アメリカのディズニーパークの年齢制限


アメリカのカリフォルニア・ディズニー・リゾートとオーランドのウォルト・ディズニー・ワールドで導入されたパーク入場の年齢制限。
14歳未満は14歳以上の同伴者無しではパークに入場出来ないというルールだが、今のところ日本の東京ディズニー・リゾートでは導入予定は無いとのこと。
しかし米国ディズニーでは海外のパークもいずれこの方針に沿ってもらうという趣旨のことをコメントしているので、将来的にどうなるかは不明。

アメリカでは14歳未満と思われるゲストが入園しようとした際には、年齢や14歳以上の同伴者の有無を確認し、もし14歳未満単独であったり、14歳以上の同伴者がいない場合には保護者に連絡して、共に入園するか連れて帰ってもらうかしてもらうとのこと。

なので、アメリカのディズニーパークに遊びに行った際に、子供だけをパークに遊びに行かせるといったことは出来ないので注意。
まあ、海外に行って、小学生以下の子供を独りで、もしくは子供達だけで行動させたりはしないだろうが、13歳(中学生)くらいになれば日本人の感覚では微妙なところだろう。(実際TDRでは中学生だけのグループはざらにいるし)

ではパーク入場後はどうなのかを考えてみた。
子供が乗りたがっても保護者が乗りたくない、もしくはその逆のアトラクションなんかもあるだろうし、パーク内でちょっと別行動といったことが出来るのかどうかだ。
まず前提として小さな子供からは目を離すべきでは無い。これはいくらディズニーのパーク内と言えどもだ。誘拐などという事態にならくても、目を離している隙に怪我をしたりなんてことがあったら、保護者の責任は免れない。

ディズニーのアトラクション利用ルールには身長制限の他に「7歳以下の子供には14歳以上の同伴者が必要」と書いてある。
つまり7歳までは保護者の同伴が必要だが、それ以上の年齢であれば独りでアトラクション利用が出来るということだ。
これをそのまま受け取れば、14歳未満はパークの入場に14歳以上の同伴者が必要だが、パーク内でのアトラクション利用は8歳以上で、アトラクション毎の身長制限をクリアしていれば、14歳未満でも同伴者不要ということになる。

つまり一旦パークに入場してしまえば、8歳以上の子供は単独行動も出来るということだ。
しかし言葉の不自由もある海外、小学生くらいの子供と完全に別行動というのはお薦めできない。(普通そんなことをする人はいないとは思うが)
アトラクション乗車時だけの別行動にして、必ずアトラクション出口で待ち合わせがいいと思う。それもすぐにアトラクション乗車が出来るファストパス利用時(もしくはシングルライダー利用可)のみにした方がいい。スタンバイも含めて長時間になる場合の別行動はお薦めできない。
アトラクションによっては出口が二手に分かれていたりする場合もあるので、確実に待ち合わせするポイントを決めておいた方が安全だ。漠然と出口で等とせずに、必ずここでという場所を確認しておこう。

アトラクションの身長制限

身長制限も忘れずに確認しておこう

更に少しでも別に行動する時間がある場合には、万が一に備えての連絡手段もあれば安心だ。
海外でも日本と同様に使える携帯をお互いに所持するか、WDW内であればWi-Fiが使えるので、高額なローミング通話を使わずに、LINEやスカイプ等で連絡を取り合うことも可能だ。

ルールはもちろん遵守するとして、自分達なりの子供の安全対策は考えておいた方がいい。
一番いいのは、ルール云々以前に、子供からは一切目を離さずに、一緒に行動するということなのは言うまでもない。

オーランド旅行記 目次


スポンサーリンク


関連情報を含む記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>