海外旅行とクレジットカード


海外旅行に行くならクレジットカードは持って行くべき。トラベラーズチェックが使えなくなったので、もしカードが無ければ全て現金ということになってしまう。
現金と違って落としたり盗まれたりしても、すぐに気が付いて止めてしまえば被害はない。不正使用、スキミングが心配ということもあるが、ちゃんと明細をチェックしておけば覚えの無い支払いは返金して貰うことも出来る。
旅行中のカードの控え、レシートは必ずとっておこう。控えやレシートと異なる代金を請求された時は証拠になるし、もし全く使った覚えの無い請求だった場合も、それを申し立てればちゃんと調べて、返金処理をしてもらえる。この場合、カードは一旦破棄されて、新しいカードを再発行という形になることが多いので、面倒ではあるが、被害を無くす為には仕方が無い。
申し立てには期限があるので、旅行中の支払いが全て完了するまではきちんと明細を確認しよう。

カードのサインは出来るだけ漢字で書いておくといい。外国人が漢字のサインを真似ることは至難の業だ。パスポートとクレジットカードのサインを照合される場合もあるので、双方のサインは同じにしておいた方が無難。つまりパスポートのサインも漢字にしておくのがいい。

私の場合、一度だけ覚えの無いネットサービスの利用代金を請求されたことがあったが、確かに自分は利用していないという書類に署名捺印して返金してもらえた。(カードは新たに再発行)
実はもう一回、利用した覚えの無い請求を見て、カード会社に問い合わせたことがあったが、これは私の勘違いだった…。ガソリン代だったのだが、スタンド(ガスステーション)の名称が一見してそれとは分からない名称だったために使った記憶がないと思ってしまったのだ。
詳細な使用日時と店の場所をカード会社が調べてくれて、ガソリンだと気が付いた。

アメリカ(ハワイやグアムも)に行くならクレジットカードは便利以上に必需品になる。
レンタカーを借りるにもホテルに泊まるにもカードが無ければ断られることがあるし、現金で受け付けてくれた場合にも高額なデポジット(保証金)が必要になったりする。
車や部屋の備品の盗難防止が目的のデポジットなので、利用料金以上に必要なケースが多い。
クレジットカードがあれば問題はない。
日本ではそんなことはないが、アメリカではカードを持ってない人=怪しい人だ。
アメリカ人は少額でもカード払いをする人が多いので、カードが使えない店は滅多に無い。

カードの種類はVISAかMaster、その提携カードならほぼ問題はない。
AmericanExpressももちろんメジャーだ。
JCBもそれなりに使えるが、VISA、Master、Amexに比べると使える店が少なくなる。
ハワイやグアムといった日本人観光客が多い場所ではJCBでも問題はないが、本土ならやはりJCBだけでは心許ない。(観光地ではJCBのトラベルデスク等、日本人観光客に特化したサービスを色々提供しているので、1枚持っていたいカードではある)

visa_master

VISAとMasterはほぼ全世界で通用する

クレジットカードを持つなら海外旅行保険が付帯されているものを選ぶべき。
適用条件や保険金の内容も大事。航空券や旅行代金を該当カードで支払っていないと適用外になったりする場合もある。補償額が極端に少なくても困る。
出来れば適用条件に旅費の支払い条件が無いもので、それなりの補償額のものを選んだ方がいい。同行する家族にも保険が適用されることも大事。
条件の良いカードはゴールド以上といったこともあるが、最近はゴールドカードも取得しやすくなっている。以前はゴールドカードと言えば年1万以上の会費が必要だったりしたが、最近は千円〜数千円で持てるものが登場している。
ゴールド以上なら空港のラウンジ使用が出来る場合も多いので利用価値は上がる。
付帯される海外旅行保険の保証内容としては、本人も同行家族も最低、死亡1千万以上、治療費2百万以上は欲しい。日本の保険が効かない海外では百万超えの治療費がかかってしまうこともざらだ。

カード付帯の旅行保険は万が一の保険金申請をする時以外、特に旅行日数等を申請する必要は無い。旅行に出掛けた時から帰宅までが自動的に保証の期間になる。(出発から帰宅までの日数には限度はあるが、通常の観光旅行なら気にする必要はない)

私の場合、海外旅行に持って行くカードは2〜3枚。
海外旅行保険の条件が良いVISAかAmexのカードをメインにして、予備にもう1枚、行き先がハワイとかならJCBも1枚といった感じ。メインと予備は別々の場所に携帯した方がいい。
万が一の為にカード番号とカード会社の緊急連絡先も控えておく。

日本から旅行先の各種予約をネットを通して行った場合は、その時に使ったカードを忘れずに持っていくこと。予約や事前支払いで使用したカードを本人確認に使うことが多いので、別のカードを持って行ってしまうと、予約したり、支払いを済ませたサービスを受けられない場合があるので注意。


スポンサーリンク


関連情報を含む記事

海外旅行とクレジットカード」への2件のフィードバック

  1. 駐在員

    はじめまして。
    アメリカ在住のものです。大変参考になることばかりで、じっくり読ませてもらっています。
    こちらに住んでいる駐在員の間ではカードのサインはひらがなの方がいいと言われています。他国でも漢字を使用している国があるため、日本独自のひらがなが安全ということです。
    小さいことですが、一情報として。
    これからもブログ楽しみにしています。

    返信
    1. fujihide 投稿作成者

      ご訪問ありがとうございます。
      在米の方に一旅行者のブログを参考にしていただけるなんて恐縮です。
      なるほど、サインを平仮名でするのは漢字より更に安全ですね。
      有用な情報をありがとうございます。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>