アメリカのホテル


アメリカに限ったことではないけど、日本とは微妙に違う海外のホテルの話。

日本では当たり前にあるスリッパやパジャマ(浴衣)、歯ブラシといったものが用意されていないのはご存知の人も多いと思う。たまに用意されている場合もあるが、かなり特種なケース。
アメニティの類いで用意があることが多いのはシャンプー、コンディショナー、石鹸くらいだろうか。しかしこれらも品質はかなり悪いので、日本人が使う気になるものではないと思う。

なので、この辺は全て自分で用意しておいた方がいい。
たまにアメリカでホテルに泊まったら歯ブラシやスリッパが無くて困ったなんて話をする人がいるが、無くて当たり前。おしぼりやお冷や同様、ホテルのアメニティは日本特有の文化だ。

海外では多くの地域で水が硬水だ。硬水の特徴でシャンプーや石鹸が泡立ちにくいので、普段よりも多めに使う必要があることも知っておくといい。

もちろんウォシュレットもなくて当たり前。日本人宿泊者の多い一部のホテルの、一部の部屋にのみ装備されている場合がある。
湯沸かし器なんて勿論無い。しかしコーヒーメーカーがある事は多いので、湯沸かしの代わりに使える。カップラーメン等の持込を考えている場合はコーヒーメーカーの有無を確認しておいた方がいい。

アメリカでホテルに泊まる場合は部屋に入ったらまず水回りをチェックした方がいい。
トイレがちゃんと流れるか、洗面所と風呂のお湯がちゃんと出て、ちゃんと排水されているかを確認して、もし不具合があればすぐに部屋を変えて貰うか、修理を依頼した方がいい。
アメリカ人は水回りを利用しない客が多いのか、これらの不具合が放置されている部屋が多い気がする。

エアコンの温度設定はもちろん華氏。我々が使ってる摂氏とアメリカで使っている華氏の換算はちょっと複雑。区切りのいい温度の対比は次の通り。

  • 摂氏20度=華氏68度
  • 摂氏25度=華氏77度
  • 摂氏30度=華氏86度

アメリカはインターネット大国のはずなのだが、何故かホテルのネット環境は日本より劣る場合が多い。ロビーでは無料だが部屋では有料という場合が多いし、有料なのに速度もイマイチというケースが多い。
もしネット環境が常に必要な場合は、ホテルのサイト等で調べておいた方がいい。無料ならいいが、有料の場合は日本から海外旅行用のポケットWi-Fi等をレンタルしていった方が、料金も安くて使い勝手もいいという場合がある。

ホテルのロビー

ロビーでは無料でWi-Fiが使えるホテルが多い。認証が必要な場合はフロントでIDとパスワードを教えてくれる

部屋の掃除にはチップが必要なので忘れない様に。
使用しているベッド一台につき1〜2ドルが相場だと思う。特別に補充して欲しい物があれば、メモにその旨を書いてチップと一緒に置いておけば確実。

チェックインは日本と同様に15時が多い。チェックアウトも日本同様10時〜12時といったところ。
日本と違うのは15時以前でも部屋が用意出来ていれば入れてくれるホテルが多い事。15時というのは確実に入れることを保証する時間になっている感じ。

チェックイン時には外国人はパスポートの提示が必要。部屋代を前払いしているしていないに関わらずクレジットカードも必要なことも多い。
部屋の備品の盗難、損傷に対する保証としての意味もあるようで、カードを所持せずに、宿泊費を現金で払うと言うと、多額の保証金を求められることもある。
パスポートとクレジットカードはホテルに泊まる場合の必需品と思っておいた方がいい。

滞在中、基本的にホテルが鍵を預かることはない。出掛けるときも鍵は自分で管理することになる。

チェックアウトはフロントに立ち寄る必要の無い、エクスプレスチェックアウトが可能なホテルが多い。もちろんクレジットカードを登録している事が前提。
テレビ画面で自分でチェックアウト手続きを済ませる場合と、専用の用紙に必要事項を書いて、鍵と一緒に専用のボックスに入れる場合とがある。用紙は鍵(カードキー)のホルダーが用紙になっている事もある。用紙に書くのは連絡先や氏名、部屋番号くらいなので難しくは無い。
テレビを使ったチェックアウトでは画面に表示される明細、それ以外では、前日夜か当日朝に届けられる明細に不明な請求がある場合や、領収証が欲しい場合はフロントでチェックアウト手続きをする必要がある。

ヒルトンやハイアットといった日本では高級なイメージのするホテルでも、基本的に日本と同様のきめ細かいサービスは期待できない。
しかしそれは日本のサービスが世界標準を大きく超えているという話なので、余程の不手際や失礼な行為があった場合を除いて怒ってはいけない。
逆に本当に抗議するべき事があった場合にはちゃんと抗議した方がいい。黙っている事は了解したことと同じと受け止められる。
又、ミスが多いので、請求書の類いはちゃんと確認した方がいい。アメリカ人はかなり時間をかけてチェックする人が多いので、遠慮することはない。

 


スポンサーリンク


関連情報を含む記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>