海外旅行先で連絡を取り合う方法


今ではほとんどの携帯、スマホが海外でもそのまま使える。
なので渡航先でも携帯電話を持っている同士なら電話で連絡を取り合えるわけだが、ここで気を付けなきゃいけないのが、同じ旅行先にいる者どうしの通話でも実は国際電話になっているということだ。なのでかけた側はもちろん受話側にも通話料がかかり、しかも高額だ。
滅多に旅先で連絡を取り合う様な必要はないが、万が一の保険がわりというならそのままでもいいだろうが、頻繁に連絡を取り合う可能性があるなら、他の連絡手段を用意したい。

無料のWi-Fi環境が充実している場所や、海外用WiFiレンタル等を持っているならメールでやりとりすれば良いが、通話がしたというケースもあるだろう。
そんな時に便利なのがLINEやスカイプだ。(スマホでしか使えないが)
ネットを利用した通話なので、通話料はかからない。

ネット環境が無いという場合はトランシーバーという手もある。長距離は無理だが、条件さえ良ければ数キロ離れても通話できるものが、アメリカではドラッグストア等で安価で手に入る。(持ち帰っても日本では法律で使えないので注意)
ただ、トランシーバーは電話の様なスムースな通話が出来ないので使い難いのは確かだ。

アメリカのトランシーバー

トランシーバーは2台セットで20ドルくらいから売られている。日本のものとり電波は強力。(日本では電波法違反になるので使えない)

使いやすさと費用を考えればやはりネットを介したLINEやスカイプでのスマホでの連絡がやはり一番だろう。
レンタルWi-Fiや海外パケホーダイ等を使えば国際電話となってしまう通常の通話よりも安価なのは確かだ。無料Wi-Fiが提供されているエリア(例えばオーランドのWDW内とか)なら費用はかからない。

Wi-Fiでのネット利用は基本的にSIMの入っていないスマホでも使える。スマホの機種変更等をして使わなくなったスマホがあれば、それにスカイプをインストールして、専用のスカイプのアカウントを取得しておき、現地で使えるWi-Fi環境を設定すればスカイプ専用電話として使える。(LINEはアカウントに携帯番号が必要になるのでSIMの無いものでは使えない)
ただし、LINEと違ってスカイプは常に起動させておかないと受信出来ないことには注意が必要。


スポンサーリンク


関連情報を含む記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>