ジェダイ トレーニング アカデミー


東京ディズニーリゾートには今のところないが、アメリカのカリフォルニアディズニーリゾートとフロリダのウォルトディズニーワールドにはあるジェダイトレーニングアカデミー。
アメリカのディズニーパークに行くことがあって、小学生までの子供(4歳〜12歳)がいて、尚且つ多少でもスター・ウォーズに興味があるなら、是非スケジュールに入れてみてほしい。
子供にとってはいい思い出になると思う。

ジェダイトレーニングアカデミーはスター・ウォーズに登場するジェダイの騎士になる為のトレーニングを受けるという趣向のイベント。映画を好きな人なら、ジェダイのテーマにのって登場するジェダイの騎士達や、ダース・ベイダーやダース・モールといったキャラクターのパフォーマンスも楽しめるはず。

場所はアナハイムのディズニーランドはトゥモローランド、オーランドのWDWではディズニーハリウッドスタジオのスターツアーズ近く。
どちらも1日に何回も行われるのだが、パダワン(ジェダイの騎士の訓練を受ける資格を持つ子供をこう呼ぶ)になる為の、つまり参加する方法はアナハイムとWDWでは異なる。
(観覧するだけなら開催時間にその場所に行けば観られる)

アナハイムでは開催場所のJedi Training Academyと書かれたサインボードに開催時間が書かれているので、その時間までに行って、スタートを待ち、始まるとジェダイの騎士に扮したキャストが集まっている子供達の中から20名程のパダワンを選んでいく。
なので、出来るだけ早めに行って前列近くの場所をキープしておくことが大切。私達は2回参加出来たが、いずれも20〜30分前からの場所取りで最前列、中央付近をキープできた。
選考が始まると、どの子供達も元気よくアピールするので、アピールも大切。
良い場所にいる子供はそれだけ早くから待っていたと認識してくれるので、最前列の目立つ場所であれば、立って手を上げているだけで選ばれる可能性は高い。

ジェダイトレーニングアカデミー

「そこのプリンセス!!」と言われて選ばれたので、プリンセスドレスもアピールポイントだっかかも

WDWでは事前登録となっている。
ハリウッドスタジオのABCサウンドスタジオの外で登録を受け付けているので、朝早めに登録をしに行けば、空いている回に入れくれるので、指定された回に行けば参加が保証される。開催時間の30分前に集合するように指示されるようだ。登録には子供本人も行くことが必要で、保護者だけでは受け付けられない。ほとんどの場合、お昼までには埋まってしまうようだ。
登録後のキャンセルは連絡するよう言われるので、ちゃんとルールは守ること。ちゃんとキャンセルすれば他の誰かが参加出来る。

ジェダイトレーニングアカデミーの所用時間は20分ほど。
まずライトサーベルの訓練を受け、その後登場するダース・ベイダーやダース・モールと一人一人、順番に戦っていく。
最後は全員が整列してジェダイマスターであるヨーダからのお言葉をいただいて終了。
この間、フォトパスカメラマンが写真を撮ってくれる。
記念としてジェダイトレーニングアカデミーの修了証が貰える。

ジェダイトレーニングアカデミーの修了証

ジェダイトレーニングアカデミーの修了証

4歳の子供から参加出来る内容なので英語が喋れなくても問題はない。指示は簡単なので言葉が理解出来なくても流れで分かる。
ただ、WDWでは登録時に子供に簡単な質問をする様なので、それにはちゃんと答えられること。
聞かれる内容は「ジェダイとして頑張ることが出来るか?」みたいなことなので、「イエス」とか「オフコース」とか言えれば十分。日本語で「はい!!」だって構わない。
スター・ウォーズというと男の子が好きなものというイメージがあるかもしれないが、参加する子供は女の子もとても多い。見た限りでは半数以上が女子という回もあった。

アメリカにはあるが日本のディズニーには無いものというのは、参加型のイベントが多い様な気がする。参加型をあえて取り入れないのは、やはり国民性を考慮してだろうか…。
せっかくアメリカのテーマパークに行くのなら、ジェダイトレーニングアカデミーに限らず、一緒に参加して楽しむ、もし参加出来なくても他人の参加と活躍に拍手し、応援して楽しむというアメリカ流に、是非触れみて欲しい。

オーランド旅行記 目次


スポンサーリンク


関連情報を含む記事

ジェダイ トレーニング アカデミー」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: オーランド旅行記24・終日ハリウッドスタジオ | パパと娘の世界二人旅・The world travel of a papa and daughter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>