ハワイ旅行 2017・準備編3・ワイキキのホテル


オアフ島ではコオリナのアウラニ・ディズニー・リゾートにもまた泊まってみたいと思っていたが、ハワイ島にも行くと言うことで、ちょっとアウラニ宿泊は予算オーバー。
アウラニには日帰りで遊びに行くことにして、オアフ島での5泊はワイキキのみとすることにした。

過去、ワイキキではマリオット、ハイアット、プリンセスカイウラニ、オハナイースト、アストン・ワイキキ・ビーチ、そしてヒルトン・ワイキキ・ビレッジと宿泊経験があるが、今回はヒルトン・ワイキキ・ビレッジとアウトリガー・リーフ・ワイキキ・ビーチ・リゾートに候補を絞った。
どちらもオンザビーチ(ビーチに面したホテル)のホテルで、ワイキキの中心部(ハイアット辺りが中心部と思う)からは西に位置する。
ワイキキ中心部へのアクセスではアウトリガー・リーフ・ワイキキ・ビーチ・リゾート、ホテルの施設や規模(特にプール施設)の充実度ではヒルトン・ワイキキ・ビレッジがいい。
料金的にはアウトリガー・リーフ・ワイキキ・ビーチ・リゾートの方が安価だ。

アウトリガー・リーフ

アウトリガー・リーフはビーチウォークの奥にあるので比較的落ち着いた雰囲気と利便性が両立された評判のいいホテル。(中心部にあるアウトリガー・ワイキキ・ビーチ・リゾートとは別)

かなり迷ったが、前回宿泊して気に入ったという安心感と、ワイキキには何度も訪れているので、中心部に近い必要も無いだろうということで、ヒルトン・ワイキキ・ビレッジに決定した。
ワイキキ中心部までは確かに遠いが、砂浜をアウトリガー・リーフ・ワイキキ・ビーチ・リゾートまで歩き、そこからビーチウォークに抜ければ、苦になるほどではないということも経験済み。

ヒルトンワイキキビレッジ

ヒルトン・ワイキキ・ビレッジはワイキキのホテルとしては最大の規模が魅力。ビーチも中心部よりも空いていて快適。プール施設も充実。

当初、ヒルトンの公式サイトからタワー指定無しのリゾートビュー(一番安いカテゴリー)で予約したが、その後、楽天トラベルでタワー指定無しではあるが、オーシャンビューへのアップグレード確約の宿泊プランが安く出ていたので、公式サイトでの予約をキャンセルし、楽天トラベルから予約を入れ直した。(宿泊料が安いことに加えて楽天ポイント10倍という特典付きだった)

楽天からの予約でもヒルトンオーナーズ(ヒルトンのメンバープログラム)の予約ページには先に予約したハワイ島のヒルトン・ワイコロア・ビレッジと並んでヒルトン・ワイキキ・ビレッジの予約も反映されていた。(楽天からの予約時にオーナーズクラブの会員番号を入力したからか、氏名でマッチされたのかは不明)

これでハワイ旅行での全てのホテル予約が完了。
あとは滞在中の観光や食事(レストラン予約)を検討する。




スポンサーリンク


ハワイ旅行 2017・準備編2・ハワイ島のホテル


飛行機の手配が済んだら、次はホテル。
オアフ島(ホノルル、ワイキキ)には何度も行ったことがあるので、各ホテルの位置や雰囲気はある程度分かるが、初めてのハワイ島ではネットの情報が頼り。

ハワイ島での観光の拠点となるのはコナ(カイルア・コナ)の街で、多くの現地観光ツアーもコナのホテルを基本的な出発地としてしている。そしてハワイ島の中で最も旅行者で賑わっているのもコナになる。
なので、ハワイ島4泊のうち、最初の2泊はコナのホテルに泊まることに決定。
残り2泊はハワイ島にあるホテルの中でもその規模とリゾート感で定評のあるヒルトン・ワイコロア・ビレッジにした。その名の通り、場所はワイコロアという所になる。

