グアム旅行記 (2016) 11・シャトルバス、トロリー


グアムでの移動はシャトルバス(トロリー)のみ。
今回は準備編の記事の通り、赤いシャトルバスとレアレアトロリー(旧名シレナトロリー)のハイブリッド体制にした。
最もお得で安く購入出来るてるみクラブのプラチナカードで赤いシャトルバスを、HISで購入したレアレアトロリー7日間乗り放題チケットでレアレアトロリーに。
プラチナカードも7日間使えるので、7泊の旅行にはぴったり。

*2017年4月現在、てるみクラブは倒産した模様です。

どちらもルートはほぼ同一で、実際停留所もほぼ一緒。なのでバス停に並んで先に来た方に乗れば良いので、バス待ちの時間を大幅に短縮出来た。
レアレアトロリーはHISのツアー客しかいない(我々の様に別途チケット購入する人は少ない)ので、多くの観光客が利用する赤いシャトルに比べて空いていることが多い。
なので、赤いシャトルが混んでいる時にはパスしてレアレアに乗ったりもした。

どちらも運行間隔は同じくらいなので、たまたまだとは思うが、今回の旅行ではレアレアが7割、赤いシャトルが3割くらいの利用率だったと思う。

ホテルロード沿いの停留所はどちらも同じ場所にあるので先に来た方に乗れば良いだけだったが、問題はそれぞれの停留所が離れた場所にある時。
例えばGPO(グアムプレミアムアウトレット)等がそう。それぞれのバス停が建物のほぼ反対側にあるので、どちらに乗るかを予め決めて待つしか無い。
そんな時には当然空いている確率の高いレアレアの停留所を選択した。
マイロネシアモールも全く別の入り口にそれぞれの停留所があるので同様。Kマートもやや離れているが、それぞれのバスが来たら見える範囲なので、もし並んでいるのとは違う方が来たら、急いで移動すれば乗れる様な距離。

赤いシャトルバス

赤いシャトルバスの路線図

レアレアトロリー

レアレアの路線図。赤いシャトルとはホテルロード沿いの停留所はほぼ同一で、ショッピングセンター等の停留所だけが違う。

この快適な移動を実現するためにかかった費用だが、プラチナカードに子供料金設定は無いので、44ドル(一人22ドルでWeb限定販売)、レアレアの7日間チケットが18ドル(11歳以下の同乗は無料)で、計62ドルだ。
子供と二人で7日間快適な移動をさせてもらって約7千円。一日当たり約千円は妥当だったと思う。

レアレアトロリーはチャモロビレッジのナイトマーケットに行く際にも往復利用した。これは別料金で一人往復8ドル(6歳以上は同額、5歳以下無料)。
赤いシャトルもほぼ同額でチャモロビレッジナイトシャトルというのを運行しているが、やはり混み方がレアレアの比では無いので、これもレアレアを選択して正解だったと思う。

今回は7泊という、グアム旅行としては長目の日程だったので赤いシャトルとレアレアの二本立てでの移動方法を選択したが、2〜5泊程度の旅行でこの手を使うと、一日当たりの費用が高くつく。
元々HISのツアーで行く人であればレアレアトロリーの乗り放題が既に付いているので、赤いシャトルの1、2、5日間乗り放題券を別途購入してハイブリッド体制にするのもいいと思うが、それ以外の旅行者の場合、一般に販売されるレアレアの乗り放題チケットが7日間しか種類がないので、これを購入するのは割高感があるだろう。(快適を買う為の費用にどれだけかけられるかは個人差の大きい問題とは思うが)
費用を考えずにグアムでの最も快適な移動手段を選ぶなら、レンタカーが一番なのは言うまでも無い。




スポンサーリンク


グアム旅行記 (2016) 10・デデドの朝市と恋人岬


土曜と日曜の朝(6時~9時頃)にグアムのデデドという所で朝市が開催されている。
デデドはタモンから車で10分程なので遠くは無いが、公共交通機関はないので、基本的にタクシーかレンタカーでないと行けないのだが、水曜のナイトマーケット同様、赤いシャトルバスとHISのレアレアトロリーが専用の朝市シャトル(赤いシャトル)、チャオフリーマーケットエクスプレス(HIS)を出していいる。
チャオフリーマーケットエクスプレスはHIS利用の旅行者以外も直接バスで乗車運賃を払うことで乗れるのはチャモロビレッジエクスプレスと同様。(乗車券を事前にHISのレアレアラウンジで買うことも出来る)

