オーランド旅行記31・シンデレラのロイヤルテーブル


ブリザードビーチから戻り、着替えて(娘はプリンセスドレス)マジックニングダムへ。
TDR同様、こちらでもプリンセスドレスを着ていると多くのキャストがプリンセスとして挨拶してくれる。

シンデレラのロイヤルテーブルはシンデレラ城の中にある。
入り口の受付で予約を確認し、場内へ。まずは順番にシンデレラとの写真撮影。(メモリーメーカー対応)レストラン内でのグリーティングにはシンデレラ以外のプリンセスしか登場しないので、シンデレラとのグリーティングはこの場のみ。

撮影が終わったら名前を呼ばれるまでその場で待つのだが、我々は写真撮影より前に呼ばれてしまった。ので、撮影が終わったらすぐに上のレストランまで上がってくるようにと指示され、写真撮影。

シンデレラのロイヤルテーブル

ちょっと古めの情報ではメモリーメーカー未対応となっているが、現在は完全対応。なのでプリントは付かない。

上階のレストランに上がって名前を告げるとすぐにテーブルに案内された。窓際のなかなか良い席。
夕食のメニューは前菜、メイン、デザートをチョイスするコース料理(迷うほど種類は多くない)。飲み物も含めて全てパッケージされているので、別料金は発生しない。予約の時点で、こことミッキーのバックヤードBBQは全額前払いなので、お勘定の必要はない。(48時間前までに予約をキャンセルした場合はクレジットカードに返金されるが、48時間を切ると全額ペナルティとなる)

シンデレラのロイヤルテーブル

メインにサーモンを頼んだが、とても甘いスフレの上にグリルしたサーモン。お菓子の様な味。

オーダーの際に娘には魔法のステッキ、私には小さな剣をいただいた…。記念品の様だが、どちらもとても安っぽいもの。(100均で売ってそうな玩具っぽい)

お客はプリンセスドレスの女児とその家族が大半だが、大人のみのテーブルも散見された。

食事中、音楽と共にプリンセス達が登場する。登場するプリンセスは白雪姫、オーロラ、ジャスミン、アリエル。この登場プリンセスは事前情報と違っていたので、もしかしたら時期や時間帯で登場プリンセスに変化があるのかもしれない。(ロイヤルテーブルは朝食、ランチでも営業している)

シンデレラのロイヤルテーブル

ロイヤルテーブルの店内。まさに城内といった雰囲気だが、特別ゴージャスというわけでもない。

ロイヤルテーブルでの食事を終えたら、そのままファストパス+をとっておいたアナとエルサのグリーティングへ。現在WDW内で行われているグリーティングの中で最も人気のあるものだ。
ファストパス+があってもかなり待たされたので、スタンバイでは厳しいと思う。
ディズニークルーズでのアナとエルサのグリーティングとは違い、こちらは一人ずつとのグリーティング。まず、エルサと、そしてアナとという順番。

アナとエルサのグリーティング

まずはエルサ

アナとエルサのグリーティング

そしてアナ。

次いでスペースマウンテン(こちらのスペースマウンテンは一人乗り座席)等、トゥモローランドのアトラクションを中心に廻ってエレクトリカルパレードを鑑賞。
エレクトリカルパレードは圧倒的にTDRの勝ち。こちらのものはとにかく古いのだ。TDRでのLEDの輝きを知っている人が見ると、昔ながらの電球の光は地味すぎる。LEDと違って派手な演出も出来ない。
しかし、かつてはこうだったなぁというノスタルジーには浸れるかもしれない。実際、懐かしい気分にはなれた。(懐かしさを感じることが出来ない娘にとってはただ地味なだけ)

この旅行でプリンセスドレスを着る最後の日なので、シンデレラ城をバックにカメラマンにたくさん写真を撮って貰い、本日の予定は終了。
明日も朝からマジックキングダム。

オーランド旅行記 目次


スポンサーリンク


関連情報を含む記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>