準備その24・ディズニークルーズのブックレット到着 (オーランド)


ディズニークルーズのブックレットがアメリカから送られてきた。
これが届くといよいよディズニークルーズに乗るのだという実感が湧く。

ブックレットは当然全て英語。読むのは大変だが一通り目を通すと、ゲスト個々に対して作られていることに驚く。ブックレット発送時点でオンラインで申請、予約した内容が全て反映されていて、それぞれ向けにスケジュール等が紹介されている。
既にオンラインチェックインを済ませているからか、特に乗船書類の様なものは同封されていない。
オーランド空港からクルーズシャトルに乗車する際には、このブックレットを受付で提示すれば良いものと思われる。

大事なのは荷物タグ。これもゲスト個々のもので、一人につき2枚がブックレットに入っている。
このタグをスーツケース等の預け入れ荷物に付けておくことで、乗船後、それぞれのステートルーム(船室)に荷物が届けられる。
飛行機でオーランドに到着後すぐにクルーズに向かう場合には、最初からこのタグを付けておけば、ターンテーブルから荷物を自分達で運ぶ必要は無く、ターンテーブルでのピックアップからステートルームまでノータッチで運ばれる。
WDWの直営リゾートからクルーズに向かう場合にはクルーズシャトルに乗る前までに付けておけば、クルーズシャトル乗車後からノータッチ。
我々は空港のハイアットに宿泊なので、クルーズに向かう日の朝までにタグを付けて部屋に残してチェックアウトすれば良い。(ハイアット側にもクルーズ乗船を伝えて専用の書類を受け取っておき、それをクルーズシャトルの受付に渡す必要あり)あとはステートルームまでノータッチで運ばれる。

ディズニークルーズのブックレット

タグはバーコードで管理されている

このブックレット、どうもデザインが変更されているようだ。
他の方のクルーズ乗船記ブログなどで拝見したブックレットには表紙にミッキーが描かれていたと記憶しているが、我々の物にはミッキーがいない。
デザインが変更されたのか、クルーズの種類毎に違うのかはよく分からないが、クリスマスクルーズ等では専用のデザインが施されたブックレットが届くという話は聞いた事がある。

ディズニークルーズのブックレット

青地にゴールドがなんとなく豪華。ミッキーはいない。

さて、これでディズニークルーズに関しては準備完了である。

オーランド旅行記 目次


スポンサーリンク


関連情報を含む記事

準備その24・ディズニークルーズのブックレット到着 (オーランド)」への5件のフィードバック

  1. さゆみ

    今日まで4泊のバハマクルーズに行ってきました。ブログの情報に助けられて、楽しい旅ができました。ありがとうございます。今回聞いたら、枕カバーなどのサインを頼み、最終日届けてくれるサービスは中止になってました。

    返信
    1. fujihide 投稿作成者

      ご訪問ありがとうございます。
      お役に立てて何よりです。サインのサービスが中止になったとの情報ありがとうございます。
      個数制限等はあったのですが、口コミで頼む人が多くなりすぎたのかもしれませんね。
      とてもいいサービスだったのに残念です。

      返信
  2. ちょこぷりん

    こんにちわ、いつも参考にさせて頂いています。
    4月28日からドリーム号に乗船予定なのですが、アメリカからのブックレットはいつ頃届きましたでしょうか?初めてなもので、そろそろかな~そわそわしています。

    返信
    1. fujihide 投稿作成者

      ご訪問ありがとうございます。

      クルーズの申込みが余裕をもって(乗船の数ヶ月前に)なされていれば、乗船約一ヶ月前にブックレットが届くかと思います。
      なので、今月末頃に到着ではないでしょうか。
      遅くとも乗船の10日前には届くとのことですが、間際の申込みだとブックレットが間に合わないこともあるようです。
      (もちろんちゃんと予約されていればブックレット無しでも問題ないようになっているらしいです)

      良い旅を!!

      返信
      1. ちょこぷりん

        親切なご回答ありがとうございます。
        申し込みは昨年の9月なので…順調ならそろそろですね!!楽しんできます!!

        返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>