グアム旅行記 (2016) 8・ショッピングとお土産


グアムでのショッピングと言えばマイクロネシアモール、Kマート、GPO(グアム・プレミアム・アウトレット)の3ヵ所に、ホテルから至近のザ・プラザとABCストア、そしてJPストア。
高額なブランド商品等には興味のない私達はDFSには用が無い。

今回、移動するために赤いシャトルとレアレアトロリーの両方を自由に使えるパスを用意したが、結果は正解だったと思う。どちらでも先に来た方に乗れるおかげで、ほとんど待ち時間も無く、かなりスムーズに移動が出来た。(準備編を参照)
赤いシャトルバスは混んでいることも多いので、そんな時は空いているレアレアを待って乗ったりもした。
これは完全に偶然のタイミングだと思うが、7泊の間に使った割合はレアレア7割、赤いシャトル3割といった感じ。

マイクロネシアモールではビルケンシュトックを扱うフォンタナビレッジ・コラボへ。残念ながら目当てのグアム(グアム限定のモデル)はブラウンしか無く、好みではなかったので買わず。
後にザ・プラザのビルケンシュトックでグレーを購入(残念ながら一番欲しかったホヌ、海亀柄は品切れ)。ザ・プラザのビルケンシュトックは店は小さいが、品揃えは豊富だった。娘にも日本未発売のトフィーノを購入。
その時のレートにもよるだろうが、1ドル120円程で考えてもグアムのビルケンシュトックは日本の正規店よりもお得な値段だと思う。(購入したのがいずれもグアム限定モデルなのでちゃんと比較は出来ないが、類似のモデルと比べて3割は安いと思う)

ビルケンシュトック・トフィーノ

トフィーノはトングの花の部分が3色ほどセットになっていて、交換出来る。花の部分がミッキーの形になっているディズニーコラボモデルもある。

もう玩具という年齢ではない娘だが、オモチャ屋のKDトイズとトイザラスエクスプレスは覗く。KDトイズは低年齢向けの玩具がメインですぐに退散、トイザラスエクスプレスではマインクラフトのフィギュアを購入。

グアム・トイザラスエクスプレス

トイザラスエクスプレスはマイクロネシアモールの中からではなく、外側から入れる。ベイレススーパーマーケットの側にある。エクスプレスという店舗は小規模で品揃えもあまり豊富では無い。

マイクロネシアモールにはスーパーのベイレスがあるので、ほぼそこで時間を費やした。Kマートにも行くが、ベイレスもそこそこ大きいスーパーで、ブランド物よりも日用品や小物が好きな我々にとっては外せない場所。

Kマートでは主にお土産(お菓子類やキーホルダー、写真立て等)を購入。タモンの中心部にあるABCやJPストアよりもKマートの方が安い。なので、同じ物ならKマートで買った方がお得。
ABCやJPストアで欲しいお土産物に目を付けたら、Kマートにも同じ物が無いかを確認し、Kマートには置いていない物だけをJPストア等で買った方がいい。
滞在中のスナックや飲料、お酒なんかもKマート(もしくはベイレス)で買った方がお得だが、レンタカーでない場合はあまり重い荷物を持っての移動は大変。その辺は便利料と思ってホテルから近いABCとかを利用するのが賢明かもしれない。

GPO(グアムプレミアアウトレット)ではまっすぐロス・ドレス・フォー・レスへ。
広い店内を1時間ほどかけて見て回り、買ったのは娘の帽子一個だったが、気に入った物がみつかり、サイズさえ合えば衣類はここで買うのが一番安いことは間違い無い。
GAPやオモチャ屋のトゥインクルスも見たが、めぼしい物は無し。
GPOで一番時間をかけたのは買い物ではなくチャッキーチーズだったかも。このチャッキーチーズについては改めて記事を書こうと思う。

買い物としてはテテドの朝市で娘のワンピースも格安で購入した。このテテドの朝市についても別記事で。

グアムならではのお土産として、グズリア、タバスチョコ、ボージョボー人形、Coco・JO’sクッキー等、グアムならではでは無いけれど、マカデミアナッツやマカデミアナッツチョコレート、ドライマンゴー、コナコーヒーも購入。
Coco・JO’sクッキー、マカデミアナッツとマカデミアナッツチョコレート、ドライマンゴー、コナコーヒーはKマートに大量にあったのでKマートで購入。
グズリア、タバスコチョコ、ボージョボー人形はJPストアとABCで購入した。

