デイというチケットもなかなか安く入手出来ない。これも上記のシーワールド同様、フロリダ在住者、カナダ国民向けの格安チケットがとても安くて羨ましい。
ちなみにホグワーツ特急に乗るためには絶対に同日に2パーク入場可能なチケットが必要。
色々検討した結果、オーランドベストガイドさんが販売しているE-チケットが一番安かった。これも自分でプリントするタイプ。
しかし、あとで気が付いたのだが、下記のブルーマンのチケット同時に購入するなら、ユニバーサルスタジオの公式サイトからコンボチケットを購入した方が、若干だが合計価格が安いことが判明。これは今回の失敗。

ブルーマンのチケット
ユニバーサルスタジオ・フロリダ公式サイト

座席をその場で確定出来るのはこの公式サイトからの購入のみ。割引チケットというのも存在するが、それはカテゴリーのみで席位置までは決められない。
ここでブルーマンのみ鑑賞するという人は滅多にいないと思うので、ユニバーサルスタジオと一緒に楽しむなら、コンボチケットがお得。

ネットスーパー
GardenGrocer(オーランドのネットスーパー)

初めて利用したが、これは間違い無くお薦め。事前に滞在中に必要なものをオーダーして、到着時に即、何の手間も無く手に入るというのは感動。4泊以上の滞在で、飲料水や酒類、スナック等が必要な人は使わない理由が無いと思う。
最低利用料金等があるので、あまりにも短い滞在であれば、高額でもWDWのショップで都度購入した方がいいかもしれない。

現地手配

以下のものは全て現地でその都度手配、購入した。

タクシー
ホテル〜ホテル、空港への移動なので全てホテルに呼んで貰った。ホテル敷地内に入ってくるタクシーは基本的に提携会社のものなので安心。メーター有りが一回、メーター無しが2回という結果。
いずれのドライバーも問題なく、想定内の料金で移動が出来た。
余程の事がない限り、タクシーは5分以内に手配されるので、ホテルからの移動なら、事前に自分で手配しておく必要はないと思う。
車種は手配係(ベルマン等)が荷物の量を見て判断してくれる。大きなバンタイプも多いので家族3〜4人くらいの利用までならスーツケースも含めて問題ないはずだ。

I-RIDE
ヒルトンのフロントで3日間券を購入。滞在中に一往復する程度なら乗車の際に現金払いで問題ないが、毎日乗る、もしくは一日に乗り降りを何回かするのならフリーパスを買った方がお得。(現金だと乗る度にぴったり必要なので、手持ちの現金を気にする必要が無いのもいい)
このパスはインターナショナルドライブ沿いの主要ホテルのフロントの他、ショッピングセンターなどでも販売している様だ。
購入すると購入証明のレシートをくれるので、それをI-RIDE初めて乗る時にドライバーに見せると、該当のチケットに交換してくれる。以降はそのチケットをリーダーにスワイプさせて乗ればOK。

オーランド・アイ
現地施設のチケットカウンターで購入。とても空いていたし、時間があれば寄ってみようと思っていた程度なので事前に手配しておく必要は無し。
観覧車(オーランド・アイ)の他に水族館、マダムタッソー蝋人形館とのコンボチケット等もある。
我々はオーランド・アイのみ。
とても空いているせいもあって、帰りの記念写真販売はかなり熱心なので注意。

リプリーズ・ビリーブ・イット・オア・ノット
上記オーランド・アイの北側にある、アメリカ流の珍品博物館。日本の温泉観光地とかにあるトリックアート系の観光施設に似ている。(実際、リプリーズ・ビリーブ・イット・オア・ノットは欧米の観光地に数件存在する)
チケットは施設の窓口で直接購入。各地で入手出来る無料マップや無料ガイド誌には割引クーポンが付いていることが多いのでそれはチェックしておこう。もちろんクーポンを使って2ドル程割引してもらった。
料金も手頃なので、インターナショナルドライブの界隈の観光ついでには持って来いの施設。
こういう怪しい雰囲気が嫌いでない人なら料金に見合う程度には楽しめると思う。

リプリーズ・ビリーブ・イット・オア・ノット

リプリーズ・ビリーブ・イット・オア・ノットのサイト。

オーランド旅行記 目次


オーランド旅行記41・アクアティカ (ウォーターパーク)


先日同様、専用の門から営業開始前のアウトレットを抜けてI-RIDEのバス停へ。
今日はシーワールドのウォーターパーク、アクアティカへ行く。ので、水着の上に服を着て移動。
シーワールドへはI-RIDEのレッドラインでもグリーンラインでも行けたが、アクアティカに停車するのはレッドラインのみ。

アクアティカもシーワールド同様にパークの駐車場の中までI-RIDEが入って行き、敷地の中にバス停があるので降りる場所を間違える心配は無い。米国の格安チケット販売サイトで事前購入したシーワールドとアクアティカの2パークチケット(自分でプリントアウト)で入場。

