タグ別アーカイブ: オーランド

オーランド旅行記40・シーワールド・フロリダ


朝食は昨日パブリックスで買ったマフィンで済ませ、シーワールドへ。
I-RIDEの乗り場はプレミアム・アウトレットの入り口にあるので、専用の門からアウトレットへ出て、入り口の方に向かう。まだ8時台なのでアウトレットは営業開始前だが、問題なく敷地を通ることが出来る。

プレミアム・アウトレット・バインランドのバス停は始発なので座れないということはまず無い。
I-RIDEはここと北のもう1ヵ所のプレミアム・アウトレットとの間を往復している。
北へ向かいたい場合はNorthという表示のI-RAIDEへ、南に向かいたい場合はSouthという表示のI-RIDEに乗れば良いので簡単だ。もう一つ、RedとGreenという2路線があり、途中別ルートを通るので、それだけに注意。シーワールドはRedでもGreenでも行けるので大丈夫。

I-RIDEに乗り、昨日ホテルで購入した3日間パスのレシートを提示、するとパスと取り替えてくれた。以降はこのパスを専用のリーダーにスワイプすることで何度でも乗車出来る。(3日間は)

I-RIDEは約20分程でシーワールドに到着。シーワールドのバス停はシーワールドの敷地内にある。

シーワールドとアクアティカ(シーワールドのウォーターパーク)の2パークチケットを既に格安チケットをネット販売しているサイトで購入、プリントアウトしているのでそれで入園。
アクアティカには明日行く予定。

シーワールド・フロリダ

シーワールドではWDWやユニバーサルに比べて日本人観光客をほとんど観ない。よほど余裕がないと日本人は来ないようだ。

シーワールドはライド型のアトラクションもいくつかあるが、どちらかと言えばショーがメインなので、まずはショーの時間をチェックして、それに合わせてパーク内を移動することにする。
開園とほぼ同時に入園したので、余裕で廻ることが出来る。

ショーは次のものを鑑賞。

Blue Horizons
イルカショーだが、ちょっとした芝居仕立て。後半は何故か空中ブランコショーという不思議な構成。空中ブランコとイルカの共演が見られるのかと思いきや、独立している。
かなり個性的なイルカショー。

Clyde & Seamore’s Sea Lion High
アシカにオットセイ、アザラシなどが出演するショー。完全な芝居仕立て。(学園青春物)
この手のショーはお絵かき、輪投げ、ボール回し等を見せるだけのものが多いが、これはそれらをドタバタコメディのストーリーの中で見せていく。これもかなり個性的。

Pets Ahoy
犬や猫、小動物による屋内劇場でのショー。これは後に行くユニバーサルスタジオの動物ショーと酷似。同じ人の演出ではないのかと思うほど。(実際そうかもしれない)
ほぼ動物たちがステージ上を走り回っているだけなのだが、猫にタイミングを守らせるのは大変な様子。

One Ocean
シーワールドの目玉のショー。このOne Oceanのシアターはとても遠い場所にあるので、時間に余裕を持って移動した方がいい。(パーク入り口付近からだと徒歩20分はかかる)
シャチによる迫力のショーだが、その巨体故、ジャンプの高さはイルカほどでは無い。お楽しみはその巨体を利用した大きな水しぶき。これを被るために前方のウェットエリアは人気。(本当にずぶ濡れになるのでその覚悟は必要)
実は20年以上前にオーランドに来た際にもこのショーを観ているが、その後にトレーナーがシャチに殺される(水中に引きずり込まれたらしい)という事故が起きたため、現在はトレーナーと一緒に水中で行う演目は全て無くなっている。(トレーナーは一切水中には入らない)
なので当時よりも見応えはなくなっているのは確か。
シャチのショーは沖縄の美ら海水族館でも観たが、劇場の規模を除けば内容的には美ら海水族館のショーも同等。楽しさではシーワールドより勝っているかもしれない。

ショーに分類されていないが、TurtleTrekという、全方位スクリーンで3D鑑賞する海亀の映像ショー(アトラクション)なんかもある。
もちろん水族館らしい展示アトラクションもあって、例えばShark Encounterはチューブ型のガラス通路から鮫を観ることが出来る。

ライドはまずEmpire of the Penguinに。ペンギンをテーマにしたライド型アトラクションでとても人気があるが、特に迫力は無し。ライドが波に揺られるように揺れ動きながら移動していく。
最後は冷蔵庫の様な温度の、南極を再現したエリアで本物のペンギンたちを鑑賞。