ボージョボー人形

ボージョボー人形はチャモロ族に伝わるお守りの様なもの。

グズリアは日本のかりんとうをもう少し柔らかくしたようなお菓子。とても素朴な味。タバスチョコは文字通りタバスコ入りのチョコレートで、チョコなのに辛いというのは面白いでけれど、肝心のチョコがあまり美味しくない気がする…ので、値段が高い気が。
Coco・JO’sクッキーもかなり素朴な味わい。(ハワイのホノルルクッキーカンパニーとかの方が美味しいと思う)
ということで、もし又グアムを訪れることがあったら、お土産、特に食品ははグアム特産、メードイングアムに拘らずにを買おうと思う。




スポンサーリンク


グアム旅行記 (2016) 7・利用したレストラン


今回のグアム旅行で利用したレストランは以下の通り。
営業時間は曜日や季節で変動する可能性があるので参考までに。

  • ルビーチューズデー (10:30〜23:00)
  • シュラスコ・ブラジリアンBBQ (11:30〜14:00/18:00〜21:30)
  • カリフォルニア・ピザキッチン (11:00〜22:00)
  • I HOP (7:00〜22:00)
  • ザ・クラックドエッグ (0:00〜14:00)
  • エッグスンシングス (7:00〜14:00/16:00〜23:00)
  • てんてこ舞い・かんだ (7:00〜23:00)
  • テイスト(ウェスティン)(6:30〜10:30/11:30〜14:30/18:00〜21:00)
  • パームカフェ(アウトリガー)(6:30〜10:00/11:00〜14:00/18:00〜22:00)

これ以外にメスクラドス(11:00〜21:00/金土のみ22:00まで)、バーガーキング(6:00〜26:00)、マクドナルド(24時間営業)でハンバーガーを食べた。

ルビーチューズデーは所謂アメリカのファミレスチェーン。
とても評判のいい店なので、GPO(グアム・プレミアム・アウトレット)に出掛けたついでに夕食をとった。場所はGPOの中ではなく、外の敷地内。
予約も出来るが、早めの時間(18時前くらいまで)なら待たされることなく席に着ける感じ。夕方は16時〜18時迄がハッピーアワー(お酒が安く提供される)なので、18時迄に入店するとお得。
タモンにあるレストラン等とは違って日本語メニューとかはないけれど、特に変わったメニューではないので、問題は無いと思う。値段はアメリカの平均的なファミレスよりは高いけれど、タモンの中心部にあるレストランよりは安め。
私達は18時前に行ったので予約無しでもすんなり席につけたけど、帰る頃(19時頃)には満席だった。
ルビーチューズデーの売りはサラダバー(オーガニック野菜中心で種類豊富)なので、これは是非頼んだ方がいい。
ステーキやバーガーがメインだけど、魚料理やパスタもある。
私達はサーロインステーキとテラピア(魚)を注文。それぞれサイドを(ポテトとかオニオンリング、グラタン等)を2つチョイス出来る。

ルビー・チューズデイ

ハーブ・クラスド・テラピアという魚料理にサイドはオニオンリングとベークドポテトをチョイス。

味は評判通りで美味しかった。ただ、アメリカのファミレスの料理としてはという意味なので、過剰な期待はしない方がいい。GPOに行くついでにサラダバーに魅力を感じるならお薦め。

シュラスコ・ブラジリアンBBQは肉料理の店。日本でもシュラスコ自体は食べられるが、タモンにある肉料理の店として評判が良かったのでランチを予約して行った。
ここもルビーチューズデー同様、種類豊富なサラダバーを提供している。
場所はパシフィック・ベイ・ホテルの一階、宿泊しているアウトリガー辺りからだと徒歩15〜20分くらい。ホテルロード沿いなので赤いシャトルとかで簡単に行ける。
シュラスコと言えば、各種の肉が各テーブルで椀子そば状態で提供されるというイメージだが、それはディナータイムだけだった様。
ランチはサラダと前菜類のブッフェに並んで、その列の最期に数種類の肉からチョイスして切り分けてもらうというシステムだった。
ランチとディナーでは値段もかなり違うので、そりゃそうかと納得したが、本格的にシュラスコを食べたいならディナーがお薦めと言うこと。ランチではあまり行く意味がないと感じた。