アクアティカもWDWのウォーターパーク同様、オープン直後はチェアの確保は簡単。これまたWDWのウォーターパークの時と同様に、確保したチェアに荷物をチェーンで結び、ロッカーは借りずにタオルだけレンタル。
WDWの時はマジックバンドという便利な物があったが、今回はないので少額の現金だけ持参した。

パークの構成は造波プールに流水プール、そしていくつかのスライダーにキッズエリアという、ウォーターパークとしては基本的な構成。
ただ、そこは集客力の高いWDWに対抗するべく、WDWのウォーターパークには無い趣向も凝らしている。
まずはIhu’s Breakaway Fallという絶叫系のウォータースライダー。直立した状態でカプセル状のスタート台に入り、カウントダウンで足下の蓋が開き、垂直落下状態で滑り落ちるもの。
これはあまりにも恐そうなので我々はパスした。
名物スライダーはDolphin Plungeという、イルカの泳ぐ水槽を通過するスライダー。これはやってみたが、スライダーのスピードが速く、水槽の中を通過するのはほんの一瞬。そしてイルカはまるで見えない…。イルカは確かにいるのだが、よほどタイミング良くスライダーの透明チューブ側にいてくれなければ見えないと思う。しかし見えたとしても楽しむ余裕はあまり無いと思う。

Traumata Racerはブリザードビーチのトボガン・レーサーに似た、ボディボードで滑り落ちるレースタイプのスライダー。これはやはり楽しい。

造波プールの波はタイフーンラグーンとブリザードビーチの中間くらいの波。まあ造波プールとしては程よいレベル。
流れるプール(Loggerhead Lane)ははっきり言ってかなり短い。が、そこはシーワールドのウォーターパークなので、途中で魚の泳ぐ水槽を眺められるなどのお楽しみは用意されている。
特筆すべきはRoa’s Rapidsというもう一つの流れるプール。これは浮力の強いライフジャケットを着用して利用するのだが、もの凄い激流。その流れの強さはちょっと恐いくらいだが、慣れると自分が激流に押し流される漂流物となった様な感覚が楽しくなってくる。
ただ、出入り口で出るためには事前に出口寄りに寄っておいてタイミングを計らないとなかなか出られない。それくらいの激流なので注意も必要。油断していると怪我をする可能性大だと思う。

アクアティカ

所々にあるこういった岩などに激突しないように注意しないと怪我のおそれあり。子供には絶対に親が付き添って流れる必要があると思う。

タイフーンラグーンの波といい、この流水プールと言い、アメリカには桁違いの自己責任アトラクションがあるので、油断が出来ない…。(それが面白いのだが)

Walkabout Watersという子供向けのエリア(もちろん大人も入れる)はとても大きくて楽しめる。
ここの水鉄砲もかなり強力。子供達は面白がって通りがかる人々に水を発射しているが、これが大人を無抵抗に出来るくらいの威力がある。(まあ怪我をするような事はないが)
耳に直接当てられるとかなりしんどいことになるので注意。

アクアティカ

キッズエリアの規模が大きい。子供はこれだけでもかなり遊べると思う。

全体的な感想としては、新しいだけあってWDWの二つのウォーターパークよりも楽しめると思う。
ウォーターパークが好きなら、メインのシーワールドに行くよりもこちらに来た方がいいかもしれない。
しかしWDW中心の旅行で、時間に余裕がないならタイフーンラグーンやブリザードビーチでも十分。わざわざ訪れるほどでは無い…といったところだろうか。

午後3時頃までには遊び尽くしてパークを出た。
今日はここからI-RIDEの北行きに乗ってインターナショナルドライブを北上、新しく出来た観光スポット、I Drive 360にも行ってみる。

オーランド旅行記 目次


オーランド旅行記40・シーワールド・フロリダ


朝食は昨日パブリックスで買ったマフィンで済ませ、シーワールドへ。
I-RIDEの乗り場はプレミアム・アウトレットの入り口にあるので、専用の門からアウトレットへ出て、入り口の方に向かう。まだ8時台なのでアウトレットは営業開始前だが、問題なく敷地を通ることが出来る。

プレミアム・アウトレット・バインランドのバス停は始発なので座れないということはまず無い。
I-RIDEはここと北のもう1ヵ所のプレミアム・アウトレットとの間を往復している。
北へ向かいたい場合はNorthという表示のI-RAIDEへ、南に向かいたい場合はSouthという表示のI-RIDEに乗れば良いので簡単だ。もう一つ、RedとGreenという2路線があり、途中別ルートを通るので、それだけに注意。シーワールドはRedでもGreenでも行けるので大丈夫。

I-RIDEに乗り、昨日ホテルで購入した3日間パスのレシートを提示、するとパスと取り替えてくれた。以降はこのパスを専用のリーダーにスワイプすることで何度でも乗車出来る。(3日間は)