コナもワイコロアも島の西側で、コナはコナ空港の南側、ワイコロアは北側に位置している。
コナとワイコロアは車で40分程、約40キロ程の距離になる。

コナはコンパクトな街なので、到着日に(午後早めに着く)歩いて見て回り、翌日はハワイ島の観光にあてる。ハワイ島は四国の半分程の大きさがあり、主な観光地、見所を回るのにまる一日かかる。ということは、ハワイ島観光にあてる日はホテルは寝るだけになるので、ゴージャスで高価なホテルに泊まるのは勿体ない。
そこで、街歩きに便利な場所にあり、リーズナブルなコナ シーサイド ホテルを二泊予約することにした。ビジネスホテルの様な趣で、リゾート感には欠けるが、立地の良さとスタッフのサービスの良さには定評があるホテルだ。
コナにはレストランもたくさんあるし、ホテル内の飲食施設は特に不要。(一応敷地内にスプラッシャーグリルというレストランもある)
目の前にはコートヤード・キング・カメハメハ・コナ・ビーチ・ホテルというグレードの高い(日本人観光客には定番の)リゾートホテルがあるが、費用対効果を考えると勿体ないので、コナ シーサイド ホテルはベストな選択肢と思う。(ホテルでのんびり過ごす時間が長いならコートヤード・キング・カメハメハ・コナ・ビーチ・ホテルを断然お薦めする)

コナシーサイドホテル

外観にもリゾート感は無いが、一応プールもある。(利用する時間はないかと思うが)

ヒルトン・ワイコロア・ビレッジはそこに泊まること自体もハワイ島を訪れる目的の一つなので、迷わず予約。
敷地内の複数の客室棟をモノレールやボートで移動する、広大ななホテルだ。

ヒルトンワイコロアビレッジ

広大な敷地を持つ大型リゾートホテル。大きいという意味ではハワイ諸島で一番ではないだろうか。

予約はコナ シーサイド ホテルはエクスペディアで、ヒルトン・ワイコロア・ビレッジはヒルトン公式サイトから行った。宿泊料の比較は楽天トラベル等と行った。
ヒルトン・ワイコロア・ビレッジはいくつかの客室棟があり、フロント棟からの位置や利便性等で料金が大きく異なる。最も便利で評判が良いのはラグーンタワーという棟だが、とても高い。もっともリーズナブルなのがオーシャンタワー。
ヒルトン・ワイコロア・ビレッジでは二泊ともホテルでのリゾートライフを楽しむつもりなので、広大な敷地をモノレールやボートでのんびり移動することも楽しむつもりで、フロント棟から遠く、安価なオーシャンタワーとした。

ハワイ島のホテル予約は以上で完了。次は後半5泊するワイキキのホテルだ。




ハワイ旅行 2017・準備編1・飛行機


私にとっては6度目、娘にとっては4度目のハワイ旅行。
準備はいつも通り飛行機の手配から始めた。

今回はオアフ島の他、初めてハワイ島にも行くことにしたので、オアフ島(ホノルル)乗り継ぎでハワイ島へ行き4泊、ハワイ島からオアフ島に戻って5泊、そして帰国という日程での手配。
ハワイ島にはヒロ空港とコナ空港という2ヵ所の空港があるが、現在、ハワイ島観光の玄関口として主に使われているのはコナ空港になる。
ハワイ島には島内観光とワイコロアリゾートへの滞在という目的で行くので、この目的で考えてもコナ空港が良い。