シーワールド・フロリダ

南極基地の再現もあった。気温も本当に南極。

Wild Arcticはスターツアーズの様なシュミレーションライドで、ヘリコプターに搭乗して北極を冒険する設定。これは20年以上前に来たときもあって、当時は最新アトラクションだったが、今ではかなり古い施設。入り口がライドとウォークに別れているのでライドのラインに並ばないとシュミレーションライドには乗れないので注意。(場所がOne Oceanのシアター近くなので、One Ocean鑑賞の前後に行くのがお薦め)

この他に、体が地面を向く形で乗ることで有名なMantaをはじめ、Kraken等の絶叫型のコースターライドがある。間もなく最新の絶叫コースターMakoもオープンする。

途中スコールでショップでの雨宿りを強いられたりしたが、午後4時頃までにほぼ観たいものは全て観ることが出来た。

帰りももちろんI-RIDEで帰ったが、乗り場は結構混んでいた。
こりゃ座れないかなと思ったが、シーワールドからはNorth(北行き)に乗る人が多く、South(南行き)に乗る人が少なかったので余裕だった。

終点であるプレミアム・アウトレット・バインランドのバス停で降りると、すぐ目の前にマクドナルドがある。今日はこちらに来て初めてのマクドナルドで夕食。
こちらのマクドナルドで楽しみにしていたアンガス・バーガーが何故かメニューに無い。レギュラーメニューから消えたのか、この店にだけないのかは不明。
仕方なく日本でも食べられるような普通のバーガーを食べた…。

マクドナルドUSA

アメリカのマックではアンガスバーガーが食べられるのが楽しみだったので残念。あれが無いならわざわざマックで食べる必要もなかった。

オーランド旅行記 目次


オーランド旅行記39・プレミアムアウトレット・バインランド


ヒルトン・グランド・バケーションからプレミアム・アウトレットには2ヵ所ある専用の門から出入りが出来る。もちろんルームキーカードが無ければ開かない。
2ヵ所どちらからでも門を出ればそこはもうアウトレットの敷地内なので、まるでホテルの併設施設の様にアクセス出来る。
アウトレットにはスーパーやコンビニの様な店は無いが、フードコートがあるので食事をするのには便利だ。(スーパーやコンビニにはフロント棟側からアクセス出来る)

プレミアムアウトレット・バインランド

門を出ればそこはアウトレット。私達の部屋からはアウトレット建物内まで徒歩5分くらい。

ブランド物や衣類の買い物に興味が無ければアウトレットに用はないが、ここにはディズニーのアウトレットやトイザらスのアウトレットもある。
私達は子供服を置いている店と、ディズニーとトイザらスを主に物色。

ディズニーストアもトイザらスも人気商品はまず置いていない。売れ残りの商品が主といった感じで、掘り出し物を見つけるのは難しそうだ。
ただ、本当に安いので、拘りが無ければお得な買い物が出来る。例えばディズニーキャラクターの縫いぐるみで手頃な物があれば良いということなら、デザインや種類に拘らないならお得だ。

フードコートには以下の店舗がある。

  • A&W/Old Town Ice Cream
  • Auntie Anne’s Soft Pretzels
  • China Max
  • Maki of Japan
  • Subway
  • Taco Bell
  • Villa Fresh Italian Kitchen

バーガー、サンドイッチ、ピザ、メキシカン、中華、和食(寿司)と一通り揃っているので好みの物が食べられる。

アウトレットは23時まで営業しているので、遊んで帰って来た後でも立ち寄れる。(日曜のみ21時まで)ただ、朝は10時からなので早い時間の朝食にフードコートを使う事は出来ない。

一通りアウトレットを見て廻り、ホテルに戻ってから、私達の棟の前にあるプールで一遊び。
2ヵ所のプールはどちらも23時まで開いているが、こちらの小さめのプールには夜間、監視員はいない。タオルはプールサイドに豊富に用意されているので部屋から持ち出す必要は無い。
メインプールは夜遅くまで賑やかだが、こちらはとても静か。(ポップセンチュリーでのヒッピーディッピープールとそれ以外のプールとの様子の違いと似ている)

ヒルトン・グランドバケーション・バインランド

小さい方のプールと言っても十分な広さ。

オーランドの他のホテル同様室内は全面禁煙だが、屋外に出れば敷地内の至る所に灰皿が用意されているので、屋外であればあちこちで喫煙が出来る。又、建物内でも各階のエレベーター前に灰皿が用意されていた。しかし、エレベーター前はタイミングによってはエレベーター利用者の至近距離での喫煙となるので利用はお薦め出来ない気がする。(嫌煙家には迷惑だろう)

