ディズニーが作った街「セレブレーション」


ウォルト・ディズニー・カンパニーが作った本物の街がある。
場所はフロリダ州オーランドのウォルト・ディズニー・ワールドから至近なので、見学だけに訪れる人も多い。街の名は「セレブレーション」。

規模としては住宅戸数約8,000、人口15,000人というかなり立派な街だ。(2015年現在)
これだけの街なので病院や学校、郵便局にスーパー、ショッピングエリア等の商業施設に娯楽施設、オフィス街まで、全てが完備されている。
街並みはまさにディズニーそのもので、まるでテーマパークの中に居るような景観。
映画館やタウンホール等、街の複数の施設は世界の名だたる建築家によるデザインだ。
ディズニーのテーマパーク同様、町中にはゴミ一つ落ちていない。

景観を維持するために住民には厳しいレールも課せられている。

  • 家の外観の模様替えには申請が必要
  • 週に一回以上の芝刈り
  • 敷地に植えることの出来る樹木の制限
  • 保有できる自家用車の制限(オンボロ車禁止)

ざっと以上の様な住民ルールだが、これを厳守すると言う書類にサイン出来る人しか住めないのだから、治安が保たれるのも当然だ。

しかし一軒家ばかりではなく、所謂賃貸のアパートメント等もあるので、リタイヤしたお金持ちの老人ばかりが住む街というわけでもない。
もちろん賃貸に住むにしても安くはないのは事実だろうが、あらゆるタイプの住居を配置することで、住民の年代や人種等が偏らない様な配慮もされている。

街は歩行者優先の設計がされていて、表通りで車を見ることは少ない。
住民が保有する車は全てバックヤード側にガレージとアクセスの為の車道が配置されている。ゴミの集積所等もバックヤード側だ。
この辺は大きなテーマパークの設計と同様になっている。物の運搬や移動に困らず、しかし表側からはそれが目に付かないというコンセプトだ。
大きな街なのに信号もない。速度制限も厳しいので、人を見たら車が譲ればいいだけなので信号不要というわけだ。

セレブレーション

街全体を俯瞰で見た様子

ただし、1940年代をイメージして作られたエリアでは、その当時の雰囲気を出すための演出として車の路上駐車が許可されていたりもして、そのへんは実にディズニーらしい。

セレブレーションのスタバ

もちろんスターバックスもある

住むことは難しいが、見学だけなら誰でも出来る。
オーランドを訪れて時間があれば、よってみるといいかもしれない。

オーランド旅行記 目次


スポンサーリンク


関連情報を含む記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>