ナッツベリーファーム(アナハイム)


さすがにディズニーだけで10日間はもたないので(オーランドのWDWならもつけれど)ナッツベリーファームに行ってみました。
ナッツベリーファームはアナハイムでは無くブエナパークという所にあります。
ハーバーブルバードのディズニーランド入り口横のバス停からMTAという公共のバス460番に乗って20〜30分ほど。このバスはほぼ30分おきに走ってます。

公共バスは治安が心配という話もありますが、日中のディズニーとナッツベリーファーム間であれば問題はありません。

アナハイム旅行

MTAには二両連結の長ーい車体も

ナッツベリーファームと言えばスヌーピーとピーナッツの仲間。ということでショーやグリはそのキャラクター達です。

アナハイム旅行

シュレーダーとグリーティング

ホリデーシーズンのショーを観ましたが、目玉のアイススケートショー以外はディズニーのそれと違ってほのぼのしてます。バードケージシアターという小さな芝居小屋では「クリスマスキャロル」と「賢者の贈り物」が交互に上演されてて、娘もストーリーを知ってる「クリスマスキャロル」を観たかったんですが、他のショーとのやりくりで「賢者の贈り物」を鑑賞しました。
クリスマスパレードも手作り感満載でした。
アナハイム旅行

カーニバルゲームの景品はどーもくん

絶叫マシンはそれなりに充実してるんで、そういうのが好きな人は勿論楽しめるでしょうし、古き良きアメリカの遊園地の雰囲気を味わえたので行って良かったと思います。
個人的にはとても居心地のいい場所でした。パークの外にはちょっとしたショッピングエリアがあって、その一角に「チキンディナー・レストラン(Chicken Dinner Restaurant)」という有名なレストランがある。
創業60年以上、このレストランがナッツベリーファームの原点らしい。ので、かなりの行列だったが、並んで食べてみた。
これぞアメリカの懐かしの味…というものなのかもしれないが、個人的には普通。
アナハイム旅行

チキンにマッシュポテト

ただ、ホリデーシーズンに家族で楽しそうに食事してるアメリカ人達に囲まれて人気店で食べた…ということで、お上りさんとしては満足。


スポンサーリンク


カリフォルニアアドベンチャー(アナハイム)


2001年にカリフォルニアをテーマにオープンした、アナハイムのディズニーリゾート二つ目のパーク。東京ディズニーランドとディズニーシーみたいな感じだが、こちらはパークエントランスが向かい合わせに位置しているので徒歩で簡単に行き来出来る。(行き来するためにはもちろん両パーク出入り自由なパークチケットが必要)

アナハイム旅行

カリフォルニアアドベンチャーのシンボル、ミッキーの観覧車

カリフォルニアアドベンチャーの人気アトラクションはトイストーリーマニアとソアリン、そしてカーズランド。なのだが、私達が行った時にはカーズランドはまだ建設中だった。

他にもカリフォルニア・スクリーミンというコースター、グリズリー・リバー・ランというずぶ濡れ急流下り等々、東京には無いアトラクションがたくさん。
タワー・オブ・テラーもここにあるが、こちらは(オーランドも)トワイライトゾーン・タワー・オブ・テラーというのが正式名称で、エレベーターが急上昇、急降下するのは一緒だが設定がまるで違う。

ダッフィーもこちらにいる。ダッフィーのグリーティングスポット横のショップでダッフィーグッズも販売してるが、日本と違って人影はまばら。
まだシェリーメイはいない。もちろんジェラトーニも。
アナハイム旅行

ダッフィーは独り占め状態

フィニアスとファーブのショーはアニメでおなじみの曲を子供達と一緒に歌って踊るというもの。日中頻繁に行われてたので何度も踊ってた。
アナハイム旅行

ファイヤーサイドガールズのお姉さんが綺麗

カリフォルニアアドベンチャー最大の見物は日没後に行われるワールドオブカラー。噴水の水で作り出すスクリーンに映像を映し出し、レーザーとファイヤーエフェクトも使ってディズニー映画の名場面を見せるというもの。

かなりの人気で専用エリアで鑑賞できるファストパスがないと厳しい。
私達は指定のレストランでランチセットを買うとこのショーのファストパスとワールドオブカラーのレジャーバッグが貰えるという、ピクニックミールというプランをネットで購入、利用した。

ディズニーランド(アナハイム)


世界のディズニーリゾートの元祖、ディズニーランドカリフォルニア。
ロサンゼルスにあると認識されているが、ロスからは車で40分以上、カリフォルニア州オレンジ郡アナハイムという所にある。
東京ディズニーランドが実は東京ではなく千葉県浦安市にあるみたいな感じ。

東京ディズニーランドとの大きな違いはシンボルのお城が白いシンデレラ城ではなく淡いピンクの「眠れる森の美女の城」ということと、メインストリートUSAに屋根が無いということ。

アナハイム旅行

シンデレラ城よりかなり低い

パークチケットは事前に5デーパークホッパー(同日に2パーク出入り自由)チケットを購入。このチケットでマジックモーニング(通常開園時間より1時間早く入園可能)も付いてくる。

パークの内容はほぼ東京ディズニーランドと一緒だが、随所に老舗感が漂っている。

東京ディズニーランドはテーマパークの最高峰といった感じだが、本家は何故か素朴な匂いが漂っている。訪れたのはクリスマスシーズンで閑散期ではないはずだが、ご覧の通りミッキーとの写真も苦もなく撮れる。

アナハイム旅行

列も無くいきなり楽々ミッキーと写真撮影可能

目当ての人気アトラクションにダッシュする様な人もなく、とにかくのんびりした感じ。

本物の動物との触れ合いコーナーみたいなのもあって、遊園地らしさを醸し出してる。

アナハイム旅行

クリスマス時期だからかトナナカイもいた

東京ディズニーランドには無いアトラクションもいくつかあるのだが、中でも娘が気に入って複数回参加したのが「ジェダイトレーニングアカデミー」
子供達の中から毎回20名くらいが選ばれて映画スターウォーズに出てくるジェダイの騎士になるためのトレーニングを受けるというもの。
ジェダイもダースベイダーもダースモールもかなりそれらしいパフォーマンスをしてくれるので、スターウォーズが好きなら楽しめると思う。
トレーニングに参加できるのは子供だけ。選ばれる為には開始時間の30分前には行って前列で待機した方がいい。娘は最初、3列目くらいで選ばれなかったので、以降は最前列で待てる時間に行った。
参加した子供達にはジェダイトレーニングアカデミーの修了書をくれる。

当時、ラプンツェルの公開直後で、ラプンツェルとフリン・ライダーのグリーティングは行列してた。人気のグリーティングは専用の場所で行われているのだが、マップで「Rapunzel」を探してもみつからない。原題の「Tangled」としか表記されていなかった。

アナハイム旅行

クリスマスパレードの先頭はダッフィー