カリフォルニア・ピザキッチンは日本にもあるが、グアム店は味のレベルが高いと言われていたのでランチで利用。場所はホテルロード沿い、ホリデーリゾートスパホテルの一階。
料理のメインはピザとパスタ。
アメリカではピザの美味しい店は珍しくないが、パスタの美味しい店はかなり少ない。よほどちゃんとしたイタリアンレストランにでも行かない限り、ちゃんとしたパスタは食べられないものだが、カリフォルニア・ピザキッチンのパスタは美味しかった。
もちろんピザも美味しかったので、評判がいいのも納得。
ランチは問題なかったが、ディナータイムは連日満席らしいので、ディナーで利用するなら予約をした方がいいらしい。

IHOP(アイホップ) 、ザ・クラックドエッグ、エッグスンシングスはいずれもパンケーキが有名な店。
エッグスンシングスは日本にも店が出来たが、ハワイの店舗も日本の店舗も行列が出来ることで有名。グアムの店も同様。しかし日本の店舗は当然として、ハワイでもグアムでも行列しているのは圧倒的に日本人。つまり日本人にとっての有名店ということ。
アメリカ人にとってはIHOPが一番有名な店だと思う。何と言っても全米の何処にでもある超有名チェーン店だ。
クラックドエッグは深夜0時に開店して翌日14時までという変わった営業時間が特徴で、日本の旅行ガイド等で取り上げられたこともあって、エッグスンシングス同様に日本人客の多い店だ。
IHOPとエッグスンシングスはタモンの中心、クラックドエッグはDFS辺りからはやや離れるが、十分に徒歩圏。もちろん3店ともホテルロード沿い。

3店共でパンケーキを食べてみたが、正直、味にそれほどの違いはない。微妙に違うという程度。
これはこの3店が似ているということではなく、パンケーキ自体、どこで食べても大きく味が違うということのないものなんだと思う。どれも普通に美味しい。
もちろん味以外には特徴がある。例えばエッグスンシングスの大盛りホイップ。写真をSNSとかにアップするなら断然見た目のインパクトがある。
次いでクラックドエッグのレッドベルベッドケーキなんかも色味が独特。(レッドベルベッドケーキ自体はアメリカ南部ではよくあるもの)

クラックドエッグ

クラックドエッグのレッドベルベッドパンケーキ。3種類のパンケーキをチョイスして楽しめるパンケーキメロディなんてメニューもある。

クラックドエッグ

クラックドエッグはディナーの時間帯に営業していないので朝食系のメニューがメイン。写真はエッグベネディクトのグアム風、チャモロベネディクト。

IHOPは昔ながらの見た目でとてもスタンダード。
ということで、個人的には長時間並んでまで食べることは無いと言うのが正直な感想。
ちなみに店の清潔さ、サービスの印象ではIHOP→エッグスンシングス→クラックドエッグというのが個人的な順位。味はどこも甲乙付けがたいが、パンケーキそのものの面白さ、見た目でならやはりエッグスンシングス→クラックドエッグ→IHOPか。
どの店もパンケーキだけではなく、それ以外のメニューもある。クラックドエッグは独特な営業時間からディナーがないため、朝食やランチに向いたメニュー構成だが、IHOPとエッグスンシングスにはディナー向きのメニューも用意されている。(時間帯によって提供される料理は変わるかもしれない)

エッグスンシングス・グアム

エッグスンシングスはパンケーキ=朝食というイメージからか、夕食は比較的空いている。パンケーキ以外に写真のアヒのステーキを頼んでみたが、とても美味しかった。

そういえば3店ともテーブル会計が基本のアメリカでは珍しい、日本の普通のレストランと同様のレジ会計だった。(そう言えばアナハイムのIHOPもレジ会計だったので、パンケーキ店はレジ会計が多いのかもしれない…)

