オーランド旅行記40・シーワールド・フロリダ


朝食は昨日パブリックスで買ったマフィンで済ませ、シーワールドへ。
I-RIDEの乗り場はプレミアム・アウトレットの入り口にあるので、専用の門からアウトレットへ出て、入り口の方に向かう。まだ8時台なのでアウトレットは営業開始前だが、問題なく敷地を通ることが出来る。

プレミアム・アウトレット・バインランドのバス停は始発なので座れないということはまず無い。
I-RIDEはここと北のもう1ヵ所のプレミアム・アウトレットとの間を往復している。
北へ向かいたい場合はNorthという表示のI-RAIDEへ、南に向かいたい場合はSouthという表示のI-RIDEに乗れば良いので簡単だ。もう一つ、RedとGreenという2路線があり、途中別ルートを通るので、それだけに注意。シーワールドはRedでもGreenでも行けるので大丈夫。

I-RIDEに乗り、昨日ホテルで購入した3日間パスのレシートを提示、するとパスと取り替えてくれた。以降はこのパスを専用のリーダーにスワイプすることで何度でも乗車出来る。(3日間は)

I-RIDEは約20分程でシーワールドに到着。シーワールドのバス停はシーワールドの敷地内にある。

シーワールドとアクアティカ(シーワールドのウォーターパーク)の2パークチケットを既に格安チケットをネット販売しているサイトで購入、プリントアウトしているのでそれで入園。
アクアティカには明日行く予定。

シーワールド・フロリダ

シーワールドではWDWやユニバーサルに比べて日本人観光客をほとんど観ない。よほど余裕がないと日本人は来ないようだ。

シーワールドはライド型のアトラクションもいくつかあるが、どちらかと言えばショーがメインなので、まずはショーの時間をチェックして、それに合わせてパーク内を移動することにする。
開園とほぼ同時に入園したので、余裕で廻ることが出来る。

ショーは次のものを鑑賞。

Blue Horizons
イルカショーだが、ちょっとした芝居仕立て。後半は何故か空中ブランコショーという不思議な構成。空中ブランコとイルカの共演が見られるのかと思いきや、独立している。
かなり個性的なイルカショー。

Clyde & Seamore’s Sea Lion High
アシカにオットセイ、アザラシなどが出演するショー。完全な芝居仕立て。(学園青春物)
この手のショーはお絵かき、輪投げ、ボール回し等を見せるだけのものが多いが、これはそれらをドタバタコメディのストーリーの中で見せていく。これもかなり個性的。

Pets Ahoy
犬や猫、小動物による屋内劇場でのショー。これは後に行くユニバーサルスタジオの動物ショーと酷似。同じ人の演出ではないのかと思うほど。(実際そうかもしれない)
ほぼ動物たちがステージ上を走り回っているだけなのだが、猫にタイミングを守らせるのは大変な様子。

One Ocean
シーワールドの目玉のショー。このOne Oceanのシアターはとても遠い場所にあるので、時間に余裕を持って移動した方がいい。(パーク入り口付近からだと徒歩20分はかかる)
シャチによる迫力のショーだが、その巨体故、ジャンプの高さはイルカほどでは無い。お楽しみはその巨体を利用した大きな水しぶき。これを被るために前方のウェットエリアは人気。(本当にずぶ濡れになるのでその覚悟は必要)
実は20年以上前にオーランドに来た際にもこのショーを観ているが、その後にトレーナーがシャチに殺される(水中に引きずり込まれたらしい)という事故が起きたため、現在はトレーナーと一緒に水中で行う演目は全て無くなっている。(トレーナーは一切水中には入らない)
なので当時よりも見応えはなくなっているのは確か。
シャチのショーは沖縄の美ら海水族館でも観たが、劇場の規模を除けば内容的には美ら海水族館のショーも同等。楽しさではシーワールドより勝っているかもしれない。

ショーに分類されていないが、TurtleTrekという、全方位スクリーンで3D鑑賞する海亀の映像ショー(アトラクション)なんかもある。
もちろん水族館らしい展示アトラクションもあって、例えばShark Encounterはチューブ型のガラス通路から鮫を観ることが出来る。

ライドはまずEmpire of the Penguinに。ペンギンをテーマにしたライド型アトラクションでとても人気があるが、特に迫力は無し。ライドが波に揺られるように揺れ動きながら移動していく。
最後は冷蔵庫の様な温度の、南極を再現したエリアで本物のペンギンたちを鑑賞。

シーワールド・フロリダ

南極基地の再現もあった。気温も本当に南極。

Wild Arcticはスターツアーズの様なシュミレーションライドで、ヘリコプターに搭乗して北極を冒険する設定。これは20年以上前に来たときもあって、当時は最新アトラクションだったが、今ではかなり古い施設。入り口がライドとウォークに別れているのでライドのラインに並ばないとシュミレーションライドには乗れないので注意。(場所がOne Oceanのシアター近くなので、One Ocean鑑賞の前後に行くのがお薦め)

この他に、体が地面を向く形で乗ることで有名なMantaをはじめ、Kraken等の絶叫型のコースターライドがある。間もなく最新の絶叫コースターMakoもオープンする。

途中スコールでショップでの雨宿りを強いられたりしたが、午後4時頃までにほぼ観たいものは全て観ることが出来た。

帰りももちろんI-RIDEで帰ったが、乗り場は結構混んでいた。
こりゃ座れないかなと思ったが、シーワールドからはNorth(北行き)に乗る人が多く、South(南行き)に乗る人が少なかったので余裕だった。

終点であるプレミアム・アウトレット・バインランドのバス停で降りると、すぐ目の前にマクドナルドがある。今日はこちらに来て初めてのマクドナルドで夕食。
こちらのマクドナルドで楽しみにしていたアンガス・バーガーが何故かメニューに無い。レギュラーメニューから消えたのか、この店にだけないのかは不明。
仕方なく日本でも食べられるような普通のバーガーを食べた…。

マクドナルドUSA

アメリカのマックではアンガスバーガーが食べられるのが楽しみだったので残念。あれが無いならわざわざマックで食べる必要もなかった。

オーランド旅行記 目次


スポンサーリンク


関連情報を含む記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>