今回私達が利用したのはデデドの朝市と恋人岬観光がセットになったツアー
もちろん料金はシャトルバスを使って行くよりも高いが、それほど高額では無いので、便利なツアーを選択した。
このツアーのメリットは次の通り。

  • 他の観光客よりも早めにデデドの朝市に着くので、比較的空いている時間に見て回れる
  • 恋人岬にも他の観光客よりも早く着くので空いている状態で写真撮影が出来る
  • 専用車でホテルから送迎してくれるのでバスの混雑等を気にせずにすむ
  • 日本語で案内して貰える

デメリットは

  • 当然ながら料金が自力で行くよりは高い
  • 観光時間が決まっているので自由がきかない(シャトルバス往復2便ずつくらいしかなく、時間が決まっているのであまり変わらない)

結果的にはツアーを使って正解だったと思う。
ちなみにこのツアーはデュシタニではなく、宿泊しているアウトリガーのロビー集合だった。

デデドの朝市はローカル相手の生鮮食料品から観光客相手の洋服や工芸品を販売している屋台がずらりと並んでいる。もちろん朝食がとれる屋台やフードトラックもある。
ローカル朝食のお薦めと聞いていたGOTO(ゴトー)を買って食べたが、なるほど美味しかった。(そして安い)
GOTOは一言で言えばチキン風味の小粥だが、味付けは日本人が好むものだと思う。
私達は食べなかったが、TAHO(タホ)という豆腐にタピオカと黒蜜をかけたものも名物らしく、美味しいとのこと。
飲み物はメロンとグレープのスムージーを買って飲んだ。

グアムのゴトー

これがゴトー。さすがにこれだえでは少ないので、チーズサンド付きというセットで注文。チーズサンドは本当にチーズを食パンに挟んでトーストしただけのものだった。

衣料品も安かったので、娘のサマードレスを一着購入。同じ様な物をJPストアやABCで買うよりも半額以下で購入出来る。Kマートよりも安い。(品質は分からないが、さほど違うとは思えない)

朝市での滞在時間は約1時間。これで食事を済ませたり、一通り見て回ることが出来た。時間としてはちょっと余るくらいで丁度良かった。

次にグアム定番の観光スポット、恋人岬。
海抜100メートル以上の岬で、天気さえよければ眺望が素晴らしい。とりあえず行っておくか程度に思っていた場所だが、天気も良かったので絶景を目の当たりにして来て良かったと思った。
まだ他の観光客が到着する前の時間だったので、空いている展望台で写真も撮り放題。ガイドさんも撮ってくれるので、二人旅では少なくなりがちな2ショット写真も多く撮れた。
展望台は別途入場券が必要なのだが、これはツアーにセットだった。
恋人岬も赤いシャトルが専用のシャトルを運行している。

恋人岬

この展望台からはタモンのホテル外を一望出来る。素晴らしい景色。

ホテルに戻ったのがまだ9時前。
朝の約2時間半ほどで上記の様な観光を終えて、まだまだ一日は始まったばかり。ちょっと得した気分だ。


グアム旅行記 (2016) 9・マジックショー


今回のグアム旅行では二つのマジックショーを鑑賞。 グアムのマジックショーと言えばサンドキャッスルのイリュージョンマジックショーとニッコーグアムのカーメが有名だが、実際に観た人の評価ではウェスティンのマジックロックスシアターとフィエスタリゾートのアンコール!がマジックショーとしての満足度が高いらしい。
ということでそのどちらを観るか悩んだが、せっかくなので両方とも行く事にした。

どちらも食事付きとショーのみというコースがあるが、フィエスタの食事はあまり評判が良くない。(ポリネシアンBBQとのセットもあるが、フィエスタのそれには以前のグアム旅行で参加しているし)ウェスティンの方はフルサービスのレストランであるプレゴとビュッフェレストランのテイストのどちらかの食事とのセット。どちらも評判がいいのでテイストのディナービュッフェ付きにした。

