アメリカのコインランドリーを使う


一週間以上の旅行ではやはり洗濯をしないと厳しい。
そこでコインランドリーを使うことになるわけだが、有難いことにアメリカのホテルではよほどの高級ホテルでない限りは必ずコインランドリーがある。

並んでいる洗濯機はまず間違い無くドラム式。そして大きな乾燥機が並んでいる。
使い方は文字通りコインを使う物とプリペイドカードを使う物があるが、ホテルにあるコインランドリーはほぼコインのみ使えるタイプだと思う。
洗濯機も乾燥機も使えるコインはクオーター(25セント)のみ。料金は2〜3ドルくらい。その額分のクォーターを並べて溝に入れ、押し込んで入れるというタイプが一般的。日本の様にコインを一枚一枚入れる投入口は見たことがない。
両替機を置いている所もあるが、使用中止や故障ということも多いので予めクォーターを用意してから行った方がいい。
コインを押し込めば数十秒後にドアがロックされて自動で洗濯が始まるタイプと、コインを入れた後にスタートボタンを押して始めて洗濯を開始する物があるので確認してから使うこと。

洗剤は自動販売機で売っているが、これもクォーターが必要。両替機同様に売り切れや故障もあるので洗剤も予め用意していった方が安心。
日本の洗剤は軟水用だから、アメリカの硬水には向いていないという話もあるが、気にするほどの違いはないと思うので、日本から使い切りの洗濯洗剤を持って行くのもアリだと思う。
現地の洗剤を使う場合はタイド(Tide)と言う、オレンジ色の洗剤がもっともポピュラーで、何処ででも買えると思う。

アメリカの洗濯洗剤

洗剤の販売機。TideやBounceがある。漂白剤も。お金はやはりクォーターを並べて押し込む方式。

柔軟剤は日本でもお馴染みのダウニー(Downy)があるが、それよりも乾燥機用柔軟剤の方が一般的。日本人は洗濯したら部屋で乾かせば良いと考える人もいるだろうが、あちらでは自宅でも干して乾かすという人は少ないので、乾燥機の使用が一般的。
部屋で干す場合はバスルームを利用する様に。間違ってもベランダ(ラナイ)に干したりしてはいけない。ビーチタオル一枚程度ならいいが、衣類を外に干したりするとホテルに注意を受ける可能性がある。
それに、一時間もあれば綺麗に乾かしてくれるので乾燥機を使った方が良いと思う。
乾燥機用柔軟剤はシート状のもので、バウンス(Bounce)というのが一般的。
乾燥機を使う時に濡れた衣類と一緒に入れてしまえばいい。静電気なども防いでくれるので便利だ。もちろん乾燥機用柔軟剤は必須というわけではない。

ホテルのコインランドリーは朝と夕方以降が混む。もし可能なら昼間に洗濯出来れば空いていることが多い。選択中や乾燥中はロックされているので心配ないが、盗難を防ぐためにも、他の使用者の迷惑にならない為にも、運転終了する前には行って終了後すぐに洗濯物を取り出すようにした方がいい。
防犯上、ランドリールームには部屋の鍵が無いと入れないという場合もあることを知っておこう。


スポンサーリンク


関連情報を含む記事

アメリカのコインランドリーを使う」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: WDWのコインランドリーがカード専用化 | パパと娘の世界二人旅・The world travel of a papa and daughter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>