旅行中、唯一足を運んだ和食の店がてんてこ舞い・かんだ
宿泊しているアウトリガーのロビー階からザ・プラザに抜けてすぐの場所にあるラーメンと丼ものを提供する店。
従業員に日本人はいない様子だったが、メニューは日本語だし、会計もレジ会計だし、何等日本のラーメン屋さんと変わらぬ雰囲気で利用出来る。
が、値段だけは海外で和食を食べる時のお約束通りで高い。値段からするとかなり高級なラーメンが食べられそうだが、至って普通。(不味くは無い)
カレーライスなんかもあるし、全く高級な感じはないので、日本の味が恋しくなった時には、子供連れでもフラッと行きやすい。
しかしホテルのビュッフェでもグアムでは必ず和食が提供されるので、よほどラーメンが食べたいということでなければ、わざわざ行く価値はないかもしれない。

ホテルのビュッフェはウェスティンのテイストと、宿泊ホテルのアウトリガーにあるパームカフェを利用した。テイストはウェスティンで行われるマジックショー、マジックロックスのディナーパッケージで、パームカフェはサンデーブランチ(シャンパンブランチ)を予約して利用。
テイストはさすがウェスティンという感じで、品揃えも味も、そして雰囲気も高級感があった。以前、ハイアットのラ・ミランダでのビュッフェに何度か行ったことがあるが、そちらよりも上かと思う。ただ、場所が地下でビーチリゾートらしい景観が無さそうなのが残念。(ラ・ミランダは開放感があった)ディナーで暗ければ景色は関係ないが、朝食やランチならラ・ミランダの方がいいと思う。
パームカフェは席によってはビーチも臨める明るい雰囲気。アウトリガー自体がウェスティンやハイアット、お隣のデュシタニ等の高級ホテルというカテゴリーではないため、雰囲気は至ってカジュアル。
料金が高めに設定されているサンデーブランチのせいか、メニューは豊富だったし、味もまずまず。シャンパンブランチなので当然シャンパンは飲み放題。
日曜にグアムやハワイのようなリゾートに滞在しているなら、必ずいずれかのホテルのサンデーブランチを予約しているが、パームカフェも十分合格点だと思う。
サンデーブランチはどこも人気なので早めの予約が必須。パームカフェもかなりの予約が入っていたようで、レストランの外(もうホテルのロビーエリアと思えるような場所)にまでテーブルを並べていた…。

ファストフードでは、メスクラドス、バーガーキング、マクドナルドでハンバーガーを食べたが、グアムで一番美味しいという評判のメスクラドスは確かに美味しかった。もちろんボリュームも凄い。頼んだのは名物のランチェル・バーガーとアチャン・ベイ・バーガー。
観光客が立ち寄れるのはKマートの向かいにある店舗になると思うが、店内は狭いのでテーブルの確保は難しそう。Kマートに買い物に来たついでに帰りに寄って、テークアウトして食べるのが良さそう。(ちなみに米英語ではテークアウトではなくトゥーゴー)
(最近、テーブル席も広めの2号店がグアムリーフホテル前に開店したとの情報有り)
味は濃厚で、辛みの強い種類もあるので、大人向けのバーガーだと思う。辛いソースを使ったバーガーにはSpicy!!と赤字で明記してあるので、辛い物が苦手な人(逆に好きな人も)は見逃さないように。

メスクラドス

メスクラドスはKマートの向かい、交差点の反対側にあったが、グアムリーフホテルの向かいに2号店が出来たらしいので、タモンの中心で食べられるようになったらしい。

バーガーキングとマクドナルドは日本でもお馴染みの味。美味しさはバーガーキング>マクドナルドだが、マクドナルドはタモンのど真ん中、JPストアの一階にあるのでいつも混んでいる。




グアム旅行記 (2016) 6・ポリネシアンディナーショー


ハワイでもグアムでも旅行中に一度はポリネシアンショーへ行く。 南の島に来たならやはり一回は行かないと、南国のリゾートに旅している気分が出ない。

グアムでは多くのホテルでポリネシアンディナーショーを開催していて、今までにハイアットのブリージズ・サンセットバベキュー、フィエスタのビーチサイドバーベキュー&ショー、PIC(パシフィック・アイランド・クラブ)のパシフィックファンタジーディナーショーに行った事がある。
他にもニッコーやヒルトン、オンワードがポリネシアンディナーショーを開催している。