I-RIDEは約20分程でシーワールドに到着。シーワールドのバス停はシーワールドの敷地内にある。

シーワールドとアクアティカ(シーワールドのウォーターパーク)の2パークチケットを既に格安チケットをネット販売しているサイトで購入、プリントアウトしているのでそれで入園。
アクアティカには明日行く予定。

シーワールド・フロリダ

シーワールドではWDWやユニバーサルに比べて日本人観光客をほとんど観ない。よほど余裕がないと日本人は来ないようだ。

シーワールドはライド型のアトラクションもいくつかあるが、どちらかと言えばショーがメインなので、まずはショーの時間をチェックして、それに合わせてパーク内を移動することにする。
開園とほぼ同時に入園したので、余裕で廻ることが出来る。

ショーは次のものを鑑賞。

Blue Horizons
イルカショーだが、ちょっとした芝居仕立て。後半は何故か空中ブランコショーという不思議な構成。空中ブランコとイルカの共演が見られるのかと思いきや、独立している。
かなり個性的なイルカショー。

Clyde & Seamore’s Sea Lion High
アシカにオットセイ、アザラシなどが出演するショー。完全な芝居仕立て。(学園青春物)
この手のショーはお絵かき、輪投げ、ボール回し等を見せるだけのものが多いが、これはそれらをドタバタコメディのストーリーの中で見せていく。これもかなり個性的。

Pets Ahoy
犬や猫、小動物による屋内劇場でのショー。これは後に行くユニバーサルスタジオの動物ショーと酷似。同じ人の演出ではないのかと思うほど。(実際そうかもしれない)
ほぼ動物たちがステージ上を走り回っているだけなのだが、猫にタイミングを守らせるのは大変な様子。

One Ocean
シーワールドの目玉のショー。このOne Oceanのシアターはとても遠い場所にあるので、時間に余裕を持って移動した方がいい。(パーク入り口付近からだと徒歩20分はかかる)
シャチによる迫力のショーだが、その巨体故、ジャンプの高さはイルカほどでは無い。お楽しみはその巨体を利用した大きな水しぶき。これを被るために前方のウェットエリアは人気。(本当にずぶ濡れになるのでその覚悟は必要)
実は20年以上前にオーランドに来た際にもこのショーを観ているが、その後にトレーナーがシャチに殺される(水中に引きずり込まれたらしい)という事故が起きたため、現在はトレーナーと一緒に水中で行う演目は全て無くなっている。(トレーナーは一切水中には入らない)
なので当時よりも見応えはなくなっているのは確か。
シャチのショーは沖縄の美ら海水族館でも観たが、劇場の規模を除けば内容的には美ら海水族館のショーも同等。楽しさではシーワールドより勝っているかもしれない。

ショーに分類されていないが、TurtleTrekという、全方位スクリーンで3D鑑賞する海亀の映像ショー(アトラクション)なんかもある。
もちろん水族館らしい展示アトラクションもあって、例えばShark Encounterはチューブ型のガラス通路から鮫を観ることが出来る。

ライドはまずEmpire of the Penguinに。ペンギンをテーマにしたライド型アトラクションでとても人気があるが、特に迫力は無し。ライドが波に揺られるように揺れ動きながら移動していく。
最後は冷蔵庫の様な温度の、南極を再現したエリアで本物のペンギンたちを鑑賞。

シーワールド・フロリダ

南極基地の再現もあった。気温も本当に南極。

Wild Arcticはスターツアーズの様なシュミレーションライドで、ヘリコプターに搭乗して北極を冒険する設定。これは20年以上前に来たときもあって、当時は最新アトラクションだったが、今ではかなり古い施設。入り口がライドとウォークに別れているのでライドのラインに並ばないとシュミレーションライドには乗れないので注意。(場所がOne Oceanのシアター近くなので、One Ocean鑑賞の前後に行くのがお薦め)

この他に、体が地面を向く形で乗ることで有名なMantaをはじめ、Kraken等の絶叫型のコースターライドがある。間もなく最新の絶叫コースターMakoもオープンする。

途中スコールでショップでの雨宿りを強いられたりしたが、午後4時頃までにほぼ観たいものは全て観ることが出来た。

帰りももちろんI-RIDEで帰ったが、乗り場は結構混んでいた。
こりゃ座れないかなと思ったが、シーワールドからはNorth(北行き)に乗る人が多く、South(南行き)に乗る人が少なかったので余裕だった。

終点であるプレミアム・アウトレット・バインランドのバス停で降りると、すぐ目の前にマクドナルドがある。今日はこちらに来て初めてのマクドナルドで夕食。
こちらのマクドナルドで楽しみにしていたアンガス・バーガーが何故かメニューに無い。レギュラーメニューから消えたのか、この店にだけないのかは不明。
仕方なく日本でも食べられるような普通のバーガーを食べた…。

マクドナルドUSA

アメリカのマックではアンガスバーガーが食べられるのが楽しみだったので残念。あれが無いならわざわざマックで食べる必要もなかった。

オーランド旅行記 目次