このホテルのエレベーターは各階を通過する度にかなり大きな音でブザーが鳴るという仕様。
最初は五月蠅いと感じたが、使っているうちに慣れた…。

さて、明日はシーワールドに行く。

オーランド旅行記 目次


オーランド旅行記38・ヒルトン・グランドバケーションクラブ・オン・インターナショナルドライブ


タクシーでヒルトン・グランドバケーションクラブ(2016年、ヒルトン グランド バケーション タスカニービレッジ HILTON GRAND VACATIONS AT TUSCANY VILLAGEに名称変更)に着くと、ドライバーがベルを呼んで荷物をカートに載せてくれた。大きな荷物が複数あったのでチップ込みで30ドル程を払う。(運賃は25ドル弱)

フロントでチェックイン手続き。フロントのスタッフが「日本人のパスポートはなぜ2色あるのか?」と聞くので、レッドが10年、ブラックが5年で有効期限の違いがあると教えてあげた。
このヒルトン・グランドバケーションクラブはヒルトンのサイトから直接予約したが、予約確認の画面で有料アップグレードが行える。メインプール近く、アウトレット近く、最上階、スイートへのアップグレード等々、様々なオプションがあったが、結局有料アップグレードは一切行わなかった。僅かな額でスイートにも出来たのでそれは迷ったが、あまり部屋にいるわけではないし、二人では勿体ないと思ってスタジオと呼ばれる通常の部屋にした。(スイートだとリビングと寝室が別々になり、ジェットバス、フルキッチン、更に部屋に洗濯機や乾燥機もあるので、3人以上ならお薦めする)
結果、フロント棟からは遠いが、プレミアムアウトレットにはとても近い棟(ビルディング5)の最上階だった。フロント棟近くのメインプールほど大きくは無いが、十分な大きさのプールも目の前にある。

ルームキーを受け取ったら、ベルサービスに行き、荷物と一緒にカートに乗せて貰って宿泊棟まで移動した。レンタカーを使っていれば自分達で宿泊棟の前まで来るまで移動し、その付近の駐車場に駐めることが出来る。(部屋ごとに駐車スペースが割り当てられてはいないので、混雑時は駐車スペースが自分達の棟付近に無いこともあるらしい)

スタジオタイプの部屋はとてもシンプル。ただこのタイプにも小さなキッチンが付いているし、電子レンジもある。食器や最低限の調理器具も備え付けられている。もちろん冷蔵庫もある。
製氷機は各棟とも1階のみにある。
部屋にはベランダもあり、テーブルと椅子が備え付けられているが、虫除けのネットが張られているので、あまり開放的では無い。

ヒルトン・グランドバケーションクラブ・オン・インターナショナルドライブ

私達の泊まったビルディング5の前。各棟にはイタリア各地の名称も付けられている。私達の棟はVILLA DI DUCALE

部屋でしばし休憩したら、まずはスーパーへ。
フロント棟の側の専用の門(ルームキーで解錠出来る)を出て横断歩道を渡った向い側に主にフロリダでチェーン展開しているパブリックスという大型スーパーマーケットがある。又、その手前にはウォルグリーン(コンビニ兼ドラッグストア)もある。
フロント棟までは徒歩で7、8分程度。フロント棟まで来たついでに明日から使う予定のI-RIDEという観光トロリーのチケットをフロント横のツアーデスクで購入。
使うのは2日間だけだが、2日間チケットは無い。乗り降りする回数を考えると3日間チケットを買っても十分にお得だったので、3日間乗り放題チケットを購入。
購入時に貰えるのはレシートだけで、最初にI-RIDEに乗車した際に、ドライバーにレシートを見せ、チケットに変えて貰うという方式。
このI-RIDEでインターナショナルドライブ沿いの観光ポイントには全て行ける。

パブリックスは食料品が主体で衣類や雑貨等も多く取りそろえているウォルマート等とはちょっと雰囲気が違う。それでも観光地にあるせいか、お土産品や日用品も多少は置いている。
(日用品を買うならウォルグリーンの方がいいかもしれない。)
食料品の充実度は凄いので、部屋で食べるものを買うのには困らない。パックのお寿司なども充実している。
パブリックスの周囲には外食できる店もある。利用はしなかったが、お馴染みのサブウェイやTokyo Sushi Barという和食の店もあった。
とりあえあずパブリックスでは朝食用のマフィンと、お寿司のパックを購入。飲み物類は、WDW初日にネットスーパーから届いたものが十分に余っている。

一旦部屋に戻り、今度はプレミアム・アウトレットへ。
アウトレットへの門は私達の棟のすぐ目の前なので移動は楽だ。

ヒルトン・グランドバケーションクラブ・オン・インターナショナルドライブ

湖中央に橋があるので、端の棟でもフロント棟まで歩くのは思ったほど苦では無い。

オーランド旅行記 目次