内容はタヒチアンダンスにフラダンス、ファイヤーダンスと似た様なものだが、ダンサーの人数、ステージの規模等、それぞれに特徴がある。もちろん細かく見ればダンサーの質もあるとは思うが、素人の旅行者にとって、分かりやすいのはステージの豪華さやダンサーの人数といったところだろう。
あとは料理。大きく分けて通常のブッフェと自分達で焼くバーベキュースタイルがある。ブリージズ・サンセットバーベキューやビーチサイドバーベキュー&ショーの様に、バーベキューとついていればメイン(肉や魚介)を自分達で焼き、オードブルやサラダ等がブッフェスタイルというもので、バーベキューとついていなければ普通のブッフェスタイルと思っていい。

今までは立地や値段などから選んでいたが、今回はネット上の評価、レビュー等を参考に参加者の満足度の高いものを選ぶ事にした。
結果、フィッシュアイ・ポリネシアンディナショー、ザ・ビーチ BBQディナーショー、ニッコーのサンセットビーチBBQが比較的評判がいいと判断。もちろん今までに行った事のあるものはパス。(今までではPICのパシフィックファンタジーディナーショーが一番、次いでフィエスタのビーチサイドバーベキュー&ショー、一番期待外れだったのがハイアットのブリージズ・サンセットバーベキューというのが個人的感想)
候補の中で面倒なバーベキューではないものを選ぶと、フィッシュアイ・ポリネシアンディナショーしかなかったので、これに行く事にした。

フィッシュアイマリンパークのポリネシアンディナショーは様々なコースがあるが、娘が船にも乗ってみたいと言っていたので、サンセットクルーズとポリネシアンディナーショーがセットになったコースを申し込んだ。送迎バスで現地に着いたら、まずはサンセットクルーズに行き、戻ったらポリネシアンディナショーというコースで、これにするとポリネシアンディナショーの席もステージに近い位置になるということだった…が、当日は波が高くて船が出られないと、ホテルに早朝連絡があった。この場合の選択肢は全てキャンセルか、ポリネシアンディナショーのみに参加するかを選べるとのことだったので、ポリネシアンディナショーのみに参加することにした。
サンセットクルーズ付きとの差額は後日、今回申込みに使ったベルトラを経由してクレジットカードへのチャージバックで返金とのこと。

サンセットクルーズがなくなったので、送迎の集合時間も遅くなった。
アウトリガー宿泊者は隣のデュシタニの1階ロビーが集合場所。そこからフィッシュアイマリンパークの送迎バスで会場に向かう。

到着したらお決まりの写真撮影。ダンサーと記念写真を撮り、ショー終了後に買う(気に入れば)というどこでもやってるスタイル。
席はサンセットクルーズが中止になっても優先席(ステージに近い席)を提供してくれた。
ショーが始まると料理を取りに行けるような状況ではなくなってしまうので、開演前が食事の時間となる。ビュッフェのメニューは特別素晴らしいとは言えないが、和洋それなりに揃っているし、味もまあまあ。この手のショーでの食べ放題料理としては十分合格点だと思う。
オプションで飲み放題(3杯飲んでお得になるくらいの値段設定)も付けたが、これは付けなくても良かったと思った。食事時間内に3杯飲むのはかなり忙しいし、ウェイターもなかなか捕まらず、お替わりを頼むのもスムーズにいかない。(結果的には頑張って元をとったが)

フィッシュアイの食事

お寿司は豊富。味も悪くない。

ショーはなるほど評判がいいだけあって、装置も演出も今まで観たものより頭一つ抜きん出ている感じ。ステージは大きいというわけではないが、水を配してあって、ダンサーがカヌーで登場するなど、凝っている。

フィッシュアイマリンパークのポリネシアンディナショー

観客席とステージの間には水路の様な水が配されてる。ストーリーのある演出で、ただダンスを披露するだけのショーよりも凝っている。

ショーの内容、料理の種類や質等、確かに総合的に今までの中では最高点。
ショーが終わったら即、帰りのバスに乗車する。写真を買うくらいの時間はあるが、ゆっくりはしていられない、ちょっと慌ただしい感じ。

21時半頃にアウトリガーに戻り、娘の希望でまたタガダへと向かった…。