オーランドのヒルトン系列ホテル


ヒルトンホテルのポイントプログラム、ヒルトンオーナーズに入っているので、旅行先にヒルトン系列のホテルがあれば優先的に宿泊を検討している。
他にハイアットのゴールドパスポート、シェラトン系列のスターウッズにも入っている。

オーランドにはヒルトン系列とハイアット系列のホテルが多い。
特にヒルトンはWDWのエクストラマジックアワー特典を使えるヒルトン ウォルト ディズニー ワールド リゾートがダウンタウンディズニー(ディズニースプリングス)の目の前にあるので、WDW目的の旅行でも便利に利用が出来る。
界隈には所謂オフィシャルホテルが並ぶが、パーク行きのバスが行きも帰りも一番始めに停車するのがヒルトンなので、アクセスも便利だ。
WDW目的の旅行ならまず直営リゾートを選択するとは思うが、料金的には直営のバリューかモデレートクラスと同等以下の料金でデラックスホテル並の設備を持つヒルトンに泊まることが出来る。

<span class="street-address">1751 Hotel Plaza Boulevard</span>, <span class="locality">Orlando, FL 32830</span>

インターナショナルドライブからユニバーサルスタジオ付近にかけても、ヒルトン系列のホテルは便利な位置に点在している。

まずプレミアム・アウトレット至近(アウトレットには専用の扉で出入り出来る)のヒルトン グランド バケーション クラブ オン インターナショナル ドライブ。
アウトレットに行くのも便利だし、目の前にはスーパーのパブリックスもある。
オーランド観光の中心地であるインターナショナルドライブ沿いを走るトロリーバス、I-RIDEが利用出来るので、シーワールドやiドライブ360等に出掛けるのも便利。
レンタカーを使うなら、WDWにも近いし、ユニバーサルスタジオにも簡単に行けるので、オーランド旅行の拠点として十分に使える。
又、安価にスイートルームが利用出来るので、のんびり優雅な滞在が出来るのも魅力。

8122 Arrezzo Way</span>, <span class="locality">Orlando, FL 32821

シーワールド付近にはヒルトン ガーデン イン オーランド シーワールド インターナショナル センターとヒルトン グランド バケーション クラブ シーワールドがある。
どちらもシーワールドが徒歩圏なので、シーワールド、アクアティカの観光には便利。I-RIDEのバス停ももちろんある。
ヒルトン グランド バケーション クラブ シーワールドは全室ジェットバス付きだ。

6924 Grand Vacations Way</span>, <span class="locality">Orlando, FL 3282

ユニバーサルスタジオならダブルツリー ホテル アット ジ エントランス トゥ ユニバーサル オーランドがユニバーサルスタジオまで徒歩で行けるホテル。(パークエントランスまで徒歩15〜20分)
ダブルツリーはヒルトン系列のブランドになる。
ユニバーサルスタジオまで徒歩でアクセス出来るホテルとしては、オンサイトホテルを除けば、このダブルツリーが最も近い。もちろんパークまでの送迎バスも運行している。
オンサイトホテルと違い、パークまでは敷地外を歩くことになるが、パークの営業時間内であれば、夜まで徒歩で行き来する人達が大勢いるので治安的な不安は無い。

5780 Major Blvd Orlando, FL 32819

オーランド旅行でヒルトンを使う場合、WDWの直営リゾートやユニバーサルスタジオのオンサイトホテルに比べて割安ということが理由になるかと思う。
安い理由は直営の特典が受けられないこと、パークへのアクセスが若干遠いこと等があげられる。
価格に対して部屋の広さや設備等はヒルトンの方が上という場合が多いと思うし、レンタカーを終始利用出来るなら、ヒルトン系列の方が圧倒的に便利でお得だと思う。
ただ、日本ではヒルトンと言えば高級なイメージを持つ人が多いと思うが、あちらではそれほどでもない。サービス面では高級とは程遠いことが多いので、その点は承知しておくことが必要だ。

ヒルトン・オーランド

コンベンションセンター近くのヒルトン オーランドはプール施設が充実。オーランドのヒルトンの中でもかなり豪華。インターナショナルドライブの真ん中付近なので移動にも便利。

オーランド旅行記 目次


スポンサーリンク


関連情報を含む記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>