TDRのオフィシャルホテル・サンルートプラザ東京


東京ディズニーリゾート(TDR)のオフィシャルホテルは過去にサンルートプラザ東京以外の全てのホテルに宿泊経験があるが、今回やっとサンルートプラザ東京に宿泊したので感想を。

今までサンルートプラザに一度も宿泊していなかった理由は、最もリーズナブルなオフィシャルのはずなのに、常にもっと安く他のオフィシャルに宿泊出来たからという単純に予算的な理由だったが、初めて朝食付きで全オフィシャルの中で最も格安な宿泊プランに遭遇したので利用してみた。
サンルートプラザの客室は種類が多いのだが、我々が泊まったのはクルージングキャビン3(16.5㎡)というクルーズ船の船室をモチーフにした部屋。
この部屋がサンルートプラザの中で最も狭く、最も安く提供されている。ちなみにクルージングキャビン2という同コンセプトの若干広目の(ベッドも大きくなる)部屋もある。

サンルートプラザ東京のクルージングキャビン

シングルベッド2台が並ぶクルージングキャビン3

クルージングキャビンはその名の通り本当に船室の様な作り。ディズニークルーズのステートルームに近い感じだ。(ディズニークルーズは多くの船室が風呂トイレ別だが、サンルートプラザのクルージングキャビンは残念ながらバストイレ一緒のタイプ)
ビジネスホテルのシングルルームの様な狭い空間を上手くアレンジしてあって、子供は喜ぶ。
子供は喜ぶし、寝るだけと割り切れば、清潔である意味機能的なので文句の無い部屋ではあるが、まずカップルには向かない。又、もっとも狭いクルージングキャビン3では3人家族になるとかなり手狭だと思う。(ベッドがシングル2台なので添い寝は厳しい)
ソファーベッドがあるので3人でも利用出来るのだが、3人家族以上ならクルージングキャビン2(19.4㎡)以上の部屋がいいと思う。
風呂も安いビジネスホテルのそれを想像してもらえば分かると思うが、とても狭いので子供と一緒の入浴も厳しいと思う。
ちなみにクルージングキャビンではない、普通の部屋(スタンダードツイン)ならちゃんとセミダブルのベッド2台で26.6㎡の広さがある。

クルージングキャビン

客室ドアはまさにクルーズのステートルームといった雰囲気。室内にはちゃんと救命胴衣も用意されている。(絶対に使わないけど)

今回朝食付きで泊まったが、意外に朝食ビュッフェが美味しかった。
品数はヒルトンやシェラトン等に比べて劣るが、子供との食事なら十分に満足出来るレベル。混雑に合わせて朝食会場となるレストランは増減されるようだが、一階にあるメインのカリフォルニアはパーク開園に合わせた食事をしようとするとまず待ち時間が発生する。
それでも10分程の待ち時間で利用が出来た。(繁忙期ではなかったからかもしれない)

サンルートプラザの利点としては、オフィシャルの中で唯一、ディズニーランドまで直行の送迎バスがあることがあげられる。もちろん他のオフィシャル同様にベイサイドステーションまでのリゾートクルーザー(バス)もある。ただし、ディズニーランドまでの直行バスはベイサイドステーションまでのものに比べて便数が少ない。(ランドの開園、閉園に合わせて増便されるが)
ディズニーランドにはとても近い位置にあるので、ランドまでは徒歩で行くことも十分に可能な位置だ(パークエントランスまで約15分)。

ということで、今回初めてサンルートプラザ東京に泊まったが、値段が最安なら又利用してもいいと思う。ホテル全体のリゾート感や高級感というものはないが、パークで遊ぶことがメインならとてもいいホテルだと思う。

これでTDRのオフィシャルは全制覇した。ディズニー直営(実際は直営という呼び方はせずディズニーホテルと言う)もアンバサダーとディズニーランドホテルには泊まったので、残るはミラコスタのみ。
(2016年夏に新しいディズニー直営ホテル、ディズニーセレブレーションホテルがオープンするが、エリアが新浦安だし、サービスを簡略化するとアナウンスされているので、従来のグッドネイバーホテルにディズニーの装飾を施した様な感じになるのではないかと思われる…)

TDRのオフィシャルホテル比較

ディズニーランドホテル (TDR)

ディズニーアンバサダーホテル(TDR)


スポンサーリンク


グアムでの食事(レストラン)・グアム旅行準備編5


グアムでの食事の予定を大まかにたてておく為に、自分達の好みに合わせてレストランを調べておく。予約必須の店もあるので、全体的な旅程が決まったら、予約もしておかなければならない。

