シカゴ、オヘア空港で食事をする


オーランド旅行の乗り継ぎ便が度々変更され、でシカゴでの乗り継ぎ時間が4時間ほどとかなり長くなってしまった。
タイミングによっては入国審査に時間がかかるので、往路の乗り継ぎは2時間以上が必須と言われるシカゴ、オヘア空港だが、成田からの便がオンタイムで到着した場合、4時間はさすがに時間が余ると思う。
オーランドへの到着予定時刻は22時40分となってしまったので、着いた頃には食事するには遅すぎる。せっかく時間があるのだし、夕食にはいい時間なのでシカゴで夕食をとっておくのがベストだろう。オーランドに着いたらもう入浴して寝るだけにしておく。(オーランド初日は空港のハイアットなので)

シカゴへの国際線は全て入国審査場があるターミナル5に到着する。乗り継ぐユナイテッドの国内線はターミナル1になると思われる。(ターミナル1がユナイテッド専用)
ちなみに復路は成田へ向かうANAもターミナル1からの出発となる。
なので、ターミナル1での食事がベストだろうということで、ターミナル1にある飲食施設を調べてみた。

シカゴオヘア空港

国際線到着のターミナル5からターミナル1への移動は無人鉄道(ATS)を利用する

まずはギャレットポップコーン(Garrett Popcorn Shops)。これは食事とは言えないが、日本では長蛇の列だが空港内の店は手軽に買えると聞くし、ポップコーンに対する認識が変わると言われるほど美味しいらしいので寄ってみるつもり。コンコースBにある。
同じく日本にも出店しているプレッツェルのアンティ・アンズ(Auntie Anne’s Pretzels)がコンコースCにある。日本ではメニューに無いソーセージドック等もあるので、これも興味ある。

スターバックスやマクドナルドもあるが、ここは日本には無い店、もしくは日本に出店していてもなかなか行く機会の無い店に挑戦するべきだろう。ということで以下が候補。

  • Berghoff Cafe(シュニッツェル等が食べられるらしい。コンコースCにある)
  • Billy Goat Tavern and Grill(チーズバーガーが名物らしい。コンコースCにある)
  • Brioche Doree(ブリオッシュはフランスの発酵パンなので、それを使ったサンドウィッチを提供していると思われる。最近日本にも進出したらしい。コンコースCにある)
  • Chicago Style Hot Dogs(その名の通りのホットドッグ専門店。コンコースCにある)
  • Eli’s Cheesecake(これも食事とは言えないが、何やら見たこともない様々なチーズケーキが美味しそう。コンコースBにある)
  • Great American Bagel Company(ベーグルを使ったサンドウィッチがたくさんある。コンコースBにある)
  • Manchu Wok(中華のファストフード店。コンコースCにある)
  • Nuts on Clark(これもポップコーン専門店?ギャレットとどちらが美味いのか。コンコースCにある)
  • Salad Works(サラダ、サンドウィッチ等、野菜を中心としたメニュー。コンコースCにある)

以上の中から選んで夕食をとろうと思っている。これだけあれば困ることはなさそう。
ターミナル1のコンコースBとCは天井の照明が綺麗なことで有名な地下通路で結ばれていて、巨大な恐竜骨格のレプリカがあったりと、時間を潰すことが出来そうな場所なので一安心。

シカゴ空港ターミナル1地下通路

コンコースBとCを結ぶ地下通路


スポンサーリンク


関連情報を含む記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>