まずはフィエスタリゾートのアンコール!から。
宿泊しているアウトリガーからフィエスタまではやや距離があるので送迎付き。アウトリガー宿泊者の場合、多くのツアーが隣のデュシタニの一階ロビーが送迎バスの集合場所となっていて、そこで待つ。(アウトリガーとデュシタニ間は専用通路で結ばれているので移動は楽)
アンコール!は比較的小さな会場でのショーなのだが、かなり立派な、大きなバスが迎えに来た。
ショーのみの場合は開演時間に合わせた到着で、着いたらチケットの引き替えがあって、すぐにショー会場に案内される。
ショーのみでも飲み物付きで、各自一杯オーダー出来、開演まで座席で飲める。座席は予約順などで予め割り振られているようで、案内係が指定してくれる。私達は最前列中央に案内された。

ショーの内容はジャグリングやアクロバット等をはさみつつのマジックショー。一瞬ではあるがホワイトタイガー等も登場するので見応えは十分。
会場、ステージのサイズからあまり大掛かりではないが、イリュージョンと呼べる様な出し物もある。マジックはあまり大きな劇場で遠目に見るよりも間近の方が見応えがある。
終演後には会場出口で出演者との記念撮影(時前のカメラで)も。
それぞれ写真を撮り終えたらすぐにバスへ。全員が乗車したら即出発と、移動もスムーズ。

アンコール・グアム

かつてラスベガスで上演されていたホワイトタイガーで有名なマジックショー「ジークフロイド&ロイ」の小劇場版といった雰囲気も。

ウェスティンのマジックロックスシアターも送迎付き。(ウェスティンはアウトリガーから十分に歩いて行ける距離だが)
食事付きなので送迎バスがウェスティンに着いたらまずは食事。送迎バスのドライバーが各自で利用するレストランへ行くようにと説明してくれるが、案内はしてくれない。それにその説明も英語なので、簡単な内容ではあるが聞き取れずに困っている様子の参加者もいた。
まあ、利用するレストランはホテル内にあるわけで、それほどの問題ではないが、全く英語が分からないという人にはちょっと不親切かもしれない。

私達が食事をするテイストに行き、入り口で名前を告げる。通常のレストラン予約と同様に名前だけで案内してもらえる。
テイストはさすがウェスティンと思える内容と雰囲気のビュッフェレストランで、食事にはとても満足。
食事中にマジックロックスを鑑賞する人達のテーブルに、何時までに何階のショー会場に来て下さいといった案内をしにきてくれる。その際にショーの入場チケットの様なものもくれる。
食事を終えたら言われた時間までに会場へ。時間になると先程もらったチケットで会場に入れる。まずは前室の様な所に通され、名前を呼ばれた順に座席につくというシステム。つまりここもアンコール!同様、予約順による指定席。
アンコール!よりも更にこじんまりした会場なので、後方席でも十分にステージに近い。
私達は2列目の端の方の席。

マジックロックスはアンコール!とは違い、ほとんどマジシャン(と、アシスタントの女性)だけで頑張る内容。
いくつかのネタがアンコール!と全く同じだったが、距離の近さを生かしたマジックが多く、更に観客参加のネタも多い。子供はほぼ全員が何等かの形で参加出来るようになっている。
アンコール!よりも地味ではあるが、マジックそのものを楽しむことが出来るのはマジックロックス。
こちらも終演後はマジシャンとの写真撮影が出来る。
帰りの車は全員揃って同じバスでという方式ではなく、それぞれがロビーの配車係に送迎のチケットを見せて車を依頼するシステム。

マジックロックス・グアム

イケメンな雰囲気だが、ショーではかなりコミカル。日本語も使ってくれる。

さて、アンコール!とマジックロックスのどちらが良かったかだが甲乙付けがたい。
出し物の多さにホワイトタイガー(登場はちょっとだが)といった、内容の豪華さではアンコール!だが、純粋にマジックを楽しむということならマジックロックス。
マジックロックスは距離の近さと参加型が多いということもあって、子供のいる家族に特にお勧め出来る。それに食事付きなら食事もウェスティンの方が上と思う。
ということでマジックロックスの方が私達は満足度が高かった…と言っていいと思う。(僅差ではあるが)