まず我々が泊まるアウトリガーの中で、子供と一緒に食事をするのに向いていそうなレストランとしては、パームカフェと、プールサイドのオハナ・ビーチ・クラブがある。パームカフェは朝昼晩とブッフェが主体で、朝食付きのプランではここで朝食ブッフェをとることになる。
オハナ・ビーチ・クラブは軽食の店なので、プールやビーチで過ごしている時に軽めの(とは言ってもアメリカ的なボリュームだろうが)食事をとるのに適している。
パームカフェではサンデーブランチ(シャンパンブランチ)もやっているので、それを予約して利用しようと思っている。
宿泊ホテル内なので、パームカフェとオハナ・ビーチ・クラブは何度か利用するかもしれない。
厳密にはホテル内ではないが、アウトリガーと繋がる建物内にはハードロックカフェなんかもある。

付近で徒歩で行ける範囲のファストフード店としてはマクドナルド、バーガーキング、そしてホットドッグのディゲティ・ドッグ。
バーガー、ホットドッグ大好きの娘にはこれだけあればまず大丈夫。

パンケーキのエッグスンシングス、アウトバック・ステーキハウス、TGIフライデーなんかも極めて至近にある。
パンケーキやエッグ・ベネディクトなんかで有名な卵料理の店、クラックド・エッグも。クラックド・エッグはとても興味があるが、営業時間が深夜0時に開店、お昼の12時までとなっているので要注意だ。(つまり正午から深夜まで閉まってる)

タモンでは以下の店には必ず行ってみると決めておく。

  • パームカフェのサンデーブランチ
  • クラックド・エッグの昼食
  • シュラスコ・ブラジリアンBBQ

シュラスコ・ブラジリアンBBQはシュラスコと呼ばれるバーベキュー料理を食べ放題の店で、味にも定評があり予約は必須の店だ。アウトリガーから歩くと15分くらいはかかりそうだが、予約時に送迎を頼むことも出来るようだ。

シュラスコ ブラジリアン BBQ

シュラスコのお肉の種類はビーフ、ポーク、チキン。好きな肉を好きなだけ食べられる。サラダバーもある。

ABCストアでのスパム結びなんかも食べるだろうことを考えれば、タモン界隈での食事は選り取り見取りだ。

タモンの中心部以外では、Kマートの向かいにあるグアムナンバー1ハンバーガーと言われるメスクラドスにはとても興味がある。

メスクラドス

メスクラドスのRancheru” Burger

あとはGPO(グアム・プレミアム・アウトレット)にあるファミレスのルビーチューズデーも、チェーン店とは思えないほど美味しいと評判なので行ってみたい。
GPOには子連れには外せないチャッキーチーズ(ピザレストランとゲーセンが合体した店)もあるが、チャッキーチーズは飲食をしなくてもゲームだけを利用出来るらしいので、食事はルビーチューズデーでして、チャッキーチーズには遊びにいくだけにするつもり。ただ、チャッキーチーズのピザも店の雰囲気からは想像出来ないほどちゃんとした味とのことで評判は悪くない。

ということで、タモン中心部以外では、以下には必ず食事に行くと決めておく。

  • メスクラドス
  • ルビーチューズデー

デデドの朝市やチャモロビレッジのナイトマーケットにも行く予定なので、そこでは何かしら食べるだろうし、フィッシュアイのポリネシアン・ディナーショーにも行く予定。
それに加えてマイクロネシアモールのフードコートなんかも利用する事を考えれば、7泊8日の旅での食事は十分だろう。
マイクロネシアモールのフードコートには和食なら寿司のニンジャキッチンやキッチンアリガトウ、アメリカで食べるファスト中華の定番、パンダエクスプレス(私はここのオレンジチキンが大好物)もあるので、これらも利用するだろう。

ハワイのワイキキほどでは無いが、こうして調べてみるとグアムもけっこう色々な物が食べられる場所だと思う。
子供との二人旅なので、高級レストラン等は利用予定がないが、タモンには高級レストランもいくつかある。


赤いシャトルバスとシレナトロリー・グアム旅行準備編4


グアムでの移動手段はシャトルバス、タクシー、レンタカーのいずれかが選択肢。
両手に持ちきれないほどの買い物をする人や、島内の様々な場所に行きたい人にはレンタカーが圧倒的に便利だが、それ以外の人にはタクシーとシャトルバスが現実的。
グアムのタクシーはあまり台数が多くは無いし、経済的とは言えないので、やはり多くの観光客にとって一番便利なのはシャトルバスだと思う。
基本的にタモンとハガニヤの中心部での移動にしか使えないが、多くの人にとって必要十分なエリアだろう。

代表的なのは赤いシャトルバスと呼ばれるもので、グアムの主要ホテルとマイクロネシアモール、プレミアムアウトレット等を約10分間隔で結んでいるタモンシャトル、同じく10分間隔でマイクロネシアモール、Kマート、プレミアムアウトレット等を結ぶショッピングモールシャトル、約20分間隔でTギャラリア(DFS)とKマートを結ぶKマートシャトル等が主要路線だ。
他にプレミアムアウトレットとレオパレスリゾートを結ぶレオパレスシャトルや、ハガニヤまで行けるハガニヤ・チャモロバス、恋人岬シャトル、朝市シャトル(土日の朝のみ)、チャモロビレッジナイトシャトル(水曜の夜のみ)等もある。
赤いシャトルバスでは島内一周ツアー等も扱っている。