いつも通り航空会社の選択肢はマイレージプログラムに加入していて、ハワイへの路線を持つ、JAL、ANA、デルタのいずれか。この中からベストな便を選ぶ。
希望としては、出発日は出来るだけ早くコナに到着し、コナからホノルルへの移動はお昼前後が選べ、帰国便は出来るだけゆっくりホテルを出られるというパターン。
そして我が家にとってかなり重要なのが2席のみの連席で配置されているシートパーターン。ビジネスクラスとかであれば簡単だが、エコノミーの場合は窓際3席、中央3〜4席というシート配置が多いので、窓際2席という機材での運航便を選びたい。
ホノルル、コナ間の様な短い飛行時間であれば拘らないが、長い時間乗っている区間では絶対条件。
もちろん料金も重要。

いつも通り、それぞれの航空会社のサイトから便を検索。

結果、値段と時間でのベストはJAL、シート配置ではANA、デルタは論外に。
JALよりも値段はやや高くなるし、到着時間や出発時間も希望通りとは言えないが、最も重要なシート配置での選択肢はANAしかなかった。
ホノルル、コナ間の便はかなりの選択肢(ハワイアン航空かアイランドエアのいずれか)があるが、便数が多いのはハワイアンで、しかもアイランドエアはプロペラ機、ハワイアンはジェット機。
プロペラ機の利点はジェット機よりも低い高度で飛ぶので景色がいいことくらい。機内はかなり五月蠅いし、揺れる可能性もジェット機より高い。(ほとんど海の上の移動なので眺めが良くてもあまり意味も無い)
都合の良い時間帯での便が選べ、快適そうなハワイアンをチョイスしたが、そこはうまく出来ていて、これを選ぶとアイランドエアを選ぶよりも値段は高くなる…。

今回はANAからハワイアン航空での他島移動も含めて購入したが、別々(成田、ホノルル間はANA、ホノルル、コナ間はハワイアン航空で)に購入することももちろん出来る。
しかし何か特別な事情でも無い限りはわざわざ別購入する必要は無いと思う。別購入の場合は、成田のANAカウンターでは預け入れ荷物に最終目的地(コナ)までの荷物タグを付けてもらえないので、ホノルルで通関後、スーツケースをハワイアン航空のチェックインカウンターまで自力で運び、再度預け入れ手続きをする必要などがある(ターミナルは別)。ANAから通しで買っていれば、最初からコナまでのタグを付けてくれるので、ホノルルで通関後、税関を出たすぐの場所で再預け入れが出来るので面倒が無い。
更に万が一、ANAの遅延等でハワイアン航空の便に乗り継げなかった場合、通しで買っていればANAに後続便への振り替えをお願いできるが、別々に買っていると、ハワイアン航空のカウンターまで行って、自力で交渉をする必要が出てくる。

ということで、航空券の購入は無事終えたのだが、オーランド旅行にANAを使った時と同様、座席指定を行えるのは成田、ホノルル間の往復のみで、ハワイアン航空での便は窓際か通路側かというリクエストしか出来ない。(オーランド旅行の時の米国内線移動部分のユナイテッド便と同じ)
しかしオーランド旅行の時にユナイテッド便に対して行った裏技が今回も使えた。
ハワイアン航空のサイトでANAから発行された予約番号を入力すると、座席指定が出来るページに行けるのだ。そこではANAも含めた全行程の情報が確認出来るが、ANAのサイトとは反対に、ANA便は座席指定が不可で、ハワイアン航空のみ座席指定が可能になっている。
そこでホノルル、コナ間の往復ともに無事座席指定を完了。この座席指定はANAのサイトには反映されないが、結果的に無事指定通りの座席になっていたので大丈夫。

ハワイアン航空のサイト

ハワイアン航空サイトの予約確認で姓とANA発行の予約番号を入力すればOK。予約情報画面にはハワイアン航空における予約番号も表示されるので、以降はその番号でハワイアン航空の予約情報にアクセスすることも可能。

さて、シート配置優先で値段と時間的条件を妥協して購入を終えた航空券だが、この後とても残念な事になる…。
早めに購入した時にはスケジュール変更や機材変更というリスクを覚悟しなければならないが、見事にそういう事態に当たってしまうことに。
顛末は旅行記本編で。