アメリカの水について


アメリカの水道水は州によって水質に違いはあるものの、一般的に飲んで害になるようなことはない。
絶対に飲めないような水が水道から出てくることはないと思っていい。

しかし美味しいかどうかは別問題だし、普段日本で飲んでいる水とは水質が違うので、口に合わない、体が受け付けないということはあるかもしれない。
私と娘はアメリカで水道水を飲んでお腹を壊したことはないけど。

アメリカの水道水は硬水である事が多いので、衛生的に問題ないとしても味は悪い。
普段、エビアンとかコントレックスみたいな硬水を抵抗なく飲める人なら、味はあまり抵抗がないかもしれないが、軟水でないと飲めないという人は、水道水を口にするのは歯磨き、うがい、薬を少量の水で飲むときくらいにした方がいいかもしれない。

コンビニやスーパーに行けばミネラルウォーターが安く手に入る。(観光地のホテルの売店等ではかなり高く売ってたりもするけど)
軟水で日本人の口に合いそうで、尚且つ大抵のスーパーに置いてあり、日本人にも馴染みのあるのは、クリスタルガイザーとボルビック。中硬水でも大丈夫なら日本では見かけないが、ArrowheadやFiji Waterなんてのもある。

安いボトル入りウォーターとしてスーパーとかでよく目にするAquafinaやDasaniはミネラルウォーターではない。これらは水道水を濾過して味を良くしたもの。Dasaniには人工的にミネラルが加えられたりもしてる。
Purified Waterと書かれていればこの類い。

日本人が思うミネラルウォーターにはMineral WaterかSpring Water(水源が泉)と表示されている。

あと、ボトル入りの水はガス入りとガス無しという分類もあるので、間違ってガス入りを買わないように。これは一々細かい表示を確認しなくても、ボトルを触れば判別出来る。
堅くて一切ヘコまなければガス入り、押して簡単にヘコめば普通の水。アメリカのペットボトルは日本のペットボトルよりも薄くて柔らかいのですぐに分かる。

アメリカではそんなことはないが、ヨーロッパでは一般的にガス入りの水、所謂炭酸水がよく飲まれている。特にレストランではノンガスと言わずにミネラルウォーターを頼むとガス入りが出てくるということもある。
ヨーロッパではないが、オーストラリアではミネラルウォーター=炭酸水だったりする。

もし体に合う合わないでは無く、味だけが問題なら、水に溶ける粉末状のお茶を持参するという手もある。AGFや伊藤園等から携帯性のいいスティックタイプなんてのも出ている。
これを水筒やペットボトルに入れてお茶を作り、冷蔵庫で冷やしておけば、抵抗なく飲めるようなる。

おーいお茶スティック

伊藤園 お~いお茶 さらさらほうじ茶 スティック100本

よく日本からペットボトルの水を持参するなんて話も聞くが、手荷物で水を持ち込むことは出来ないし、預け入れ荷物に大きな水のボトルを入れるのであれば重量制限にも気を使う。

飛行中は気圧でペットボトルが大きく変形する可能性もあるので、破損して荷物が水浸しになる危険性もある。
それに2泊3日程度なら別として、滞在中に必要なだけの飲料水を持参するというのは無理があると思うので、水の持参というのはお薦めできない気がする…。


スポンサーリンク


関連情報を含む記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>