WDWバリューリゾートから各パークへの所要時間


出来るだけ安くオーランドのWDW旅行をする場合、多くの人が選択するであろうWDW直営のバリューリゾート。バリュークラスのリゾートの特徴としては部屋がシンプルで外廊下、レストランはテーブルサービスが無く、フードコートのみといった事の他に、ディズニー・トランスポーテーション・システム(各パークへの交通機関)がバスのみといったことがある。
そしてパークのバス停はもっとも遠い位置にある場合が多いということも知っておく必要がある。

では各バリューリゾートから各パークまではバスでどれくらい移動に時間がかかるのか。
まずは最安値のオールスターリゾート(スポーツ、ミュージック、ムービー)の場合。

  • マジックキングダム 23〜30分
  • エプコット 20〜26分
  • ハリウッド・スタジオ 18〜24分
  • アニマルキングダム 22〜28分
  • ブリザードビーチ 13〜19分
  • タイフーン・ラグーン 20〜27分
  • ダウンタウンディズニー(ディズニースプリングス) 23〜30分

オールスター系列は各リゾートを順番に廻るバスや、直行するバス等があるために、どちらのタイプかによって所要時間に開きがある。

ポップセンチュリー・リゾートからは

  • マジックキングダム 22分
  • エプコット 15分
  • ハリウッド・スタジオ 15分
  • アニマルキングダム 20分
  • ブリザードビーチ 13分
  • タイフーン・ラグーン 19分
  • ダウンタウンディズニー(ディズニースプリングス) 12分

アート・オブ・アニメーション・リゾートからの所要時間はポップセンチュリーと同じ。

以上は平均所要時間で、朝夕の渋滞時は若干増える可能性もあるし、空いていれば早くなる。
バスの出発間隔は平均20分毎だが、各パークの開園時と閉園時は増便されているので、20分も待たされることはないはずだ。(ただし乗る人も多いので乗り切れず、次の便を待つ可能性はある)
11時頃から夕方にかけては逆に便数が減るので最長で30分ほど待たされる可能性もある。
更にウォーターパークとダウンタウンディズニー(ディズニースプリングス)へのバスは便が少ない傾向があることも知っておく必要がある。

各パークのバス停はデラックスクラスのリゾートが最もエントランスに近く、バリュークラスのリゾート行きのバス停はもっとも遠くになっている事がほとんどなので、バリュークラス宿泊者はバス停とパークのエントランス間を10分ほどは歩かされる可能性がある。(行きと帰りではバス停が異なる場合もあるので注意)

以上を考慮して最長の場合の所要時間を考えてスケジュールすれば、ほぼ希望通りの時間までにパークに到着出来るはずだ。
例えばオールスターリゾートからマジックキングダムに行く場合なら、宿泊している部屋からバス停までの時間(仮に5分)+バスの最長待ち時間(パーク開園時なら20分)+所要時間(最長30分)+バス停からエントランスまでの時間(10分)で、計1時間5分を見ておけばパークエントランスに着けるということになる。全てを最長で計算しているので、ほとんどの場合はこれよりも早く到着出来るはずだ。

WDWのバス

プリファード棟でないとバス停まで10分以上歩かされる部屋もあるので、出来るだけバス停に近い部屋をリクエストすることも大事。

キャラクターダイニングがあるリゾートに行く場合、どこかのパークで乗り換えで行くことになるので、そのパークまでの所要時間と、パークから目的のリゾートへの移動時間を足せば良い。
1900パークフェア(グランド・フロリディアン)、シェフ・ミッキー(コンテンポラリー)、オハナ(ポリネシアン)ならマジックキングダムから行くのがベストだろう。
マジックキングダムからはモノレールやボート、バス、或いは徒歩と移動手段が多くあるが、モノレールを使うとしてもっとも時間のかかるグランド・フロリディアンまでが17分だ。
なので、マジックキングダムまでの最長所要時間に30分を足しておけば、予約時間に遅れること無く到着出来るはず。

早朝のキャラブレ予約の場合、朝6時頃からキャラブレ専用のバスが走っていることも知っておこう。このバスが何時頃に来るかはリゾートのフロントで教えて貰える。
パークに向かう人がほとんど居ない時間帯に走るバスなので、行き先表示に関係なく、目的のレストランがあるリゾートまで行ってくれることもあるので、その方面行きのバスが来たら、ドライバーに聞いてみよう。

移動時間は混雑具合や時間帯によって変動してしまうし、夏場ならスコールの影響で停止してしまうということもある。最悪の場合を考えるとどんどん早く出発するしかなくなってしまうので、ある程度は割り切って計画するしか無い。

オーランド旅行記 目次


スポンサーリンク


関連情報を含む記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>