赤いシャトル

赤いシャトルバスはオープンエアでホノルルのワイキキトロリーに似た車体。

乗車券は一回4ドル(2015年現在)で、アメリカの他のバス同様、お釣りは無いのでぴったりの額が必要。6歳未満は無料だ。
しかし都度支払うよりは滞在日数に合わせたパス(乗り放題チケット)を購入するのが一般的。乗り放題チケットがあれば乗る度にぴったりのお金があるか気にする必要は無い。
赤いシャトルバスの1日、2日、5日間の乗り放題チケットは事前に購入(現地の空港やDFS等で受取り)しておくことも可能で、2日間、5日間には24時間(2日間チケット)、72時間(5日間チケット)のWi-Fiアクセス付きなんてのもある。(Wi-Fiはシャトルルート上で使えるらしい)
6歳〜11歳までを対象にした子供乗り放題券(5日間)というのもある。

ツアーで行く人は利用するツアーに滞在日分のパスが付いていることが一般的なので、確認するといい。JTBやJALパック等ならほぼ間違い無く赤いシャトルバスが乗り放題になるパス(カード)が付いてくる。このツアーに付いてくるパスや乗り放題チケットで乗れる路線は主要路線に限られていることがほとんどなので、どの路線に乗れるのかも確認が必要。
全ての種類のチケット(パス)でタモンシャトル、ショッピングシャトル、Kマートシャトル、レオパレスシャトルには乗車出来る。パスの種類によってはこれに加えてハガニア・チャモロバス、恋人岬シャトルにも乗れるものがある。朝市シャトルとチャモロビレッジナイトシャトルはほぼ間違い無く別料金になる。

HISのツアーで行く場合には赤いシャトルバスとほぼ同じ路線を持つHISのシレナトロリー(2016年、レアレアトロリーに名称変更)に滞在中乗り放題となる。なので、HISのツアーには赤いシャトルバスのパスは付いてこない。
赤いシャトルバスのタモンシャトルに相当するホテルコース、ショッピングモールシャトルに相当するショッピングセンターコース、Kマートシャトルに相当するチャオラウンジコースという3つのコースで運行している。
別料金で朝市(土日の朝のみ)に行けるチャオフリーマーケットエクスプレス、チャモロビレッジのナイトマーケットに行くチャモロビレッジエクスプレス(水曜の夜のみ)もある。

シレナトロリー

シレナトロリーは赤いシャトルバスに似た車体の他に、ツアーバスといった感じの車体もある。

このシレナトロリー(レアレアトロリー)、本来はHISのツアー利用者専用なのだが、7日間乗り放題チケットをHISツアー利用者以外もHISのサイトから購入する事が出来る。赤いシャトルバス同様にWi-Fi付きなんてのもある。
シレナトロリー(レアレアトロリー)の場合、11歳以下は無料で乗れるし、(赤いシャトルは6歳未満無料)7日間チケットが赤いシャトルの5日間チケットよりも安いので、検討の余地は十分にあると思う。

グアム滞在中に頻繁にシャトルを使って移動する人は赤いシャトルとシレナトロリー両方のパスを買ってしまうというのもアリかと思う。(片方が付いてくるツアーならもう片方を購入する)
この二つを持っていれば先に来たシャトルバスに自由に乗れるので時間がかなり節約出来る。
もちろん滞在中、巡り合わせによっては片方ばかりの利用になって、もう片方は無駄だったということも有り得るが…。

更に赤いシャトルバスの乗り放題チケットは、5日間を買うなら正規の物よりも、てるみくらぶのプラチナカード(Webでの事前販売のみ)を買った方が得だ。5日間チケットよりも安価なのに7日間有効で、各種特典(提携店での割引や粗品プレゼント)もある。
乗れる路線も5日間チケットで乗れるタモンシャトル、ショッピングシャトル、Kマートシャトル、レオパレスシャトルに加えて、ハガニア・チャモロバスにも乗れる。
受け取りが自分が宿泊するホテルのフロントで出来るというのも有難い。(てるみくらぶのツアーでグアムに行く人はグアム空港のてるみくらぶカウンターでの受け取りになる)
赤いシャトルバスの5日間チケットを購入する予定の人はてるみくらぶのプラチナカードを検討してみるべきだ。

私達はてるみくらぶのプラチナカード+シレナトロリーの7日間乗り放題チケットを入手する予定でいるので、暑いバス停での待ち時間を減らせるはずだ。混んでいるバスを避けるということも出来るかもしれない。
7泊8日の旅程なので、両方とも7日間有効になるというのも都合がいい。

*2017年4月現在、てるみクラブは倒産した模様です。

JTBのツアー利用者専用のバスやDFSのバスもあるが、運行時間やルートは上記の2種類に比べてかなり限定的なので、主な移動手段としては使えない。