オーランド旅行記29・終日エプコット


エプコットの朝のエキストラ・マジック・アワーを使ってテストトラックへ。 その後はまだ行っていないフューチャーワールドのアトラクションを中心に廻る。
リビング・ウィズ・ザ・ランド、ミッション・イントゥ・イマジネーション・ウィズ・フィグメント、ユニバース・オブ・エナジー等だ。どれもエプコット開園初期からのアトラクションなので古さを感じるが、エプコット本来のコンセプトを楽しめる。
今でこそレトロ感のあるアトラクションだが、当時としてはかなり大がかりな、十分に未来を感じるものだったことは想像に難くない。
スペースシップ・アースにも再度乗ったが、途中でライドのモニターの調子がおかしくなり、自分達の写真の取り込みと合成が動作しなかったのが残念。(こういったトラブルも古さのせいか)

今日は遅めの朝食でビーチクラブ・リゾートのケープメイ・カフェを予約している。ビーチリゾート風の衣裳のミニー、ドナルド、グーフィーに会えるキャラクターブレックファスト。
ビーチクラブ・リゾートまではエプコットのインターナショナル・ゲートウェイから徒歩ですぐ。
まだワールドショーケースはオープン前だが、インターナショナル・ゲートウェイには問題なくアクセス出来る。

ビーチクラブ・リゾートはグランド・フロリディアン同様、高級リゾートの雰囲気たっぷり。ケープメイカフェでの食事も期待が出来るが、朝食バフェなので特別料理が高級というわけではない。
そして肝心のキャラクターなのだが、なぜかここのミニーの様子がおかしい。(私達の行ったときにたまたまだろうが)
とにかくテンションが低く、素っ気ない。他のテーブルでの様子も見ていたが、どこのテーブルでも同様だった。そして歩き方が極端な外股…。外側に向かって足を蹴るように歩く、ワイルドなミニーは初めて見た。
その代わり、グーフィーのテンションはとても高め。グーフィーはどこでもそうだが、ここのグーフィーのテンションは今まで見た中でもMAXだった。

ビーチクラブ・リゾート

ビーチクラブ・リゾートの中はとても落ち着いた雰囲気で高級感たっぷり。一日中パークで遊んでいるような旅行で泊まるのは勿体ないと思う。

食事を終えてエプコットに戻り、ファストパス+で予約したアトラクションを廻る。
まずはソアリン。アナハイムで一番楽しかったアトラクションなので、楽しみにしていた。4年振りに乗ったが、やはりこれは素晴らしい。是非TDRにも作って貰いたいアトラクションだ。
ミッションスペースは前回はグリーンコースで乗ったが、物足りなかったので、オレンジを選択。
グリーンとオレンジではかかるGに違いがあるだけで、モーションが特別激しくなるといった感覚は無い。本当に締め付けられるようなGだけがスケールアップしているので、息苦しくなる。
オレンジだからといって迫力や面白みがアップしているわけではなく、グリーンではあまり感じなかった息苦しさがアップしているというだけなので、グリーンで雰囲気だけ楽しめばいいかもしれない。(遠心力でGを作り出していると思われるのが、自分がどのように動いているかを視覚では一切感知出来ないので、三半規管の弱い人は注意)
もう一つのファストパス+はスペースシップアースをとっていたが、既に朝乗ってしまったので破棄。Bグループのファストパス+に特に魅力的なものがないので変更もせず。

ワールドショーケースに移動して、各館のお土産物屋等をゆっくり見学。
夕刻、早めの夕食を日本館の桂グリルでとる。娘はお寿司のコンボで私はカツカレーライス。

桂グリル

ちゃんとした日本食のクイックサービスは有難い。しかしやはり値段はお高め。

インターナショナル・ゲートウェイからボートでディズニー・ボードウォークに行く事に。
ボードウォークは小さなダウンタウン・ディズニーといった感じ。本当にこぢんまりとしたエリアなので、お目当てのレストラン等がない限り(あと界隈のボードウォーク・インやスワン、ドルフィン等に泊まっていない限り)は特に来ることもない場所だと思う。
ただ、夕刻以降に訪れると、雰囲気がとても良い場所。我々はジャグリング等の大道芸を楽しんだ後、ぬいぐるみがもらえるカーニバルゲームを楽しんだ。(結果は一番小さな縫いぐるみを何とかゲット)

帰りはボートでハリウッド・スタジオまで行き、そこからバスでポップセンチュリーへ。
今日でエプコットでのスケジュールは終了。
明日は、天候のせいでまだ行けていないブリザードビーチに。

オーランド旅行記 目次


スポンサーリンク


関連情報を含む記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>